484件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

富岡市議会 2019-12-18 12月18日-委員長報告、質疑、討論、表決-04号

次に、分割付託となりました第123号議案 令和元年度富岡一般会計補正予算(第4号)第1条第2項第1表中、歳出6款農林水産費、7款商工費、8款土木費を議題とし、当局より説明を求め、審査に入りました。 委員より、8款の土木費の道路橋りょう維持費の修繕料2,500万円は、何件分かとの質疑あり。当局より、55件超えを予定しているとの答弁あり。 

前橋市議会 2019-12-17 令和元年_意見書案第34号 開催日: 2019-12-17

3 商工業農林水産の早期事業再開のため、被災した事業用建物、設備、機  材等の復旧を支援する補助制度を創設すること。 4 「防災減災、国土強靭化のための3か年緊急対策」の計画どおりの遂行と、  期間終了後も必要となる対策が講じられるよう、継続して予算措置を行うこと。  以上、地方自治法第99条の規定により提出する。

藤岡市議会 2019-11-28 令和 元年第 5回定例会−11月28日-01号

第6款農林水産費では、第2項林業費、第1目林業諸費の県治山事業負担金で510万円を追加。  第9款消防費では、第1項消防費、第3目消防施設費の測量委託料で141万9,000円、第5目災害対策費の自治総合センターコミュニティ助成事業補助金で220万円をそれぞれ追加。  第10款教育費では、第2項小学校費、第1目学校管理費の修繕料で112万4,000円を追加。  

前橋市議会 2019-11-28 令和元年第4回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2019-11-28

次に、6款農林水産費の農産物直売所支援事業の追加は、道の駅赤城の恵の休憩スペースに屋根を設置するものでありまして、工期が2カ年にわたることから、下の点線四角囲いのとおり、債務負担行為を設定するものでございます。  8ページに移りまして、農林水産費最後の林業対策事業の追加は、社会福祉法人が実施する県産材を活用した施設整備に対しまして県と協調して補助金を交付するものでございます。  

太田市議会 2019-09-26 令和 元年 9月定例会−09月26日-05号

次に、6款農林水産費につきましては、農産物のブランド化と販売促進についての質疑があり、このことについては、本市では、独自の推薦品目を設定し、道の駅おおたを販売の拠点と位置づけ、6次産業化にも取り組んできたが、消費者に価値を認めていただける、よい物をつくることが大切であり、それが確立されることで、ブランド化、さらには観光農園等の施策へ発展していくものと考えるとのことでありました。  

太田市議会 2019-09-20 令和 元年9月決算特別委員会−09月20日-03号

農林水産費は、平成30年度決算では約14億円で、一般会計の比率は1.8%です。平成21年度は18億円の構成比率では2.3%でした。農業生産基盤の整備と農業経営基盤の強化には、農林水産費は削減すべきではないと考えますが、ご所見をお伺いします。  次に、道路網の整備についてお伺いいたします。先日、令和元年度の太田市の取り組みに対する満足度と重要度のアンケートの結果報告がありました。

藤岡市議会 2019-09-19 令和 元年第 4回定例会−09月19日-04号

第3款民生費、第2項児童福祉費、第3目民間保育所費の第3子以降副食費補助金で、432万円を追加、第6款農林水産費、第1項農業費、第6目畜産振興費の豚コレラ対策緊急支援事業補助金で、625万円を追加するものであります。  続きまして、今回の補正財源となります歳入についてご説明を申し上げます。  

太田市議会 2019-09-19 令和 元年9月決算特別委員会−09月19日-02号

            川 田 聡 美   議会総務課係長代理 中 村 絹 子     議会総務課係長代理 深 須 光太郎   議会総務課係長代理 花 田 圭 介     議会総務課係長代理 加 藤 正 晃   議会総務主事   高 柳 ひかる            会議に付した事件 議案第61号 平成30年度太田市一般会計歳入歳出決算認定について        (歳出 4款衛生費、5款労働費、6款農林水産

太田市議会 2019-09-18 令和 元年9月決算特別委員会−09月18日-01号

財政課長(瀬古茂雄) 今、物の本を見ているのですけれども、こちらを見ると、農林水産費などでダム関係、防災ダム事業費分担金ですとか、農業施設災害復旧費分担金、それから地盤変動対策事業費負担金とか、大規模老朽ため池事業分担金、農林関係の分担金が物の本には書いてあるのですけれども、あとは災害復旧関係の分担金とかがあるのですけれども、多分太田市の関係は余りないのかなという気がします。

