19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

前橋市議会 2021-03-26 令和3年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2021-03-26

農業関連では、担い手確保育成事業目的とした担い手支援事業について、農業経験のない市民農業を始めるための新たな農業塾について鋭意検討されますようお願いいたします。また、農業技術先端技術を駆使したスマート農業が注目される中にあって、農作業の省力、軽量化促進新規就農者確保栽培技術力継承等、期待される取組でありますので、新規就農等に着実に結びつくよう求めておきます。  

前橋市議会 2021-03-19 令和3年度予算委員会_市民経済委員会 本文 開催日: 2021-03-19

農業経験のない市民農業を始めるためには、農業についての基礎知識実践技術が必要になるとともに、農業経営に関わる理解や認識も不可欠であると考えます。そこで、農業を支える農業就業者を増やすため、担い手確保育成目的とした新たに農業塾を実施してはどうかと考えますが、見解を伺います。

渋川市議会 2019-02-28 02月28日-02号

同氏は、農業経験豊富な方でございます。  続きまして、議案第9号でございます。大島アサ子氏は、昭和17年8月25日生まれ、住所渋川市石原1764番地であります。同氏は、農業経験豊富な方であり、現農地利用最適化推進委員でございます。  続きまして、議案第10号でございます。髙橋昭彦氏は、昭和30年3月5日生まれ、住所渋川市半田1488番地であります。

安中市議会 2019-02-26 02月26日-01号

この間、豊かな農業経験、高潔な人格と高い識見を遺憾なく発揮され、その重責を見事に果たされており、農業委員としてまことに適任であると存じ、ご推薦申し上げる次第でございます。  よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長齊藤盛久議員) 説明が終わりました。  

館林市議会 2018-12-07 12月07日-01号

同君は、農業経験はございませんが、農業委員会等に関する法律第8条第6項の規定により、農業利害関係がない者を農業委員会に1人以上入れる要件があることから、消費者立場で中立的かつ公正な判断をすることができる者として任命するものでございます。  よろしくご審議の上、ご同意くださるようお願い申し上げまして、提案理由説明といたします。

館林市議会 2017-06-09 06月09日-01号

農業経験はございませんが、農業委員会等に関する法律の改正により、農業利害関係がない者を農業委員会に1人以上入れる要件となったことから、消費者立場で中立的かつ公正な判断をすることができる者として、任命するものでございます。  以上、10人は委員に必要とされる豊富な経験知識を有し、人格識見にすぐれていることから、農業委員会委員適任者と考えるものでございます。  

渋川市議会 2016-03-01 03月01日-01号

同氏は、農業経験が豊富な方でございます。  続きまして、議案第14号でございます。齊藤光良氏は、昭和24年3月11日生まれで、住所渋川市村上1638番地であります。同氏認定農業者であり、現農業委員でございます。  続きまして、議案第15号でございます。後藤久志氏は、昭和30年4月20日生まれで、住所渋川市中郷911番地1であります。同氏は、認定農業者でございます。  

安中市議会 2016-02-29 02月29日-01号

この間、豊かな農業経験、高潔な人格と高い識見をいかんなく発揮され、その重責を見事に果たされております。よって、農業委員に適任であると存じ、ご推薦申し上げる次第でございます。  よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長吉岡完司議員) 説明が終わりました。  

渋川市議会 2014-09-17 09月17日-06号

新規就農者確保対策としては、農業経験もない他産業から来る新規就農者について、渋川市はどんな工夫と支援をしていってもらえるのかをお聞きします。 ○議長都丸政行議員) 農政部長。 ◎農政部長飯塚信夫) 本市では、先ほども言いました県機関と連携して、就農に関する相談を随時受けております。本市の管内では、渋川地区農業指導センターにおいて新規就農に関する相談窓口を設置しております。

渋川市議会 2010-03-23 03月23日-08号

特に市長農業経験者であり、都市経営経験が少ない上に副市長がそれを補う経験者であるべきところを市のナンバーワン、ナンバーツーが同じ業務経験者というのはバランスに著しく欠けるものがありますが、この辺の思いはどうでしょうか。  また、渋川市は今後商工業振興や伊香保を中心とした観光振興企業誘致への取り組み、保健、福祉、医療、介護といった高齢化社会への対応が非常に迫られていると。

前橋市議会 2010-03-10 平成22年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2010-03-10

新規就農者定年帰農者などは、農業経験も浅く、不安要素も高いことから、県、市、農業委員会JAが連携をし、年4回の農業基礎講座や年6回の農業支援講座などを開催しております。今後も関係機関が連携し、新規就農者等が継続的に安心した農業経営ができる体制づくりに取り組んでいきたいと考えております。  次に、営農指導の充実の考え方についてでございます。

渋川市議会 2009-03-12 03月12日-09号

市長農業経験があると私はお聞きしていますが、まさにその農業がひそかに大注目されていると私は思います。簡単にはできないし、すぐ食べることはできない。しかし、できたときはたくさんの自然からの恵みを得ることができます。教育問題においても、市の行財政においても、今後の大きな課題だと思います。

太田市議会 2001-09-03 旧太田市 平成13年 9月定例会−09月03日-01号

家族で1週間程度、農家が主催をする宿泊所に泊まって農業経験をする。体験ではなく経験をする。畜産、ブドウ園ハーブ園、多岐にわたっておりますけれども、これをレジャー感覚でやっているというところもあります。理想的な家庭教育農業経営が合致した一つかと思って感心してまいりましたけれども、教育的立場からこのようなことをいかがお思いになられますか教育長にお伺いをいたします。  

  • 1