運営者 Bitlet 姉妹サービス
525件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 前橋市議会 平成30年_意見書案第37号 開催日: 2018-12-14 だが、企業主導型保育所の定員割れや保育士の一斉退職、助成金受給企業の倒産などのトラブルも表面化しており、国は実施体制の強化並びに具体的な調査方法を検討したいとしている。  また、制度の趣旨を踏まえれば公益財団法人児童育成協会と認可保育所を管轄する自治体との連携が必須であるが、情報共有の仕組みが不十分である。   もっと読む
2018-09-19 太田市議会 平成30年9月決算特別委員会−09月19日-01号 それから、第15条7の5項は、例えば滞納されている方が行方不明になってしまったとか、外国人の方が帰国されてしまった、あるいは法人等が倒産されて例えば社長様が行方不明とかというケースで即時消滅といったことがございます。それから、第18条も執行停止中の時効がございます。 ◆委員(白石さと子) 第15条7の4項が即時消滅ではなかったでしたか。第15条7の5項は結構です。 もっと読む
2018-09-05 高崎市議会 平成30年  決算特別委員会-09月05日−04号 これにつきましては、ここに来て大きく減少する要因というのがなかなかつかみづらいというか、経営状況が大きく悪化したり、倒産が増えているということではなくて、恐らく全体の企業数の減少の中で貸し付け数が減っているのではないかと、これは推測の中になってしまいますが、捉えているところでございます。 もっと読む
2018-06-13 太田市議会 平成30年 6月定例会−06月13日-01号 そのうち、亡くなられて変わる場合のケースが22件で最も多く、その他は、保証能力の喪失、居どころ不明、会社の倒産、離婚などさまざまな形で各数件ございました。  保証人を再設定できなかった場合の対応につきましては、基本的に住宅明け渡しの対象となるわけですけれども、現状では明け渡しの請求を行ったケースはございません。引き続き保証人の確保をお願いしているところでございます。 もっと読む
2018-05-15 太田市議会 平成30年 5月臨時会−05月15日-01号 また、解雇や倒産などで職を失った方が国民健康保険に加入した際は、国民健康保険税を軽減していますが、マイナンバー制度が導入されたことに伴い、申請時の書類の提示について関係条文を改正するものでございます。   もっと読む
2018-03-06 太田市議会 平成30年3月予算特別委員会−03月06日-01号 ◆委員(岩崎喜久雄) 登記されない、また所有者不明の土地ということに対しての基本的な考え方、先ほど平米と滞納というか、これは正直言いまして、景観等も非常に損なうし、そしてまた、会社の倒産した経緯とか、それとも個人が固定資産税を避けるために、あえてそういった形をとるという形も伺っておるのですけれども、太田市における所有者不明の土地に関しての今後の考え方というのはいかがでしょうか。 もっと読む
2017-12-14 前橋市議会 平成29年_総合計画(委員会審査)_総務委員会 本文 開催日: 2017-12-14 また、全国では事業の破綻、そして事実上の倒産事例も相次いでいる現状もあるというふうに思います。このPFIですけれども、大企業が参入しやすくして、そして前橋市内企業の受注の機会を奪うことにもなりかねず、地域経済の活性化にも貢献しない、こういうこともあり得ます。 もっと読む
2017-09-27 富岡市議会 平成29年  9月 定例会-09月27日−委員長報告、質疑、討論、表決−04号 残りは、行方不明者や会社などが倒産して清算が終わっても、まだ税額が残ってしまうようなところが収入未済になっている要因であるとの答弁あり。  委員より、追跡調査をしていると聞いたが、固定資産税については後処理をどのように行っているかとの質疑あり。当局より、収入未済のほうについては、単年度ではなく、時効まで5年あるので、その間に調査をして、財産があれば差し押さえをしていく。 もっと読む
2017-09-14 藤岡市議会 平成29年決算特別委員会(第4回 定例会)−09月14日-02号 ◎納税相談課長(川端敦君) 不納欠損3,179万5,083円の内訳でございますが、平成28年度は倒産が34件、420万2,523円、割合にして13.2%、死亡が129人、461万864円、割合にして14.5%、居所不明60人、271万8,148円、率にして8.6%、生活困窮、生活保護が305人、1,456万9,243円、率にして45.8%、そのほか滞納処分ができる財産がない、この方が23人、568万 もっと読む
2017-09-06 高崎市議会 平成29年  決算特別委員会-09月06日−04号 そのときに、せっかく桐生で起業してくれたのに、継続ができなくなってしまっては、倒産してしまうということですよね、では本当に残念だと思いますので、その辺のアドバイスも含めて、桐生、せっかく空き店舗を活用していただいて起業している、まちの活性化につながっている方が来てくれているわけですので、その辺も今後はちょっと考慮して、トータル的に、あくまでも経営支援とか、そういうのではなくて、桐生市としての立場から もっと読む
