257件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

渋川市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−委員長報告、質疑、討論、表決−02号

(3)結婚・妊娠・出産・子育て環境づくりでは、「渋川すこやかプラザ」内に、子育て支援の拠点となる「子育て支援総合センター」を平成29年4月に開設し、子育てコンシェルジュを配置した子育て総合窓口をはじめ、子育て支援センター、屋内遊具施設、多目的ホール、ファミリー・サポート・センター等を効果的に運営しました。   

藤岡市議会 2018-06-25 平成30年第 3回定例会−06月25日-03号

市における屋内型の遊び場につきましては、現在、藤岡中央児童館と市内16カ所の地域子育て支援センターがあります。  藤岡中央児童館につきましては、児童福祉法第40条に規定する屋内型の児童厚生施設で、子どもに健全な遊び場を提供し、その心身の健康を増進し、情操を豊かにすることを目的としております。  

高崎市議会 2018-03-14 平成30年  3月定例会(第1回)-03月14日 委員長報告、質疑、討論、表決

また、必要に応じて子育て支援センター保育士などにつないでいく活動をしていきたいという答弁がありました。   次に、委員から、委託先を選定するに当たっての条件と配置されるスタッフの資格について質疑があり、当局から、選定の条件については、開館時間内に常時3人のスタッフを配置すること、またその中の1人については相談に対応できる専門スタッフを配置するということが条件となっている。

渋川市議会 2018-03-08 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月08日−提出者説明、質疑、委員会付託−03号

子育て支援の拠点である子育て支援総合センターにおいて、子育てコンシェルジュを配置した子育て総合窓口をはじめ、子育て支援センターや屋内遊具施設、ファミリー・サポート・センターなどを活用し、安全で安心な子育て環境の提供に努めます。   また、子育てに関する講座を開催するなど、子育て世代ネットワークづくりと子育て支援の充実を図ります。   

太田市議会 2018-02-22 平成30年 3月定例会−02月22日-05号

子育て支援センターのことについて伺います。未就学児の子どもが保育園等にある子育て支援センターで遊ぶことができますが、この子育て支援センターの設置数と今後の設置予定場所、場所の選定方法、この場所の保護者への周知の仕方、また、開設している場所はどのようなところなのでしょうか。地区ごと、小学校区ごとにあるのでしょうか、お聞かせください。  

高崎市議会 2017-12-21 平成29年 12月定例会(第4回)-12月21日 一般質問

また、認定要件であるので、とりあえずこの事業に取り組もうという形ではなくて、各園が子育て家庭にとって最も身近な支援の場となるような、そういう機能になるということがこの事業の最も望ましい姿だと考えているところなのですけれども、桐生市において子育て支援センターが一番頂点としてありますけれども、子育て支援拠点、地域子育て支援センターですとか、さらに今回の認定こども園が担う子育て支援事業などの取り組みが相互

高崎市議会 2017-12-20 平成29年 12月定例会(第4回)-12月20日 一般質問

4つ目としまして、子育て支援に関する取り組みということでは赤ちゃんの駅事業や地域子育て支援センター事業。5つ目として、お年寄り支援に関する取り組みでは高齢者リフレッシュ事業。6つ目としまして、財政健全化に関する取り組みでは事務事業総合評価事業や公会計制度導入事業などに活用させていただいた実績があります。

藤岡市議会 2017-11-29 平成29年第 5回定例会-11月29日-01号

今、議員がおっしゃったのは、放課後児童健全育成事業ではなくて、子育て支援センターの拠点事業のことでございます。こちらは放課後、各保育所だとか民間の学童保育所で学童を保育している、そのための委託でございます。放課後児童健全育成事業と子育て支援センターは別物でございます。  以上、答弁とさせていただきます。

