31件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

太田市議会 2019-09-19 令和 元年9月決算特別委員会−09月19日-02号

245ページ、4款1項7目、スズメ蜂駆除業務委託料について質問をさせていただきます。スズメバチは人命を落としかねない危険性を持った生物であると思っております。家などに巣ができてしまうと、簡単に除去できないし、時間が経過すればその分危険性が増大してしまいます。そこで、どのようなところに巣ができるのか、多い順に教えていただければと思います。

太田市議会 2019-03-06 平成31年3月予算特別委員会−03月06日-02号

172ページのスズメ蜂駆除業務委託料の518万4,000円について、昨年の夏は非常に暑くてスズメバチも余り見かけなかったのですけれども、どのような状態だったのでしょうか、お聞きいたします。 ◎環境政策課長(高橋公道) 昨年ということですので、平成30年の夏ということでお答えいたします。

高崎市議会 2017-03-08 平成29年  3月 8日 保健福祉常任委員会−03月08日-01号

その委託業者ができる範囲の中でやってもらうと、できないものに関しては、うちではできないということでスズメバチバスターズとか、よくありますよね、テレビなんかで。ああいうところに個人紹介してもらって、依頼して、相談して費用負担をしてもらって駆除するということでよろしいのですか。 ◎保健医療部長(吉井仁君) そのとおりでございます。

太田市議会 2016-09-20 平成28年9月決算特別委員会−09月20日-01号

あれば、もしかしたらおどしですから、スズメおどしみたいなもので、それはあってもいいのかなというのはわかるのですが、公共の場所に行政がというと、どうも何か人を疑っているような、しかもカメラがダミーでというのは、公共施設管理の立場からいってちょっといかがかなという気がいたします。効用はあるかもしれませんが、私はそう思います。

高崎市議会 2016-09-14 平成28年  9月14日 保健福祉常任委員会−09月14日-01号

◆委員(長壁真樹君) 184ページの環境衛生総務費の生活衛生課経費の中でスズメ蜂駆除委託料が出ているわけなのですけれども、911件の駆除ということで説明書等には書いてあるのですけれども、先ほどの補正でも140万円計上されているということで、業者さん等からの報告で最近のスズメバチの傾向等が、何か特徴的なものがあったら教えてください。

高崎市議会 2015-09-16 平成27年  9月16日 保健福祉常任委員会−09月16日-01号

◆委員(青柳隆君) 184ページ、スズメ蜂駆除委託料が八百幾万円とありますね。説明書の中では764件あったというようなことです。特定の地域というのがふえているということがあるのでしょうか。 ◎生活衛生課長(信澤敏夫君) 駆除件数は年々ふえております。ただ、特定の地域でふえているという傾向ではございません。 ◆委員(青柳隆君) これで見ますと、駆除の期間が大体半年ぐらいだと思うのです。

高崎市議会 2013-09-18 平成25年  9月18日 市民経済常任委員会−09月18日-01号

◎農林課長(曽根光広君) 鳥類被害ということですが、種類でいいますとカラス、ムクドリスズメヒヨドリハト、そういったものです。被害作物とすれば野菜ですとか果樹関係が大きな被害です。金額ベースで申し上げますと、昨年度470万円ほどの被害というような報告も上がっております。

富岡市議会 2013-03-19 03月19日-一般質問-02号

これにかかわる補償金等は大変スズメの涙、職員の方たちはそれ以上の職務を上の方たちから強いられて大変な思いをしていると思います。例を挙げれば、パスポートの発行業務、来年度、25年度は社会福祉法指導検査業務、これも職員の方たちが大変なことになってくると思います。 このような権限移譲が数多く施行されると予想しなければならないと思いますが、そこで市長に聞きます。

館林市議会 2012-09-11 09月11日-03号

平成23年には行政区の防犯灯は5,606灯あり、そのうちLEDの数は61灯で、全体の1.1%と少なく、まだまだスズメの涙ではないかというふうに思われます。今言われたようにLED防犯灯の設置費用は確かに高く、3万2,000円とお伺いしましたけれども、場合によっては3万5,000円ぐらいかかるような状況もございまして、蛍光灯防犯灯よりも3割以上高くなることもあるそうです。  

太田市議会 2009-09-10 平成21年9月決算特別委員会−09月10日-02号

また、最近ではスズメが非常にふえた。ムクドリも非常にふえて困っている。カラスも、先ほど捕獲の量とかというのは猟友会で決められるという話も聞きました。恐らく太田市内において、黄色いごみ袋、これもカラスが最近なれてきまして、非常に乱雑にしてカラスの被害も出ていると思うのですが、昨今ですとイノシシによる農作物の被害が非常に多いということを伺っております。

藤岡市議会 2008-12-05 平成20年第 5回定例会−12月05日-02号

これに対して、私に言わせると、スズメの涙ほどの予算しか付かない。  お伺いいたしますけれども、企画部長にお伺いいたします。都市建設部からこの部分についての予算要求はいかほどありましたか。 ○議長(針谷賢一君) 企画部長。 ◎企画部長(吉澤冬充君) ヒアリング中です。まだそこまでの報告は受けておりませんが、大変恐縮でございます。

太田市議会 2008-09-18 平成20年9月決算特別委員会−09月18日-02号

農業政策課長橋本利明) 平成19年度の状況でございますけれども、太田市全体でイノシシが34頭、これは太田地区で5頭、藪塚地区で29頭、カラスが太田地区で78羽、新田地区で173羽、藪塚で136羽、合計で387羽、それからスズメでございますけれども、藪塚で284羽、ドバトが藪塚で35羽という状況になっております。

太田市議会 2008-03-12 平成20年3月予算特別委員会−03月12日-02号

農業政策課長橋本利明) この320万円につきましては、いわゆる有害鳥獣ですけれども、カラスでありましたり、スズメでありましたり、それからイノシシというふうなものがありますけれども、農作物等に被害が出た場合につきまして、それを有害鳥獣というふうなことで駆除する場合に、市内に猟友会が3つございます。太田猟友会、新田猟友会、藪塚本町猟友会、その猟友会に事業を委託する内容のものでございます。

太田市議会 2007-03-05 平成19年度予算特別委員会−03月05日-02号

産業経済参事(塚越隆) これも、藪塚から始まって今回23回目になるかかし祭りでございますけれども、やはり地域の方々の盛り上がりといいますか、当然かかしですから農業に関連して、本来的にはスズメよけという大きな役があるわけなのですけれども、それを観光に結びつけようということで旧藪塚の観光協会の方々、また農協の団体等の方々が発案して始めた事業と聞いてございます。

高崎市議会 2006-09-06 平成18年  9月 定例会(第5回)−09月06日-03号

加害鳥獣の種類を見ますと、イノシシ、カラス、スズメニホンジカニホンザル等々多種にわたり、中でもイノシシによる被害が最も多い状況となっています。また、被害作物については、芋類、トウモロコシ、タケノコ、水稲などですが、シカなどによるヒノキやイチイの造林木等の食害も報告されています。

太田市議会 2005-09-20 平成17年度決算特別委員会−09月20日-02号

◆委員(青木猛) 286ページ、備考欄の1にありますスズメ蜂除去手数料についてお伺いします。ある程度専門的な知識を持たないと撤去はなかなかできないかと思うのですけれども、撤去した数と1つとるのに幾らかかるか単価を教えてください。 ◎環境政策課長(竹内信一) 平成17年度は447件のスズメ蜂の巣を除去いたしました。単価といたしましては、税別で8,000円でございます。

  • 1
  • 2