139件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

前橋市議会 2020-06-18 令和2年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2020-06-18

このような状況から、全庁体制での調整を行い、まずは4月27日付人事異動によりまして福祉部及び健康部保健師9名、薬剤師約1名、医師1名の合計11名に対して保健予防課への兼務発令を行いました。また、5月7日付で文化スポーツ観光部事務職3名に対して保健予防課への兼務発令を行いましたので、現状では保健予防課に14名を増員している状況でございます。

前橋市議会 2020-05-01 令和2年5月臨時会(第1日目) 本文

このような状況から、全庁体制での調整を行い、まずは4月27日付人事異動により、福祉部及び健康部保健師9名、薬剤師1名、医師1名の計11名に対して保健予防課への兼務発令を行いました。さらに、5月7日付で文化スポーツ観光部事務職3名に対して保健予防課への兼務発令を行い、現状では同課に14名を増員している状況でございます。

前橋市議会 2020-03-26 令和2年_意見書案第01号 開催日: 2020-03-26

記 1 法第6条及び第31条によるワクチン接種実施については、飼養頭数など地  域の実情に応じ、県がワクチン管理を行う下で、指定医師による接種など、  家畜防疫員の一定の管理下での迅速な接種を可能とすること。 2 CSFワクチン接種のために臨時の家畜防疫員として任命する民間医師の  報酬については、雇い上げ医師手当と同様、国が費用負担を行うこと。

高崎市議会 2020-03-18 令和 2年  3月 定例会(第1回)−03月18日-付録

    事    項       │  頁  │ │ 順 │議席│  氏   名  │                            │    │ ├───┼──┼────────┼────────────────────────────┼────┤ │  │20│根 岸 赴 夫 │1 本因坊戦高崎対局開催について            │127 │ │   │  │        │2 医師

高崎市議会 2020-03-10 令和 2年  3月10日 教育福祉常任委員会−03月10日-01号

生活衛生課長武井祥一君) 今回改正となりました動物愛護及び管理に関する法律第37条の3で新たに規定されたもので、その条文には、地方公共団体職員であって医師等動物の適正な飼養及び保管に関し専門的な知識を有する者を置くことが義務づけられました。本市では動物愛護センターに所属する全職員8名を動物愛護管理職員として置くこととしております。愛護センター職員は特に変更はございません。

前橋市議会 2020-03-03 令和2年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2020-03-03

1の改正理由ですが、県の職員に準じ、医師初任給調整手当を支給するため、所要改正を行おうとするものです。  2の主な内容ですが、獣医学に関する専門的知識を必要とする職に新たに採用された職員に対し月額3万円を超えない範囲内の額を、初任給調整手当として支給しようとするものです。  3の施行期日につきましては、令和2年4月1日とするものです。  次に、9ページの議案第26号についてでございます。

高崎市議会 2020-02-28 令和 2年  3月 定例会(第1回)−02月28日-04号

1点目は本因坊戦高崎対局開催について、2点目は医師会の活動について、3点目は中学校の制服についてでございます。  まず、1点目の本因坊戦高崎対局についてですが、来年度といっても5月ですので、あと2か月余りですが、本市本因坊戦開催されることになりました。本因坊戦とは一体何のことと思った人もいるかと思いますので、少しその歴史について触れたいと思います。

高崎市議会 2020-02-26 令和 2年  3月 定例会(第1回)−02月26日-02号

改正内容ですが、同法が条例により医師等、動物の適正な飼養及び管理に関し専門的知識を有する者を置くよう定めたため、条例改正しようとするものです。  なお、附則といたしまして、この条例令和2年6月1日から施行するものです。  以上、誠に簡単ではございますが、議案第23号から議案第26号までの提案理由の説明とさせていただきます。よろしく御審議の上、御議決賜りますようお願い申し上げます。

前橋市議会 2020-02-19 令和2年_教育福祉常任委員会 本文 開催日: 2020-02-19

と申しますのも、この動物愛護管理職員を任命ということなのですが、これは基本的には本市で働いている医師が該当するという形になります。それが法律上頭出しされるという内容ですので、業務の内容は同じになるということです。 【新井美咲委員】今回法律改正に伴ってのものだと思ったので、質問させていただきました。

