750件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

前橋市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2019-03-26

初めに、都市計画部関係では、地区計画等に係る色彩基礎調査の現状と効果、景観資産登録制度の概要と立案の経緯、赤城鍋割山付近の大規模太陽光発電施設の開発に対する考え方のほか、大規模盛土造成地変動予測調査の実績と今後の進め方、生活道路後退用地整備事業に係る事前協議書の提出件数、民間のブロック塀安全対策の進捗状況と今後の対応、本市における建築確認の現状などについて質疑がありました。

前橋市議会 2019-03-26 平成31年_意見書案第05号 開催日: 2019-03-26

 平成31年3月26日提出  平成31年3月26日否決                    提出者 市議会議員 藤 江   彰                          同   角 田 修 一                          同   中 里   武 再生可能エネルギー発電促進賦課金低減化に向けた新たな仕組みを求める意見書  「再生可能エネルギー発電促進賦課金」は、太陽光発電

前橋市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2019-02-27

環境配慮型社会の形成では、新エネルギーの導入として整備いたしました太陽光発電や小水力発電による売電収入を原資といたします絆でつなぐ環境基金、これを活用して地域住民が実施いたします有価物集団回収や公園緑地愛護会の活動への助成を拡充するなど、本市の環境に資する取り組みを広く支援してまいります。  

高崎市議会 2018-12-20 平成30年 12月定例会(第4回)-12月20日 一般質問

それらをもとに、まずは山林への太陽光発電施設の設置に関する桐生市の総体的な見解について確認をさせていただきます。   それでは、質問させていただきます。山林への太陽光発電施設の設置と住民の安全、安心の確保について、桐生市はどのように捉え、住民や設置事業者と向き合っているのか、御見解をお示しください。 ○議長(森山享大) 都市整備部長。 ◎都市整備部長(小澤悟) 御答弁申し上げます。   

藤岡市議会 2018-12-10 平成30年第 5回定例会−12月10日-03号

この太陽光発電に関する法律は、(略称)再生エネルギー特措法といい、平成23年8月成立し、平成24年7月から施行されております。根拠法であるこの法律には、太陽光発電についての規則、条項、例えば環境アセスメント、建設ガイドラインはもとより、地元の同意等も要らない。しかも、国・県、市を挙げて推進している環境に置かれています。

藤岡市議会 2018-12-07 平成30年第 5回定例会-12月07日-02号

          │   │ │  │     │              │④終活支援について     │   │ │  │     │2.小・中学校におけるICT│①現在の状況について    │教育長│ │  │     │  教育の推進について   │②今後の取り組みについて  │   │ ├──┼─────┼──────────────┼──────────────┼───┤ │ 9 │橋本 新一│1.太陽光発電施設

高崎市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会 一般質問通告一覧表-一般質問通告一覧表

ほどいるか 2 先生方の学校以外の生活について 3 先生方と桐生市民との交流について 4 桐生市の歴史、文化、自然についての認知度について 1 木造市営住宅の現状について 2 木造市営住宅の家賃について 1 平成30年課税におけるふるさと納税の現状について 2 総務省「ふるさと納税ポータルサイト」について市  長 副 市 長 教 育 長 部  長9  13番 山之内肇         1 山林への太陽光発電

太田市議会 2018-09-27 平成30年 9月定例会−09月27日-付録

─────────────┼─────┼─────┼─────┼────┤ │議案63│平成29年度太田市介護保険特別会計歳│  〃  │  〃  │  〃  │賛成多数│ │    │入歳出決算認定について       │     │     │     │    │ ├────┼──────────────────┼─────┼─────┼─────┼────┤ │議案64│平成29年度太田市太陽光発電事業特別

藤岡市議会 2018-09-21 平成30年第 4回定例会−09月21日-04号

快適なふじおかの施策では、環境と共生し、良好な自然環境のまちをつくるために、住宅用太陽光発電システム設置費補助事業などを実施。人に優しいふじおかの施策では、支えあいを実感し、安心して子育てができるまちをつくるため、障害者職場実習補助事業や、民間保育所等施設整備費補助事業などを実施。心豊かなふじおかでは、教育の充実を目指し、新学校給食センター建設事業などを実施。

