運営者 Bitlet 姉妹サービス
699件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 藤岡市議会 平成30年第 5回定例会−12月10日-03号 詐欺でなくても、不必要な高額な買い物をするなど、ふだんから生活費が管理できない場合は、詐欺に遭うリスクも高くなります。また、認知症の症状により、詐欺師を自分の家族など信頼する人物と思い込み、被害につながるケースもあります。  一昔前と比べ、現在は地域コミュニティなどのつながりが希薄になったと言われています。加えて、ひとり暮らしの高齢者も多く、孤独感を感じながら暮らす方も多く見られます。 もっと読む
2018-12-07 藤岡市議会 平成30年第 5回定例会-12月07日-02号 藤岡市が東日本高速道路の結節点に位置しており、都市圏へのアクセスに関しても非常に恵まれた場所にあるということ、それから群馬県は災害が非常に少ない県であり、地震に関しては関東で一番少ない県となっていることから、他県に操業している企業がリスク分散のために災害の少ない本県へ立地を決めているということは少なくございません。   もっと読む
2018-09-21 太田市議会 平成30年9月決算特別委員会−09月21日-03号 やはり、いろいろなリスクを考えると、高台にちゃんとした施設がないとこれは何にもならないよと、有効でないよということであれば、それはまた違った展開を考えるということを総合的に進めていく必要があるのではないかと思います。 ◆委員(渡辺謙一郎) もう1回だけお願いします。地域でやってもらっているというのは、すごくありがたくて感謝しているのです。 もっと読む
2018-09-20 太田市議会 平成30年9月決算特別委員会−09月20日-02号 ○副委員長(高木勝章) また、骨髄が適合しても、なかなか6割の方が最後まで移植に行かないという部分もありまして、いろいろリスクが伴いますので、啓発のときに、ドナーになった体験者、移植を受けられた方の体験の語りみたいなもので講演会などを開催したらいいと思っています。そのような啓発活動を、もしそういうような方がいらっしゃいましたらやっていくような考えはございますか。お聞かせください。 もっと読む
2018-09-19 太田市議会 平成30年9月決算特別委員会−09月19日-01号 我が国経済の潜在的リスクと申しましょうか、グローバル経済の不確実性、あるいはまた国際資本市場における動向、そういったグローバルな動きに影響を受けつつも、皆様ご承知のとおり、スマートフォンや自動車、家電等における情報関連財の世界的な需要増大に伴いまして、我が国の経済もそれらの輸出、生産の増大、堅調さに支えられ、個人消費や雇用に改善が見られたのと同時に、昨年は日本として緩やかな経済成長を遂げられたのではないかと もっと読む
2018-09-12 藤岡市議会 平成30年第 4回定例会-09月12日-02号 そうすることによって、未接種者の肺炎のリスクを減らし、健康寿命の延伸を図ることは、本人にとっては当然のこと、藤岡市にとっても接種費用が多少増加しても、結局は利益になると思われます。   もっと読む
2018-09-06 太田市議会 平成30年 9月定例会−09月06日-02号 フレイルは要介護状態に至る前段階として位置づけられますが、身体的脆弱性のみならず、精神心理的脆弱性や社会的脆弱性などの多面的な問題を抱えやすく、自立障がいや死亡を含む健康障がいを招きやすいハイリスク状態を意味すると、このように定義されております。 ○議長(石倉稔) 大川陽一議員。 ◆30番(大川陽一) 答弁にもありましたように、フレイルティですね。虚弱という意味で、病気の名前ではありません。 もっと読む
2018-09-05 太田市議会 平成30年 9月定例会−09月05日-01号 このように特徴的な症状もあるので、やはり医療機関には知識として備えていただく必要があるでしょうし、また、特に小さな子どもは重症化のリスクも高いということですから、保育園、幼稚園、また小学校に対しても、毎年毎年子どもは入れかわりますから、繰り返し子どもたちに危険を教えるように指導すべきであると考えます。   もっと読む
2018-06-22 藤岡市議会 平成30年第 3回定例会-06月22日-02号 ただし、緊急時の連絡先が確保できないと入居できないというリスクを減らすことも同時に必要と考えます。連絡先の親戚、知人等は、これまでの保証人と異なり、市が連絡をとれればよいのですから、必ずしも藤岡市内、県内の在住者である必要はないと思われます。  また、保証人がいなくなって最大の懸念は、当然、入居者が家賃を滞納した場合の対応です。 もっと読む
2018-06-21 高崎市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月21日 一般質問 以前の私の一般質問では、USBメモリー利用の不可やメール運用、メール無害化、添付ファイル利用の対策等、情報セキュリティー教育の強化やリスク回避、情報倫理、情報モラルを学ぶこと、特に職員へのeラーニングは活用していくといった御答弁をいただきましたが、これらの内容は情報セキュリティーの中ではいわゆる人の利用の部分についての対策となり、その中でも職員がふだん業務で利用するパソコンについての対策を強化した御提案 もっと読む
