運営者 Bitlet 姉妹サービス
696件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 藤岡市議会 平成30年第 5回定例会-12月07日-02号 また、本事業は、高齢者の交通事故の減少を図ることを目的として、運転に不安を持つ高齢者に対し免許返納を促すため、免許返納時の1回に限り支援を予定しております。  以上、答弁といたします。 ○議長(反町清君) 中澤秀平君。 ◆2番(中澤秀平君) 運転免許自主返納の支援ということで、厳密には交通弱者への交通手段の拡充ということではなくて、危険な事故を未然に防ぐ交通安全として実施をするということでした。 もっと読む
2018-11-29 藤岡市議会 平成30年第 5回定例会−11月29日-01号 本条例は、交通事故や労働災害により保護者が死亡または障がいの状態になった義務教育終了前の児童に対して手当を支給し、福祉の増進を図ることを目的として制定されました。  今回の改正内容につきましては、1点目といたしまして、交通事故や労働災害を「災害」と定義しておりましたが、今回「事故等」に定義を改めるものです。   もっと読む
2018-09-21 太田市議会 平成30年9月決算特別委員会−09月21日-03号 事務に関する説明書の221ページ、学校安全についてという部分が該当すると思いますけれども、こちらの(1)学校安全・交通事故・不審者対策という項目に3項目ほど内容が記載してありますが、この内容についてちょっと説明いただければと思います。 もっと読む
2018-09-19 太田市議会 平成30年9月決算特別委員会−09月19日-01号 ◎総務課長(茂木浩之) こちらにつきましては、議会に事前に説明を申し上げております交通事故等の専決処分が主なものでございます。 ◆委員(白石さと子) この中には、委員会ごとに専決処分で報告いただくということもありまして、全員が全部把握していないものですから、それでお伺いするわけですけれども、主にどのような事故といいますか、道路の陥没とか。 もっと読む
2018-09-18 藤岡市議会 平成30年決算特別委員会(第4回 定例会)-09月18日-02号 次、68ページ、補償補填及び賠償金、交通事故賠償金が65万4,579円計上されております。通常ですと、職員の過失や道路の問題で相手方に損害を与えた場合、保険金で充当する例が多いかと思いますが、この賠償金につきましては、いつどのような事故で支払われたのか、まず伺います。 ○委員長(野口靖君) 総務課長。 ◎総務課長(岡本通弘君) お答えいたします。   もっと読む
2018-09-12 藤岡市議会 平成30年第 4回定例会-09月12日-02号 近年、大変残念なことでありますが、高齢者の方が関係する交通事故の報道に接することが非常に多く、社会的に大きな課題となっております。こうした交通事故におきましては、被害者となった方とそのご家族の悲しみははかり知れないものがございます。そして、これまで社会に対して大きく貢献をなされてこられた高齢者の方がこのような事故を起こしてしまうということは、大変悲しいことでもあります。 もっと読む
2018-09-05 太田市議会 平成30年 9月定例会−09月05日-01号 さて、日々さまざまなニュースが流れる中で、交通事故に関する報道を目にしない日はありません。きょうも午前中に市内で交通事故があったという連絡が入りました。まさに今現在もどこかで事故が起きているかもしれません。本市は、中島飛行機の時代から受け継がれてきた高度な技術を自動車製造に生かし、古くから自動車のまちとして発展してきました。 もっと読む
2018-06-22 高崎市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月22日 一般質問 なお、交通事故を所管する桐生警察署に確認をいたしましたところ、平成27年に1件自転車の単独事故が発生した以降は、桐生大橋歩道内における自転車や歩行者の事故報告は受けていないということでございます。   以上です。 ○議長(森山享大) 14番、周東照二議員。 ◆14番(周東照二) 報告は受けていないということで、一応了解いたしました。    もっと読む
2018-03-16 高崎市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-03月16日 一般質問 幾つか例を挙げさせていただきますと、冒頭で申し上げたような課税のデータとか道路台帳、それから都市計画図、また建物、河川、上下水道とかといったもののほかにも避難所の位置とか消火栓の位置、それからAEDの設置場所とか、それからまた不審者が出没する場所ですとか、通学路の情報ですとか、さらに交通事故の多発地点ですとか、そういった市民が安全、安心に暮らせるための情報とか、それから道路工事に伴う通行どめの情報ですとか もっと読む
2018-03-15 高崎市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-03月15日 一般質問 四季の交通安全運動では、子供と高齢者の交通事故防止を毎回重点項目に掲げ、展開するほか、町内会や老人クラブ等の集まりを通じての高齢者交通安全教室の開催、あるいは高齢者宅や高齢者が集まる福祉施設等を訪問し、交通安全指導を行っているところであります。特に最近全国でも問題になっております高齢運転者の事故防止も含めまして、今後も高齢者に対する交通安全意識の高揚を図ってまいりたいと考えております。    もっと読む
