165件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

前橋市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-06-10

先日、新聞上でも大きく取り上げられていました。かつての人も立ち入れないほどの竹やシノは伐採され、定期的に除草するなどにより環境は改善されていますが、本格的な整備は行われておらず、新聞報道は地元でも大きな関心を呼び、今後の整備に期待が高まってくるのではないかと思います。

太田市議会 2018-09-20 平成30年9月決算特別委員会−09月20日-02号

◆委員(高橋美博) この回収システムは、私の記憶では、地域の皆さんに新聞等を提供していただいて、そして、それをお金に変えたと。そのお金で電動ベッドを買いましょうねというのでスタートしたかと私は思うのですけれども、どなたか知っている方はおられますか。 ◎清掃事業課長(坂本弘) 報奨金の資源回収につきましては、資源ごみの再生利用を促進して減量を図ることを目的に、合併以前からしている状況でございます。

前橋市議会 2018-09-19 平成29年度決算委員会_市民経済委員会 本文 開催日: 2018-09-19

現在の対象品目は、紙類といたしまして、新聞雑誌、段ボール、紙パック、雑古紙であり、そのほかは衣類や使用済み小型家電を対象としております。近年では、ほとんどの品目が減少傾向でありまして、平成29年度の回収実績は約8,780トンで、平成28年度と比べますと約450トン減少しており、約5%の割合で減少している状況であります。減少の要因として考えられることは、新聞の回収量が減少しております。

前橋市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2018-09-11

きょうも自然の猛威を感じさせるニュースが新聞面で、テレビを通して報じられています。そのニュースで流れる映像を見ていると、自然の力の大きさには唖然とするばかりです。多くの関係者がこのようなアクシデントは想定していなかったと話されていましたが、東日本大震災の際からもう想定外はあり得ないといったのではなかったのではないでしょうか。

前橋市議会 2018-04-25 平成30年_市民経済常任委員会 本文 開催日: 2018-04-25

次に、資源化可能物、分別すれば資源化できるものの組成割合は5の表に記載させていただきましたが、1の新聞、チラシ、雑誌、書籍、段ボール、紙パック、雑古紙シュレッダー紙などの紙等が11.2%、2の衣類、服飾雑貨、布類などが2.7%、3のペットボトルが0.6%、4のトレー類等のプラ容器が3.5%、5の汚れたプラ容器が6%で、合計24%が可燃ごみとして混在されて排出されておりました。

前橋市議会 2018-03-19 平成30年度予算委員会_市民経済委員会 本文 開催日: 2018-03-19

また、ごみの分類については、大分類で生ごみ、紙類、繊維類、プラスチック類、草木類など12種類に分類しまして、さらに小分類では例えば紙類を新聞雑誌、段ボール、雑古紙等に細分化しまして、それぞれの品目ごとの重量を計測して組成割合を算出するとともに、排出状況を写真等に記録し、分析の参考としているものでございます。

太田市議会 2018-03-06 平成30年3月予算特別委員会−03月06日-01号

財政課長(栗原直樹) 地方消費税交付金につきましては、新聞上等でも出ておりましたが、都道府県の配分方法の見直しがございました。都道府県に対しましては、地方消費税額の2分の1相当額を地方交付税交付金として交付いたしまして、そのさらに2分の1を各構成市町に配分しています。交付額につきましては、2分の1を市町村人口割、これは国勢調査に基づいたものによります。

高崎市議会 2018-02-28 平成30年  予算特別委員会-02月28日−03号

減額理由につきましては、構成団体少子高齢化ですとか、登録団体数の減少により回収自体が減ったことと資源として出される集団回収の主力である新聞新聞購読者の減少により減ってきていることなどによります。   30年度の見直し内容としまして、まず地域の集団回収の強化やリサイクル工場、ごみ減量化意識啓発を図るため、集団回収制度の見直しを行います。

太田市議会 2017-12-01 平成29年12月定例会−12月01日-02号

私もかねがねあの場所を見ていて、多分間に合わないかなというような思いがありましたけれども、現在のスマートインターチェンジの進捗状況、また、現時点で予想されるオープン時期、きょうの新聞によると、用地買収のおくれ、あるいは台風の影響による再工事ですか、こういうのが響いているとありましたけれども、新聞面よりも詳細なご説明がありましたらお聞かせ願いたいと思います。

太田市議会 2017-03-08 平成29年3月予算特別委員会−03月08日-02号

健康医療参事(矢野由美子) 俗に言う漂白剤をそちらに塗布して、新聞等で伏せてしばらく置いて、周囲から集めて袋に二重に入れて、もちろんゴム手袋をして対応するのですけれども、使った手袋も全部処理するということで対応していくということでございます。 ○副委員長(大川敬道) 159ページ、保健衛生総務費についてお伺いします。太田市の側溝から蚊が発生したときの対応についてお伺いいたします。

高崎市議会 2016-06-16 平成28年  6月定例会(第2回)-06月16日 一般質問

そんな中で、昨年の上毛新聞でも掲載があり、また5月7日の上毛新聞面のトップでは、群馬県内35市町村が受けた寄附の総額、ふるさと納税が前年比のおよそ4倍となる29億3,579万767円に上がったことと件数は4.7倍の8万2,191件で、総額、件数とも4年連続増加になった記事が掲載されました。

安中市議会 2016-03-02 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月02日−議案説明、質疑−02号

なお、ごみの減量化、再資源化につきましては、地域全体で行われております古紙新聞などの集団回収を支援するとともに、古紙類のうち、特に空き箱などの雑紙の回収強化に取り組んでまいります。   また、新年度からは古着類の行政回収を行い、ごみの再資源化をさらに進めてまいります。