4223件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

安中市議会 2024-12-10 12月10日-02号

次に、安全装置の取りつけについて伺いますが、設置が17校のうち、安全装置は現在何校が設置されているのか伺います。 ○議長今井敏博議員) 教育部長。 ◎教育委員会教育部長高橋信秀) 安全装置設置状況でございますが、市内17校中、大規模改修を行いました8校につきましては設置が済んでおります。このほかの学校につきましては、順次改善を図ってまいります。 ○議長今井敏博議員) 長嶋陽子議員

安中市議会 2020-12-13 12月13日-04号

また、別の委員より、高齢者発進防止装置補助関連で、高齢者免許更新時の講習について、講習回数が少ないことに対する質疑があり、今までは教習所だけで認知機能検査をしていましたが、9月から県警が安中市交通安全協会に場所を借りて検査ができるようになり、1日60人、月3回なので、改善になりますとの答弁がありました。  その後、討論なく、採決の結果、委員全員により原案を可と決しました。  

安中市議会 2020-09-19 09月19日-03号

◆15番(小川剛議員) 再計画をつくって安全性を十分確保された上で、慎重に事業を進めたほうがよいと考えますけれども、いかがでしょうか。 ○議長今井敏博議員) 保健福祉部長。 ◎保健福祉部長水澤祝彦) 先ほども申し上げましたが、安全性の確保におきましては廃棄物を除去し、埋め戻しに伴い土壌調査実施して安全性を確認するよう進めてまいります。 ○議長今井敏博議員) 小川剛議員

安中市議会 2020-09-18 09月18日-02号

そのため、現場点検調査を重視し、土地改良区や用水組合連携をとりながら対処させていただいておりますが、今後においても引き続き農業振興市民安全を第一に対処していきたいと考えております。 ○議長今井敏博議員) 柳沢浩之議員。 ◆16番(柳沢浩之議員) 今、市民安全を第一に考え対処していきたいということでありますが、用水路に転落する事故も発生しております。

館林市議会 2020-09-11 09月11日-04号

しかし、JA邑楽館林では農産物栽培から店頭に並ぶまでの栽培情報を管理するトレーサビリティを徹底しており、安全安心農産物生産に努めているということでございます。今後はJA邑楽館林の協力をいただきながら、生産者との情報交換の機会を設けられるよう検討してまいりたいと考えております。  地場産食材の活用を推進するためには、学校給食センター栄養士等の努力だけでは限界があります。

館林市議会 2020-09-10 09月10日-03号

また、板倉町、明和町を含む館林警察署管内交通安全推進を図るため、市、町、警察署及び交通安全協会を中心とした館林地区交連絡協議会が組織されており、四季の交通安全運動を展開するとともに、毎年交通安全フェスティバルを開催し、交通安全思想の普及啓発を行っております。  以上でございます。 ○議長遠藤重吉君) 松本隆志君。 ◆1番(松本隆志君) ありがとうございます。  

安中市議会 2020-06-24 06月24日-03号

◆8番(佐藤貴雄議員) それでは、昨今の状況も踏まえて、県内他市で新たに行う安全対策等状況はいかがでしょうか。 ○議長今井敏博議員) 教育部長。 ◎教育委員会教育部長高橋信秀) 高崎市では、新たな安全対策での取り組み実施していないと伺っておりますが、現在策定してある安全対策について再点検をするよう、依頼を学校に通知したとのことでございます。

富岡市議会 2020-06-23 06月23日-委員長報告、質疑、討論、表決-04号

│3 防災及び防犯対策に関すること          │ └─────────┴──────────────────────────┘ ┌─────────┬──────────────────────────┐ │ 委 員 会 名 │       件          名       │ ├─────────┼──────────────────────────┤ │         │4 交通安全対策

富岡市議会 2020-06-22 06月22日-一般質問-03号

教育委員会といたしましては、学校行事目的を押さえ、健康や安全性に十分配慮して実施できるよう、各学校を支援してまいります。 ○議長相川求) 茂原君。 ◆17番(茂原正秀) 今回の新型コロナウイルス感染症は、50年に1度、100年に1度の深刻な問題という可能性がありますので、まずは授業優先で、それ以外の学校活動は後回しになってしまうのは仕方ないのかもしれません。

安中市議会 2020-06-21 06月21日-02号

この事故を受けまして、子ども課では安全確保に関する注意喚起等を内容とする通知を各保育施設に周知するとともに、園外活動に対する緊急点検実施状況を確認いたしました。市内保育施設につきましては、主に散歩における安全確保として、施設職員による危険な箇所がないかの緊急点検職員同士情報を共有しながら、移動経路引率職員体制を見直すなど、各施設実情に応じた園児の安全確保に取り組んでおります。