40件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

前橋市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-06-10

13 【政策部長(稲田貴宣)】 高齢ドライバーに対する交通安全対策の現状と課題についてでございますが、まず現状といたしましては、運転免許証自主返納支援制度といたしまして、身分証明書のかわりとなる運転経歴証明書の交付手数料1,100円の全額助成、さらには運転免許証自主返納支援バスカード、ふるさとバス回数券、るんるんバス回数券、上電マイレール回数乗車券の4種類

前橋市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2018-12-06

今後は問題あるマイナンバーカードから新たなバスカード化へと方針の転換をすべきことを申し上げておきます。  次に、マイバスの拡充です。マイバスは循環路線沿いを4路線走っていますが、目的地に移動する手段として100円で乗車できる点でも大変便利です。天川大島町の老人会から陳情も出されましたが、日赤病院が移転して前橋駅で乗りかえなければならないなど、不便になったので、マイバス路線の拡充を要望しています。

前橋市議会 2018-09-14 平成29年度決算委員会_総務委員会 本文 開催日: 2018-09-14

25 【細谷交通政策課長】 バス利用促進対策事業につきましては、市内の65歳以上の方が購入できる敬老バスカードの購入に補助を行っているものでございます。具体的な補助内容といたしましては、販売額1,000円につきバス事業者が200円割り引いた価格で販売し、その割引分を市が補助しております。

藤岡市議会 2018-09-12 平成30年第 4回定例会-09月12日-02号

敬老割引でございますが、バスの利用促進と高齢者福祉向上を図るため、市内在住の65歳以上の高齢者を対象にバス利用券やバスカードを購入の際に、通常販売価格の2割引で購入することができるものです。100円で乗降できる市内循環線以外の路線が対象で、バス回数券通常価格1,000円当たり200円の割引になりますが、このうち150円を藤岡市が補助し、50円を運行会社が負担するものです。

前橋市議会 2018-05-09 平成30年_魅力あるまちづくりと交通政策調査特別委員会 本文 開催日: 2018-05-09

そんな中で、今までの取り組みですとか、今後の考え方の中で少しお話ししますと、きょう参加させていただいております私ども前橋、高崎乗り合い6事業者につきましては、一応協力し合って前橋駅の乗り場の方面別ですとか、系統番号の付与ですとか、あるいは時刻表を共通の様式を使って見やすいようにするとか、そういったことに取り組んだり、あるいは市内共通の定期券の発行、それから群馬県の共通バスカードの発行、こういったものをやりまして

前橋市議会 2018-03-15 平成30年度予算委員会_総務委員会 本文 開催日: 2018-03-15

本市では、運転免許証自主返納支援制度として、運転経歴証明書の交付手数料の全額助成を行うとともに、バスカードまたは上電マイレール回数券等の公共交通利用券を贈呈しております。この実績として、上電マイレール回数券について、平成28年度は全体の返納者数1,100件に対して6%に当たります69件を贈呈しております。

前橋市議会 2018-03-09 平成30年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2018-03-09

また、運転経歴証明書の提示によりまして、通常より割引率の高いころとんバスカという運転免許証自主返納支援バスカードを扱っております。実績といたしましては、昨今の高齢者交通事故のたびに運転免許証自主返納への関心が高まっておりまして、平成28年度の支援数は1,100件と、制度開始以来初めて1,000件を超えました。

前橋市議会 2017-09-27 平成29年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2017-09-27

加えて、公共交通に関してはマイタク制度における支援額の状況と利用実績、両毛線、上毛電鉄の利用促進に向けた取り組み状況、城南地区地域交通の検討状況と市の支援策や敬老バスカードの購入費補助額の推移、委託路線バスに対する補助金額と今後の考え方などについて質疑がありました。  

前橋市議会 2017-09-21 平成28年度決算委員会_総務委員会 本文 開催日: 2017-09-21

65歳以上の市民の方が利用できる敬老バスカードの購入費補助として、市は平成28年度に836万3,000円の支出を行っております。高齢者福祉等を目的としたサービスであると理解しておりますが、マイタク事業を初め、高齢者の移動支援に関する他の施策も充実してきていることから、バスカードの購入については、このまま補助を続けていくべきか、根本的な検討が必要ではないかと考えております。

藤岡市議会 2017-09-11 平成29年第 4回定例会-09月11日-02号

他市の状況を見ますと、経歴証明書の交付手数料を助成するものやバスカードタクシー券などを交付するなどの制度があります。また、運転経歴証明書を掲示した方に対し、買い物や食事などで割り引きや特典が受けられる制度も実施しているところがありますので、本市においても、適切なサポートは何かを他の団体のサポートも含め、調査・研究していきたいと考えております。  以上、答弁といたします。

前橋市議会 2017-03-16 平成29年度予算委員会_総務委員会 本文 開催日: 2017-03-16

185 【中畝交通政策課長】 割引率の高いバスカードのPR関係でございます。まず、65歳以上の方が購入できる敬老バスカードにつきましては本市及び事業者のホームページ、またバスの車内でPRしているほか、バスマップや公共交通乗り方ガイド、高齢者を対象とした出前講座等でもご紹介しております。

前橋市議会 2017-03-10 平成29年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2017-03-10

このような中で、買い物弱者や高齢者の対応につきましてはバリアフリー車両の導入はもちろんのことですが、割引率の高い敬老バスカードの販売等に取り組んでいるところでございます。さらに、最近では公共交通不便地域の解消策の一つといたしまして、今回質問も出ておりますが、地域住民が主体となり地域内の公共交通システムの構築に向け、研究が進んでいるところもございます。

太田市議会 2016-03-10 平成28年3月予算特別委員会−03月10日-03号

すぐ根本的な解決策になるとは思いませんけれども、返上後の一定期間、利用できるタクシー補助券や割引のバスカードなどを交付してみることも1つの方法かと思いますが、いかがでしょうか。  次に、大きな5番目の工業団地及び産業団地造成事業について伺います。市長には、なぜ自治体がここまで大規模な工業団地産業団地を次々に造成して企業を呼び込むことを進めているのか、そのお考えを伺いたいと思います。

藤岡市議会 2015-12-08 平成27年第 6回定例会-12月08日-02号

敬老割引につきましては、バスの利用促進と高齢者福祉向上を図るため、満65歳以上の方を対象に、バス回数券やバスカードの購入の際に、通常販売価格の2割引きで購入できるものであります。割引を受けるためには、敬老割引回数券購入証明書の交付を受ける必要があります。証明書の交付は地域安全課の窓口で行っており、本人確認を行い、その場で証明書を交付しております。

前橋市議会 2015-12-07 平成27年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2015-12-07

バリアフリー車両の対応はもとより、鉄道からバスに乗りかえる際、待ち時間の少ないダイヤ、わかりやすく見やすい時刻表、割引率の高い敬老バスカード等に取り組んでいるところでございます。今後は公共交通を相互につなぐ便利な利用乗りかえ環境のさらなる向上に向けまして、交通系ICカードの運用の可能性も研究してまいりたいと考えております。

前橋市議会 2015-03-16 平成27年度予算委員会_総務委員会 本文 開催日: 2015-03-16

また、大河ドラマ館のPRを兼ねたオリジナルデザインの記念共通バスカードを作成しております。額面500円のバスカードを400円でお求めいただけます。バスカードには有効期限がないことから、リピーターの利用も可能です。また、本市を訪れた記念品にもなると考えております。  最後に、街なか回遊バスの利用状況についてでございます。

  • 1
  • 2