171件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

藤岡市議会 2019-09-10 令和 元年第 4回定例会-09月10日-02号

しっかり取り組んでいただいて、特別支援教育や通級指導などとも連携していただき、利用を進めていただきたいと思います。  また、提案させていただいたサピエ図書館では、その検討されているDAISY図書、つまりテキストDAISYデータだけでも、現在でも約2,000タイトルが利用できます。

藤岡市議会 2019-09-02 令和 元年第 4回定例会−09月02日-01号

第3項中学校費、第1目学校管理費の学校施設整備工事で784万3,000円、第2目教育振興費の要保護準要保護就学援助費で60万4,000円を追加、特別支援教育就学奨励費で52万2,000円を減額。  第4項教育諸費、第1目教育振興費の看護師育成奨学金で72万円を追加するものであります。  続きまして、今回の補正財源となります歳入の主なものを申し上げます。  

太田市議会 2019-03-07 平成31年3月予算特別委員会−03月07日-03号

児童施設課長(高柳雄次) 藪塚本町幼稚園につきましては、例えば特別支援教育の充実等の障がい児の受け入れといった役割を果たしていくことによって、公立幼稚園として運営していきたいと思っております。 ◆委員(今井俊哉) 部長にお伺いします。施設に係るコスト、また運営費、そういったものも大切なのですけれども、市民ニーズを適切にくみ取ることは必須です。

太田市議会 2018-11-30 平成30年12月定例会−11月30日-01号

次に、教職員におきましては、研修会等を通しまして、特別支援教育に対する理解や支援のあり方を学び児童生徒への指導や支援に役立てております。市教委といたしましては、必要に応じまして介助員を適切に配置いたしまして、特別支援教育指導体制の整備に努めているところでございます。 ○議長(石倉稔) 今井俊哉議員。 ◆5番(今井俊哉) 次に、医療的ケア児についてお聞きします。

太田市議会 2018-09-21 平成30年9月決算特別委員会−09月21日-03号

335ページ、10款1項3目教育指導費、特別支援教育対策事業に関連して伺います。特別な支援を必要とする児童生徒数を教えていただきたいと思います。 ◎教育部指導参事(江原孝育) 現在、平成30年度、今年度でお答えさせていただきますが、太田養護学校に通う児童生徒が129名、小学校特別支援学級が207名、中学校は83名、合計419名でございます。

渋川市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月12日−提出者説明、質疑、委員会付託−03号

5目特別支援教育振興費であります。備考欄1行目、特別支援教育支援員配置事業では、小中学校19校に31人の特別教育支援員を配置し、児童生徒の学校生活上の介助や学級活動上の支援を行いました。   2項小学校費1目学校管理費であります。210ページ、211ページをお願いいたします。不用額欄3行目、需用費は、一般経費の電気料、水道料の執行残額であります。

渋川市議会 2018-03-12 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月12日−一般質問−05号

教育部長(石北尚史) まず、特別支援学校特別支援学級に通う児童生徒に対します助成ということでございますけれども、必要な通学費、給食費、学用品費、修学旅行費などの教育関係経費について、家庭経済状況に応じまして対象経費の10分の10または2分の1を国及び地方公共団体が負担します特別支援教育就学奨励費制度で補填されている方がいらっしゃいます。

渋川市議会 2017-09-28 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月28日−提出者説明、質疑、委員会付託−03号

5目特別支援教育振興費の備考欄1行目、特別支援教育支援員配置事業では、小中学校18校に29人の特別教育支援員を配置し、児童生徒の学校生活上の介助や学級活動上の支援を行ったものであります。   267ページをお願いいたします。2項小学校費、1目学校管理費は、268ページをお願いいたします。不用額欄6行目、需用費は、一般経費の燃料費、電気料、水道料の執行残であります。   

太田市議会 2017-06-14 平成29年 6月定例会−06月14日-01号

教育部長(菅間健司) 太田市では、教員授業に専念し、生徒指導特別支援教育、部活などを充実していくために、教員以外の専門スタッフが充実しつつございます。例えば、おおたん教育支援隊、バイリンガル教員日本語指導助手、介助員、悩み事相談員、そして本年度からは不登校専門員を配置していただいております。一定の成果を上げてまいりました。  

藤岡市議会 2017-03-15 平成29年予算特別委員会(第1回 定例会)−03月15日-03号

◆委員(山田朱美君) 続きまして、第7節賃金の所に入るのですけれども、ここに特別支援学級教員助手賃金というのと、その下に、特別支援教育支援員賃金というのが二つあるのですが、まず、両方について、今年度は何人位を予定しているのかお聞きいたします。 ○委員長(湯井廣志君) 学校教育課長。 ◎学校教育課長(吉崎仁君) お答えします。  

渋川市議会 2017-03-10 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月10日−一般質問−05号

学校に入れば、特別支援教育支援員がついたりとか、通級指導教室があります。学校期は、まあまあ支援ができていく。だけれども、学校が終わると、まさに一気にこの支援の体制が欠落してくるのです。なので、まず渋川市が考えるべきことは、相談窓口をしっかりつくることだと思っています。その場所をどこにするかと。第二庁舎の保健センターは狭過ぎますよね。

渋川市議会 2017-03-09 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月09日−提出者説明、質疑、委員会付託−04号

5目特別支援教育振興費、説明欄1行目、特別支援教育支援員配置事業は、特別に支援を必要とする児童生徒に対して介助や支援などを行う支援員の賃金等であり、各学校の実情に応じて配置します。   続きまして、2項小学校費についてご説明申し上げます。1目学校管理費です。210ページ、211ページをお願いいたします。説明欄1行目、一般経費は、小学校14校分の学校施設運営費であります。

渋川市議会 2017-02-28 平成29年  3月 定例会(第1回)-02月28日−提出者説明、質疑、委員会付託−01号

5目特別支援教育振興費の説明欄、特別支援教育支援員配置事業は、200万円の減額であります。これは、当初予定しておりました支援員を任用できなかった期間があったことによるものであります。   53ページをお願いいたします。3項中学校費2目教育振興費の説明欄、中学生海外派遣事業は、319万8,000円の減額であります。これは、事業費の確定によるものであります。   55ページをお願いいたします。

太田市議会 2016-12-02 平成28年12月定例会−12月02日-03号

しかし、市立幼稚園として存在する限りにおきましては、特別支援教育の充実ということでございまして、具体的には障がい児の受け入れ等でございますが、そのような形で役割を果たしてまいりたいと考えております。 ○議長(木村康夫) 八木田恭之議員。 ◆7番(八木田恭之) 続いて、教育部長にお伺いします。  

高崎市議会 2016-09-16 平成28年  9月定例会(第3回)-09月16日 一般質問

次に、県立移管に対する市の考え方でございますが、市立学校のこれまでの歴史や独自の教育方法を守りながら、他の県立の特別支援学校と連携ができること、また地域特別支援教育のセンター的役割を担うことにより、児童生徒にとってより充実した教育内容となることが期待できると考えております。   以上です。 ○副議長(小滝芳江) 16番、佐藤幸雄議員

高崎市議会 2016-09-15 平成28年  9月定例会(第3回)-09月15日 一般質問

また、特別な支援が必要な幼児、児童に対しましては、悩みを持つ担任や保護者、そういった方には特別支援教育専門アドバイザー、あるいは市の特別支援教育担当指導主事を派遣し、具体的な相談に応じる体制も構築しております。担任の負担軽減を今後も継続し、授業に専念できるような工夫・改善に努め、学力向上等に取り組んでまいりたいと考えております。   以上です。 ○副議長(小滝芳江) 19番、河原井始議員