90件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高崎市議会 2018-12-19 平成30年 12月定例会(第4回)-12月19日 委員長報告、質疑、討論、表決

財力の有無によって被選挙の行使に不平等、不公正が生じないよう、また候補者の政策等を有権者が知る機会を拡充させ、選挙の行使に有用に資するよう、今改正が有意義に運用されることを願い、本議案に賛成させていただきます。 ○議長(森山享大) ほかに討論はありませんか。               

前橋市議会 2018-12-14 平成30年_意見書案第35号 開催日: 2018-12-14

戸籍者は、みずからに何ら落ち度がないにもかかわらず、特例措置などでの救済ケースを除き、住民登録や選挙の行使、運転免許パスポートの取得、銀行口座の開設等ができないだけでなく、進学、就職、結婚といった場面でも不利益をこうむっており、無戸籍問題は基本的人権にかかわる深刻な問題である。  

前橋市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2018-09-11

本当に市民の声を、意見を政策に生かすのであれば、例えば18歳選挙について高校生、大学生を対象に、子育て施策、就労に関して若者を、マイタクへのマイナンバーカード導入に関して利用されている高齢者を対象としながら、具体的なテーマのもとに施策の反映につなげていく、これが必要かと思っておりますが、見解を伺います

前橋市議会 2018-08-21 平成30年_総務常任委員会 本文 開催日: 2018-08-21

【近藤(好)委員】この間の確かにそういう経過はあるかもしれませんが、投票率を向上し、とりわけ18歳選挙という新たな展開の中で改めて検討する必要があるのではないかと思いますけれども、いかがでしょうか。 (選挙管理委員会事務局長)検討につきましては、国並びに県ですとか他市町村の状況なども鑑みながら検討を加えていきたいと思っております。

高崎市議会 2018-03-15 平成30年  3月定例会(第1回)-03月15日 一般質問

また、常時啓発といたしましても、選挙年齢が18歳以上に引き下げられたことを受けまして、市内全ての高校に対し高校生の選挙についての理解を深めていただくことを目的平成27年度より行っております出前講座や模擬投票を通じて投票の呼びかけ、また市内全ての中学3年生へ選挙についての啓発教材の配布により、選挙の意義や制度等の理解を深め、投票への意識を高めるための取り組みを行っているところでございます。   

高崎市議会 2018-02-28 平成30年  予算特別委員会-02月28日−03号

今回の来年の統一地方選挙平成28年の選挙年齢の引き下げ以降、初めての統一地方選挙ということになると思います。そういう意味で平成30年度において投票率向上に向けた取り組み、特に選挙が拡大される18歳、19歳を中心とした若者世代に対してどのような選挙啓発活動を行っていくのかという部分を確認をさせていただければと思います。   

前橋市議会 2017-12-15 平成29年_総合計画(委員会審査)_教育福祉委員会 本文 開催日: 2017-12-15

49 【阿部委員】 昨年から18歳以上の方に選挙が与えられたわけでありますけれども、残念ながら投票率は全国的にもよくないようであります。このような取り組みは、大変いいことだと思いますし、私たちも傍聴に来ていただくと緊張感を持って議論ができますし、答弁する側も緊張感を持って答弁ができると思います。

前橋市議会 2017-12-07 平成29年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2017-12-07

昨年の6月には改正公職選挙法施行され、生徒や学生など18歳以上にも選挙が与えられました。今後の主権教育不在者投票制の周知などの対策徹底が言われています。  一方、高齢者の方々においては、投票したい意思があるにもかかわらず、体が不自由であったり、交通手段の確保が難しかったりと、投票所に行くことが困難な方も多くいらっしゃると思います。

藤岡市議会 2017-09-14 平成29年決算特別委員会(第4回 定例会)−09月14日-02号

◆委員(松村晋之君) 94ページ、選挙常時啓発経費及び96ページ、参議院議員通常選挙啓発推進事業、この事業単独についてということではないのですけれども、平成28年度より18歳からの選挙ということが導入されて、初めての選挙が行われました。国政選挙ということであったと思います。確かこういった件につきましては、他の委員からも質疑が出ている中で、若い方の選挙啓発等についても質疑があったと思います。

前橋市議会 2017-03-14 平成29年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2017-03-14

51 【34番(岡田行喜議員)】 社会に出て自立していける子供を育てるということで、最終的な結論みたいに思いますけども、私は前の総括でもやったことがありますが、18歳で選挙、急に主権教育がそこから始まるんじゃなくて、小学校でも中学校でも、そういう過程の中で重なっていって初めて主権教育というものが完結したりして投票権があるんかなと、そんなふうに思っております

前橋市議会 2017-03-08 平成29年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2017-03-08

また、選挙が18歳に引き下げられたことで、市立前橋高校においても主権教育を行っております。その取り組みと成果についてお伺いいたします。  次に、学校給食無料化の方向性について伺います。少子化が加速する中、安心して子供を出産し、子供を育てられる社会をつくることは早急に取り組むべき課題と考えております。

高崎市議会 2016-09-16 平成28年  9月定例会(第3回)-09月16日 一般質問

まず初めに、18歳選挙につきまして質問をさせていただきます。ここ最近さまざまなメディアにおきまして、連日のように地方議会に関するニュースが報道されております。それらの大半は、政務活動費の不正受給ですとか地方議員による犯罪など、ネガティブな内容が大半を占めておりまして、私も地方議員の一人として大変残念な思いで日々の報道を見させていただいております。   

安中市議会 2016-09-15 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月15日−一般質問−03号

公職選挙法改正によりまして、選挙年齢が18歳まで引き下げられ、初めての参議院選挙が7月に行われました。投票率などの結果ですとか、あとは主権教育について、あとは病院福祉施設入所者または障害のある方の選挙に関する取り組みについてお伺いをいたします。   選挙は、民主主義の根幹であります。また、障害のある方も含めて18歳以上の全ての国民に与えられた権利であります。

藤岡市議会 2016-09-14 平成28年決算特別委員会(第4回 定例会)−09月14日-02号

これらの目的は、小・中学生のうちから選挙というものを身近に捉えていただこうという事で実施しておりまして、この方々が選挙を有する年齢になった時、選挙の投票所に投票に来る契機となればという事で、実施しているものでございます。  以上でございます。 ○委員長(湯井廣志君) 松村晋之君。 ◆委員(松村晋之君) 確認ですけれども、先程の98ページの、第2目選挙常時啓発費という事でよろしいのですかね。

高崎市議会 2016-09-01 平成28年  9月定例会 一般質問通告一覧表-一般質問通告一覧表

木質バイオマス発電では、山本龍前橋市長の後塵を拝   した桐生亀山市長、CNF製造実証プラント、先んじ   て研究する価値がありませんか市  長 教 育 長 部  長16 14番 久保田裕一  1 18歳選挙につい   て 2 上電沿線市連絡協議   会におけるLRT化   についての可能性調   査1 参議院議員選挙における20歳未満の投票率 2 20歳未満の有権者に向けた投票への啓発活動

高崎市議会 2016-06-17 平成28年  6月定例会(第2回)-06月17日 一般質問

18歳選挙が実現する今度の参院選を前に、若者の政治的な関心を高める動きに注目が高まっています。少子高齢化が急速に進む日本で、若者の政治離れが進行すれば、若者の政治的な影響力は低下し、社会の沈滞化につながります。直近の国政選挙では、60代と20代で投票率に半分以上もの開きがあり、若者の政治意識の低下が顕著になっています。