190件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

藤岡市議会 2019-12-06 令和 元年第 5回定例会-12月06日-02号

神流川には下久保ダムがあるんですけれども、当時、緊急放流というのが予定されているとの情報もあって、河川の増水、氾濫が心配をされました。これ多分回避されたんだと思うんですけれども、仮に緊急放流を行っていた場合の状況を、当局では把握していたのかどうなのか、そこら辺についてお伺いいたします。 ○議長(野口靖君) 総務部長。 ◎総務部長(中島俊寛君) お答えいたします。  

太田市議会 2019-12-03 令和 元年12月定例会-12月03日-03号

もっと言うと、八ッ場ダムが本格運用されたら今度は緊急放流危険も出てくるわけです。今回の台風19号だって、結果的にあれで済んだから八ッ場ダムは緊急放流せずに済んだけれども、もっと降り続いていたら緊急放流になったわけです。空の状態がほとんど満水になっても、栗橋で17センチ程度下げただけの効果しかないわけですよ。

太田市議会 2019-11-29 令和 元年12月定例会−11月29日-01号

一般に、市内に降る雨水等は水路や側溝に流入して、その支流に放流します。その後、各支流は利根川及び渡良瀬川に合流して大河となって流れ下ります。古来より「水を治める者は国を治める」と言われているとおり、治水は国の根幹を成すものであり、その対策は時代とともに永遠に続く自然との戦いと言えます。

前橋市議会 2019-10-18 令和元年_総務常任委員会 本文 開催日: 2019-10-18

それから、3つ目なのですけれども、やはり先ほど言いましたダム放流情報と同時に護岸の整備の話も出ました。ここは、前橋公園のグリーンドーム周辺は完全に逆流しています。広瀬川放水路が逆流して、そしてまたさちの池まで水が来ています。これは何回も来ています。そういうことを考えると、いわゆる河畔の護岸の整備というのは早急に必要だろうと感じます。  

前橋市議会 2019-09-17 平成30年度決算委員会_建設水道委員会 本文 開催日: 2019-09-17

現在は、稼働している施設の運転状況、流入水や放流水の水質状況、浄化後発生する汚泥量など、過去数年分のデータの収集、解析を行い、更新の基礎情報となる能力評価を行っている状況でございます。今年度末の3月までには処理施設ごとに必要規模の設定を行い、施設配置計画を立案してまいります。

藤岡市議会 2019-09-10 令和 元年第 4回定例会-09月10日-02号

特に本年5月においては、通常のダムカードに加え、天皇陛下御在位三十年記念ダムカード、群馬プレデスティネーションキャンペーン特別ダムカードの3枚を配布しており、独立行政法人水資源機構下久保ダム管理事務所に聞いたところ、年平均で平日約21人、土日、祝日は40人程度の人がダムカードを求め来所し、昨年のダム放流イベントにおいては3,600人の方が来所したとのことです。  

太田市議会 2019-09-06 令和 元年 9月定例会-09月06日-03号

いずれにしましても、市内における放流先であります県が管理しております1級河川、大川、聖川、石田川等の河川改修等に期待が寄せられるところであります。県のはばたけ県土・整備プランの位置づけにおきましては、大川及び聖川中流部が令和10年以降の完成、石田川調整池の完成が令和5年という目標が掲げられている状況であります。早期整備に向けて積極的に働きかけを行ってまいりたいと考えております。  

太田市議会 2019-03-06 平成31年3月予算特別委員会−03月06日-02号

また、多分今の排水機場の放流先になろうかと思うのですけれども、国土交通省管理の1級河川早川になってございます。そこの日流量、どのくらい強制的に排出できるかどうか、その辺の検討も必要になる。いずれにしても、排水するには国土交通省許可が必要になりますので、その辺もあわせて今後研究していきたいと思っています。

前橋市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2018-12-06

33 【環境部長(永井尚宏)】 新最終処分場整備事業にかかわる今後の取り組みについてでございますが、候補地の選定につきましてはまず浸出水の放流先と考えられる河川の流量調査、あるいは県等の関係機関との調整なども行いながら、各応募地の詳細な調査結果をまとめまして、候補地選定に向けた評価項目や評価基準等を定めて各応募地の適性評価を行いながら、来年度末をめどに最終的

藤岡市議会 2018-09-12 平成30年第 4回定例会-09月12日-02号

台風による増水が予想される場合には、ダムへの流入量を考慮し、あらかじめ空き容量を確保するために事前に放流したり、台風が去った後には貯水量が増加した分を下流が氾濫しない程度の水量で放流したりするなど、流量を適正に管理、制御することにより、ダム下流における流量の急激な変化を抑え、安全を確保しております。  

前橋市議会 2018-03-14 平成30年度予算委員会_建設水道委員会 本文 開催日: 2018-03-14

【高橋道路管理課長】 箱田町の溢水原因と対策の内容についてですが、溢水の原因につきましては、近年の気象変動に伴い、集中豪雨時におきます時間降水量の増加が原因と考えられますが、当地区では、1級河川滝川の東に位置します前橋市市民サービスセンター南の南部環状線で道路冠水が発生し、道路冠水箇所南の住宅地内に溢水が発生しておりますので、時間降水量の増加に加え、放流

前橋市議会 2017-09-27 平成29年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2017-09-27

次に、農政部関係では赤城の恵ブランド推進事業の実績、GAP認証取得に対する支援策、施設園芸の主な栽培品目や市民農園の現状と今後の取り組み、園芸振興推進事業の実績のほか、蚕業振興推進事業の内容、農業支援対策の考え方、担い手支援事業の実績やブランド推進事業の成果、ヤマメ稚魚放流事業の概要などについての質疑があり、さらにため池の耐震状況、担い手への農用地の集積状況などについての質疑がありました。  

前橋市議会 2017-09-13 平成29年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2017-09-13

このため、候補地の選定に当たりましては、基本構想を策定する中で一つの方策として市民の皆様からの公募や、あるいは情報提供などをいただくというようなことを行うとともに、市といたしましても市内全域の中から立地制限のある区域を除外いたしまして、立地に適した場所を選定し、さらに土地利用や周辺環境に与える影響あるいは放流経路、あるいは建設コスト等について総合的な評価を行いまして、学識経験者等による外部検討委員会