太田市議会 2018-09-21 平成30年9月決算特別委員会−09月21日-03号

年度太田市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について 議案第60号 平成29年度太田市住宅新築資金等貸付特別会計歳入歳出決算認定について 議案第61号 平成29年度太田市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について 議案第62号 平成29年度太田市八王子山墓園特別会計歳入歳出決算認定について 議案第63号 平成29年度太田市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について 議案第64号 平成29年度太田市太陽光発電事業特別会計歳入歳出決算認定

高崎市議会 2018-09-20 平成30年  9月定例会(第3回)-09月20日 一般質問

ゴルフ場跡地の現状についてでありますが、土地所有は前橋市で太陽光発電をはじめとする再生エネルギー事業、ソーラーファームモデルの普及事業を実施しておりますファームランド株式会社です。利用目的につきましては、確認しましたところ、太陽光発電所を設置する計画であると伺っております。   以上です。 ○議長(森山享大) 9番、久保田裕一議員。 ◆9番(久保田裕一) ありがとうございました。

太田市議会 2018-09-20 平成30年9月決算特別委員会−09月20日-02号

11款災害復旧費、12款公債費、13款諸支出金、14款予備費)         (その他 実質収支に関する調書、財産に関する調書、基金の運用状況に関する調書)         ※教育費に係るものを除く  議案第60号 平成29年度太田市住宅新築資金等貸付特別会計歳入歳出決算認定について  議案第62号 平成29年度太田市八王子山墓園特別会計歳入歳出決算認定について  議案第64号 平成29年度太田市太陽光発電事業特別会計歳入歳出決算認定

太田市議会 2018-09-19 平成30年9月決算特別委員会−09月19日-目次

説明のため出席した者…………………………………………………………………………………………105 事務局職員出席者………………………………………………………………………………………………107 会議に付した事件………………………………………………………………………………………………109 開  議…………………………………………………………………………………………………………110   4款衛生費・太陽光発電事業特別会計

太田市議会 2018-09-19 平成30年9月決算特別委員会−09月19日-01号

まず、審査区分1につきましては、4款衛生費、太陽光発電事業特別会計及び下水道事業等企業会計、審査区分2につきましては、5款労働費から7款商工費まで、審査区分3につきましては、8款土木費、11款災害復旧費並びに住宅新築資金等貸付及び八王子山墓園の2特別会計、審査区分4につきましては、12款公債費から14款予備費まで並びに教育費に係るものを除く実質収支に関する調書、財産に関する調書及び基金の運用状況に関

高崎市議会 2018-09-19 平成30年  9月定例会(第3回)-09月19日 委員長報告、質疑、討論、表決

今回の改正は、個人市民税に係る基礎控除の改定や市たばこ税、太陽光発電設備に係る固定資産税の特例措置の改定が主たるものです。個人市民税の給与所得控除及び公的年金等控除額を10万円引き下げ、基礎控除を10万円引き上げる、また基礎控除を所得に応じて低減、消失させますが、これにより市民には大きな影響はなく、自営業にとって減税となる場合もあります。

渋川市議会 2018-09-18 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月18日−一般質問−05号

答弁の中でありましたが、私は自治会を運営する中で集会施設の管理費や修繕費の捻出、維持費、管理費、建設費、その返済の金額が負担となっている施設を使用する地区住民の力を合わせて取り組む方法として考えるのに、国が進める地球温暖化防止に向けた再生可能エネルギーの太陽光発電設備導入に向けた自治会の取り組みとして、地域の拠点施設である住民センター等、集会所の施設の屋根に太陽光パネルを設置すればと考える一人であります

藤岡市議会 2018-09-13 平成30年第 4回定例会−09月13日-03号

また、太陽光発電用地や木質バイオマス発電の木材燃料が国土破壊につながらないか心配されております。さらに盗伐であります。他人の山林を勝手に伐採する被害が各地で頻発しております。  そして、長野県大町市の森林組合では、約14億5,200万円の補助金不適正受給が行われ、補助金制度の盲点が露呈されました。