963件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

渋川市議会 2021-03-15 03月15日-05号

福祉部長齋藤綾子登壇) ◎福祉部長齋藤綾子) 現在補聴器購入に対します公的支援としましては、身体障害手帳を所持している方に一部費用を補助しております。また、あと18歳未満の方についても県の事業として難聴児補聴器購入支援事業により一部補助しております。しかし、議員おっしゃるように18歳以上で、軽度、中度の方についての助成制度というのは現在ございません。

前橋市議会 2021-03-11 令和3年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2021-03-11

111 【総務部長稲田貴宣)】 本市における不在者投票施設指定状況についてでございますが、令和2年11月20日において群馬県選挙管理委員会から指定を受けている病院及び老人保健施設は22施設老人ホームが33施設身体障害支援施設が1施設、その他の刑事施設が4施設であり、全体で60施設となっております。

高崎市議会 2021-01-25 令和 3年  1月25日 総務常任委員会−01月25日-01号

障害者の数が67人、内訳としましては身体障害が62人、精神障害者が5人ということで67人でございます。障害者雇用率につきましては2.85%、法定雇用率が2.5%ですので市長部局についてはこれを上回っているという状況でございます。  次に、教育委員会です。障害者の数が17人、内訳としましては身体障害が16人、精神障害者が1人ということで17人でございます。

太田市議会 2020-12-15 令和 2年12月定例会−12月15日-05号

また、本市における公共交通や民間の鉄道やバスにおける障がい者への割引適用状況についての質疑があり、このことについては、身体障害手帳療育手帳精神障害者保健福祉手帳所有者は、通常は70歳以上が利用対象であるおうかがい市バスが、70歳未満であっても利用対象となる場合があるほか、手帳の提示により、シティライナーおおたの運賃半額となり、県内の路線バスにおいても割引適用がある。

高崎市議会 2020-12-14 令和 2年 12月 定例会(第5回)−12月14日-05号

対象は、身体障害支援する3つの施設であり、1か所が入所施設、そのほかの2か所がグループホームである。導入予定ロボットは、パワーマッスルというロボットスーツ介護リフトであるとの答弁がありました。  また、障害児通所給付費増額理由について質疑があり、例年と同様に、児童発達支援サービス放課後等デイサービス利用者数が増加していることが主な理由である。

高崎市議会 2020-12-08 令和 2年 12月 8日 教育福祉常任委員会−12月08日-01号

具体的な対象施設は、3か所とも身体障害支援する施設であり、1か所が入所施設、2か所がグループホームでございまして、導入予定ロボットは、パワーマッスルというロボットスーツが3施設から、介護リフトが2施設から出ているものでございます。今後の予定でございますが、対象の3施設には、補正予算議案可決後にロボット購入手続を進めるよう伝え、今年度中に導入してもらう予定でございます。

高崎市議会 2020-12-03 令和 2年 12月 定例会(第5回)−12月03日-03号

また、福祉有償運送利用対象者については、要介護、要支援認定を受けている方をはじめ、身体障害手帳を持つ方、単独での移動が困難で公共交通機関利用することが難しい方であり、利用登録した特定の方となっており、19事業所利用登録者数は645名となっております。福祉有償運送利用料金については、おおむね一般のタクシーの半額程度でございます。  

高崎市議会 2020-10-02 令和 2年  9月 定例会(第4回)-10月02日-05号

〃     白 石 隆 夫                                  〃     丸 山   覚                                  〃     柄 沢 高 男                                  〃     石 川   徹     精神障害者交通運賃割引制度適用に関する意見書  障害者基本法は、精神障害者身体障害

前橋市議会 2020-09-24 令和2年_意見書案第26号 開催日: 2020-09-24

しかしながら、精神障害者自立社会参加促進のためには、公共交通機関等による移動手段の確保が必要不可欠であるにもかかわらず、現在、身体障害及び知的障害者適用されている交通運賃割引制度から精神障害者が除外されている状況は、一刻も早く是正されなければならない問題である。  

安中市議会 2020-09-16 09月16日-03号

保健福祉部長水澤祝彦) 初めに、検討委員会構成メンバーですが、安中区長会から2名、安中市民生児童委員協議会から2名、安中老人クラブ連合会が1名、安中身体障害連合会1名、安中母子保健推進協議会1名、計7名の委員で構成されております。  また、検討委員会開催状況でございますが、令和元年11月、12月、令和2年2月の計3回開催いたしました。 ○議長今井敏博議員) 松本次男議員

高崎市議会 2020-09-16 令和 2年  9月 定例会(第4回)−09月16日-03号

腕や指先などを使う競技が大半を占めるため、身体障害など体が不自由な人でも参加でき、また年齢を問わずプレーできることから、リハビリなどを通じて福祉や医療での利用も期待されています。このように様々な可能性を持ったeスポーツですが、本市としてどのように捉えているのか、御認識をお伺いいたします。 ◎総務部長曽根光広君) 3点目、eスポーツについての御質問にお答えいたします。  

館林市議会 2020-06-09 06月09日-03号

避難行動支援者の名簿は、生活の基盤が自宅にある方のうち、「要介護認定3から5を受けている方」、「身体障害手帳総合等級1・2級の1種を所持する心臓、腎臓機能障がい者のみで該当する者は除いた身体障がい者の方」、「療育手帳Aを所有する知的障がい者の方」、「精神障害者保健福祉手帳1・2級を所持する者で単身世帯の方」、「その他支援を必要とする方」としまして「70歳以上のひとり暮らし高齢者」が対象となり、令和

高崎市議会 2020-05-28 令和 2年  5月28日 総務常任委員会−05月28日-01号

そのほか身体障害の5台を含む218台の駐車場、幅員1.6メートル、屋上まで約300メートルの避難スロープが設置されております。  続きまして、主な防災機能について御説明いたします。災害時に直接2階及び屋上まで速やかに避難できる外付けの低勾配な避難スロープを設置してございます。避難者は約2,000人が収容可能となってございます。

安中市議会 2020-03-12 03月12日-04号

保健福祉部長水澤祝彦) 高齢難聴者への補助につきましては、その状態身体障害手帳取得に該当すれば補助制度対象となります。 ○議長今井敏博議員) 櫻井ひろ江議員。 ◆2番(櫻井ひろ江議員) 最近では国に対して補助制度を求める声も上がっております。障害者補助制度しかない中で、自治体での補助をしているところも出てきております。当市では補助制度についてどのようにお考えになるでしょうか。

高崎市議会 2020-03-10 令和 2年  3月10日 教育福祉常任委員会−03月10日-01号

加齢性難聴でお困りの方が日常生活を過ごしやすくできるよう、身体障害手帳補装具制度について周知、啓発を図ってまいりたいと考えております。 ○委員長中島輝男君) それでは、本件に対し、御意見、御質疑等ありましたらお願いいたします。 ◆委員柄沢高男君) 本請願の趣旨については理解できます。難聴でお困りの方がいるということも事実だと思います。