11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

高崎市議会 2008-12-17 平成20年 12月定例会(第4回)-12月17日 一般質問

また、ロールレタリングは少年院などの矯正教育の一環としても導入されており、犯罪不良行為を題材として、被害者や自分の家族にあてた手紙を書かせ、それをもとに指導を行うことで、一部の子供が持っている喫煙、飲酒、深夜の徘回など、非行行為への格好いいというイメージ非行は悪いこと、他人や家族に迷惑をかけることというように転換されていくようです。

藤岡市議会 2006-12-12 平成18年第 6回定例会-12月12日-02号

そこで、喫煙退学などの不良行為の巣になりがちな大型店舗、ゲームセンター、カラオケボックスなどの責任者等が警備員の方を補導員として委嘱することはいかがでしょうか。自分の店の物が万引きされないようにしていればよいといった枠をはみ出し、少年たちに気楽に声をかけてもらうことによって、非行の芽を事前に摘み取ることが可能であると考えます。市長、教育長はいかがお考えか、お伺いいたします。  

前橋市議会 2006-06-21 平成18年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2006-06-21

群馬県条例の公衆に著しく迷惑をかける暴力不良行為等の防止に関する条例第8条に不等な客引き行為等の禁止規定があり、人の身体または衣服をとらえ、所持品を取り上げる等執拗に客引きをすることは禁止されていて、行き過ぎた呼び込み等は条例違反となります。また、本年5月から施行された改正風営法では、客引きをするための立ちふさがり、つきまといの禁止等が規定されて強化されました。

前橋市議会 2000-09-25 平成11年度決算委員会_教育民生委員会 本文 開催日: 2000-09-25

また、深夜徘回、喫煙、暴走行為といった不良行為少年を含めた非行少年は、ほぼ前年並みの6,391人おります。学職別では、無職少年が最も多く、全体の約34%を占め、以下高校生約25%、有職少年約23%等となっており、小中学生で補導された人数は全体の約3%に当たる209人でありました。

前橋市議会 2000-06-20 平成12年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2000-06-20

初めに、本市における少年非行の現状と対応策についてでございますが、警察からの情報によりますと、平成11年に前橋警察署及び東警察署管内で検挙、補導された刑法犯少年は437人で、前年と比べ47人減少しており、不良行為少年は6,390人で、前年と比べ3人減少しております。そのうち小中学生につきましては、刑法犯が小学生13人、中学生97人で、前年と比べ小学生が9人、中学生が2人減少しております。

前橋市議会 1999-06-18 平成11年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日: 1999-06-18

しかし、今青少年を取り巻く社会環境は、少年への覚せい剤の密売、児童売春など、少年をむしばむ行為の拡大や不良行為を助長する営業の増加、また性や暴力に関する情報のはんらん等々、著しく悪化しております。また、育児不安やしつけへの自信を喪失している母親や存在の希薄化している父親の増加等により、家庭教育力も低下してきております。

前橋市議会 1998-09-18 平成10年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日: 1998-09-18

暴行、窃盗などの刑法犯少年は432人、喫煙、飲酒などの不良行為少年は6,109人で、いずれも前年よりふえております。本市の特徴としては、刑法犯少年が増加していること、中学生、高校生が多くを占めていること、万引きなど初発型非行が多いなど、この傾向は群馬県内の傾向と類似しております。  

前橋市議会 1995-10-05 平成6年度決算委員会_教育民生委員会 本文 開催日: 1995-10-05

それから、飲酒、喫煙、深夜徘回等による不良行為少年補導人数につきましては、 4,682人で、前年に比べ 350人の減少となっております。次に、特徴的な傾向については3点を挙げてみたいと思います。まず、1点目としては、相変わらず初発型非行と言われる万引き、自転車オートバイ等占有離脱物横領等が刑法犯少年の全体の77.7%を占めております。

前橋市議会 1994-03-22 平成6年度予算委員会_教育民生委員会 本文 開催日: 1994-03-22

彼らの活動と申しますか、状況ですが、深夜までまちの中で遊んだり、あるいは喫煙あるいは飲酒等の不良行為をするというようなことが見られております。暴走族との関連も見られるということで心配をしているところでございます。彼らの問題行動の多くは家庭での放任とか、保護能力の希薄とか、あるいは両親の不仲など、家庭内に起因する問題が多くあると考えられております。

  • 1