11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

渋川市議会 2017-12-01 12月01日-02号

市内で鳥などの飼育をしている生産農場と、ブロイラー、レイヤーなど飼育頭羽数、現在の市域で飼養している状況をお聞かせください。 ○副議長(安カ川信之議員) 農政部長。 ◎農政部長(藤川正彦) 鳥インフルエンザの関連で、本市における飼養状況等というご質問でございます。これにつきましては、本市では家禽類、これは主に食肉や採卵を行うために飼育されている鳥の飼養実況で報告をさせていただきたいと思います。  

高崎市議会 2017-06-12 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月12日-03号

しかし、ブロイラー企業だとか、そういうのはもちろん十分チャンスがあるわけですけれども。そこで、いろんな手だてを細々と工夫していく以外ないのだと私は思っておりまして、例えば今、ちょっと一言支所長が答えましたけれども、新規就農者が、倉渕、割合、都会部から来た就農者がおりまして、こういう人たちが売り上げが上がっていますが、ビジネスとして成立しなかったら永住していないわけです。

渋川市議会 2016-03-15 03月15日-07号

また、JA系の法人といたしましては、平成18年度に株式会社グリーンファーム赤城橘が設立いたしまして、5.4ヘクタール農地野菜ブロイラー等の生産を行っているところであります。  なお、それぞれの各社の事業収支等につきましては資料がございませんので、把握はしておりません。よろしくお願いいたします。 ○副議長(篠田德壽議員) 7番。

太田市議会 2010-09-14 平成22年9月決算特別委員会−09月14日-02号

◆委員(越塚順一) 当然ブロイラーなどもいると思います。ことし宮崎口蹄疫、非常に怖い伝染病が発生しましたけれども、その際、太田市はどのような対策をとられたのか、お伺いいたします。 ◎農政部参事(津久井淳一) 宮崎県口蹄疫が発生しまして、その対応としまして、太田市としましても、まず消毒液、パコマというのがございますが、これを各農家へ配付させていただいております。

太田市議会 2004-03-17 旧太田市 平成16年度予算特別委員会−03月17日-02号

ニワトリの死亡報告も採卵鶏で週に1回、ブロイラーは毎日の報告となり大変な状態であります。農家は、自衛策として行っているカラスなどの野鳥防護ネットや消毒剤には多額の資金が必要となり、国は支援策として低利融資制度を新設しました。3月15日には、全国知事会としては初めて国に経営支援風評被害防止家畜伝染病予防法の改正などの要望を提出するなど、養鶏業は危機に陥っています。

太田市議会 2002-06-10 旧太田市 平成14年 6月定例会−06月10日-01号

最後に食材となる農畜産物の生産量についてでありますが、焼きそばの食材のうちで本市で生産される農畜産物の主なものの現状ですが、小麦は950ヘクタールの作付で生産量は5,060トン、キャベツは10ヘクタールの作付で生産量は308トン、牛肉は11戸で638頭、豚が2戸で1,120頭、ブロイラーは1戸で18,000羽でありますので、よろしくお願いを申し上げます。 ○議長石川宏) 野口市民生活部長

  • 1