282件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

前橋市議会 2020-03-12 令和2年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2020-03-12

群馬県済生会前橋病院は、本市の救急医療やがん治療などの、地域を担っていただいている必要不可欠な中核病院であることから、本市といたしましても引き続き前橋地域保健医療対策議会において存続に必要な意見を積極的に述べてまいりたいと考えております。                

前橋市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-12-06

また、11月には、県央南部地域連絡道路新橋建設促進協議会による要望活動で会長の玉村町長、副会長である前橋市長などの関係者が出席し、群馬県の県土整備部長を初めとする幹部職員に対し、新橋建設による前橋市を含む県央南部経済効果の飛躍的向上、前橋日赤病院へのアクセス強化による救急医療体制の充実など、新橋建設の必要性を説明し、建設促進を要望いたしました。

太田市議会 2019-09-26 令和 元年 9月定例会−09月26日-05号

安全・安心なまちづくり事業では、防災マップを更新し、全戸配布等により周知・啓発を図ったほか、消防車両の整備や救急医療対策事業への助成、学校施設の屋内運動場などの防災機能強化などにも取り組みました。老朽化した施設においても、社会教育総合センターのホール改修を実施するとともに、鳥之郷、三島の市営住宅の建てかえ事業、運動公園陸上競技場や尾島体育館の改築にも取り組んでいるところであります。  

前橋市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2019-03-26

救急医療周産期医療、小児科医療等は、いずれも全国的に医師の確保が課題となっている中、市民の命を守る上で重要部門であると考えます。今後については、各病院の実情を踏まえ助成額増を求めるとともに、近隣市町村からの受診者もあることから、近隣市町村からの助成負担について働きを行っていただくよう求めておきます。  

太田市議会 2019-03-07 平成31年3月予算特別委員会−03月07日-03号

救急医療の関係でお聞きいたします。太田市の患者は太田市で完結できるのが望ましいと思いますが、近年、管外搬送率が上昇しているようです。その要因についてお聞かせください。 ◎消防本部参事(茂木義秀) 昨日もそのようなお話がございましたが、市内の医療機関で重複した収容が困難であったり、あるいは病院の中で傷病者の処置中、あるいは専門外、また、ベッド満床などにより受け入れを拒否されるケースがございます。

太田市議会 2019-03-06 平成31年3月予算特別委員会−03月06日-02号

◆委員(宮沢まりこ) 164ページ、4款1項1目、救急医療対策事業補助金2億5,197万2,000円について、これはどういった補助金なのか、お聞かせください。 ◎健康医療参事(野村克明) 救急医療対策事業補助金でございますが、2つに分かれます。1つ目が緊急の市内の6病院に対します運営上の補助金でございます。

太田市議会 2019-02-13 平成31年 3月定例会−02月13日-01号

具体的には学校施設耐震化や高度救急医療施設市民会館の建設などの大型事業を実施しながら、行政サービスの向上、行財政改革を推進してきた結果、太田市は今、全国的にも魅力あるまちになったと実感しております。  こうした中、我が国の経済は、企業収益の拡大に伴い、設備投資の増加や雇用所得環境の改善により、景気は緩やかな回復を続けているとされています。

太田市議会 2018-09-20 平成30年9月決算特別委員会−09月20日-02号

本日1問目の質問といたしまして、240ページ、4款1項1目の救急医療対策事業補助金についてお聞きいたします。平成27年度から平成29年度にかけて、2億1,200万円から2億1,800万円と横ばいで推移しておりますが、補助金先をまずお聞かせいただけますでしょうか。 ◎健康医療参事(野村克明) 補助金先でございますが、市内に6病院あります。

前橋市議会 2018-03-09 平成30年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2018-03-09

さらに、これからの市民安全、安心な生活に欠かせない救急医療への取り組みの一つであるドクターカー運用についても期待の高まるところであります。日本全体が超高齢化を迎え、本市においても搬送人員の約60%が65歳以上の高齢者という救急統計から、今後さらなる高齢化の進展により、複雑な医療事情を抱えた救急要請の増加が予想され、救急体制はより重要なものとなります。

太田市議会 2018-03-07 平成30年3月予算特別委員会−03月07日-02号

◆委員(高田靖) 160ページ、4款1項1目、救急医療対策事業の中で消耗品費3万7,000円についてお聞きします。今年度の実績では、ここの消耗品費でAEDの看板を作成したとお聞きしておりますので確認なのですけれども、看板の作成枚数と残りの枚数をお聞かせください。 ◎健康医療参事(野村克明) 今年度の作成枚数ですが、260枚作成いたしました。現在余りが53枚でございます。

太田市議会 2018-02-13 平成30年 3月定例会−02月13日-01号

1項1目保健衛生総務費のうち、救急医療対策事業では、救急医療対策事業補助金2億5,090万6,000円を計上するとともに、総合健康センター管理運営費では、屋上防水等の補修工事費6,000万円を新規計上いたしました。  また、161ページ、4目保健事業費のうち、健康管理推進事業では、市民健康意識向上モデル事業として各種業務委託料500万円を新規計上いたしました。  

富岡市議会 2017-12-18 12月18日-委員長報告、質疑、討論、表決-04号

特に富岡地域医療事務組合においては、医師不足の問題や夜間救急を含めた救急医療体制などの整備が喫緊の課題となります。今後、それらの課題に的確に対応、協議する必要性があることを強く申し上げて、賛成討論といたします。ご清聴ありがとうございました。 ○議長(大塚利勝君) 以上で通告による討論は終わりました。 ほかに討論ありませんか。                 

前橋市議会 2017-12-15 平成29年_総合計画(委員会審査)_教育福祉委員会 本文 開催日: 2017-12-15

救急医療については、夜間の急病患者に応急診療を行う前橋市夜間急病診療所において県内では唯一深夜零時まで毎日開設し、市民医療面における安心感を提供しております。また、本年10月から県内では初めて市内24時間営業コンビニエンスストアにAEDを設置することにより、休日や夜間でも迅速にAEDを利用できる体制を整備し、一般の市民を含めた救命の機会を拡大し、救命率のさらなる向上を図っております。