渋川市議会 2017-10-12 平成29年  9月 定例会(第3回)-10月12日−委員長報告、質疑、討論、表決−07号

結婚、妊娠、出産、子育て環境づくりでは、旧渋川総合病院有効に活用され、子育て支援センターや屋内遊具施設、多目的ホールなどが整備されました。平成29年4月から渋川すこやかプラザとして本市の子育て支援の拠点施設となり、若者世代子育て世代などに利用され、人口減少対策の一つとして効果を上げているものと考えます。

渋川市議会 2017-10-03 平成29年  9月 定例会(第3回)-10月03日−一般質問−05号

次に、子育て支援センターの利用者数でございますけれども、4月が2,375人、5月が2,576人、6月が3,028人、7月が3,441人、8月が3,410人となっているところでございます。なお、子育て支援総合センターの登録世帯数でございますけれども、1,060件となっているところでございます。   

渋川市議会 2017-10-02 平成29年  9月 定例会(第3回)-10月02日−一般質問−04号

これは、子育てだとか、教育支援と考えれば妥当なことかと思いますが、当市においても阿久津市政の中で、先ほども説明がありましたが、学校給食費の完全無料化を初めとして、通学バスの無料化、これも1億円の財源が必要になっていますし、また子育て支援センターを設置したり、学習支援等非常に子どもの教育に対して手厚く、かなり先進的な自治体になっていると思います。

渋川市議会 2017-09-28 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月28日−提出者説明、質疑、委員会付託−03号

その内訳の中身につきましては、建物改修、子育て支援センター南棟改修工事、屋内遊具施設、リハビリ棟改修工事、ファミリー・サポート・センターサービス棟改修工事、園庭等外構工事、霊安室解体工事、空気調和設備改修工事等となっているものでございます。 ○議長(須田勝議員) 4番。 ◆4番(星野安久議員) 基本的に予算のとり方、決算の仕方、これが間違っていると思うのです。

渋川市議会 2017-09-27 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月27日−委員長報告、質疑、討論、表決−02号

(3)結婚・妊娠・出産・子育て環境づくりでは、旧渋川総合病院の建物等を活用し、子育て支援センターやファミリー・サポート・センター、屋内遊具施設、多目的ホール等を集約した子育て支援総合センターを整備し、子育て支援の拠点施設として、平成29年4月に開設しました。   高額な不妊治療に対する経済的負担の軽減を図るため、引き続き、治療費の一部を助成しました。

太田市議会 2017-09-20 平成29年9月決算特別委員会−09月20日-01号

なお、平成30年度以降、また、子育て支援センターの業務を実施する等の枠を拡大した中で実施していくということで、大変前向きなお話をいただいておりますので、ご報告申し上げます。 ◆委員(大川敬道) 民営化して順調に進んでいるということで、民営化できるものはどんどんしていければと思っていますので、今後とも順調にいくように願っております。  

藤岡市議会 2017-09-14 平成29年決算特別委員会(第4回 定例会)−09月14日-02号

次に、126ページ、地域子育て支援センター事業委託料4,355万円、平成28年度の委託先と内容が主要施策の成果等に関する説明書の33ページにありましたが、平成28年度中にいろいろ見直しが行われたと聞いております。この点についてご説明をお願いします。 ○委員長(岩崎和則君) 暫時休憩いたします。                                   

渋川市議会 2017-06-08 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月08日−提出者説明、質疑、委員会付託−01号

これは、子育て支援総合センター内の子育て支援センター業務における体制の整備に伴う臨時保育士の任用及び既設汚水管の高圧洗浄の実施、また民間保育所で実施いたします子育て支援センター事業への委託料の増額によるものであります。   4款衛生費1項保健衛生費1目保健衛生総務費の説明欄、一般経費は212万5,000円の増額です。

渋川市議会 2017-03-10 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月10日−一般質問−05号

主な事業は、学校給食費の完全無料化や、子育て支援センター、屋内遊具施設、ファミリー・サポート・センター等を集約をいたしまして子育て総合窓口を設置する渋川すこやかプラザの管理事業、より安全でおいしい給食を提供するための学校給食調理場の再編整備事業ということを今現在計画をし、実施しているところでございます。 ○議長(須田勝議員) 12番。