1769件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

藤岡市議会 2019-06-21 令和 元年第 3回定例会−06月21日-03号

団塊の世代が75歳以上となる2025年以降、高齢人口の増加と介護の担い手不足が予測されています。そんな中、高齢者が住みなれた地域で自分らしい暮らしを続けることができるよう、市では生活支援体制整備事業を進めていますが、今後の取り組みについてお伺いいたします。  また、市長はこの事業は地域づくりの基になる事業と考え、熱意と思い入れを持っていると聞いておりますが、含めて市の方針をお伺いいたします。

藤岡市議会 2019-06-20 令和 元年第 3回定例会-06月20日-02号

自分が何者かということがわからない、いわゆるアイデンティティーの喪失、帰属意識の喪失、また寄って立つべき存在というものを持てないと言ったらいいんでしょうか、親世代の1人として複雑な思いがいたします。  しかし、まだ光はあります。私たちにとって実感を持ちやすい例を1つ挙げさせていただきます。我が群馬県には、郷土の誇るべき文化として、全国的にも有名になった上毛かるたがあります。

前橋市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-06-10

現在、海なし県の本市の子供たち世代にとっては、我々以上に外国人に接する機会が少ない、鎖国状態と言っても過言ではないのです。人をふやすことは予算がかかりますが、決して無駄な予算にはなりません。30年後に国際都市になるよう、質のよい外国人を採用する予算を市長にお願いし、教育行政を整えていただくよう教育長と市長に要望いたします。  

前橋市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-06-06

次に、子育て支援施設の検討経過についてでございますが、本事業では街なか居住を推進するための子育て世代を中心とした住宅が整備されることや公共交通の起点となるJR前橋駅に隣接した利便性の高い立地という観点から、市が取得する床に子育て支援施設として地域子育て支援センターと一時預かり事業施設の検討を進めてまいりました。

前橋市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2019-03-26

また、市債については、前年度と比べ1.5%の増額となり、増加傾向が見られますが、私たちの子や孫の世代に大きな負担を強いることのないよう、さらなる財政健全化に努めていただきたいと考えております。  続きまして、歳出に移ります。歳出の主要事項につきましては、第七次総合計画の6つのまちづくりの柱に沿って申し上げます。

前橋市議会 2019-03-14 平成31年度予算委員会_市民経済委員会 本文 開催日: 2019-03-14

そういうことで、3世代交流するのもなかなか大変だということもあるわけでございますけれども、ぜひお金だけではない支援もよろしくお願いしたいと思います。  今申し上げましたとおり、一番身近な自治組織である各自治会への支援はもちろん大切でありますが、自治会単位での解決や対応の難しい課題の支援についても同様に重要であると考えます。

藤岡市議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-03号

国内の森林は、戦後に植栽されたスギやヒノキなどが大きく育ち、木材として利用可能な時期を迎えようとしているが、林業の低迷や森林所有者の世代交代等により、森林への関心が薄れ、森林の管理が適切に行われていないのが現状である。森林の適切な経営管理が行われないと、災害防止や地球温暖化防止など、森林の公益的機能の維持増進にも支障が生じることとなる。

前橋市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-03-08

今後行財政改革を進める中で、後世の世代に莫大な負担をかけずに世代間の負担の平準化を図るためには、市民の負担、いわゆる受益者負担も求める必要が生じてくるかもしれませんが、まずは庁内の事業の見直しをしっかりと行っていただき、財政の健全化に向けたご努力をよろしくお願いいたします。  次に、魅力的なまちづくりについて伺います。中心市街地はまちの顔であり、本市全体の活性化の牽引力となるエリアです。

前橋市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-03-07

その考えに基づき、各学校においては地域とつながる学校づくりとして、地域の人物、物的資源を活用したり、世代や校種を超えた交流や共同学習を行ったりするなどの取り組みが行われていると聞きました。また、桃井小とわかば小では前橋版コミュニティ・スクールとして学校と地域が一体となって子供たちの社会性、人間性を高める取り組みを行っていると伺っております。

藤岡市議会 2019-03-05 平成31年第 1回定例会-03月05日-02号

藤岡市多世代ファミリー同居支援増改築等補助金交付事業は、子育てしやすく、かつ高齢者も安心して暮らせる住環境づくりを推進し、定住の促進につなげることを目的に本市の地方創生に係る取り組みの一つとして平成28年度に創設いたしました。  

前橋市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-03-05

一方で、昨今の地方創生の観点では、子育て世代なども含めた多様な世代が活躍できるまちづくりを進めていくべきであり、そのためには高齢者施設、子育て支援施設、居住施設、利便性向上施設などが上手に連携するための交流の場の確保やコミュニティーの仕組みが大変重要であるというふうにも考えております。そこで、当局が日赤跡地に計画しております生涯活躍のまちはどのような方向性で現在進んでいるのかについて伺います。  

前橋市議会 2019-02-19 平成31年_建設水道常任委員会 本文 開催日: 2019-02-19

福祉施設といたしまして、地域子育て支援センターと一時預かり保育事業施設を整備いたしまして、子育て世代に対応した環境整備を図ります。店舗につきましては飲食店等を想定しており、駅利用者の利便性向上や滞留スペースを確保いたします。公共施設といたしましては、広場、防火水槽を整備し、交流スペースの確保や防災機能の強化を図ります。

前橋市議会 2019-01-22 平成31年_教育福祉常任委員会 本文 開催日: 2019-01-22

健康診査までの7つの分野について、市民の皆様に取り組んでいただきたい取り組みや目標を世代別に設けました。3ページから6ページは、7分野の具体的な取り組みに加え、目標値や現状のデータを掲載しました。  裏表紙をごらんください。こちらが今後5年間に本市が取り組む重点課題です。重点課題の第1は、糖尿病対策です。本市は、糖尿病の有所見者割合が全国、県内と比較して高く、その対策は急務です。

高崎市議会 2018-12-21 平成30年 12月定例会(第4回)-12月21日 一般質問

これは世代によっても大きく違うのかもしれないけれども、少なくとも同世代の人たちと議論すると大きくその感覚が変わってきているのを感じます。これ合併できてしまうのではないかなと本当に思うところなのです。これ、もしかしたら亀山市長も何かそんな感覚であるのではないかななんて思っていて、そんな中で本当はもう少しだけやりたかったかななんて思うところもあるのですけれども、実際どうですか。

高崎市議会 2018-12-20 平成30年 12月定例会(第4回)-12月20日 一般質問

また、就任当初から子育て日本一を目標に掲げまして、県内初の母乳外来助成や不育症治療費助成、第3子以降の保育園、幼稚園の保育料の無料化など、子供を産み育てていくための経済的な支援を行うとともに、子育て世代包括支援センターの機能整備や放課後児童クラブ設置運営マニュアルの統一、また病児保育室の開設、ブックスタート事業など子育て環境の充実を図ってきた結果、他の自治体の先駆けとなるような子育て支援体制を構築できたと