13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

太田市議会 2018-09-11 平成30年 9月定例会−09月11日-03号

を発行する母体である太田国際学園、ぐんま国際アカデミーは、その設立、私立学校としてその成り立ちが大きく異なり、太田市が発案し、国の特区認定を受け、市が主体的にかかわり、小中高一貫校として開校したその経緯や、学園から毎年提出される財務諸表等で健全な経営状態であることを確認できていること、また、運用した証券を買い手がその都合で売り戻すことができるいわゆる買い現先の方法で運用しても差し支えないと国からの行政実例

太田市議会 2016-09-21 平成28年9月決算特別委員会−09月21日-02号

ただ、今、担当副部長が答弁したのは、出どころはわからないのですけれども、何らかの行政実例なのだろうと思います。この集会所の問題というのは、単に太田市だけにとどまらず、全国的に敷衍するものだと考えてもらいたい。裁判がどうのこうのという話でありますけれども、その問題については、総体的に日本全国で共有する問題だと考えざるを得ないということがまず1つあります。

渋川市議会 2014-11-28 平成26年 12月 定例会(第4回)-11月28日−提出者説明、質疑、委員会付託−01号

(企画部長田中猛夫登壇) ◎企画部長(田中猛夫) 支所に基づくということの行政センターが第155条の支所に当たるかということでございますけれども、このことにつきましては行政実例がございます。   その中に、総合出先機関、支所ですけれども、の法的性格というのが行政部長から各都道府県知事宛てに行政実例として通知がされております。

高崎市議会 2009-09-17 平成21年  9月定例会(第3回)-09月17日 委員長報告、質疑、討論、表決

次に、委員から、学校教育法第137条に関して、特定政党が学校施設を利用することは、通常の場合は社会教育その他公共のための利用とは認められないとの行政実例があるが、本条例改正後においても、政治的活動を目的とした使用は認めないという判断は、この行政実例にのっとって変わらないということでよいかという質疑があり、当局から、御指摘のとおりであるとの答弁がありました。   

太田市議会 2008-12-09 平成20年12月定例会−12月09日-04号

しかし、総務省の示す行政実例では、指定管理者の場合は議員であっても、特別職であっても抵触はしないと、法律上はこのようになっています。しかし、それはあくまで法律上の話であって、社会的に、あるいは道義的に見て、市民から見て一体どうであるのかということが問われるわけです。法律で許されれば何でもやっていいかというと、決してそのようなことにはならないのは私が言うまでもありません。  

渋川市議会 2006-09-11 平成18年  9月 定例会(第6回)-09月11日−提出者説明、質疑、委員会付託−04号

これは、やや別な話になりますけども、行政実例等を見ますと、仮にですね、議会の方にそういう調査特別委員会等をつくって対応するにしてもですね、そういう意味では過去の16年度までの認定が済んだものについては行政サイドの調査としては対象にならないというような、そういう実例もありまして、私はそういう話を前提にしながらですね、そういう意味では今回新しい市としては17年度の暫定予算ということでありますんで、考え方

高崎市議会 2006-06-23 平成18年  6月定例会(第2回)-06月23日 一般質問

また、窓口減免の適用については、桐生市には既に実施要綱があるにもかかわらず、画一的な適用は不適当という行政実例があるという答弁でした。これはどういうことなのでしょうか。窓口減免を実施をするために要綱をつくったのではないのでしょうか。この画一的な適用は不適当、こういうことについても一体だれの見解なのか、何か指導や通達があったのか、この点について明らかにしてください。   

高崎市議会 2006-03-24 平成18年  3月定例会(第1回)-03月24日 一般質問

また、要綱の関係でございますけれども、これにつきましても確かに要綱はつくってありますけれども、それを画一的に適用することはやっぱり適切でないという、そういう行政実例ですか、そういうありますし、そういう考え方も議員さんおっしゃるような考えあるかと思いますけれども、私どもはそれが現実につくった後適用がなかったということは、皆さんにそういうことで御理解いただいて積極的に負担をいただいていると、そういうふうに

前橋市議会 2004-05-12 平成16年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2004-05-12

行政実例によっても身分は有しないが、職務だけは執行できること。その場合、監査委員職務執行者何某とするのが適当とされております。ただ、ただし書きを適用するかどうかは、客観的にその必要性の有無を判断して決すべきとの記述もありますが、その必要性がないとの判断でただし書きの適用をしないのか。

高崎市議会 2003-06-23 平成15年  6月定例会(第2回)-06月23日 一般質問

補助金の交付につきましては、地方自治法の232条の2に「地方公共団体は、その公益上必要がある場合においては、寄附又は補助をすることができる」とされ、公益上の必要性については行政実例で公益上必要かどうかを一応認定するのは長及び議会であるが、公益上必要であるかどうかの認定は全くの自由裁量ではないから、客観的にも公益上必要であると認められなければならないとされております。

太田市議会 2000-06-23 旧太田市 平成12年 6月定例会−06月23日-04号

委員からの主な質疑を申し上げますと、地方自治法第244条の2第2項において、条例で定める重要な施設の廃止、長期かつ独占的な利用をさせるときには議会において出席議員の3分の2以上の者の同意を得なければならないとあるが、この点に該当しないのかとの質疑に対しましては、自治法の規定は特別議決と理解しているが、行政実例から見ると水道事業のように特に行政が必要と認めたものについて必要であり、今回のデイサービスセンター

太田市議会 2000-05-12 旧太田市 平成12年 5月臨時会−05月12日-01号

たまたま議会に契約議決を出すときに、行政実例で必要な項目はこの項目ですということがありますので、私どもはその行政実例に従って今まで議案を提出しましたけれども、コンペチター全部の札の金額を入れろという指示がございませんでしたので、今まで提出はしておりません。今、ご質問がありましたのでご答弁させていただきますけれども、消費税を抜いた入札ですので、消費税を抜いた額で私の方から報告させていただきます。

  • 1