95件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

藤岡市議会 2019-12-06 令和 元年第 5回定例会-12月06日-02号

例えば、高山社跡を見た半券で富岡製糸が割引で見られるなど、そういったサービスも必要になってくるかと思います。それが周遊促進にもつながると思います。そういったことに取り組むお考えがあるか、伺います。 ○議長(野口靖君) 教育部長。 ◎教育部長(塚本良君) お答えいたします。  絹産業遺産群の構成4資産との連携につきましては、群馬県主体となって、構成資産と連携を図っていただいております。  

藤岡市議会 2019-06-20 令和 元年第 3回定例会-06月20日-02号

富岡市については、富岡製糸周辺地区で行われる事業を主に許可制としております。  沼田市については、一定面積以上の事業に対して事前協議及び届け出をお願いするものであります。  以上、答弁といたします。 ○議長(野口靖君) 丸山保君。 ◆2番(丸山保君) ありがとうございます。  県内5市において条例の規制、1市において要綱により指導を行っていることがわかりました。  

太田市議会 2019-03-06 平成31年3月予算特別委員会−03月06日-02号

数年前、世界遺産として富岡製糸が有名となりました。蚕あるいは養蚕については余り話題とならなかったことですが、昔は養蚕農家がたくさんあったようであります。現在、太田市ではどのくらいの養蚕農家があるか、お聞きしたいと思います。 ◎農政部参事(金澤誠) 現在の太田市の養蚕農家でございますが、非常に残念なことに3軒でございます。 ◆委員(高藤幸偉) 3軒ですか。

藤岡市議会 2018-12-07 平成30年第 5回定例会-12月07日-02号

◆17番(茂木光雄君) 海外へのいろいろな情報発信というのは、群馬県も一生懸命やっているわけですけれども、藤岡市においても、これまでの高山社にしてもそうですけれども、なかなかこういった中で、富岡製糸もそうですが、非常に来訪者の減少も甚だしいというふうなことになりますので、ぜひ、新たな形の中で、藤岡独自の情報として使ってみたらどうかなというふうに思います。  

藤岡市議会 2018-09-18 平成30年決算特別委員会(第4回 定例会)-09月18日-02号

それからぐんまちゃん家、最後に富岡製糸「お富ちゃん家」という10カ所、そのほかにいろいろな都内でありますイベントなどでも配らせていただいているということでございます。キャンペーンでございますが、先ほど申したスタンプラリーをやったわけですけれども、まだまだ周知度が足りないということでございます。

藤岡市議会 2018-09-12 平成30年第 4回定例会-09月12日-02号

現在、世界遺産富岡製糸と絹産業遺産群」や関連する文化財及び地域資源が集積した富岡市、伊勢崎市、下仁田町、本庄市、深谷市、熊谷市の6市町とともに、このエリアを「上武絹の道」として位置づけ、都市間の魅力的な観光資源を有機的に結びつけ、広域連携による観光振興に取り組んでおるところでございます。  

前橋市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2018-09-12

178 【文化スポーツ観光部長(川端利保)】 今回のモデル事業は、本市の臨江閣とあわせ、世界遺産富岡製糸、北毛地区のスノーフィールドでのモデルイベントの実施について、群馬県域全体で名所を活用したユニークベニューの推進を目的としまして、全国における3事例の一つとして8月に採択を受けたものでございます。

前橋市議会 2018-06-21 平成30年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2018-06-21

さらには、大型コンベンション施設Gメッセ群馬が再来年にオープンいたしますが、富岡製糸や臨江閣といった歴史的な施設外国人参加者が日本文化に触れるレセプションをあわせて開催するなど、Gメッセ群馬の整備を進める群馬県とともに連携を図りながら、積極的なコンベンション誘致にも取り組んでまいりたいと考えております。

藤岡市議会 2017-06-16 平成29年第 3回定例会−06月16日-02号

世界文化遺産富岡製糸と絹産業遺産群の構成資産として登録された高山社跡と同様に、市民行政がそれぞれの視点から藤岡市の特性を生かして、藤岡らしさを磨いていきたいというふうには考えております。その中で、例えば、関孝和ですとか堀越二郎に関しても、より多くの方々に2人の偉業を知ってもらうという形で、検討していきたいというふうに考えております。  以上、答弁といたします。

前橋市議会 2017-03-21 平成29年度予算委員会_市民経済委員会 本文 開催日: 2017-03-21

平成26年6月25日、富岡製糸と絹産業遺産群が世界文化遺産に登録され、これを機に平成27年度より県が収繭量に応じた1キログラム当たり900円の単価助成を始めました。本市では、当初1キログラム当たり70円を単価助成しておりましたが、平成27年度より県の半分の450円に単価助成額を引き上げまして蚕業振興を図っております。

藤岡市議会 2017-03-15 平成29年予算特別委員会(第1回 定例会)−03月15日-03号

また、項目にはちょっとないのですが、もう一点お伺いしたいのが、こういった絹産業遺産群、高山社跡以外の富岡製糸や田島弥平旧宅、荒船風穴との相互協力の関係など、何か行っている事がございましたらお伺いいたします。 ○委員長(湯井廣志君) 文化財保護課長。 ◎文化財保護課長(軽部達也君) お答えいたします。  

藤岡市議会 2017-03-14 平成29年予算特別委員会(第1回 定例会)−03月14日-02号

また、ぜひ、都内にありますぐんまちゃん家であったり、関連の富岡製糸であったり、そういったところにも配布していただくのが有効かと思いますので、ぜひご検討をお願いいたします。  また、更に動画配信の関連についてお伺いいたします。  先ほど、ユーチューブで動画配信をご検討されているというお話がございました。

前橋市議会 2016-12-07 平成28年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2016-12-07

富岡製糸で有名になっている世界遺産を主催しているのは、国連のユネスコというところです。そのユネスコは、正式には国際連合教育科学文化機関といいます。そもそもこのユネスコが成立した大きな理由は、教育文化の振興を通して戦争の悲劇を繰り返さない、その理念のもとにこのユネスコは成立しています。現在の世界総人口の3分の1、23億人ぐらいですが、その3分の1は既にさまざまな戦争紛争に巻き込まれている。