80件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

渋川市議会 2019-09-17 09月17日-05号

また、乳がん、それから子宮頸がん検診につきましては、特定年齢に達した方に無料クーポン券を配付いたしまして、検診を受けますきっかけづくりを行い、その後にまた継続して受診を勧めるようにしております。がんについては早期に発見しまして治療することで生存率向上してまいりますので、今後もさまざまな手法を用いまして検診必要性を理解していただき、受診率向上に努めたいと思っております。  

太田市議会 2016-03-09 平成28年3月予算特別委員会−03月09日-02号

健康医療部参事矢野由美子) 新たなるがん対策費助成金については、大腸がん等々の無料クーポンが5年で区切りがつきましたので、そちらのほうで事業の変更がありまして、こちらで引き続き実施するところは、精密検査受診勧奨に関する助成ということで上げさせていただいています。その分が減っているところでございます。

渋川市議会 2015-09-09 09月09日-02号

備考欄1行目、大腸がん検診推進事業は、大腸がん検診受診率向上目的として特定年齢に達した方を対象無料クーポン券及び検診手帳を交付いたしました。備考欄4行目、がん対策事業は、胃がん大腸がん前立腺がん子宮頸がん乳がん胃がんリスク検診の各がん検診実施に係る委託料が主なものであります。  174ページをお願いいたします。

館林市議会 2015-09-08 09月08日-03号

また、癌検診の未受診者に対しましては、無料クーポン券の配布や個別の受診勧奨はがきの郵送など、複数回の受診勧奨を行っておりまして、初回受診者をふやす努力を行っております。さらに、日ごろの生活で忙しい20代から30代の若い女性ターゲット託児所を設けた運動教室の開催や、仕事で日中運動する時間がない方をターゲットにいたしまして、仕事帰り運動をする夜間の運動教室なども実施したところでございます。  

藤岡市議会 2015-03-06 平成27年予算特別委員会(第1回 定例会)-03月06日-02号

あとは国の政策としまして、未受診の方に通知をして、受けてもらうというお金もいただいているのですけれども、それをクーポンと言うのですけれども、その無料クーポンを利用して受診してくださる方もなかなかいないものですから、こちらも考えているのですけれども、受診率を上げる方法は幾つかありまして、委員おっしゃるように、検診日を長くするとか検診項目を魅力的なものにするとか、あとは料金を安くするという方法があるのですけれども

高崎市議会 2015-03-04 平成27年  3月 定例会(第1回)−03月04日-07号

また、妊娠届の際に渡す母子手帳に産前産後ママヘルパー派遣無料クーポン券として配布をすることも有効だと思いますが、御所見を伺います。 ◎福祉部子育て支援担当部長谷川浩君) 再度の御質問にお答えいたします。  御指摘のようにつわりや切迫流産等の体調不良により、育児や家事を行うことができず、支援を必要とする方がいることは認識をしているところでございます。

高崎市議会 2014-12-01 平成26年 12月 定例会(第5回)−12月01日-02号

女性特有がん検診無料クーポン事業とこれまで未受診の方へのコールリコール事業の着実な実施で健診率の向上早期発見早期治療に結びつけていただきたいと過去の一般質問で私訴えてまいりましたが、本市での実施状況成果を伺います。  また、レディースセット検診大変好評ですが、実施日数が3日間では回数が少ないと思います。さらに拡充すべきだと思いますが、御見解を伺います。

高崎市議会 2014-06-10 平成26年  6月 定例会(第3回)−06月10日-01号

4款1項5目成人保健費は、働く世代の女性支援として、乳がん子宮がん検診の未受診者に対する無料クーポン制度を実施するための経費でございます。2項1目環境衛生総務費は、中豊岡町在住の野村健治様からの寄附の趣旨に沿って、新たに動物用の医薬品を購入するものでございます。  1枚おめくりいただきまして、120ページをごらんいただきたいと存じます。

高崎市議会 2014-03-19 平成26年  3月 定例会(第1回)−03月19日-付録

について         │    │ ├───┼──┼────────┼────────────────────────────┼────┤ │ 24 │36│ 高 橋 美 幸 │1 生活困窮者支援について               │ 323 │ │   │  │        │2 女性がん対策について               │    │ │   │  │        │ ・今後の無料

太田市議会 2014-03-11 平成26年3月予算特別委員会−03月11日-02号

◎健康づくり課主幹(矢野由美子) 受診勧奨で、特定年齢の方に無料クーポン平成21年度から発行しております。そちらで未受診だった方に再度受診勧奨するものでございます。 ◆委員(太田けい子) 今、聞いていた人が何だかよくわからなかったと思うのですけれども、もう1度わかりやすく説明をお願いします。

渋川市議会 2014-03-07 03月07日-04号

大腸がん検診については、一定年齢に達した方に無料クーポン券及び検診手帳を送付し、受診勧奨に努め受診率向上を図ります。  第5に『教育環境充実と文化財の活用』についてでありますが、学校、家庭、地域の三者連携により、各地区の特色を生かした学校教育充実を図るとともに、安全で快適な学校教育活動が展開できるよう、小中学校再編統合校舎等耐震補強給食調理場等の整備を推進します。

高崎市議会 2014-03-04 平成26年  3月 定例会(第1回)−03月04日-07号

そのような中、平成21年から開始されました乳がん子宮がん検診の5歳刻み啓発冊子入り無料クーポン券配布事業は、受診率アップ一定の効果が得られたと思います。本市における無料クーポン券事業成果と新年度からの取り組みについてお知らせください。 ◎保健医療部長鈴木潔君) 2点目、女性がん対策についての御質問にお答えをいたします。  

高崎市議会 2014-02-26 平成26年  3月 定例会(第1回)−02月26日-03号

次に、やはり公明党を挙げて推進してきた女性特有乳がん子宮頸がん検診への無料クーポン券の導入は、受診率向上、そして早期発見早期治療に寄与してきました。この無料クーポン券は、平成21年度から、乳がんで40歳から、子宮頸がんでは20歳からの5歳刻み配布され、5年が経過し、一巡しました。