運営者 Bitlet 姉妹サービス
1582件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 藤岡市議会 平成30年第 5回定例会−12月10日-03号 市では、高齢者の生きがい活動支援として、老人クラブとシルバー人材センターへ運営費補助を行っております。老人クラブは、地域の高齢者が仲間づくりを進めながら、社会奉仕活動や生きがいづくり、健康づくりなど幅広い活動を行っております。また、シルバー人材センターは、就業機会の確保、提供をすることで、高齢者の生きがいと社会参加を促進しております。   もっと読む
2018-12-07 藤岡市議会 平成30年第 5回定例会-12月07日-02号 よい人材を配置して部活動指導の多くを任せることができれば、中学校教員の負担は大幅に軽減されると思います。  しかし、部活動外部指導員については、生徒の指導に直接かかわるため、教員の負担軽減のために配置するとなれば、教員のいないところで生徒の指導に当たることが当然起こってきますし、そうでなければ、結局教員の負担軽減、時間外勤務の縮減にはつながっていきません。 もっと読む
2018-11-29 藤岡市議会 平成30年第 5回定例会−11月29日-01号 具体的には、週に3回ほどシルバー人材センターに委託をしておりまして、そういった中、悪い場所等を確認できますと、道路維持という中で早急に補修をさせていただいている状況でありますので、全く管理をしていないという状況でなくて、定期的に管理をして保全をしておりますので、今後も市民の安全通行に関する管理に努めたいと思っています。  以上でございます。 もっと読む
2018-09-27 太田市議会 平成30年 9月定例会−09月27日-04号 群馬大学医学部附属病院は、難治性疾患を含むさまざまな症例の患者を受け入れ、最先端の高度医療を提供してきましたが、特定機能病院としての取り扱いがなされないことは、同病院の高度医療技術の研究開発や人材育成機能にも支障を来しており、また、このような状況は若手医師に対する不安感や求心力低下を招き、臨床研修医の採用数が大きく減少するなど、極めて厳しい状況を生じさせているところであります。   もっと読む
2018-09-21 藤岡市議会 平成30年第 4回定例会−09月21日-04号 保育人材の確保や人数の拡充は、保育の質に直結するもので、藤岡市の未来を担う子どもたちの育ちに影響するものです。群馬県としては、国よりも充実した加配の補助制度がありますが、特に藤岡市は、地域的に不利な条件であり、働く世代を支える保育現場の人材の確保や流出防止に特別な支援が必要だと考えます。  働きやすい環境、雇用の確保は、市民の生活の安定や向上には欠かせないものです。 もっと読む
2018-09-21 太田市議会 平成30年9月決算特別委員会−09月21日-03号 ですから、そういうものを打ち破るには何かと言えば、これは先ほど申し上げたすき間をつくるということが、人材を投入して、そして休む時間をつくってあげるということしかないのです。ですから、県も、あるいは国も、スクールサポーターという、いわゆる事務的なものをちょっと補助するようなことをしてくれていますけれども、でも、これは本当に微々たるものです。 もっと読む
2018-09-20 太田市議会 平成30年9月決算特別委員会−09月20日-02号 また、今年度につきましては、特にそういう問い合わせも、たまにはあるのですけれども、そういった場合には、ちょいとサポート隊というのですか、シルバー人材センターがことしから始めた業務がありますので、そういうものも紹介している状況でございます。 ◆委員(白石さと子) 私も課長もやがて年をとっていくわけです。 もっと読む
2018-09-19 太田市議会 平成30年9月決算特別委員会−09月19日-01号 業者との連携で業者による無料作成ができまして、イニシャルコスト、ランニングコストの負担、さらに人材の確保がないことがメリットですので、そちらを今、子育てアプリにかわるというか、その前段として今進めている状況でございます。 ◆委員(高橋えみ) わかりました。 もっと読む
2018-09-13 藤岡市議会 平成30年第 4回定例会−09月13日-03号 民有林や市有林における人工林が本格的な利用期を迎えつつある中、森林の有する多面的機能の発揮に向けた森林整備への取り組み、また人材育成や産学官連携の取り組みによる地域林業の振興への取り組みなど、健全な森林の育成と林業振興の取り組みについてお伺いします。   もっと読む
2018-09-12 藤岡市議会 平成30年第 4回定例会-09月12日-02号 次代の農業を担う人材を確保・育成し、就農するまでの支援体制を構築するため、営農指導会の開催、新規就農者のための就農ガイダンスの実施などを行いました。また、起業や第二創業を支援して地元企業の安定継続・発展を図るため、創業支援窓口を設置し相談体制を確立しました。さらに、市内商店街にある空き店舗の活用を促すため、空き店舗調査などを行いました。   もっと読む
