88件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

前橋市議会 2021-03-19 令和3年度予算委員会_市民経済委員会 本文 開催日: 2021-03-19

136 【大澤委員】 本市定住を増やすためにも、多文化共生に関する施策のご検討をお願いいたします。  次に、ふれあい体験交流事業についてお聞きいたします。令和3年度予算額は77万3,000円となっており、前年度より58万7,000円の減額がされております。新型コロナウイルス関係事業費削減と伺っておりますが、本市農業が盛んな都市であります。

渋川市議会 2021-03-16 03月16日-06号

定住を増やすための子育て支援策についてお伺いいたします。 ○副議長池田祐輔議員) 齋藤福祉部長。  (福祉部長齋藤綾子登壇) ◎福祉部長齋藤綾子) 若い子育て世代定住を増やすための施策といたしまして、現在渋川市では保育料無料化を行い、経済的な負担軽減を図っているところです。また、あわせて、安心して子どもを産み育てられる環境の整備についても大事な要素と考えております。

渋川市議会 2020-09-16 09月16日-05号

それと、第2期渋川まち・ひと・しごと創生総合戦略で、2―4、新たに検討していく施策住宅取得費用の助成が削除され、具体的な施策の中に移住者住宅取得費用を織り込みしたが、定住向けの対策が見当たりません。本市定住促進に重きを置かないのでしょうか。お考えをお伺いいたします。 ○副議長細谷浩議員) 町田総合政策部長。  

安中市議会 2020-09-15 09月15日-02号

これは、遊休農地の解消を図るとともに、移住者定住新規就農を促進するための県内初の取組であります。  4月に農地つき空き家バンク登録が始まり、これまでに7件の登録が完了し、うち1件が既に売却となりました。他の登録物件に対する相談も数多くあり、一般の方でも農地農地のまま取得できる本制度に対しての注目度は非常に高いものがあります。

館林市議会 2020-09-08 09月08日-03号

また、ご案内のとおり、企業誘致の受皿となる団地に在庫がない状況にありますが、市内外からの企業進出のニーズは高く、早期に産業団地等事業化を図り、企業誘致に伴う移住定住確保にも努めてまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○議長遠藤重吉君) 権田昌弘君。 ◆9番(権田昌弘君) ご答弁ありがとうございました。今、誘致する団地がないというお話ですけれども、確かにそうであります。

館林市議会 2020-06-10 06月10日-04号

今後もこれらの施策を実施し、移住定住増加につなげてまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○副議長斉藤貢一君) 斉藤晋一君。 ◆6番(斉藤晋一君) ご答弁ありがとうございました。  都市住民に対する調査からは、田園回帰の流れは一過性のブームでなく、農山漁村への定住願望がうかがえるとしています。

館林市議会 2020-03-10 03月10日-03号

また、移住相談会等で積極的に制度周知を図るとともに、本市の魅力を併せて発信することで、本市での定住増加及び東京圏からの移住者増加を図ってまいりたいと考えております。 以上でございます。 ○議長遠藤重吉君) 権田昌弘君。 ◆9番(権田昌弘君) ご答弁ありがとうございました。 とても心強いと感じたわけでありますけれども、私も先ほどお話ししたとおり、とてもありがたく感じております。

藤岡市議会 2020-03-06 令和 2年第 1回定例会-03月06日-02号

この満足度を上げることが転居者を防ぎ、定住確保につながると思いますので、そのような施策を行っていくことが大事と考えます。  次に、森林と林業について質問をさせていただきます。  まず、現状と課題について伺います。  森林水源涵養機能山地災害防止地球温暖化防止機能、また自然を感じる場としての生活環境機能など環境保全に欠かせない重要な役割を果たしております。

前橋市議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-12-05

98 【13番(窪田出議員)】 繰り返しになりますが、財政状況がそれほどよくない中では、産業振興定住増等取り組みとともに、既存事業制度的な見直しも含めて経費削減に向けた取り組みをよろしくお願いいたします。  次の質問に移ります。日赤跡地前橋版生涯活躍のまちCCRC事業についてお伺いいたします。

富岡市議会 2019-09-24 09月24日-一般質問-02号

一方で、平成30年度で廃止された定住に対する奨励金は最大で40万円だったと記憶をしております。定住奨励金必要性や内容を検証するアンケートであれば、定住された方に聞くのと同時に、市外へ移住をされた方に移住を決めた要因を聞いて、総合的に検証することで転出者を減少させるヒントを得ることができたのではないかと思います。 

高崎市議会 2019-09-09 令和 元年  9月 定例会(第4回)−09月09日-03号

概要といたしましては、本市移住支援策創業支援子育て教育施策、住みやすい生活環境の構築などに向けた施策など、移住を検討している方だけでなく、本市のことを知らない人やなじみのない人にも興味を持ってアクセスしたくなるような、SNSやインターネット検索の仕組みを最大限活用したプロモーションを展開し、移住定住増加につなげていこうとするものでございます。

高崎市議会 2019-06-27 令和 元年  6月 定例会(第3回)−06月27日-付録

社会増減)          │    │ │   │  │        │  高崎シティプロモーションの成果          │    │ │   │  │        │  本社機能移転への支援               │    │ │   │  │        │  移住促進資金利子補給金制度            │    │ │   │  │        │  移住定住

高崎市議会 2019-06-14 令和 元年  6月 定例会(第3回)-06月14日-02号

定住を数であらわすことは困難でありますが、社会増に向けた取り組み定住増加につながることから、引き続き移住定住に向けた施策を積極的に展開してまいりたいと考えております。 ◆33番(三島久美子君) 移住者の数というのは把握が難しいということですけれども、やはりこの政策を推進するためには現状把握が絶対に必要不可欠だと思っています。