藤岡市議会 2019-09-13 令和 元年決算特別委員会(第4回 定例会)−09月13日-02号

第6款農林水産費について質疑に入ります。ページは165ページから184ページまでであります。ご質疑はありませんか。  湯井廣志君。 ◆委員(湯井廣志君) 174ページの上から6段目ですか。神流川用水土地改良区補助金というのがあるのですが、この神流川用水の関係でちょっとお伺いいたします。  

藤岡市議会 2019-06-13 令和 元年第 3回定例会-06月13日-01号

第6款農林水産費では、第2項林業費の林業振興事業。  第8款土木費では、第2項道路橋梁費の道路維持事業、道路新設改良事業及び市道118号道路新設事業、第4項都市計画費の北藤岡区画整理事業及び第5項住宅費の建築指導事業。  第9款消防費では、第1項消防費の防災公園整備事業。  第10款教育費では、第2項小学校費の小学校施設維持管理事業及び第3項中学校費の中学校施設維持管理事業。  

前橋市議会 2019-05-30 令和元年第2回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2019-05-30

1つ飛びまして、6款の農林水産費の野菜振興事業の追加は、認定農業者のハウスの整備につきまして国の補助金が活用できる見込みであることから、予定していた補助申請メニューを変更するものでございまして、これにより産地パワーアップ事業補助金を追加し、野菜生産拡大支援事業補助金を減額いたします。  以上が一般会計補正予算の概要でございます。  次に、7ページをごらんいただきたいと思います。

藤岡市議会 2019-05-20 令和 元年第 2回臨時会−05月20日-01号

◆14番(茂木光雄君) 繰越明許費の補正の件でお伺いいたしますけれども、農林水産費の林業費の中の林業振興事業というもので、今回、繰越明許で25万2,000円の追加というふうな形になっておりますけれども、この事業の内容と平成30年度中の支出した総額、それとこのわずかな25万2,000円を追加というのは、ちょっと全体のこの林業振興事業というものの内容を聞いてみないとわからないんですけれども、いかにもこれが

富岡市議会 2019-03-19 03月19日-委員長報告、質疑、討論、表決-03号

次に、第5号議案 平成30年度富岡一般会計補正予算(第3号)、第1条第2項第1表中、歳出、2款8項世界遺産費、6款農林水産費、7款商工費、8款土木費を議題とし、当局より説明を求め、審査に入りました。 委員より、商業振興事業の事業者向けインバウンド対策事業補助金だが、具体的に聞きたいとの質疑あり。

前橋市議会 2019-03-14 平成31年度予算委員会_市民経済委員会 本文 開催日: 2019-03-14

農業世代人材投資事業なのですけれども、これは国の事業で、農林水産地域の活力創造プランで青年新規就農者を倍増させるというふうに言って、農業者を育成するため、総合的な支援を行うとして農業世代人材投資事業があります。就農準備型と経営開始型の交付事業を実施しておりますが、認定新規就農者に対する年間150万円を5年間支給する所得支援制度がありますが、前橋市では現在6人の方が対象ということです。

太田市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会−03月12日-06号

次に、6款農林水産費につきましては、今後予定されている土地改良についての質疑があり、このことについては、3地区が予定されており、農作業の効率化、営農推進を図っていくが、小区画農地が多く、地権者の高齢化が進んでいることから、意向調査や営農調査、地元説明会等を行い、慎重に実施してまいりたいとのことでありました。  

太田市議会 2019-03-06 平成31年3月予算特別委員会−03月06日-02号

            中 村 扶美枝   議会総務課係長代理 中 村 絹 子     議会総務課係長代理 深 須 光太郎   議会総務課係長代理 花 田 圭 介     議会総務主事   今 井 章 裕   議会総務主事   関 根 美 穂            会議に付した事件 議案第 8号 平成31年度太田市一般会計予算について        (歳出 4款衛生費、5款労働費、6款農林水産

前橋市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2019-02-27

12ページに移りまして、6款農林水産費でございますが、農業災害支援事業の追加は平成26年2月の雪害に係る農業者への支援補助金の一部に返還が生じたものでございます。  その下の点線四角囲いの繰越明許費の設定は、昨年8月の突風及び降ひょう被害を受けた農業者の施設復旧に対する補助につきまして、工事のおくれにより繰り越しをお願いするものでございます。