1821件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

前橋市議会 2019-09-26 令和元年_意見書案第25号 開催日: 2019-09-26

道路交通法第63条の11でヘルメットの着用義務規定はあるものの、県内高校生や高齢者ヘルメット着用義務はなく、頭部損傷による死亡事故も派生している。自転車事故での死亡原因は64%が「頭部のけが」によるもので、転倒や車との衝突で車体や路面に頭を打ち、頭蓋骨骨折などを起こすケースが多く、死に至っている。  

藤岡市議会 2019-09-11 令和 元年第 4回定例会−09月11日-03号

人件費や扶助費、公債費など縮減することが容易でない経費、これを義務的経費と申しますが、毎年度経常的に支出する経費に対しまして、地方税地方交付税などの一般財源がどの程度使われているかを算出したものであります。これが低ければ低いほど財政運営に余裕、つまり弾力性がございまして、独自の政策に使えるお金が多くあることを示すものであります。  

前橋市議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-09-11

しかも、正規と非正規職員の待遇格差は厳然と残されたままにもかかわらず、新制度のもとで正規職員並みに守秘義務処罰だけが厳しく適用されることになり、問題です。  第4に、新制度への移行によって、行政職場は任期の定めのない常勤の正規職員を中心とした原則が掘り崩されることが懸念されます。

藤岡市議会 2019-09-10 令和 元年第 4回定例会-09月10日-02号

教科書は、小・中学校等におきまして主たる教材として使用義務が課されている図書でございまして、児童・生徒の教育を行う上で極めて重要な役割を果たしております。したがいまして、国の教科書検定制度のもとで教科ごとに数種類発行されている教科書の中から、学校使用する1種類の教科書を採択することは、教育委員会のなすべき仕事のうちで最も大切なことの1つと考えております。  

前橋市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-09-10

それは、私たち前橋市政の責任でもあり、そして義務でもあろうと考えています。一人一人の思いを束ねまして議論を通じて昇華させ、それを実行していく、それによって前橋のさらなる発展、そして失われてきた誇りを取り戻す、私はそのアクションをともに進めてまいりたいと考えております。青木議員質問にお答えする形でこのような私自身の決意を申し上げさせていただく機会を与えていただき、ありがとうございます。

藤岡市議会 2019-06-21 令和 元年第 3回定例会−06月21日-03号

平成30年5月31日付の上毛新聞で、新井雅博市長は記者から、義務的経費割合で財政の弾力性を示す経常収支比率は2016年度に98%で、県内35市町村でワースト3位だったと問われると、市長は数字自体に危機感はない、ただ、今の行政サービスを最低限維持し、先を見越した政策も行いながら、老朽化した公共施設をどう手当てするかが課題だ。施設の統廃合を含め、地域住民と話し合って決めていくと答えております。  

太田市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会-06月18日-03号

教育行政の充実と小中一貫の義務教育学校における諸問題についてですが、最初に教育部長に伺います。  太田市で進められている小中一貫の義務教育学校の設置ですけれども、大きく3つの問題が問われているということをまず最初に申し上げておきたいと思います。  1つ目は、そもそも論、小中一貫校が本当に太田市全体の教育の向上につながるのかという問題です。  

前橋市議会 2019-06-18 令和元年_意見書案第17号 開催日: 2019-06-18

また公立義務教育学校学級編制及び教職員定数の標準に関する法律に基づく現在の教職員定数は、基礎定数割合や加算定数割合を維持しながら、少子化に伴う現象に合わせて教職員定数削減を行う考え方が示されているため、社会情勢の変化に対応した増員とはなっていないことは問題である。  今、不登校の増加、いじめ問題など学校の抱える課題がふえている。

前橋市議会 2019-05-30 令和元年第2回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2019-05-30

2点目は、法人市民税に関するもので、法人市民税の申告納付を定める規定において、大法人に係る申告書の電子情報処理組織、こちらはeLTAXのことをいいますが、eLTAXによる提出が来年4月から義務化されることに伴い、電気通信回線の故障、災害その他の理由により電子情報処理組織使用することが困難であると認められる場合等に申告書等の提出方法を柔軟化することとする規定を加えたものです。  

藤岡市議会 2019-05-20 令和 元年第 2回臨時会−05月20日-01号

もけがをされているとは思いますけれども、そういった中で、やはり市として今後対応を考えていくというからには、何らかの処分なり処置なりをしていかないと、この件については過去に湯井議員がもう本当に何十回となく質問した中で、いつもこういう答弁で終わりになってしまうんだけれども、今後やはり市として考えないと、いわゆる処置、処分というものを明確に服務規程の中に含んでやっていかないと、事故はなくなりませんし、また注意義務