2018-03-14 渋川市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月14日−一般質問−06号 前橋市では、やめてほしいという中で交通事故を起こして2人の女子高校生が犠牲になりましたけれども、そういったことのないようにぜひお願いしたいのですが、途中で免許証を手放した人たちに対してはどういうふうな措置を、今までと同じような措置でしょうか。お考えをお聞かせください。 ○副議長(田邊寛治議員) 保健福祉部長。 もっと読む
2018-03-08 藤岡市議会 平成30年第 1回定例会-03月08日-02号 このほか、交通事故や労務災害で保護者を亡くした場合や、保護者が一定の障害認定を受けた場合、生徒が中学校を卒業するまでの間、交通遺児等手当の支給を行っております。  なお、県の事業となりますが、障がい児を養育している保護者に対して特別児童扶養手当の支給があり、市を通じて行われております。  以上、答弁といたします。 ○議長(冬木一俊君) 窪田行隆君。 もっと読む
2018-03-07 太田市議会 平成30年3月予算特別委員会−03月07日-02号 ○副委員長(中村和正) 私、去年の一般質問で触れた関係もありますが、今回の質問はハンプにこだわったということではなくて、さまざまな安全対策、路面表示をきちんとするということは非常に大事なことなのですが、交通事故多発地帯等もしくは通学路につきましては、先ほどちょっと触れましたけれども、狭窄化するとか、特殊塗装で振動を車側に伝えるような塗装の方法ですとか、シケインですとか、さまざまな手法があるのではないか もっと読む
2018-02-28 高崎市議会 平成30年  予算特別委員会-02月28日−03号 それから、どうしても交通事故、加害者さんがいる場合には加害者さんの責任で直していただくということになるものですから、委員おっしゃったようにできるだけ急いでやっていただくようにはこちらからもお話はしておるのですけれども、なかなか仮設というのが、あれだけの鏡面のものを立てるにはそれなりのしっかりしたものを立てなければいけないものですから、その辺がちょっとこちらでやってしまうわけにもいかない状況がありますので もっと読む
2018-02-27 藤岡市議会 平成30年第 1回定例会−02月27日-01号 第6条の第4項、交通事故その他指導員としてふさわしくない非行のあった者についての非行について、具体的にはどんなことを想定しているのか伺います。 ○議長(冬木一俊君) 総務部長。              (総務部長 飯島峰生君登壇) ◎総務部長(飯島峰生君) お答えいたします。   もっと読む
2018-02-21 太田市議会 平成30年 3月定例会−02月21日-04号 なお、一般負傷と申しますのは、自己転倒のほかにベッドから落ちたとか、餅を詰まらせた、ハチに刺されたなど、主に不慮の事故によるもので、この中には交通事故や労働災害等は含まれてございません。  転倒予防のための対策といたしましては、一般介護予防事業として介護予防教室や支援事業を実施しております。 もっと読む
2018-02-13 太田市議会 平成30年 3月定例会−02月13日-01号 また、交通安全教室の拡充により、歩行者・運転者の交通安全意識の向上を図り、交通事故撲滅に向けた取り組みを強化してまいります。  公共交通対策につきましては、昨年策定した「太田市地域公共交通網形成計画」に基づき、まちづくりと連携したネットワークの構築を図ります。 もっと読む
2017-12-18 太田市議会 平成29年12月定例会−12月18日-04号 自動車損害賠償保障制度は自動車ユーザーが支払った保険料で、交通事故の被害に遭った人たちの救済を確かなものにする仕組みで、世界に誇れる制度であります。  しかしながら、その保険料から交通事故被害者への支援をするために特別会計に積み立てられた資金が、保険料を支払っている自動車ユーザーに知られないまま、一般会計に貸し出されています。   もっと読む
2017-12-14 富岡市議会 平成29年 12月 定例会-12月14日−一般質問−02号 この死骸の多くは、交通事故によるものかと思われますが、本市管内で野生動物も含め、環境課や県が回収する動物は、どのような畜類が何匹くらいあるのでしょうか、お聞かせください。 ○議長(大塚利勝君) 市民生活部長。 ◎市民生活部長(石田明久君) 飼い主が判明しない動物死体の収集状況につきまして、過去3年間の種類と数について申し上げます。   もっと読む
2017-12-08 藤岡市議会 平成29年第 5回定例会-12月08日-02号 高齢運転者の交通事故の増加や改正道路交通法の施行などを受け、6月に通知された介護予防・日常生活支援総合事業のガイドラインで、高齢者の地域における移動に対するニーズの対応を効率的に進めるため、交通部局との連携を強化し、公共交通施策に反映させる必要があるとしています。 もっと読む