2975件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

前橋市議会 2021-03-26 令和3年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2021-03-26

国は100%の財源を事業に出す条件と引換えに、市町村に高いカード取得率目標を求め、あらゆる手を使い、取得率向上に突き進んでいます。本市はこれに追随し、2022年度末に90%という異常とも言える目標を掲げ、カード取得を全市民に押しつけようとすることは問題であり、認めることはできません。  第4は、市財政を圧迫する大型開発を同時多発的に進めることを認めることはできません。

富岡市議会 2021-03-23 03月23日-委員長報告、質疑、討論、表決-03号

当局より、この補助金個人からの要望に基づき予算計上していたが、成果目標達成が困難という判断をして、申請を取り下げたものが複数あるなどしたため、事業費そのものが少なくなったことによる減であるとの答弁あり。 委員より、富岡製糸場見学料2億4,100万円の減とあるが、想定人数を確認したいとの質疑あり。当局より、見学者は16万5,000人と見込んでいるとの答弁あり。 

富岡市議会 2021-03-22 03月22日-一般質問-02号

◆17番(茂原正秀) 文科省が実施した英語教育実施状況調査というのがあるのだそうですが、これ重要なことなので、ちょっと確認させてもらいたいのですけれども、全国公立中学校に在籍する中学3年生のうち、英検3級相当以上の英語力を持つ生徒は、2017年は40.7%で、前年度の36.1%より4.6ポイント増加したものの、国が目標としている50%以上を達成することができなかったという内容新聞社の記事がございます

前橋市議会 2021-03-19 令和3年度予算委員会_市民経済委員会 本文 開催日: 2021-03-19

この取組ふるさと納税全国皆様の温かいご支援をいただき、2020年の12月分をもって、目標金額の3,000万円を達成することができました。オリンピックイヤーとなる本年、オリンピック・パラリンピック大会出場に向けた南スーダン陸上競技選手団のサポートについてお伺いいたします。

渋川市議会 2021-03-17 03月17日-07号

誰一人取り残さない社会をつくる、こういった国連におけるSDGsの目標とも合致していることであります。さらに、この共生社会実現についての取組を加速させていきたいと思っております。 ○議長望月昭治議員) 町田総合政策部長。  (総合政策部長町田修一登壇) ◎総合政策部長町田修一) 令和2年度におけます共生社会取組についてご説明申し上げます。  

渋川市議会 2021-03-16 03月16日-06号

目的は、生活習慣病から介護予防まで、全世代を通じた健康づくりを展開するために、健康無関心層を含めた予防健康づくりを推進します、個人の努力や自己目標達成に応じてインセンティブを提供します、習慣化するまでの継続支援を行いますという内容でした。この事業男女別年代別参加状況、健康無関心層取組と、またどのような成果があったのかお聞かせください。  3点目、市長選出馬について。

渋川市議会 2021-03-15 03月15日-05号

本市では、現在全ての人がお互いの人権や尊厳を大切にし、支え合い、誰もが自分らしく生き生きと輝ける共生社会実現まち渋川市を大きな目標に様々な取組を進めています。かつては、地域において家族や共同体の中で相互に助け合う生活が営まれておりましたが、人口減少少子高齢化人口流動職住分離になり、地域コミュニティーが衰退する結果となりました。

渋川市議会 2021-03-10 03月10日-03号

これはもうかなりインパクトがあって、これから渋川市は共生社会まちをつくっていくのだと、私もこの切り替えたその目標を認識したわけですけれども、まだスタートですから、ただ必ず5年先、10年先のビジョンというのが描かれてこういう断言をされたのだと思うのです。これは大変重要な渋川市の方向性を決めますから、もし今時点でその絵図が市長の頭の中にありましたら示してください。

富岡市議会 2021-02-26 02月26日-議案説明、質疑-01号

これらの計画で掲げている目標を着実に達成するとともに、この時代だからこそ取り組める施策に積極的にチャレンジし、さらなる市民サービス向上に向け、「変革」を行い、市民皆様が幸せを実感できる社会実現を目指し、全力で市政の発展に取り組んでまいる所存でございます。 それでは、令和3年度富岡市当初予算基本方針につきましてご説明申し上げます。 

高崎市議会 2021-01-26 令和 3年  1月26日 建設水道常任委員会−01月26日-01号

この計画は、建築物耐震改修促進に関する法律に基づき、高崎市内建築物耐震診断及び耐震改修促進を図るため、具体的な目標を設定し、その目標達成のために必要な取組を定めるものです。このたび素案がまとまりましたので、広く市民の方々から御意見を頂くためにパブリックコメントを実施するものでございます。  それでは、計画概要につきまして御説明いたします。お手元にございますA3の概要版を御覧ください。

館林市議会 2021-01-15 01月15日-01号

本案は、令和3年度から令和12年度までの10年間を計画期間とする館林市第6次総合計画において、市の将来目標及び基本的施策を明らかにする基本構想を策定するに当たり、館林総合計画基本構想議決に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。  以上、よろしくご審議の上、原案のとおり議決くださいますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。

館林市議会 2020-12-17 12月17日-05号

次に、コロナ禍の影響を受けて、今後厳しい財政運営も予想され、総合計画における目標を高く掲げても実行には困難が伴うと考えるが、どの分野に重点を置いて進めようとしているのか。また、計画進行管理の中で市民との課題の共有を掲げているが、どのように進めるのかとただしたのに対し、現在、来年度の予算編成を進めておりますが、総合計画の中の優先度を見極めながら実施していきたいと考えます。

前橋市議会 2020-12-15 令和2年_総務常任委員会 本文 開催日: 2020-12-15

情報政策担当部長マイナンバーカードにつきましては、国から2023年3月末でほとんどの住民がカードを保有するという目標値が示されております。それに従いまして当市でもマイナンバーカード交付円滑化計画を策定しまして、2023年3月末に市民の90%以上がマイナンバーカードを取得することを目指して今いろいろな取組をしているところでございます。