59件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

前橋市議会 2020-06-19 令和2年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2020-06-19

次に、情報格差いわゆるデジタルディバイド是正についてお聞きします。デジタルディバイドとは、情報通信技術を利用して恩恵を受ける者と利用できずに恩恵を受けられない者との間に生じる知識、機会、貧富などの格差であると言われておりますが、全ての市民インターネット活用できる環境にないことからすれば、行政はその是正に努めなければならないものと考えます。

前橋市議会 2020-06-18 令和2年06/18_総括質問一覧表 開催日: 2020-06-18

│  │                │(4) 地方創生臨時交付金活用       │ │  │        │  │2 コロナ医療戦士クラウドファン │(1) 現在までの寄附金状況        │ │  │        │  │ ディングについて       │(2) 募金や寄附への対応          │ │  │        │  │                │(3) 情報格差

藤岡市議会 2020-03-06 令和 2年第 1回定例会-03月06日-02号

さらには総務省のほうにつきましても今後5Gの整備状況に合わせながら、しっかりと要望活動を重ねていきたいというふうに思っており、議員からご要請のありましたように、これからの新たな時代を迎えるに当たって、なくてはならない環境整備でありますので、必ず環境格差光ファイバー網を含めた情報格差これをつくらないようにしっかりと努めていきたい、このように思っているところであります。  

館林市議会 2017-06-14 06月14日-04号

そうはいってもやはりそれは合併とは関係ないかもしれませんけれども、交通弱者の問題であったり、あるいはデジタル・ディバイドといって情報格差課題というのは解消されないというふうに思いますので、そうした課題は残ると思います。  3回目の質問としまして、地域固有性、市場の有利性について何とか理解を助けるという意味で具体例を示すなど、説明をお願いします。 ○副議長遠藤重吉君) 政策企画部長

高崎市議会 2016-09-13 平成28年  9月13日 総務教育常任委員会−09月13日-01号

倉渕支所地域振興課長中山直美君) 光ファイバー網整備については、本来民間での整備が原則ですけれども、倉渕地域採算性問題等から情報格差是正のため国の交付金により本市整備し、平成23年1月に供用を開始しております。  契約の内容ですけれども、光ケーブル所有者である本市NTT東日本光ケーブルを貸し出し、保守や維持管理をお願いしております。  

藤岡市議会 2016-06-17 平成28年第 3回定例会-06月17日-02号

今や情報収集手段は多様化しており、テレビラジオメールインターネット携帯電話スマートフォン等さまざまな方法がある一方、スマートフォン等を使えない人との情報格差は広がっていきます。これはお年寄りに限らず、ふだんパソコンスマートフォンを使いこなしている人も、電波が途絶えたり停電したりすることで一気に情報弱者となる可能性を含みます。

高崎市議会 2013-06-13 平成25年  6月 定例会(第3回)−06月13日-03号

インターネットに代表されるデジタルネットワークの世界を利用できる方、また利用できない方、さまざまいらっしゃると思いますが、そういった方々の間に生じる情報格差を補完する取り組みとして、町内会主体にした災害緊急連絡網整備を進めているということだったと思いますが、自主防災組織結成状況からもわかるように、地域によって若干温度差があるようですので、一層の啓発をお願いしたいというふうに思います。

藤岡市議会 2012-03-09 平成24年第 1回定例会-03月09日-03号

それら放送局がある市町村において、防災行政無線と併用する事についての研究との事と思いますが、約7割が山間地である本市では、平地と山間地高齢者と若者など、情報収集情報伝達などの面で大きな情報格差がある状況と認識しておりますので、先ほどの答弁で申し上げましたとおり、ふじおかほっとメール、主要3大携帯電話によるエリアメールなど、様々な情報伝達手段を併用する必要がある事から、その一つの手段となり得るのかどうか

前橋市議会 2011-12-15 平成23年_意見書案第47号 開催日: 2011-12-15

情報の8割以上が視覚情報である現代社会において、視覚障がい者が安心して生活するためには情報格差をこれ以上広げない対策が求められる。  FM放送テレビアナログ放送はともにVHF帯電波を使うため、多くの視覚障がい者が、値段が安く1台で両方聞けるFMラジオテレビを楽しんできた。  

高崎市議会 2011-12-07 平成23年 12月 定例会(第6回)−12月07日-02号

本構想は地域間の情報格差是正するとともに、地域情報化を通じて活力ある地域社会を構築するため、地域コミュニティの産業、また社会、生活の各分野におけるニーズに即応する情報システムの構築を、国また地方自治体、民間の密接な協力のもとに行いまして、これにより情報化社会の円滑な実現に寄与しようとする計画であったものでございます。

藤岡市議会 2010-09-01 平成22年第 4回定例会-09月01日-01号

その結果、一定程度行政が負担することによりまして、通信事業者によりADSL回線整備が可能とのことから、藤岡市において十分協議・検討した結果、地域間の情報格差是正の面からも整備を進めることとなり、今回の補正予算に計上するものでございます。  なお、負担金については、群馬県においてもブロードバンド・ゼロ地域解消を推進していることから、補助金交付を予定しております。  以上、説明といたします。

安中市議会 2010-06-16 06月16日-02号

また、音声コード等の機器についても情報提供を行い、視覚障害者に対する情報格差が生じないよう推進してまいりたいと思いますので、ご理解賜りたいと存じます。 ○議長田中伸一議員) 武者葉子議員。 ◆7番(武者葉子議員) それでは、最後の質問となりますが、市長のご意見を、ご見解を伺いたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  

渋川市議会 2010-06-15 06月15日-03号

そういうふうな中で現在最も有効な高速通信手段であります光ファイバーにつきましては市民レベルで行う光ファイバーの仮申し込み活動による誘致、そういったものを積極的に支援をいたしまして、地域情報格差解消に向けまして光ファイバー整備を促進していきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。 ○副議長都丸政行議員) 桑島経済部長。  

渋川市議会 2010-03-09 03月09日-05号

市では、社会資本整備という観点から質問をいたしますが、第2次行政改革大綱ではブロードバンドゼロ地域解消早期実現を図るため整備主体である民間通信事業者に働きかけ、情報格差解消に向けた取り組みを進めますとあります。どのような民間業者に働きをかけるのかお伺いをしたいと思います。 ○議長新井晟久議員) 企画部長

前橋市議会 2009-09-17 平成20年度決算委員会_総務委員会 本文 開催日: 2009-09-17

地域住民の中には、パソコンに詳しい方もたくさんいらっしゃると思いますし、地域ボランティア活動参加意欲を持っている市民もふえておりますので、そうした方に人に教える技術を身につけていただき、そうした技術を生かす場の提供も重要だと考えますし、ICTにふなれな市民への対策として、情報格差をできるだけ少なくする施策は、今後ますます重要になっていくと思います。

前橋市議会 2009-09-09 平成21年第3回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2009-09-09

21 【総務部長高橋健)】 ブロードバンドゼロ地域解消のための国の補助制度ですが、地理的な制約から民間事業者の投資による情報通信環境整備が期待できないことにより、情報格差が生ずる市町村などに対して、効果的かつ効率的な情報通信基盤整備を促進するため、地域情報通信基盤整備推進交付金制度がございます。

藤岡市議会 2009-06-18 平成21年第 5回定例会−06月18日-02号

藤岡市においても、視覚障害者への情報格差を少しでも解消するように、市が発行するものに音声コードを添付し、まずは知っていただくためにも、活字文書読み上げ装置を市庁舎や鬼石総合支所、また福祉課の窓口や図書館に配置すべきと考えます。  音声コードというのは、日本語で約800文字の情報を記録できるバーコードです。