281件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

前橋市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-09-26

今後は、入居時の連帯保証制度についても見直しを行い、さらなる入居促進に取り組んでいただきますよう要望いたします。また、現在策定中の公営住宅長寿命化計画においては、これからの本市の人口規模に応じた適正な管理戸数の設定に努めていただきますようお願いいたします。  水道事業について、近年給水人口が減少し、節水機器が普及する中で、上水道給水収益と下水道使用料金が年々減少傾向にあります。

藤岡市議会 2019-06-13 令和 元年第 3回定例会-06月13日-01号

◆9番(湯井廣志君) 災害弔慰金の関係ですが、この災害援護資金、これはもう説明のとおり前例がないということで、この保証の関係をお伺いしますけれども、なお、保証を立てた場合にはこの無利子保証を立てない場合は据え置き期間は無利子で、延滞した場合には3%が今度は1.5%になるという説明でありますけれども、これ、ある程度災害に遭っても財産のあるような人というのは、保証というのはすぐにこれ、見つかると

前橋市議会 2019-05-30 令和元年第2回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2019-05-30

1点目は、災害援護資金の貸し付けを受けようとする者は保証を立てることができる旨の規定を加え、その貸付利率について、保証を立てる場合は無利子とし、保証を立てない場合は年1.5%に改めるものです。2点目は、災害援護資金の償還方法に半年賦償還及び月賦償還を加えるものです。  3の施行期日につきましては、公布の日とするものでございます。  次に、22ページ、議案第56号についてでございます。

前橋市議会 2019-05-21 令和元年_建設水道常任委員会 本文 開催日: 2019-05-21

ところで、民法改正に伴って市営住宅条例改正が迫っているのですけれども、たしか来年4月から改正を実施することになっていると思いますので、入居手続の際の保証義務づけを行わないことや、入居の承継では同居している子供や孫などを認めることなどについての検討は現状どのようになっているのかお伺いします。

前橋市議会 2019-05-20 令和元年_教育福祉常任委員会 本文 開催日: 2019-05-20

2の主な内容ですが、災害援護資金の貸し付けを受けようとする者は、保証を立てることができる旨の規定を加えるとともに、災害援護資金の貸付利率について、法により年3%と定めていたものを保証を立てる場合は無利子保証を立てない場合は年1.5%とするものでございます。また、災害援護資金の償還方法については、年賦償還のみであったところに半年賦償還、月賦償還を加えるものでございます。  

前橋市議会 2019-03-18 平成31年度予算委員会_総務委員会 本文 開催日: 2019-03-18

第10条3項に基づく連帯保証が亡くなった場合の請求は適正に行われているのかなど、契約内容に沿った事業執行がなされているのかも含め、厳格に指導を求めておきたいと思うわけでございます。収納課のみならず行政管理課における法的措置の検討も求められます。予算における歳入は414万7,000円と、前年度比較で369万8,000円の減と見込んで編成されていることにも問題意識を持っております。

高崎市議会 2018-12-20 平成30年 12月定例会(第4回)-12月20日 一般質問

市営住宅については、これまでも市民の声を踏まえながら、ハード面では老朽化に伴う危険箇所の改善、それから市におけるお風呂の設置、そしてソフト面では入居に際する連帯保証の要件緩和などの要望をさせていただき、市当局においては群馬県住宅供給公社さんとの連携のもと、それらを着実に前進をしてきてくださいました。心から感謝申し上げます。

前橋市議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2018-09-27

また、重要な課題となっている退去時修繕の負担軽減、入居時の保証の緩和、入居名義人が死亡した際の子供への承継条件の緩和、市営住宅間の住みかえの促進、ひとり暮らしの入居条件の緩和、グループホームなど障害者高齢者福祉施設としての活用、若年単身者の入居など直ちに検討し、具体化すべきです。  次に、本市の環境保全行政の弱さを指摘せざるを得ません。

前橋市議会 2018-09-20 平成29年度決算委員会_建設水道委員会 本文 開催日: 2018-09-20

213 【小林委員】 市営住宅の通常の修繕管理、そして今まで申し述べてきました若年単身者の入居の問題、今回は行いませんでしたけれども、保証エレベーター設置の促進など、さまざまな問題を取り上げてまいりましたけれども、一部前進したところもありますけれども、なかなか進んでいない現状があります。

