14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

藤岡市議会 2019-09-10 令和 元年第 4回定例会-09月10日-02号

固定資産税特定期間、解体してくれるならば減免措置とりますよ、そういうのが新潟見附などでやっているんですけれども、この辺について今後将来的な空き家対策として、こういう税制な措置も必要なことかなと思うんですけれども、本市見解をこの減免制度ですか、導入について見解をお伺いします。 ○議長野口靖君) 市民環境部長。              

太田市議会 2014-03-10 平成26年3月予算特別委員会−03月10日-01号

ぜひ新潟見附のようなスマートウエルネスシティ構想を取り入れていただきまして、具体的な事業展開を望みますが、再度副市長、お答えいただけますか。 ◎副市長清水計男) 恥ずかしながら、見附の問題、私は把握しておりません。担当のほうで把握次第、協議をさせていただいて、取り入れられるものであるならば検討の中にも含めたいと考えております。よろしくご理解ください。      

太田市議会 2013-09-04 平成25年 9月定例会−09月04日-02号

新潟見附では、スマートウエルネスシティー構想を掲げまして、高齢者が歩いて生活をすることを基本としたまちづくりをして、健康づくりに無関心な高齢者たちの行動に変化をもたらせるまちづくりをして、年間1人当たり約10万円の医療費の抑制の効果が見られたそうです。このように、高齢者が気軽に歩くことができ、気づかないうちに自然に健康になるまちづくりを進めてはいかがでしょうか。

渋川市議会 2012-12-12 12月12日-04号

それと、新潟県の見附これにつきましては健康づくりという形で、久住市長は私の友達ですので、今後どういう交流ができるかまた検討していきたいと。また、長野県の小布施町、これは観光で成功しているのですけれども、これがウオーキングでまちづくりをしたいということで、健康づくりを進めております。市村町長にお会いしまして、今後の交流を図りましょうということで今進めてきております。  

渋川市議会 2012-12-10 12月10日-02号

特に新潟県の見附、久住市長友達ですので、新潟に行ったときに久住市長におきましては、市民健康づくりスポーツとか、そういうものを通じて市民の25%を対象にした事業をしましたら、実際に国民健康保険医療費が減ったそうです。そういう実例がありますので、これは渋川市としても喫緊の課題として平成25年度から本格的に取り組みませんと、また国民健康保険が3年に1回、2年に1回値上げしなければいけなくなる。

渋川市議会 2012-09-14 09月14日-05号

それと、スポーツ関係でその数値はどうかということで、私新潟県の見附久住市長をよく知っております。介護保険が10年間、3期の市長ですけれども、非常にそういうコミュニケーションと健康づくりをして、今新潟たしか下から2番か3番手ぐらいまで行ったと。ぜひ皆さんも一緒に来ていただいて、講演を受けていただければいいのではないかと。私は、健康づくりにつきましてもできると思っております。

館林市議会 2012-09-12 09月12日-04号

つい最近ですが、新潟見附では、空き家等適正管理に関する条例を制定しております。この条例は、維持管理されていない空き家対象となっておりまして、市長は必要に応じて助言・指導勧告命令などができまして、勧告命令に応じない場合、市のホームページで管理義務者氏名、住所の公表、それでも従わない場合は上限5万円の過料を科すとなっております。

渋川市議会 2009-10-01 10月01日-06号

今月には鹿沼で全国大会があるということでありまして、私も出席したいのですが、行けるかどうか日程的にちょっとわからないのですけれども、そういうことで全国的なネットワークで、各地域でそれぞれに官、民、学も入りまして地域づくりを進めている団体でございまして、新潟見附市長久住市長が会長をしていただいておるということでございまして、全国でも各市長がこういうまちづくりに非常に熱心だということで私も参加させていただいているのですけれども

高崎市議会 1994-06-28 平成 6年  6月 定例会(第3回)−06月28日-05号

つい今月の23日の官庁速報なのですけれども、これによりますと新潟市の見附でございますけれども、骨ドックを開始をしたと。これは市が単独で始めたようでございます。今月の27日からといいますから、きのうからでございます。人口4万 4,000人程度の小さな市なのですけれども、市立の成人病センターというのを持っているものですから、そこで実施ができるということでございます。

  • 1