42件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

藤岡市議会 2019-12-09 令和 元年第 5回定例会−12月09日-03号

地球規模気温上昇すると、海水の膨張や氷河などの融解による海面上昇を引き起こし、また、気候変動による異常気象は、大型台風を頻繁に発生させるほか局地的なゲリラ豪雨など、想定を超える被害をもたらします。さらに、生物の絶滅や自然環境の破壊、生活環境や農業への影響も深刻化します。  こうした背景の中で、環境省は、具体的な1つの施策として、国民的運動クールチョイス事業を展開しています。

太田市議会 2019-12-03 令和 元年12月定例会-12月03日-03号

地球温暖化による海水気温上昇台風19号は線状降水帯を発生させ、流域型巨大台風となって上陸いたしました。本市でも大きな被害をもたらしました。今回の私の質問は、災害時の安全を初め、6つの重要課題からなる世界基準WHO推奨セーフコミュニティ質問及び提案をさせていただきたいと思います。

太田市議会 2017-03-09 平成29年3月予算特別委員会−03月09日-03号

主な食材という意味で要因となるものですが、カキ、そして2枚貝ということがうたわれておりまして、こちらの2つの生物は、海水のプランクトンを補食して消化器官ノロウイルスを蓄積するということでありまして、それが発症原因ということです。  続いて、主な症状でございますが、ノロウイルスにかかりますと、腹痛を伴った下痢や嘔吐、そして発熱による脱水症状などを引き起こすということが挙げられます。  

前橋市議会 2015-09-25 平成27年_意見書案第41号 開催日: 2015-09-25

稼働直後に、40キロ圏内の桜島が噴火レベル4に引き上げられ、再稼働後すぐに海水が漏れる事故が発生するなど、住民の不安はより増大している。  さらに避難計画は指針を定めればよいというもので、高齢者障害者など要援護者計画から除外するなど、ずさんで実効性がなく、住民の命を守ることはできない。

前橋市議会 2014-06-17 平成26年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2014-06-17

200 【19番(浅井雅彦議員)】 今回は、異常気象対策ということで質問させていただきましたけれども、現在でも目をつぶりますと、東日本大震災のときのあの激しい揺れ、地震、そして海水がじわじわ、じわじわ陸に上がってくる光景というのは、まるできのうのことのように出てくるわけでありますけれども、そのころからこの前橋ゲリラ豪雨も非常に強くなってまいりました。

高崎市議会 2014-06-13 平成26年  6月 定例会(第3回)−06月13日-04号

あと、津波で書店の中を海水が突き抜けた状況だとか、2時46分でとまったままの時計とか、そういう状況がありました。こういう中で、全ての財産を失って着のみ着のまま避難させられている人もたくさんいます。そして、福島県から今も14万人が故郷を離れて避難生活を余儀なくされているわけです。その多くの人が家族そろって住める家がありません。展望がない苛酷な避難生活を送っています。仕事もなくし、収入もない。

藤岡市議会 2011-06-22 平成23年第 3回定例会−06月22日-02号

原発事故については、今もって収束の見通しが一向に立たず、放射性物質の拡散によって水道水海水、土壌などの放射能汚染により人体、農作物、魚類などへの影響が心配され、現に、かき菜やホウレンソウが一時出荷停止になりました。そしてまだ約8万8,000人もの人たち避難生活を余儀なくされております。また、この原発事故によりさまざまな風評被害やデマが発生している報道もあります。  

前橋市議会 2011-06-17 平成23年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2011-06-17

しきしま老人センターに避難された方から直接お話を伺いましたが、情報が錯綜する中で、とるものもとりあえず出てきたが、車のガソリンがなくなり、給油もできず、車を乗り捨て、各地を転々としてやっとたどり着いた、そういう人や、家や家族を失い、田畑も半分以上が海水につかり、農地は放射能にさらされ、先が見えない、こう訴えられました。

安中市議会 2011-06-08 06月08日-02号

放射性物質大気海水に放出しています。太田市、前橋市、高崎市などでは、野菜や農産物からも放射能が検出されました。住民にとっては不安がいっぱいであります。本市として子供を含めた市民の健康被害が心配されますが、本市の考え方をお伺いいたします。  また、今もなお被災地では生活をしていく上で大変な状況であります。私たちにできることは、震災復興に向けて取り組むことだと思います。

高崎市議会 2011-02-24 平成23年  3月 定例会(第1回)−02月24日-03号

さらに、この温暖化が進めば、自然生態系変化や、既に始まっている、南極などの氷が溶け出し、海水面上昇による海岸線の侵食などの被害が進むと考えられています。高崎市は、群馬県の中西部に位置し、東京から約100キロメートル、新幹線で約50分という近距離に位置し、地形は、南東部は関東平野の一部を形成する平たん地で、北西部は緩やかな丘陵地帯や自然豊かな山々に囲まれた山間地帯となっています。

高崎市議会 2010-02-24 平成22年  3月 定例会(第1回)−02月24日-03号

海水面の上昇、動植物の種の減少、食料危機新型インフルエンザに代表される感染症熱中症増加などが指摘されています。中でも近年の異常気象は、ゲリラ豪雨、干ばつによる砂漠化、熱風による大火災など大きな災害を引き起こしています。このような中、本市防災計画に基づき、日ごろより防災体制を整えていることに感謝するところです。災害時には特に命にかかわる飲料水の確保は重要であると考えられます。

渋川市議会 2009-12-04 12月04日-04号

人間の活動に起因する地球温暖化異常気象の頻発、生態系への悪影響食料の減産、海水面の上昇感染症熱中症増加等、さまざまな変化をもたらし、人類の生存にも重大な影響を及ぼすおそれがあることが指摘されております。先進国世界規模の異常に気づき、温室効果ガス排出削減世界規模で展開するよう活動を開始しています。

高崎市議会 2009-06-22 平成21年  6月 定例会(第5回)−06月22日-04号

まず、安定型最終処分場では、安定型産業廃棄物と呼ばれる廃プラスチック類ゴムくず金属くず、ガラス、陶磁器くず瓦れき類などが処分され、管理型処分場では、重金属等有害物質が雨水や海水に溶け出さない産業廃棄物が処分されています。市内6カ所の産業廃棄物処分場については、安定型が4カ所、管理型が2カ所あります。

高崎市議会 2009-02-27 平成21年  3月 定例会(第2回)−02月27日-04号

すべての海洋で、3,000メートルの深海に至るまで水温が上昇、また海水酸性化も進んでいるという驚く事実が明らかにされています。海が巨大な湯たんぽ化しつつあり、これが集中豪雨台風などの強力なエネルギー源となり、世界でも日本でも極めて大きな被害をもたらしているといいます。

高崎市議会 2008-09-05 平成20年  9月 定例会(第4回)−09月05日-02号

ゲリラ豪雨原因は、地球温暖化影響原因と見る専門家が多く、温暖化海面温度上昇すれば、海水の蒸発する量がふえ、その分大気中の水蒸気が強い雨となって降りやすくなり、また都市部においてはヒートアイランド現象による気温上昇高層建築物による気流の乱れなどが積乱雲を発生させやすくしていると指摘されています。この地球温暖化に伴うゲリラ豪雨は、予測を超える頻度で各地で起こっています。