2018-09-06 太田市議会 平成30年 9月定例会−09月06日-02号 自らフレイルチェックをすることで地域づくりの核となり得る人材を呼び込むことができると思います。仲間づくり、地域づくりを促進し、孤立する高齢者を減らすことができるはずであります。市民の皆様には、フレイル事業を理解され、ぜひ大きな声を上げていただき、いつの日かお招きする飯島勝矢教授と一緒にスタートできればいいなと期待をしているところであります。 もっと読む
2018-09-05 太田市議会 平成30年 9月定例会−09月05日-01号 ◆6番(中村和正) 次に、募集に当たり人材派遣会社を利用しておりますが、派遣会社選考、選定の基準をお聞かせください。 ○議長(石倉稔) 高橋教育部長。 ◎教育部長(高橋徹) 委託先の企業につきましては、外国語指導助手派遣契約プロポーザル実施要領に基づきまして、公募による参加企業のプレゼン内容をもとに選定しております。 もっと読む
2018-06-28 太田市議会 平成30年 6月定例会−06月28日-05号 地方自治体の果たす役割が拡大し、新たな政策課題に直面している中で、地方公務員を初めとした公的サービスを担う人材確保を進めるとともに、これに見合う地方財政の確立を目指す必要があります。   もっと読む
2018-06-25 藤岡市議会 平成30年第 3回定例会−06月25日-03号 子育ては、まさに未来の日本を支える人材を育てる重要な営みです。子どもを社会の宝とし、社会全体が子育てを応援し、支えていくことが求められています。とりわけ子ども・子育て支援は未来社会への投資であり、量的な拡充のみならず、質の改善が不可欠です。   もっと読む
2018-06-22 高崎市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月22日 一般質問 本日は、小中学校一貫教育についてと桐生市行政の人材育成について、この2つについて質問をしたいと思っております。   最初に、小中学校一貫教育について、その中の1項目め、桐生市公共施設等総合管理計画個別計画骨子の小中学校の一体化についてです。桐生市公共施設等総合管理計画個別計画骨子の8、学校については、小中学校の一体化などが検討されます。 もっと読む
2018-06-22 藤岡市議会 平成30年第 3回定例会-06月22日-02号 この施設については、兵庫県三木全県防災拠点として、学習・訓練ゾーンと防災・公園ゾーンの2つの役割を担った施設であり、災害時には全県域をカバーする広域防災拠点として、また、平常時には災害対応能力の向上を目指した防災人材の育成拠点とスポーツ・レクリエーション拠点としての役割を担っており、大変参考になりました。ぜひ執行部の皆様も機会を作っていただき、視察に訪れていただくよう提言いたします。   もっと読む
2018-06-21 高崎市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月21日 一般質問 その中では、当該構想の実施が高齢化に拍車をかけ、若い世代への負担増につながってしまうことや、介護、医療の職員の人材不足などを危惧する声など、慎重な意見が多く提起されたところでございます。また、本年1月には当該構想に基づきまして、先駆的モデル地区の整備計画が進められています長野県佐久市を視察してまいりました。 もっと読む
2018-06-20 高崎市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月20日 委員長報告、質疑、討論、表決 まず、委員から、今回の条例改正は人材確保が観点なのかについて質疑があり、当局から、地方分権提案募集の提案から資格要件が拡大されたもので、支援員の人材確保が大きな目的であると考えているという答弁がありました。   次に、委員から、5年以上の実務経験がある支援員、また資格要件が拡大される部分で該当する人数について質疑があり、当局から、5年以上の実務経験がある支援員については把握していない。 もっと読む
2018-06-15 太田市議会 平成30年 6月定例会−06月15日-03号 初めに、本市職員の人材育成と人事評価制度について、企画部長に伺います。  それでは、企画部長に人事評価制度、平成27年度より試行、平成28年度から本実施とされました本市の人事評価制度の概要について伺います。なお、試行から本実施、現在まで制度の改善や調整があれば、あわせてお聞きします。 ○議長(石倉稔) 正田企画部長。 もっと読む
2018-06-15 渋川市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月15日−一般質問−03号 においては、平成25年6月、第2期教育基本計画において、教育再生の実現を目指して、生涯の各段階を貫く4つの基本的方向性が示され、平成27年3月には教育再生会議が、社会に出た後も多様な全ての人が場所を問わず学び、輝き続ける社会を構築するため、誰もが学び続けられるような環境を整備し、学んだ人がその成果を生かし、夢と志のために挑戦できるよう、社会全体で学びを支援する必要性と、地方創生をなし遂げるための地域を担う人材 もっと読む