39件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

渋川市議会 2027-06-18 06月18日-04号

就職氷河世代はどうやるか、どう支援するかというと、今ジョブカフェやっているし、その辺にしっかりとつなげていきたいとか、ハローワーク協働しながら、しっかり本市としても若者というか、35歳から45歳の間の就労支援、自立支援につなげる取り組みをしていきたいとご答弁いただくのかなと思っておりましたが、推測をして次に行きたいと思います。  

前橋市議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-12-05

1つは、ジョブセンターまえばしについてでありますが、3年前、高崎市ジョブカフェでの視察の折、前橋市の若者が600人登録をしていることから、前橋市に開設した場合の効果を探り、2年前、議会において、1,200人の利用者を見込む、そういった提案をさせていただきながら、勤労青少年センターをリニューアルし、ジョブセンターまえばしが誕生し、2年が経過いたしました。

富岡市議会 2019-03-18 03月18日-一般質問-02号

また、母子・父子自立支援員の設置、母子家庭自立支援教育訓練給付金の給付、出張ジョブカフェ・マザーズセミナーなどを実施して、働く女性を支援しております。平成27年4月からは、市から育児休業取得者がいる事業所に対して補助金を交付する育児休業支援事業を実施し、継続して仕事を続けられるよう支援をいたしております。

安中市議会 2018-09-19 09月19日-03号

◆8番(櫻井喜久江議員) 10月2日に市庁舎にて「出張ジョブカフェ・マザーズセミナーin安中」が開催されます。ジョブカフェさんのような女性に仕事をあっせんする組織に当市の農業も提案していってほしいと思います。  また、全国には農業林業を学んでいる学生がおります。女性ももちろんおります。先日は、県の主催でしたが、川場村にて林業を学ぶ女子学生等が林業の体験や意見交換会を開催していました。

安中市議会 2018-03-14 03月14日-03号

また、働く女性支援連携事業として、毎年、県と連携をしまして出張ジョブカフェ・マザーズを開催し、子育て中の女性やこれから働きたいと考えている女性の活躍推進と就業支援に取り組んでおります。平成29年度は、10月に開催をいたしまして、6名の参加者がございました。  

渋川市議会 2018-03-08 03月08日-03号

いわゆるジョブカフェということで県でも事業をしておりましたけれども、そういったものを渋川市でもやって、若者が地元で働けるような、そういう機会をつくっていきたいと思っております。今渋川市でも人手不足なのです。渋川市の企業も地元の人たちを採用したいのだけれども、採用できないというのが現実であります。大手企業の方にもそういうことをよく聞きます。

前橋市議会 2017-12-12 平成29年_総合計画(委員会審査)_市民経済委員会 本文 開催日: 2017-12-12

72 【川端産業政策課長】 ジョブセンターまえばしを開設するに当たりまして、現指定管理者が県から受託しておりますジョブカフェぐんまの東毛サテライトというものがございまして、これを参考にカウンセラーや企業コーディネーターなどの人員体制などを検討し、その就労の実績から目標値を設定いたしております。

高崎市議会 2017-11-30 平成29年 12月 定例会(第5回)−11月30日-02号

さらに、ジョブカフェぐんまではGターン・カフェという講座を銀座で開催し、地元の魅力ある企業をPRしております。 ◆11番(林恒徳君) 先ほど私が奨学金を返しました話を少ししましたけれども、今ちょうど私も子育て真っ最中でして、2人の娘が大学に通っている最中ということになります。

前橋市議会 2017-06-23 平成29年第2回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2017-06-23

相談場所につきましては、高崎市ジョブカフェぐんま内でございますけれども、前橋市内にも出張相談窓口が開設されておりますので、シニアからのご相談があった場合につきましてはこちらを中心にご案内させていただいております。また、シニアの皆さんからの多様な勤務条件や勤務形態、趣味や技能などを生かしたいというご要望に応えるためにシルバー人材センターへご案内することもございます。

