8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

渋川市議会 2017-03-08 03月08日-03号

平成24年度におきまして歳出特別枠として新設されました地域経済基盤強化雇用対策については、地方公共団体公共施設等適正管理や一億総活躍社会の実現に取り組むための歳出への振りかえ分を含めて、実質的に前年度と同水準歳出規模が見込まれております。  続きまして、(4)の地方債についてであります。総額は、公営企業会計分を除く普通会計規模で9兆1,907億円で、前年度比3.7%の増であります。

渋川市議会 2016-03-09 03月09日-04号

また、平成24年度において歳出特別枠として新設された地域経済基盤強化雇用対策については、地方重点課題公共施設老朽化対策に係る歳出への振りかえ分を含めて、実質的に前年度と同水準が見込まれております。  続きまして、(4)の地方債についてであります。総額は、公営企業会計分を除く普通会計規模で8兆8,607億円で、前年度比6.7%の減であります。

渋川市議会 2014-03-07 03月07日-04号

また、平成24年度において歳出特別枠として新設された地域経済基盤強化雇用対策については、平成26年度より新設される地域元気創造事業費への振りかえ分を含めて実質的に前年度と同水準が見込まれております。  続きまして、(4)の地方債であります。総額公営企業会計分を除く普通会計規模で10兆5,570億円で、前年度比5.3%の減であります。

渋川市議会 2013-03-05 03月05日-04号

平成24年度において特別枠として新設された地域経済基盤強化雇用対策については、前年度と同額が見込まれているほか、地域元気づくり事業費については、臨時費目、(仮称)地域元気づくり推進費により算定されるとなっております。  続きまして、(4)の地方債についてであります。総額公営企業会計分を除く普通会計規模で11兆1,517億円で、前年度比0.1%の減であります。

渋川市議会 2012-03-06 03月06日-04号

また、平成24年度におきましては、歴史的円高などを踏まえ、海外競争力強化地域経済活性化高齢者生活支援など、住民ニーズに適切に対応した行政サービスを展開できるよう特別枠として地域経済基盤強化雇用対策が新たに設けられております。  続きまして、(4)の地方債についてであります。総額公営企業会計分を除く普通会計規模で11兆1,654億円で、前年度比2.7%の減であります。

渋川市議会 2011-03-14 03月14日-06号

として1兆500億円、平成21年度決算剰余金及び平成22年度国税収入増額補正に係る地方交付税法定率分増加額平成22年度からの繰り越し分として1兆126億円、地方地域活性化雇用子育て施策等に継続して取り組む必要性を踏まえ、平成22年度の歳出特別枠地域活性化雇用等臨時特例債子育て施策住民生活に光をそそぐ事業地球温暖化対策等を勘案し、2,150億円を上乗せした歳出特別枠地域活性化雇用対策

館林市議会 2011-03-04 03月04日-01号

地方交付税につきましては、「地域活性化雇用対策の創設などにより、地方財政計画において4,799億円の増額であることから、1億円、率にして4.2%の増加を見込んでおります。  国庫支出金につきましては、子ども手当生活保護費増額に伴う国庫負担金の増などにより、3億1,248万8,000円、率にして12.3%の増加を見込んでおります。  

  • 1