13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

前橋市議会 2020-03-11 令和2年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2020-03-11

保育士賃金については、平成30年賃金構造基本統計調査では、決まって支給する現金給与額年収換算額は、全職種の460万1,500円に対し、民間保育士では358万9,300円となっており、年額100万円以上低い賃金となっており、介護職についても同様な状況と認識しております。専門職確保においても都市間競争が激化しておりまして、独自の施策展開を積極的に図るべきであると考えております。

前橋市議会 2019-09-19 平成30年度決算委員会_教育福祉委員会 本文 開催日: 2019-09-19

保育士賃金については、平成30年賃金構造基本統計調査では、決まって支給する現金給与額年収換算額は、全職種の460万1,500円に対し、民間保育士では357万9,300円となっております。平成25年度より国により処遇改善の取り組みも図られているところではありますが、いまだ全職種よりも年額100万円以上低い状況であります。そこで、本市としても積極的な処遇改善を図るべきと考えます。

前橋市議会 2019-06-18 令和元年_意見書案第14号 開催日: 2019-06-18

日提出  令和元年6月18日否決                    提出者 市議会議員 中 里   武                          同   石 塚   武                          同   藤 江   彰     信頼される政府統計を目指してさらなる統計改革を求める意見書  我が国の基幹統計である毎月勤労統計調査に係る不正調査案件や、それに続く、賃金構造基本統計調査

館林市議会 2018-08-31 08月31日-03号

◎保健福祉部長(中里克己君) 先ほど篠木議員からも話がありましたように、保育士給料はほかの職種と比べて安いという話がありましたが、こちらのほうは厚生労働省が行っている統計をちょっと申し上げますが、厚生労働省が行いました平成29年度賃金構造基本統計調査によりますと、全産業平均的な勤務年数は12.1年、約12年という形になっておりますが、保育士は7.7年ということで短くなっております。

藤岡市議会 2018-02-27 平成30年第 1回定例会-02月27日-01号

平成25年の賃金構造基本統計調査によれば、全産業従業員勤続年数平均は13.3年であるのに対して、社会保険社会福祉、また介護事業従事者は7.2年と約半分となっています。その中でも、介護従事者であるホームヘルパー福祉施設介護員などは、それぞれ3.7年、5.4年と一般的な平均よりも勤続年数が短くなっています。

前橋市議会 2017-03-08 平成29年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2017-03-08

また、平成25年ではありますが、厚生労働省賃金構造基本統計調査によると、介護職員賃金常勤労働者福祉施設介護員年間218万9,000円で、全産業平均の324万円に比べ、低い状況であります。このような状況は全国的な傾向であり、本市においても同様な傾向にあると推察いたしますが、本市における現状についての捉え方と定着支援のための施策展開についてお聞きします。  

藤岡市議会 2016-06-17 平成28年第 3回定例会-06月17日-02号

賃金構造基本統計調査によれば、保育士給料は、他の産業平均と比べて年間150万円ほど低くなっているといいます。保育士不足の背景にはこの処遇の悪さがあり、潜在的な保育士が実際に働くことができない大きな要因一つにもなっているといいます。  さらに、藤岡市は、地域区分県内の中で最も不利な「その他地域」となっています。もともと低い給料ですが、藤岡市の相場はさらに低くならざるを得ません。

前橋市議会 2015-12-03 平成27年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2015-12-03

昨年の第4回定例会におきまして、厚生労働省が行っている民間対象とした賃金構造基本統計調査平成15年から24年の平均指数において、群馬県内では前橋市は高崎太田に次ぐ3番目という指数であり、北関東の県庁所在地を見ても水戸、宇都宮と比較して低水準であることの質問を行い、その際の答弁としまして今後労働者確保のための地域間競争において賃金水準を高めることは重要であり、賃金の動きに留意し、賃金を高めるための

前橋市議会 2015-03-17 平成27年度予算委員会_教育福祉委員会 本文 開催日: 2015-03-17

次に、職員賃金ですが、平成26年の厚生労働省賃金構造基本統計調査では、決まって支給する現金給与額ホームヘルパーでは220万7,000円、福祉施設介護員で219万7,000円となっております。産業全体での平均が329万6,000円でございますので、年間100万円以上の開きがあるものと思っております。  

前橋市議会 2014-09-09 平成26年第3回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2014-09-09

その要因一つとして、平成25年の厚生労働省賃金構造基本統計調査介護職員賃金で、全国の産業平均賃金324万円に対し、福祉施設介護員は218万9,000円、ホームヘルパーにおいては213万9,000円と年間100万円以上の格差は大きく、介護分野介護職員処遇の低さが顕著であります。特に男性においては、その開きは大きいものとなっております。

  • 1