1875件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

安中市議会 2020-09-19 09月19日-03号

土地筆数は、約1,250筆、面積は約117ヘクタールでございます。また、設備の件数は、太陽光発電設備関連設備合計で約1,000件の償却資産申告がございます。 ○議長今井敏博議員) 吉岡完司議員。 ◆18番(吉岡完司議員) 次に、太陽光発電の中の設備の500キロ以上の固定資産課税免除額についてお伺いさせていただきます。 ○議長今井敏博議員) 財務部長

安中市議会 2020-09-18 09月18日-02号

産業政策部長堀米純) 農作物の被害面積被害金額は、概略になりますが、平成28年度、約92ヘクタール1,400万円、29年度、約68ヘクタール1,020万円、30年度は67ヘクタール1,000万円となっております。また、被害作物につきましては、水稲、タケノコ、トウモロコシ、ジャガイモ、サツマイモ、クリ、スイカ、ブドウ等でございます。 ○議長今井敏博議員) 松本次男議員

館林市議会 2020-09-11 09月11日-04号

現在農用地面積は291ヘクタール、市内全体の13.8%に当たります。農業従事者数は、平成27年の農林業センサスによりますと251人、市内全体の13.7%でございます。認定農業者数は17経営体市内全体の6.7%でございまして、農業後継者が少ない地域であると言えます。主な農産物といたしましては、米、麦、キュウリ、イチゴなどが中心となっております。  

安中市議会 2020-06-24 06月24日-03号

上下水道部長大塚清隆) 平成30年度は、8.51ヘクタール整備ができましたので、現在の整備状況は551.25ヘクタールとなっております。 ○議長今井敏博議員) 田中伸一議員。 ◆20番(田中伸一議員) 現在までの整備状況はわかりました。  次に、(2)の今後の下水道整備計画普及率向上対策についてでありますが、整備後の維持管理についてお伺いしたいと思います。

前橋市議会 2020-06-18 令和2年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2020-06-18

238 【環境部長南雲厚)】 基本計画の策定についてでございますが、施設規模といたしますと、敷地面積を6から7ヘクタール、埋立て期間を15年間とし、今年度から基本計画に着手し、令和4年度までをかけまして貯留施設水処理施設配置計画造成計画、あるいは関連施設整備計画等につきましてまとめていきたいと考えております。

前橋市議会 2020-04-22 令和2年_市民経済常任委員会 本文 開催日: 2020-04-22

(4)の埋立面積は3.2ヘクタール。(5)の敷地面積埋立面積の約2倍の6から7ヘクタールといたしました。次に、(6)建設候補地は、先ほども報告しましたとおり、前橋市小坂子町字別所地内ほかといたしました。  建設候補地選定内容につきましては、お手元のピンク色の冊子の次にある資料、前橋市新最終処分場適地選定報告書概要版をご覧ください。

前橋市議会 2020-03-26 令和2年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2020-03-26

新道の駅は、農産物直売所防災機能を持つ公園などを併設したとしても、7ヘクタールもの規模は過大過ぎます。JR前橋駅北口再開発は、高層民間分譲マンションに変わり、駅前のにぎわい創出にはつながりません。日赤跡地CCRC事業は、夜間診療事業福祉作業所などの公的施設敷地内に移転するものの、高齢者施設商業施設一般分譲住宅整備に変わり、当初の目的とはかけ離れたものとなっています。

富岡市議会 2020-03-25 03月25日-委員長報告、質疑、討論、表決-04号

当局より、都市計画区域面積は20.93平方キロメートル、下水道のエリアは410ヘクタールであるとの答弁あり。 以上で質疑を打ち切り、次に歳入、2款から22款について当局より説明を求め、審査に入りました。 委員より、富岡製糸場見学料3億5,600万円だが、来年度の入場者は何人を見込んだのかとの質疑あり。当局より、50万人を見込んだ数字であるとの答弁あり。 

前橋市議会 2020-03-19 令和2年度予算委員会_市民経済委員会 本文 開催日: 2020-03-19

257 【木村産業政策課長】 ローズタウン東地区につきましては、分譲面積約29.9ヘクタールのうち約12.8ヘクタールが未利用状態となっています。このため、資産有効活用周辺住民の生活の利便性向上、さらには地域魅力アップ活性化の観点から、できるだけ早く未利用状態を解消したいと考えております。

前橋市議会 2020-03-16 令和2年度予算委員会_建設水道委員会 本文 開催日: 2020-03-16

19 【今井公園緑地課長】 仮称、松並木号公園事業内容についてですが、同公園松並木土地区画整理事業区域内の公園整備で、約1.0ヘクタール面積を持つ近隣公園として、平成28年に地元自治会公園計画について意見交換合計4回行いました。現在の公園施設計画が決定され、平成30年度から公園整備を着手し、令和3年度末の完成を目指して整備を進めております。

渋川市議会 2020-03-11 03月11日-06号

総合政策部長町田修一登壇) ◎総合政策部長町田修一) ご質問を頂きましたてんまつ書の関係でございますけれども、こちらにつきましては貸付面積が1ヘクタールを超えているということでございますので、指摘を受けまして、農林課へ遅くなった理由書を添えまして届出を行っております。これについては、後日農林課から遅くなったことについて指導書という形で一応頂いているところでございます。  

前橋市議会 2020-03-11 令和2年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2020-03-11

前橋市の土地区画整理事業は、昭和22年、県施行による戦災復興土地区画整理事業によるまちの中心部170.6ヘクタール整備に始まり、都市づくりを最重点施策として取り上げ、土地区画整理事業を推進するため、これまでに70地区市外化区域の47%に相当する約2,300ヘクタール面的整備を完了させ、現在は12地区において施行中と聞いております。

前橋市議会 2020-03-09 令和2年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2020-03-09

駐車場も含めて7ヘクタールにも上る大きな施設で不特定多数の顧客が来場する施設となれば、合併浄化槽下水処理を行う場合にはかなり大きな浄化槽設置が求められます。この施設下水公共下水に接続するとなれば、かなり大がかりな工事が必要となるでしょうし、浄化槽で処理する場合でもその設置費用は膨大な金額に上るものと思われます。しかしながら、この下水処理に係る費用負担の帰属が決まっていないと仄聞しました。