1740件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高崎市議会 2021-02-02 令和 3年  2月 2日 子育て支援・定住人口増加対策特別委員会−02月02日-01号

複数の方から聞かれたことなのですけれども、昨年の1人10万円の特別定額給付金について、4月以降に生まれたお子さんには給付されなかったということなのですけれども、伊勢崎市とか富岡市ではそれを補填するような制度をやっているというふうなことを聞いたのですけれど、他市ではどのような制度をやっているのかお聞きしたいのと、高崎市では対象外になったお子さんについて補填するような何かを考えられないのか、考えをお伺いしたいと

高崎市議会 2021-01-25 令和 3年  1月25日 教育福祉常任委員会−01月25日-01号

幾つか伺いたいのですけれども、まず、残念なことに高崎市でもこの年末から1月にかけて、小学校、それから高等学校あと医療機関で、クラスターと言えない部分もあるかもしれないですけれども、複数感染者が発見されました。これについて本市としてはどういう対応をしたのか御報告いただきたいと思います。

館林市議会 2020-12-09 12月09日-04号

空き家問題に関する答弁は複数の部署に関連いたしますが、総括して答弁させていただきます。空き家の現状については、これまで平成25年度と平成27年度に調査を行いまして、実態を把握してまいりました。最新の空き家状況の把握についてですが、令和3年度から始まる第2次空家等対策計画の策定を踏まえ、現在、実態調査を実施しているところでございます。

高崎市議会 2020-12-09 令和 2年 12月 9日 市民経済常任委員会−12月09日-01号

実行委員会から高崎パスタに詳しい複数人の方たち番組制作会社に御紹介しましたところ、本市の職員に出演依頼があったと伺っております。 ◆委員白石隆夫君) ありがとうございました。大変面白い番組だったので、ぜひこれからいい方向に進んでいければと思います。ありがとうございます。

安中市議会 2020-12-08 12月08日-02号

そのほか、夏以降に複数箇所から医療用ガウンなどの購入実績があり、ルートを確保してございます。 ○議長今井敏博議員) 遠間大和議員。 ◆10番(遠間大和議員) 有事の際のルートというのは確立できておらず、市民に配布するマスクも備蓄しないということですので、一定程度は備蓄したほうがよいのかなと思いますので、再考していただければと思います。  

高崎市議会 2020-12-04 令和 2年 12月 定例会(第5回)−12月04日-04号

その施設内において、混合廃棄物複数選別機械を利用して性状ごと選別をされていました。破砕処理では、木くずを第一次破砕機チップ状にしてセメント工場熱利用プラント等へ出荷し、再利用され、また果樹園や農園のマルチ資材としても再利用されるということでした。さらに、チップを二次破砕機でおが粉状にして、畜産農家敷料として再利用されているとのことでした。

渋川市議会 2020-12-03 12月03日-03号

キャッシュレス決済サービスを行っている事業者複数ありますけれども、全国においてはペイペイというQRコード決済サービス利用率が最も高いのではないかということで伺っております。そのような中で、聞き取りによる状況ではございますけれども、市内でペイペイ利用ができる店舗は約650店舗ほどあるということでの認識でございます。 ○副議長細谷浩議員) 10番。

高崎市議会 2020-12-03 令和 2年 12月 定例会(第5回)−12月03日-03号

昭和40年代に民間開発された団地なども複数あります。そこの高齢化率はとんでもない数字になってきています。50%を超えるような状況もあります。ここでの高齢者の足の確保というのはもう本当に急務でして、今回の説明会にいらっしゃった方、「去年までは運転していたのだけれども、とうとう免許証を返納したのだよ」というような話を伺いながら、「どうすればいいのだい」という話から来ました。

太田市議会 2020-12-01 令和 2年12月定例会−12月01日-02号

文化スポーツ部長長谷川幸浩) 近年、コンピューターゲームビデオゲームモバイルゲームなど複数人で集まって競技する、いわゆるeスポーツについては、多くのメディア報道や、本年の11月に第1回U19eスポーツ選手権が群馬県のGメッセで開催され、盛り上がりを見せていることを把握してございます。 ○議長久保田俊) 矢部伸幸議員

前橋市議会 2020-11-26 令和2年第4回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2020-11-26

また、交通政策在り方につきましては、持続可能な交通ネットワークを構築し、公共交通基盤整備の充実と利用者利便性向上を図るべきであること、利用者目線に立った交通事業在り方については、複数事業者間による連携と利用者目線に立ったMaaSの在り方などについて提言いたしました。  

高崎市議会 2020-10-02 令和 2年  9月 定例会(第4回)-10月02日-05号

また、施設完成後の渋滞対策について質疑があり、新規施設においては、入り口の計量台の台数を現在の1基から2基に増やし、ごみ収集車両一般車両を分けて計量し、計量時間の短縮を図るとともに、計量台の前には複数列の待車スペースを設け、待機車両敷地外に並ばないようにもする。