前橋市議会 2020-02-19 令和2年_総務常任委員会 本文 開催日: 2020-02-19

1の改正理由ですが、県の職員に準じ、医師初任給調整手当を支給するため所要改正を行おうとするものです。  2の主な内容ですが、獣医学に関する専門的知識を必要とする職に新たに採用された職員に対し、月額3万円を超えない範囲内の額を初任給調整手当として支給することとするものです。  3の施行期日につきましては、令和2年4月1日とするものです。  

館林市議会 2019-12-11 12月11日-04号

また、行政の責務としまして、飼い主に対する事前対策啓発災害時に救護活動を円滑に行うための医師との連携体制の確保などが求められております。本市では、人と動物が共生するまちづくり事業としまして、昨年度から飼い主のためのドッグトレーニング教室開催しており、参加者災害への日ごろの備えや同行避難の流れについて周知・啓発を行ってまいりました。

藤岡市議会 2019-12-06 令和 元年第 5回定例会-12月06日-02号

この藤岡市での活動は先般、新聞において全国の先進事例として取り上げられましたが、動物愛護団体地域住民、さきの公益財団法人に登録した医師、行政の4者がそれぞれの役割を果たしながら実施しています。実施に当たっては、さくらねこ避妊去勢チケットを活用しますので、地元や藤岡市の負担はありませんが、チケット費用を超えた部分については動物愛護団体負担しています。  

高崎市議会 2019-12-02 令和 元年 12月 定例会(第5回)-12月02日-03号

さらに、ことし9月に埼玉県秩父市でのCSF発生を受け、追加の措置として消毒薬18リットル缶と、第三者が農場に立ち入る際に場外からの土等を持ち込まない対策といたしまして、長靴を2足ずつ配付するとともに、各農家飼養衛生管理基準を遵守してもらえるよう冊子配付を行ったほか、高崎養豚組合組合員対象に、県の医師からCSF発生状況防疫対策ポイントを学ぶ研修会開催し、市内での発生が起こらないよう

太田市議会 2019-09-19 令和 元年9月決算特別委員会−09月19日-02号

アニマルホーダーを救ったりという実績もあって、そういう人を救う、要するにそういう猫を救うために、市内で手弁当で無償で活動している団体、市民、それからそういう医師もいるのだけれども、やはり一時保護するための場所の問題とか餌代の問題、そういうことまで含めて環境整備も、ワンパッケージさくらねこ無料不妊手術事業に参画していくことをやはり真剣に考える必要があると思うのです。

高崎市議会 2019-07-24 令和 元年  7月24日 市民経済常任委員会-07月24日-01号

また、飼養衛生管理基準を遵守していただくよう冊子配付や、養豚組合員方々対象にした医師からの豚コレラ発生状況防疫対策ポイントなどを学ぶ研修会などの開催実施したところでございます。  さらには現在、今後の防疫対策の強化を図るため、市内養豚農家対象として意見を伺っている状況でございまして、現状に即して効果的な対策を講じられるよう準備を進めているところでございます。

渋川市議会 2019-03-14 03月14日-06号

そのときに、医師が2万5,000人、自衛隊が1万9,000人、機動隊等警察官僚が2万3,000人という人たちがその事業に携わってきたわけであります。膨大な費用と時間をかけていかないと正常化への道が開けていかないというのがこの法定伝染病の一番怖いところであります。今回は岐阜県で豚コレラという病気が発生をしております。今5府県で既に32農場、4万8,662頭の豚が殺処分をされております。

太田市議会 2018-09-20 平成30年9月決算特別委員会−09月20日-02号

農政部参事金澤誠) 麻酔銃を撃っていただいた方は、群馬県の株式会社群馬野生動物事務所という民間事業者がございまして、その事業者の中の麻酔銃の取り扱いに関する資格を有していて、あとは当然銃の免許医師免許を同時に3つ持っている方がいらっしゃいまして、その方に麻酔銃の使用をお願いいたしました。 ◆委員久保田俊) それは市内の方でしょうか。

高崎市議会 2018-09-18 平成30年  9月18日 保健福祉常任委員会−09月18日-01号

事実私の地域でも今出た猫屋敷対策だとか、あとは私個人でも、うちに老犬がいるので、ちょっとその対策でもいろいろと御指導いただているわけでございますが、その中で医師、現業職方々がいらっしゃるのですけれども、お話を聞くところによりますと、もう少し研修を充実させていただけないかという声をお聞きするわけでございます。