6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

太田市議会 2019-12-02 令和 元年12月定例会−12月02日-02号

また、医療用の弾性ストッキング等の保険適用の状況についてでありますけれども、リンパ節の切除を伴う悪性腫瘍の手術後に発生します四肢のリンパ浮腫の重篤化予防を目的といたしまして、医師の指示に基づき購入するものでございますけれども、術後のむくみ等を緩和するための弾力のあるサポーターのような役割をするということでありまして、この弾性着衣の費用につきましては、洗いがえを考慮いたしまして、2着を限度として療養費

藤岡市議会 2018-12-07 平成30年第 5回定例会-12月07日-02号

これは眼球内に発生する悪性腫瘍の一つで、その多くは5歳までのお子さんに発症します。小児期に発症する眼球内腫瘍の中では最も頻度が高く、日本においては1万5,000人から1万6,000人に1人、年間70人から80人の新規発症例があります。  このがんは5歳までに95%が診断されており、その多くは家族が子どもの目の異常に気づき受診に至っています。素人でも症状に気づきやすい小児がんとも言えます。

藤岡市議会 2016-06-17 平成28年第 3回定例会-06月17日-02号

白血病は、日本では年に10万人当たり6人ほどが発症する、比較的少ないがんですが、多くの悪性腫瘍患者は、高齢者が多いため、子どもや未成年層では極めてまれなのに対して、白血病は子どもから高齢者まで広く発症するため、子どもから成年層に限れば、比較的多いがんです。また、再生不良性貧血は、血液を作る細胞の機能が低下し、血液成分が極端に少なくなる病気です。

前橋市議会 2005-03-15 平成17年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2005-03-15

重粒子線は、通常の放射線より約3倍強力であり、早期発見の腫瘍から治癒困難な悪性腫瘍にも大きな威力を発揮するそうです。メスを使う外科手術でない重粒子線治療は、切らない、痛くない、障害がないが特徴のようです。現在日本のがん患者1人当たりの年間医療費は、約1,000万円かかるそうです。高度先進医療として認められた重粒子線治療費は、1回当たり約314万円で済むそうです。

前橋市議会 1990-03-22 平成2年度予算委員会_教育民生委員会 本文 開催日: 1990-03-22

と同時に、委員ご案内のとおり成人病の死亡の三大ベストが、1位が国、県、市等も含めまして悪性腫瘍、これはがんでございます。それから、2番目が心疾患、3番目が脳血管疾患ということで、これが高年齢層から最近の傾向として60代、50代、40代というぐあいにだんだん下のほうに下がってございます。そういう経過を分析していきながら、さらにお客さん方のニーズを十分に把握しながら、検診の内容を充足してまいりたい。

  • 1