1174件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

太田市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-01号

明治23年4月に尾島尋常高等小学校へ入学して、尋常科4年、高等科4年の課程を終えた明治31年3月に卒業しました。明治33年4月に生家を出奔して明治35年10月に中学校卒業検定試験である専検に合格し、明治36年12月に海軍機関学校へ入学、明治40年4月に同校を卒業して海軍機関少尉候補生となりました。明治41年4月に少尉になり、明治42年には中尉に昇進いたしました。

太田市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会−03月12日-06号

国立教育政策研究所の同じQアンドAでは、小学校時に欠席や遅刻、早退等の目立たなかった児童中学校1年生になっていきなり不登校になる割合は20から25%にとどまる。不登校という基準で見ると、小6と中1の間には大きなギャップが存在するかのようであるが、不登校相当という基準で見ると、むしろ連続性に注目したほうがよいことがわかるとしています。

太田市議会 2019-03-07 平成31年3月予算特別委員会−03月07日-03号

◆委員(今井俊哉) 予算書252ページ、10款2項1目、施設整備工事費なのですが、安全性の観点からの質問ですので、小学校中学校まとめてお聞きいたします。以前、大阪で発生した地震による小学校ブロック塀事故を受けて本市でも対応しているのだと思うのですけれども、これまで行ってきた改修の内容を教えてください。 ◎教育部参事(楢原明憲) 地震直後に全校調査を行いました。

太田市議会 2019-03-06 平成31年3月予算特別委員会−03月06日-02号

多くは小学校に入学して学習を始めるようになってから気がつくと言われております。発現年齢は2年生から4年生のころと言われております。注意欠陥多動性障がい、一般にADHDと言われております。特徴は、自分の注意力、感情、衝動をコントロールする力が弱く、学習社会生活で支障を来す。人によって症状のあらわれ方はさまざまです。発現年齢は7歳ごろということで示されております。

太田市議会 2019-03-05 平成31年3月予算特別委員会−03月05日-01号

◆委員(高藤幸偉) これは各小学校に1つずつあるのですか。 ◎児童施設課長(高柳雄次) 市内の26小学校全てにございます。 ◆委員(高藤幸偉) 予算の中に工事請負費というのが5,050万円ありますけれども、この工事請負費の中のご説明をお願いいたします。 ◎児童施設課長(高柳雄次) 工事請負費でございますが、放課後児童クラブ室の新築が主なものでございます。

太田市議会 2019-02-22 平成31年 3月定例会−02月22日-05号

本市の義務教育学校は、太田市立東小学校、韮川西小学校、太田市立北中学校の3校を1つにして、小学校から中学校までの義務教育9年間を一貫して行うとのことですが、この義務教育学校建設等にかかる初期費用、イニシャルコストが予算上幾らぐらいかかるか、また、施設の維持管理にかかるランニングコストは、3校がそのまま存続した場合と比べてどのようになるか、そして使われなくなる太田市立東小学校、韮川西小学校施設が今後

太田市議会 2019-02-21 平成31年 3月定例会−02月21日-04号

熊谷市小学校4年生の90%がこの尿中コチニン検査をし、10年間で尿中コチニンの濃度が大幅に減少し、受動喫煙の被害が激減しているそうであります。市は尿中コチニン検査を長期間行うことで保護者への意識づけができたと分析しております。この取り組みは全国的にも少なく、県内では初めてだというふうに思います。将来の太田市を支える今の子どもたちのために継続実施すべきであります。市長のお考えを伺います。  

太田市議会 2019-02-13 平成31年 3月定例会−02月13日-01号

義務教育の推進につきましては、児童生徒の学力の向上及び心身の健全育成を目指し、引き続き、おおたん教育支援隊による個別指導不登校専門員を配置するほか、外国人児童生徒に対する日本語指導事業を行うとともに、新たに小学校4年生についても心臓集団検診を実施するなど、よりきめ細かな教育の推進と健全育成に取り組みます。

高崎市議会 2018-12-21 平成30年 12月定例会(第4回)-12月21日 一般質問

また、併設型小中学校は、小学校及び中学校基本的な枠組みは残したまま、義務教育学校に準じた形で9年間を通じた教育課程を編成し、系統的な教育を行う学校です。いずれの学校施設一体型、施設隣接型、施設分離型の形態があります。   次に、県内外における小中一貫校の設置状況についてでありますが、現在県内には文部科学省が認める小中一貫校はありません。

高崎市議会 2018-12-19 平成30年 12月定例会(第4回)-12月19日 委員長報告、質疑、討論、表決

次に、委員から、水沼定住促進住宅の場所についての質疑があり、当局から、黒保根小学校から400メートルくらいのところにあり、黒保根中学校からも近く、黒保根町保健センターや国道122号からも離れておらず、教育環境等が整い、立地条件がよい場所にあるという答弁がありました。   そのほか水沼定住促進住宅の募集方法について、近接道路の除雪対策についてなどの質疑もありました。   

太田市議会 2018-12-03 平成30年12月定例会−12月03日-02号

◆15番(八木田恭之) 次に、2つの小学校、太田東小学校、韮川西小学校、そして、その区域の北中学校を1つの学校としていくわけですけれども、この3つの学校が統合されるということになりますが、義務教育学校としてどういう効果を期待しているのか、確認のためにお聞きします。 ○議長(石倉稔) 高橋教育部長。 ◎教育部長(高橋徹) 3校の統合によります効果としては、次の4点が挙げられます。

太田市議会 2018-09-21 平成30年9月決算特別委員会−09月21日-03号

ふれあい教室等に通う小学生もふえていると感じますが、次年度に向けて、小学校を含めた不登校専門員の増員は考えておりますか、お聞かせください。 ◎教育部指導参事(江原孝育) 今年度の1学期の傾向として、小学校のほうでも今までにないような形で増加傾向を示しているという報告をいただいております。

太田市議会 2018-09-20 平成30年9月決算特別委員会−09月20日-02号

環境政策課長(高橋公道) そのときの相談内容が、トラックの通行で自宅が揺れる、もう1つは、近くに小学校があるので危険であるということで、トラックを通らないようにしてほしいという内容でございました。 ◆委員(八木田恭之) その相談を受けての対応とすると、どのような対応をされたかを教えてください。

高崎市議会 2018-09-20 平成30年  9月定例会(第3回)-09月20日 一般質問

さらに、小学校中学校等の教育施設につきましては、教育委員会総務職員建築住宅職員により、その他の市有施設につきましては各施設管理者と建築指導職員により、塀等の設置された位置や劣化の程度について追加調査を実施いたしました。調査の結果につきましては、対象となった453施設のうち85施設建築基準法に不適合であると判断される箇所がございました。   以上です。