161件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

安中市議会 2020-12-11 12月11日-03号

蚕糸業は海外からの低価格生糸絹製品の流入、社会構造の変化に伴う後継者不足日本人の生活様式が和装から洋装へと変化したことなどにより、衰退の一途をたどっています。そうした中、平成26年6月には富岡製糸場絹産業遺産群世界文化遺産に登録されました。また、平成29年5月には、碓氷製糸農業協同組合が組織変更し、碓氷製糸株式会社が設立されました。

富岡市議会 2020-03-24 03月24日-一般質問-03号

そこへ、150周年記念富岡市の作った生糸、マフラー、いろいろ持っていったのですけれども、その会場に来たリヨンの市民の方が、これを欲しいのだと、売ってくれという話をしたのですけれども、どうも国と国との貿易協定がないとそういう取引ができないようなのです。 私も、では実際にこういう答弁を頂いて、できるのかどうか調べてみたのです。

富岡市議会 2020-03-02 03月02日-議案説明、質疑-01号

私は、「富岡製糸場絹産業遺産群」の普遍的価値である、生糸大量生産を実現した「技術革新」と、世界日本との間の「技術交流」について、今の時代にも生かしていかなければならないと考えます。改めて原点に立ち返り、この富岡の地から情報を発信することで周りを先導していくとともに、果敢に時代の変革に臨んでまいります。 

富岡市議会 2019-09-25 09月25日-一般質問-03号

世界遺産観光部長佐藤昭二君) 富岡製糸場は明治5年10月に操業を開始して以来、昭和62年3月の操業停止まで115年間の長きにわたり一貫して製糸工場として生糸生産を行ってまいりました。その間たくさんの方がさまざまな形で携わっております。例えば、初代場長尾高惇忠を初め、工場長と呼ばれる方だけでも27名を数えます。

前橋市議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-09-11

現に私たちに示された新議会棟基本設計報告書には、議場の内装はできる限り木質化を図り、壁面には前橋地域産の木製ルーバーをしつらえ、さらに議長席背面壁には前橋地域性を表現する象徴的なしつらえとして、地元産業でもある木を組み合わせて制作する組子の意匠を取り入れ、生糸の織りなすさまと重ね合わせたデザインにすることで、より前橋らしさを表現するものとしますとあり、地元産材を積極的に活用することがうたわれております

前橋市議会 2019-03-14 平成31年度予算委員会_市民経済委員会 本文 開催日: 2019-03-14

生産された繭は、生糸の原材料として碓氷製糸株式会社に卸されることとなっております。  次に、遺伝子組換え蚕実用飼育支援事業につきましては、3軒の養蚕農家で組織する前橋遺伝子組換えカイコ飼育組合がコラーゲンを生産する蚕を飼育しており、飼育の際に使用する人工飼料購入に対して一部補助を行っております。補助金額につきましては、購入経費の10分の3で21万6,000円となっております。

前橋市議会 2018-03-06 平成30年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2018-03-06

このような観光に加え、臨江閣やれんが蔵など、生糸まちで栄えた歴史文化を生かした観光やまえばし赤城山ヒルクライム大会に代表される参加型のスポーツツーリズム、あるいは東京オリンピック・パラリンピックに向けての全国的に増加しているインバウンド観光、今後の観光振興を考える上で欠かせないものであります。

前橋市議会 2017-12-08 平成29年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2017-12-08

建物は、昭和56年に生糸まち前橋のシンボルといたしまして現在地に移築され、創建当時の場所ではございませんが、この場所で30年以上にわたり地域住民を初め、多くの皆さんに親しまれております。今後の動向でございますが、移築ということに関しましては今般前橋商工会議所から要望書が提出されたところでございまして、これからの検討課題として具体的にお示しできるものは今のところございません。

富岡市議会 2017-09-25 09月25日-一般質問-02号

乾燥場繭扱場につきましては、原料繭乾燥作業生糸製造の最初の工程であることから、見学コーススタート地点として位置づけ、休憩場所としての機能の導入も含め、整備していきたいと考えております。また、全国的に見ましても、大型な繭乾燥機が立ち並ぶ工場景観は貴重でありますので、乾燥機の見せ方に工夫を凝らし、魅力的な見学スポットにしてまいりたいと考えております。 ○議長大塚利勝君) 堀越議員

前橋市議会 2017-09-19 平成28年度決算委員会_市民経済委員会 本文 開催日: 2017-09-19

179 【矢嶋農林課長】 本市養蚕業につきましては、現在生産されている繭は基本的には碓氷製糸に全量出荷されて、生糸へと加工されております。一部高級寝具等加工目的が決定されている場合もあり、そのようなものについては加工業者市内養蚕農家で組織される養蚕連絡協議会協議を行い、専用の品種を特別に飼育し、出荷を行うという流れをとっております。

前橋市議会 2017-09-05 平成29年第3回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2017-09-05

歴史文化、芸術の振興では、生糸を通じた他都市との交流事業としてシルクサミットin前橋地域伝統文化、そして芸能の保存、継承のための二之宮式三番叟薪能まつりを開催いたしました。このほか、前橋文学館では本市が誇る詩人、萩原朔太郎に関する企画展、イベントを実施するとともに、朔太郎記念館敷島公園から広瀬川河畔に移築し、再オープンしました。  

前橋市議会 2017-06-22 平成29年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2017-06-22

これまでの本市は、県都前橋生糸まち上毛かるたで詠まれ、また水と緑と詩のまちをキャッチフレーズとし、市制施行125周年を迎えました。そして、今年度で計画期間の終了を迎える第六次総合計画では、将来都市像生命都市いきいき前橋と定め、豊かな自然や固有の歴史資産といった地域特性を生かしたまちづくりを進めてきたところであります。

前橋市議会 2017-03-29 平成29年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2017-03-29

次に、農政部関係では、農業振興地域整備計画を変更した際の影響、オリジナル品種創出推進事業内容環境保全型農業直接支払事業の実績、GM蚕現状と今後の展開、耕作放棄地及び果樹生産現状のほか、農福連携課題市内農家生産農業所得額有害鳥獣駆除対策事業内容、赤城の恵ブランドの将来像などの質疑があり、さらに農事組合法人現状課題農産物直売所販売額の推移、繭や生糸を生かした土産品等商品開発に対

前橋市議会 2017-03-21 平成29年度予算委員会_市民経済委員会 本文 開催日: 2017-03-21

かつての生糸まち前橋がこの遺伝子組み換え蚕によって高機能シルク素材一大生産地として再び脚光を浴びる可能性があるわけですが、遺伝子組み換え蚕を大量に飼育し、潤沢に高機能シルクを提供していただくためには、今回のカルタヘナ法における第一種使用等の承認で、各養蚕農家で大量に遺伝子組み換え蚕飼育生産していかなければならないわけですが、その前に高機能シルクを使った商品開発がまずは大前提であるわけです。

安中市議会 2017-03-15 03月15日-04号

その原因は、かつて国は繭糸価格安定法生糸輸入調整法といった法律で繭や生糸輸入に一定の歯どめをかけて、国内養蚕蚕糸絹業を守ってきた制度平成20年に廃止してしまったことにあります。その後、財団法人日本蚕糸という民間団体に国が蚕糸絹業提携システムといった制度をつくらせてきました。しかし、これも理想どおりにはいかず、今日の危機を迎えているのが現状です。