105件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

藤岡市議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-03号

また、インボイス制度の導入についても、売り上げ1,000万円未満の免税事業者に大きな負担がかかることが予想されますが、本来、租税とは、国や地方公共団体が、公共財や公共サービスの経費として、法令の定めに基づいて国民や住民に負担を求める金銭であるとされており、全ての国民が公平に幅広く納税していくとの観点からすれば、免税事業者もこの制度の課税事業者に登録して、消費税を納税するべきであると考えます。

高崎市議会 2018-11-30 平成30年 12月定例会(第4回)-11月30日 議案説明、質疑、委員会付託

これと比べた桐生市の職員給与ということですが、国税庁の民間給与実態統計調査は、民間の事業所における年間の給与の実態を給与階級別、事業所規模別、企業規模別等に明らかにし、あわせて租税収入の見積もり、租税負担の検討及び税務行政運営等の基本資料とすることを目的としているのであり、調査対象には正規職員だけでなく非正規職員が含まれています。   

高崎市議会 2018-06-01 平成30年  6月定例会(第2回)-06月01日 議案説明、質疑、委員会付託

しかしながら、自治会からは鉾座の運営管理は担えるが、取得費用が捻出できないため、補助してほしい旨の要望書が提出されましたので、自治会に対して鉾座の取得に伴う租税公課及び登記手数料補助するために補正予算を今回提出させていただいたものでございます。   また、本市が振興組合に対しまして補助金返還請求を行っておりますので、鉾座が売却されれば配当金が支払われる見込みでございます。

高崎市議会 2017-12-19 平成29年 12月定例会(第4回)-12月19日 委員長報告、質疑、討論、表決

これと比べた桐生市の職員給与ということでございますが、国税庁の民間給与実態統計調査は民間の事業所における年間の給与の実態を給与階級別、事業所規模別、企業規模別等に明らかにし、あわせて租税収入の見積もり、租税負担の検討及び税務行政運営等の基本資料とすることを目的としているものであり、人事院の行っております民間給与実態調査とはその目的が異なってございます。

藤岡市議会 2017-09-11 平成29年第 4回定例会-09月11日-02号

また、この法による租税の控除対象は、市町村の規模で政令により10万人規模となっており、関連施策を含めまだ不透明な状況でございます。  一方で、農業の担い手が減少しており、農業構造の改善は急務と考えますが、今後、策定される県の基本計画等に即し、関係部局間の連携を図りつつ、今後も国・県の動向を慎重に見守っていきたいと考えております。  以上、答弁といたします。 ○議長(冬木一俊君) 茂木光雄君。

高崎市議会 2017-09-05 平成29年  決算特別委員会-09月05日−03号

まず、第1項目めなのですが、今の河原井委員の質疑の中でも一番最初に出たのですけれども、市民の方は、私の債権と公債権とあって、民間対民間との債権債務の関係と公的な公債権租税債権との重さの感覚がもしかしたら間違っている方がいらっしゃって、民間よりも公債権のほうが軽く思う方がもしかしたらいるのかなという感じを確かに受けます。

藤岡市議会 2017-05-17 平成29年第 2回臨時会−05月17日-01号

次に、附則第20条の2及び附則第20条の3の改正は、特例適用配当等に係る所得について、提出された申告書に記載された事項その他の事情を勘案して、市長が賦課方式を決定できることを明確化したもので、外国居住者等の所得に対する相互主義による所得税等の非課税に関する法律第8条第10項及び租税条約等の実施に伴う所得税法法人税法及び地方税法の特例等に関する法律第3条の2の2第13項の改正に伴う規定の整備であります

渋川市議会 2017-03-10 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月10日−一般質問−05号

内容につきましては、人件費として臨時職員賃金、一般経費といたしまして、通信運搬費、消耗品費、修繕費、燃料費、光熱水費、租税公課、委託費、原材料費、手数料等でございます。   維持管理費用につきましては、開放しない関越自動車道南側のエリアも適正な芝の管理が必要と思いますので、これ相応の費用を計上しております。   

高崎市議会 2017-02-28 平成29年  予算特別委員会-02月28日−03号

差し押さえの現状ということでございますが、基本的に不動産等は差し押さえをした中で件数等は多い部分でございますが、なかなか差し押さえをして税金をまずは確保する、租税債権を確保するという目的で差し押さえ処分をしてございますので、差し押さえをしてすぐに不動産の公売だとか、そういうふうにはなってはございません。

