244件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

藤岡市議会 2019-09-11 令和 元年第 4回定例会−09月11日-03号

議員ご指摘の市街化調整区域の土地を市街化区域に編入するためには、おおむね5年に一度の定期的な国や県との協議を進め、区域区分の見直しを行いますが、安易に市街化区域を広げたいと提案しても、市街地が拡散するだけで低密度な市街地を形成することが懸念されるため、容易に採用されることはありません。

前橋市議会 2019-08-21 令和元年_魅力あるまちづくりと交通政策調査特別委員会 本文 開催日: 2019-08-21

郊外部の低密度人口集積のところでは、交通ニーズが少ないというエリアであればあるほどAIを活用した効率配車が必要だろうというのが2)でございます。3)は、基幹交通軸の強化ということで、バス路線本数を充実強化するのですが、どうしてもドライバー不足、車両不足ということもございますので、将来を見据えた自動運転技術研究も必要だろうという視点で取り組んでおります。  

前橋市議会 2019-02-19 平成31年_建設水道常任委員会 本文 開催日: 2019-02-19

この緑色の範囲は、前橋市地域公共交通網形成計画に示されているバスの幹線や運行頻度が一定以上あり、かつ将来の人口密度が一定以上となるバス路線を設定し、そのバス路線から両側300メートルずつの範囲を設定しております。また、薄い黄色の部分につきましては、市街化区域及び用途地域が指定されている区域のうち、住宅の立地が制限されております工業専用地域地区計画等を除いた範囲となります。

高崎市議会 2018-12-21 平成30年 12月定例会(第4回)-12月21日 一般質問

川内町地域下水道の整備は、平成27年度に用途地域などの人口密度、また下水道整備の要望、さらには事業効果などを勘案して策定いたしました東毛流域下水道(桐生処理区)関連桐生市公共下水道事業計画に基づき、平成27年度から平成32年度までの5カ年を事業計画期間と定め、整備を進めております。

藤岡市議会 2018-09-12 平成30年第 4回定例会-09月12日-02号

こういった取り組みについては、密度が高い運用であればあるほど、その情報は正確であると考えます。今の答弁からすると、通学路へ1、2基の設置との説明なんですけれども、整備しましたがお粗末でしたとされることのないよう、関係機関との調整も行った上で事業化に期待するものですけれども、いま一度どのように進めていくかお伺いをいたします。 ○議長(反町清君) 総務部長。

前橋市議会 2018-07-23 平成30年_魅力あるまちづくりと交通政策調査特別委員会 本文 開催日: 2018-07-23

というのはそこにどのくらい人が住んでいるか、人口密度とか、そういう点も含めるとやっぱり非常に分散してしまっているということで、なかなかだんごができない状況ではないかというふうに思うのです。今多分コンパクトシティーという話になってきたときに、どのくらいの人口をある一定地域に集められるかとか、どのくらいの人数が集まっているかによってかなり姿が変わってきてしまうというふうに思うのです。

前橋市議会 2018-06-21 平成30年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2018-06-21

1点目は、下水道と浄化槽のベストミックスのさらなる推進といたしまして、将来人口を踏まえ、人口密度の低下に伴い、下水道農業集落排水による整備では非効率となるため、現計画において未着手の区域については汚水処理の手法を見直して、合併処理浄化槽による整備に変更し、普及率を効率的、効果的に向上させるものでございます。

高崎市議会 2018-03-15 平成30年  3月定例会(第1回)-03月15日 一般質問

続きまして、厚生病院地域医療構想と高度急性期の機能別病床の関係でございますが、桐生厚生総合病院に聞きましたところ、現在急性期の患者に対し、状態の早期安定化に向け、診療密度が特に高い治療を提供するため、集中治療室、ICU、CCU6床、新生児集中治療室、NICU12床、新生児の回復治療室GCU15床を整備しており、今後もこの体制を維持し、地域医療構想の中で示される高度急性期に対応していきたいということでございます

前橋市議会 2018-03-14 平成30年度予算委員会_建設水道委員会 本文 開催日: 2018-03-14

一方、地方都市でも立地適正化計画を導入し、都市の生き残りを図るため、居住誘導区域を設け、中心部への移転を誘導し、人口密度を維持しようとしております。立地適正化計画を都市計画に組み込むことで、再開発プロジェクトを企業が担い、企業の仕事に公費が投入される、こういう仕組みに自治体が組み込まれようとしているというふうに思います。  

高崎市議会 2018-03-02 平成30年  予算特別委員会-03月02日−04号

ですので、より多くの人が集まる確度の高いお客さん、確度の低いお客さんを対象とする展示会よりもある程度こちらのニーズ等を、技術等を前もって伝えた上で、そことマッチする企業さんを訪問しますので、より密度の高い商談ができるものと考えております。   インキュベーションオフィスにつきましては、ただいま3社が市内への移転を検討しているところでございます。

前橋市議会 2017-12-21 平成29年第4回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2017-12-21

次に、まちづくりの柱である都市基盤に関連して、都市機能の集約と拠点性の向上について、市街化区域内人口密度の維持に向けた施策と行政の役割、都市機能の誘導と施設の充足度を上げるための今後の施策、立地適正化計画に基づくまちづくりの考え方や良好な都市基盤の整備と拠点地区のまちづくりの進め方、また地域特性に応じた土地利用の推進、都市機能を集約した利便性の高いまちづくりの考え方とまちの拠点における土地区画整理事業

高崎市議会 2017-12-20 平成29年 12月定例会(第4回)-12月20日 一般質問

この中で生活拠点はその拠点に現在もある身近な診療所などの医療施設食品スーパーマーケットコンビニエンスストア、ドラッグストアなどの商業施設といった生活利便施設教育施設金融機関など人口密度や商圏人口を一定規模以上に保つことでそれらの既存施設を維持していくことができる拠点として位置づけるものでございます。

前橋市議会 2017-12-07 平成29年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2017-12-07

行政商工会議所とはまちづくりのパートナー、また商工会議所商店街振興組合は一心同体で、連携の密度によって意識改革が図られ、その結果としてまちは変わってくると考えております。現状はどうかと考えてみますと、そのつなぎの役を所管部署の職員が代行していると言っても過言ではありません。先日、高崎の市長がまちが動いているという表現をしておりました。