藤岡市議会 2018-09-18 平成30年決算特別委員会(第4回 定例会)-09月18日-02号

このうち退去されても本人のところへ訪問したり、あとは保証のところに訪問したりということもしております。それで、この10人のうち、先ほど不納欠損というお話がございましたけれども、実際には市営住宅使用料につきましては、5年の時効が経っても時効援用がなければ成立しないということで、欠損というのは今のところ考えておりません。

前橋市議会 2018-09-12 平成30年09/12_総括質問一覧表 開催日: 2018-09-12

│        │  │1 子ども・子育て支援について  │(1) 児童福祉法改正            │ │  │        │  │                │(2) 児童虐待の発生予防          │ │  │        │  │                │(3) 環境整備の充実            │ │  │        │  │2 市営住宅入居時の連帯保証

高崎市議会 2018-09-05 平成30年  決算特別委員会-09月05日−04号

また、実際に平成30年度につきましては、38人ということで、この年に限って突出して多くなってしまったという、要因につきましては、平成29年の貸付者からまず2つ制度改正を桐生市はさせていただきまして、1つにつきましては、連帯保証をこれまで2人ということで条件とさせていただいたのを1人にさせていただきました。

藤岡市議会 2018-06-22 平成30年第 3回定例会-06月22日-02号

藤岡市営住宅に入居を希望する場合、条例によって連帯保証を立てることが定められています。この条例は、先般改正され、連帯保証の規定について改正が行われたことは記憶に新しいところです。  まず改めて、条例では連帯保証資格についてどのように規定されているのか。あわせて連帯保証に課せられる責務についてご説明をお願いします。 ○議長(反町清君) 都市建設部長

前橋市議会 2018-03-27 平成30年_意見書案第02号 開催日: 2018-03-27

過去5年間の自己破産は延べ1万5,000人で、半分近くが親や親戚が保証となっており、無担保・無審査で借りた奨学金が重荷となり、破産の連鎖を招いている。  奨学金をめぐっては、返還に苦しむ若者が続出したため、日本学生支援機構は2014年度、延滞金の利率を10%から5%に下げるとともに、年収300万円以下の人においては返還を猶予する制度の利用期間を5年から10年に延ばすなどの対策をとった。  

前橋市議会 2018-03-14 平成30年度予算委員会_建設水道委員会 本文 開催日: 2018-03-14

176 【高橋委員】 昨年始まったばかりの制度で、まだ間もないということも理解いたしますが、この住宅セーフティネット制度は賃貸住宅への入居が通常の家賃の支払いとなってしまうと、経済的にも困難である方や連帯保証のなり手が見つからず、なかなか市営住宅に入れないという方にとっても、大変意義のある制度だと思っておりますので、ご検討いただきたいと思います。  

藤岡市議会 2018-03-08 平成30年第 1回定例会-03月08日-02号

しかし、連帯保証を2人立てることが非常に難しく、窓口に行かずに入居はあきらめたそうです。先ほどの答弁では、どんな場合でも原則的に対応しているということでしたので、この方が実際に窓口で相談しても、入居には至らなかったというふうに思います。  生活困窮者にとって連帯保証を立てるということは、高いハードルであると思います。

太田市議会 2018-03-06 平成30年3月予算特別委員会−03月06日-01号

◆委員(高橋えみ) それでは、連帯保証の件なのですけれども、市営住宅というのが、先ほど建築住宅課長のお話からもあったように住宅困窮者向けということで、公営住宅法にも住宅に困窮する低所得者に対して低廉な家賃で賃貸し、国民生活の安定と社会福祉の増進に寄与することを目的とするとあります。

藤岡市議会 2018-02-27 平成30年第 1回定例会−02月27日-01号

この改正とあわせ、近年、市営住宅への入居希望者が減少している中、それに対処するため連帯保証条件緩和を行うことにより入居を促進したく、条例の一部を改正するものです。  続きまして、議案第21号藤岡市特定公共賃貸住宅条例の一部改正についてご説明申し上げます。  議案第20号同様、特定公共賃貸住宅における連帯保証条件緩和を図るため、条例の一部改正をするものでございます。