太田市議会 2016-12-15 平成28年12月定例会−12月15日-05号

本案は、日本台湾との間で、二重課税を回避するなどの措置を講ずるため日台民間租税取り決めが締結されたことを受け、所得税法等の一部を改正する法律施行されることに伴い、所要の改正を行うもので、台湾所在の投資事業組合等を通じて得た利子、及び配当所得に係る個人住民税の課税方法を、源泉分離課税、及び総合課税から、申告分離課税に改めるものであります。  

太田市議会 2016-12-02 平成28年12月定例会−12月02日-03号

主な改正点といたしましては、日本台湾との間で、日台民間租税取決めが締結されたことに伴い、台湾所在の投資事業組合等を通じて得た利子及び配当所得に係る個人住民税の課税方法を、源泉分離課税及び総合課税から申告分離課税に改めるものであります。  なお、附則につきましては、この条例施行日を平成29年1月1日とし、あわせて条例の改正に伴う経過措置を定めるものであります。  

高崎市議会 2016-11-30 平成28年 12月定例会(第4回)-11月30日 議案説明、質疑、委員会付託

これと比べた桐生市の職員給与ということでございますが、国税庁の民間給与実態統計調査は、民間の事業所における年間の給与の実態を給与階級別、事業所規模別、企業規模別等に明らかにし、あわせて租税収入の見積もり、租税負担の検討及び租税行政運営等の基本資料とすることを目的としているものでございます。人事院の行っている民間企業実態調査とは、その目的が異なります。

渋川市議会 2016-11-29 平成28年 12月 定例会(第4回)-11月29日−提出者説明、質疑、委員会付託−01号

背景といたしましては、平成27年11月に日本台湾それぞれの民間窓口機関が、所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための公益財団法人交流協会と亜東関係協会との間の取り決めを行いまして、その内容を日本国内で実施するための国内法の整備として、法律の一部改正、施行令の一部改正等が行われたものであります。   議案の内容についてご説明を申し上げます。

安中市議会 2016-09-01 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月01日−議案説明、質疑、委員会付託−01号

こちらにつきましては、日本台湾との間で日台民間租税取決めが署名されたことに伴い、台湾に所在し、かつ日本台湾とで国内法上の課税の取り扱いが異なる組織体から支払いを受けた利子または配当に係る個人市民税の課税の特例についての規定の整備で、第1項は特例適用利子等の課税方法と税率について、第2項は特例適用利子等の所得があった場合の読みかえ規定について、右のページの第3項及び1枚おめくりいただきまして、第

高崎市議会 2016-08-24 平成28年  9月定例会(第3回)-08月24日 議案説明、質疑、委員会付託

この法改正の背景でございますが、日本台湾では国家間の国際約束である租税条約締結することができず、両国間で租税条約に相当する枠組みを構築するために、日本側の公益財団法人交流協会台湾側の亜東関係協会との間で民間取り決めとして、日台租税取決めが作成され、昨年の11月に署名されましたことから、この日台租税取決めに関し、日本国内における法的効力を持たせるために、当該取り決めに規定された内容に従い法改正が

太田市議会 2016-02-25 平成28年 3月定例会−02月25日-04号

歳入における租税等の収入は57兆6,040億円で、前年度比5.6%の伸びを見込んでおりますが、歳入中、公債費に占める割合は35.6%となっており、依然として公債費への依存は高い状況にあります。  国の予算編成方針は、安倍内閣の新たな目玉政策の1億総活躍社会の実現に重点配分する一方で、社会保障費の伸びは抑え、経済成長財政再建の両立を図った。

太田市議会 2015-09-14 平成27年9月決算特別委員会−09月14日-01号

それと、28ページですが、租税に依存するコストが63%となっています。その隣に本当のコストという欄があるのですけれども、国庫負担という形の兼ね合いから考えれば、平成26年度においては、企業収益向上も鑑みまして、非常に企業業績がよろしいという形になっていますが、以前、ある企業が、1週間のうち3日は出社して、あとは全部休んでいいよという時期もあったと思うのです。