2018-06-14 太田市議会 平成30年 6月定例会−06月14日-02号 これはリスク管理の中心だと思いますので、家庭で対応してもらいたい。仮に学校に設置すると、学校で、小中学生で約2万人いるわけですね。2万人に対応するウオータークーラーをどうやって設置するかとか、その後の管理とか、子どもたちのことですから、どうやって使うか、これは非常に難しいと思っています。ぜひ家庭でやる。 もっと読む
2018-06-13 太田市議会 平成30年 6月定例会−06月13日-01号 今回、公金の貸し付けを行っているというリスクに対して、市長はその点についてはどういうお考えをお持ちなのか。 ○議長(石倉稔) 清水市長。 ◎市長(清水聖義) 毎回言いますけれども、この学校は、いわゆる篤志家の寄附によって成立している学校ではない、太田市が設立した学校なのです。これはもうぜひわかってもらいたい。これは篤志家がいてお金を出して学校をつくりましょうという学校ではない。 もっと読む
2018-03-15 高崎市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-03月15日 一般質問 ということでありますけれども、どこまでが行政の仕事かということがありますけれども、例えば浜松市の下水道事業、これコンセッション方式ということで、所有権は浜松市が持つと、そして運営権を民間企業に委ねるということで、運営権を売って負担減ということで、年にこれで十数億経費が浮くであろうということで、4月からこれ始めるということでありますけれども、実際こういうことで民間企業のもし経営難になったときに予期せぬリスク もっと読む
2018-03-14 高崎市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-03月14日 委員長報告、質疑、討論、表決 加えて、首都直下地震の発生のリスクの高さが緊急の課題として叫ばれる今こそ、東京圏を通過せず、水戸から茅ヶ崎間の物資及び人を運搬できる代替輸送機関を充実させておくことは、東京圏のバックアップ機能の強化を含め、「国土強靭化計画」上でも大変重要なことである。   もっと読む
2018-03-14 太田市議会 平成30年 3月定例会−03月14日-06号 初めに、今後の行財政運営について、義務的経費が増加傾向にあるが、財政が硬直化し、実効性のある施策が実施できなくなるのではないのか、また、海外景気リスクや為替リスクに影響されない税収確保が必要ではないのかとの質疑があり、このことについては、社会保障費が増加しているので、義務的経費の増加は仕方ないが、市民満足度を高めつつ、市民に少し我慢してもらうことで満足度とコスト削減のバランスを上手にとっていきたい。 もっと読む
2018-03-08 藤岡市議会 平成30年第 1回定例会-03月08日-02号 しかし、この自然の死ではない胃ろうという措置には問題もリスクもあり、公立富岡総合病院の佐藤院長先生は、長い医師経験とご自身のお母様をみとられた体験からも、胃ろうはしないと方針を強く打ち出されていらっしゃいます。しかしながら、世間一般的には胃ろうを選択される病院も多いと伺っております。  そこで質問でございますが、この終末期医療についての現状とご見解、今後の取り組みについて伺います。 もっと読む
2018-03-08 太田市議会 平成30年3月予算特別委員会−03月08日-03号 火災のリスクがふえるという形でもありますが、この安全基準、スキルというものがあると思うのですが、マニュアルや防火管理者等による周知、そしてまた火災訓練等、どのような指導をしているのか伺います。 ◎消防本部参事(權田二三男) 防火管理的な面でございますけれども、その建物の収容人員によって、まずは防火管理者というものを選任する必要があるかと思います。 もっと読む
2018-03-07 太田市議会 平成30年3月予算特別委員会−03月07日-02号 また、森林獣害対策の委託料でございますが、こちらも今まではぐんま緑の県民基金を利用したり、あとは市単費で一度県単の補助事業でやった部分を継続した刈り払いを行っておりましたが、来年度から新規事業として、特に市街地への出没というリスクを下げるためにも金山の南側、これも大規模に刈り払いを実施したいということで2,000万円計上させていただきました。 もっと読む
2018-03-02 高崎市議会 平成30年  予算特別委員会-03月02日−04号 そういう観点から、保健行政としましては、むしろ胃がんになるリスクのより高くなる世代、また自己判断できる20歳以上で健康意識を高めていただき、予防してもらうことを優先したいというふうに考えて、30年度こういう形にさせていただいております。 ◎清掃センター所長(首藤敏雪)   不法投棄の現状につきましては、平成30年1月末現在で57件ございました。 もっと読む
2018-02-28 高崎市議会 平成30年  予算特別委員会-02月28日−03号 それともう一つ、胃ピロリ菌検査でございますが、これにつきましてはピロリ菌感染と胃がん発症の因果関係が明らかになっておりますことから、ピロリ菌除菌により胃がんリスクを低減をすると。そのために20歳から35歳までの5歳刻みの年齢を対象に個別医療機関、また集団総合健診において血液検査により胃ピロリ菌検査を受けられるようにすると、そういうものになっております。 もっと読む