2017-03-21 富岡市議会 平成29年  3月 定例会-03月21日−一般質問−02号 少子化がこのまま進展すると、人手を確保できず、やむなく事業を廃業したり、最悪倒産するような事態も考えられるわけであります。  先ほどのご答弁において、新規の求人倍率が2.52倍と求人が多く、人手不足の状況は理解できました。しかし、若者を中心に就職するところがないという話も親御さんからよく耳にします。それはどのようなことなのかお聞かせください。 ○議長(堀越英雄君) 経済建設部長。 もっと読む
2017-03-16 前橋市議会 平成29年度予算委員会_総務委員会 本文 開催日: 2017-03-16 202 【小林(久)委員】 事業倒産した方で、本税を払い終わっても、まだ少ない年金からやっとの思いで延滞金の支払いを10年も続けている人がおります。これも前に例で出したこともあるかと思いますけれども、この方がけさ控室に見えたんですけれども、やっと執行停止になったということで報告に見えました。しかし、10年以上少ない年金からやっとの思いで払い続けてきた。 もっと読む
2017-01-16 渋川市議会 平成29年  1月 臨時会(第1回)-01月16日−提出者説明、質疑、委員長報告、討論、表決−01号 仮に会社が倒産した場合であっても、個人である代表者、取締役につきましては会社の負債について法的責任を負わないというのが先ほども申し上げましたけれども、原則であるということであります。    もっと読む
2016-09-28 太田市議会 平成28年 9月定例会−09月28日-05号 Bのくにがそうなると決めつけるわけではありませんけれども、廃業だとか倒産だとか、民間施設はそういうこともあり得るわけですね。 もっと読む
2016-09-16 高崎市議会 平成28年  9月定例会(第3回)-09月16日 一般質問 消滅可能性とは、民間でいえば倒産可能性、株式会社桐生市を倒産可能性から成長企業へと転換するためにも、民間事業成功のための3条件、行政職員全員の皆さんに肝に銘じていただきたい。繰り返します。一般的に事業を成功させる上で最も重要な基本条件は、おおむね次の3つ。   A、潜在顧客の所在とニーズを的確に把握すること。B、これにマッチする商品を用意すること。 もっと読む
2016-09-01 高崎市議会 平成28年  決算特別委員会-09月01日−04号 また、法人市民税ですので、大きな倒産事案等が発生するなどの特殊的な要因が発生した場合には、その年度の即時欠損額が大きくなるというようなことがございますが、平成27年度におきましては、そのようなことはなかったと考えております。 ◆委員(田島忠一)   ありがとうございます。ちょっと大きかったので、大きな会社の倒産とかあったのかなというふうに思ったものですから質疑したので、これで結構です。 もっと読む
2016-06-10 太田市議会 平成28年 6月定例会−06月10日-02号 現状を把握したく、昨年度の群馬県内、太田市内の倒産件数について部長にお伺いいたします。 ○議長(木村康夫) 板橋産業環境部長。 ◎産業環境部長(板橋信一) 倒産件数でございますが、帝国データバンクの調査によりますと、平成27年度の倒産件数は、群馬県内は121件で、太田市内は8件となっております。 ○議長(木村康夫) 岩崎喜久雄議員。 もっと読む
2016-04-14 渋川市議会 平成28年  4月 臨時会(第2回)-04月14日−提出者説明、質疑、委員長報告、討論、表決−01号 一般的に、強いて申し上げるということでありますれば、例えば個人事業者などで前年度に一定程度の所得がある、そういう状況からいろいろな諸般の事情によりまして、倒産等により滞納に至る場合がある、そういうことが推測をされるということではないかと考えております。   以上でございます。 ○議長(中澤広行議員) 市民部長。 もっと読む
2016-03-08 太田市議会 平成28年3月予算特別委員会−03月08日-01号 これは法人の倒産によるものでございまして、これが平成27年度調定に影響が出て、さらに平成28年度予算にも影響が出ているということでございます。 ◆委員(高木勝章) 個人市民税の特別徴収と普通徴収とございますが、進捗状況、まだ何社残っているかという割合が把握できていたらばお願いいたします。 もっと読む
2016-03-03 藤岡市議会 平成28年予算特別委員会(第1回 定例会)−03月03日-02号 ◆委員(窪田行隆君) 指名競争入札で切り替えて差し支えない施設を選定して、契約をしたという事だったのですが、先月ですか、多くの自治体とも契約をしていた新電力が倒産をいたしまして、今後、供給を受けられなくなったという報道がございました。もちろん大手電力会社が供給する事になり、停電する訳ではないのですけれども、そこで当然、差額の財政負担が新たに生じる事になります。 もっと読む