224件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

前橋市議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-09-11

しかしながら、その後気象状況が急変し、23時30分に大雨警報が発表され、日付が22日に変わったころから市内で山間部を中心に激しい豪雨が集中的に降り、記録的短時間大雨情報土砂災害警戒情報が発表されたため、2時20分に富士見地区等の一部に警戒レベル4、避難勧告を発令したものでございます。

前橋市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-09-10

さきにも質問したとおり、直近では台風15号を初め、ことしに入ってから大雨による土砂災害住宅の床上浸水など、全国で災害による被害が数多く発生いたしました。本市でも6月、また7月の大雨により一部の道路が通行どめになるなど、市民生活に大きな影響があったことは記憶に新しいところでありますが、このような災害のことを考えても日ごろから計画的にその対策をしておくことが重要であると感じております。

藤岡市議会 2019-06-20 令和 元年第 3回定例会-06月20日-02号

太陽光パネルの反射光、反射熱、除草、樹木の伐採、土砂災害水害、傾斜面、景観問題など数多く苦情を聞いております。  そこで、質問ですが、橋本議員質問と重複するところもございますが、庚申山や西平井、緑埜を除き、市街地や農地において藤岡市に寄せられた太陽光発電施設に対する苦情やトラブルを、その対応についてお伺いをいたします。 ○議長(野口靖君) 都市建設部長

太田市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会-06月18日-03号

太田市ゴレンジャー募集と言いたくて、赤と青と黄色と緑とピンクというゴレンジャーがいるのですけれども、緑の剪定なので緑、桜なのでピンクと色で分けられると、赤は消防の色なので、火災とかそういった危険な箇所を見て回るボランティア団体、青は水の色ですので、水害とかを調査するようなボランティア団体、黄色は僕のイメージだとカレーなのですけれども、カレーでというのはちょっと見当たらなかったので、注意ということで、土砂災害

前橋市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-06-10

寄せられた意見では、景観環境が阻害されては困る、最近の異常気象を考えると土砂災害が起こることを心配している、会社倒産したら責任を持てるのか、20年後のソーラーの撤去はどうするのかなど、批判、疑問が多数寄せられていました。ところが、本市の担当課は、地元との話し合いで法令にのっとってつくられるものであり、つくらないという選択肢はないと説明し、住民の不安や批判に応えていません。

前橋市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-06-07

大雨による災害では、広島市を中心に土砂災害で死傷者を出した平成26年8月豪雨、いわゆる線状降水帯により鬼怒川の氾濫を起こし、茨城県常総市を中心に大きな被害を出した平成27年9月関東東北豪雨、九州地方北部を中心に局地的に猛烈な雨を降らせた平成29年7月九州北部豪雨、西日本を中心に河川氾濫や土砂災害で多くの犠牲者を出した平成30年7月豪雨など、ほぼ毎年発生しております。

前橋市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-06-06

最近においても水害土砂災害対応で新たに警戒レベルが全国的に導入されるとの報道がありましたが、本市の防災計画や防災ハザードマップの改正状況について伺います。  また、災害時に本市では各小中学校を中心に指定避難所を開設する方針と聞いています。指定避難所の円滑な運営を図る上で地域自治会民生委員等との協力が重要と考えますが、どのような取り組みを実施しているのか伺います。  

高崎市議会 2018-12-20 平成30年 12月定例会(第4回)-12月20日 一般質問

都市整備部長(小澤悟) 山林での太陽光発電施設事業地における安全対策と周辺住民への対応につきましては、先ほど申し上げた事業計画策定ガイドラインに基づき、土砂災害の防止や適切な雨水排水処理などの安全対策の実施や事業地周辺地域との信頼関係構築を図ることなどを指導することとしております。

高崎市議会 2018-11-30 平成30年 12月定例会(第4回)-11月30日 議案説明、質疑、委員会付託

教育部長(端井和弘) 免除できる事例につきましては、東日本大震災西日本豪雨、北海道地震等の大規模な災害はもとより、地域的に発生する土砂災害河川の氾濫、火災等の小規模な非常災害も対象とし、個々の被害の状況に応じて審査の上、免除を適用していきたいと考えております。   以上です。 ○議長(森山享大) 5番、渡辺恒議員

前橋市議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2018-09-27

また、防災に関しては、群馬県の浸水想定の見直しに合わせ、総合防災マップの全面改訂を行うとともに、土砂災害危険のある中之沢地区に防災無線の子局を設置されました。また、全ての小中学校への防災備蓄倉庫の設置を完了されました。自然災害等が頻発する中で、災害への対応力強化に取り組まれた点を評価いたします。

高崎市議会 2018-09-21 平成30年  9月定例会(第3回)-09月21日 一般質問

土砂災害ハザードマップについてお伺いいたします。山紫水明の桐生市ですが、山や川があることは災害と隣り合わせの状況と考えられます。幸いなところ、桐生市は近年大きな災害に遭わずにおります。しかしながら、今年の異常気象を考えると、桐生市にあっても、いつ大きな災害が襲ってもおかしくはありません。   土砂災害ハザードマップを見ますと、私の住む広沢町も山際は土砂災害特別警戒区域がたくさんあります。

藤岡市議会 2018-09-18 平成30年決算特別委員会(第4回 定例会)-09月18日-02号

◆委員(橋本新一君) 災害に関係いたしますので、先ほど環境対策事業で質疑したのですけれども、そことダブる部分があるかと思いますが、山林の切り倒しや枝などの残材を放置しておけばですね、豪雨などで流下して川をせきとめると、そういうことが原因で土砂災害等が起きるとされております。