館林市議会 2017-06-13 06月13日-03号

現在、勤労青少年ホームでは、先ほどの若者キャリア相談のほか、県の出張若者サポートステーション、求職者と地元企業との交流を図る出張ジョブカフェなどの就労支援事業の再編の動きが始まっています。市教委としましては、このような新たな動きを注視しながら連携できる部分を探り、教育研究所や青少年センターでの子ども相談室において、就労支援機関紹介してまいりたいと思います。  

富岡市議会 2017-03-21 03月21日-一般質問-02号

また、県内出身の大学生に対して、今年度から出張ジョブカフェ企業訪問バスツアーを実施しております。 ○議長(堀越英雄君) 14番。 ◆14番(栁澤敦君) 事業所見学会、出張ジョブカフェ企業訪問バスツアーを実施されているとの答弁がありました。これらの事業は平成29年度予算には計上されていませんが、事業内容を詳しくお聞かせください。 ○議長(堀越英雄君) 経済建設部長

渋川市議会 2016-09-15 09月15日-05号

また、同じフロアでは総合行政窓口で住民票がとれたり、市民生活センター、就労支援センター、ジョブカフェ高齢者健康トレーニング教室、イベントスペース等、子ども以外の方々も利用できるように工夫をされておりました。今回渋川総合病院跡地で行う子育て支援施設の事業はどのように展開していくのかをまずはお聞きいたします。 ○副議長(篠田德壽議員) 保健福祉部長

藤岡市議会 2016-03-08 平成28年第 1回定例会-03月08日-02号

さらにその時期に、群馬県が設置運営しているジョブカフェ・マザーズから相談員を派遣していただき、個別就業相談も行っております。また子ども課に、母子・父子自立支援員が置かれており、就労や生活の相談、その他全般的な相談事業を行っております。  以上を答弁といたします。 ○議長青木貴俊君) 内田裕美子君。 ◆4番(内田裕美子君) ありがとうございます。  

前橋市議会 2015-12-07 平成27年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2015-12-07

こういったときにジョブセンター、ジョブカフェが明るい雰囲気でありますと心も和やかになって、できればコーヒーなども出していただけると文字どおりジョブカフェなんですけれども、自動販売機ぐらいあるとジョブカフェコーヒーなど飲めるんじゃないかという女性の意見もございました。また、石倉の踏切手前、元総社78区に係る道路の補修工事が終わり、地域住民の皆さんも大変喜んでおります。

前橋市議会 2015-12-03 平成27年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2015-12-03

その中でも、このジョブセンターまえばしについて言えば、高崎でもジョブカフェというものがございます。高崎のジョブカフェについては、ハローワークの窓口は併設されているものの、ジョブカフェが相談からあっせん資格を持ち、就労支援を行う、そしてその就労した先でいかに就職がなされているか、その後のフォローまで一貫して委託事業者がリードしていける体制となっております。

前橋市議会 2015-06-19 平成27年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2015-06-19

群馬県若者就職支援センタージョブカフェぐんま、これは現在高崎、桐生、沼田の県内3カ所で県の事業として委託され、運営されております。高崎のジョブカフェへ伺いましたが、併設されているハローワークの窓口は空っぽでもジョブカフェの窓口は満員でありました。相談員も職員も積極的に熱っぽく相談に応じておりました。対象者の特技、個性、人間性から、そして企業とのマッチングを図り、安定した就労までサポートしていく。

安中市議会 2015-03-17 03月17日-03号

産業部長(竹内克美) U・I・Jターンへの取り組みといたしましては、群馬県では群馬県若者就職支援センター、ジョブカフェでございますが、群馬県の総合情報センター「ぐんまちゃん家」2階のUターン、Iターンコーナーで、県内のハローワークでまとめた求人情報や県内、都内で開催される就職関連イベント情報を閲覧することができます。毎週日曜日にキャリアコンサルタントが無料で県内への就職相談を実施しております。

太田市議会 2015-03-04 平成27年3月予算特別委員会−03月04日-02号

産業環境部参事板橋信一) 先ほども白石委員からありましたが、平成16年の7月に開設して、平成17年度から無料紹介事業、ニート対策ということで始めた場所でございますが、その後、国とか県の若者とかニートに対する相談とか支援の体制が充実しまして、内容的には学卒ジョブサポーターとか就職支援ナビゲーター、東毛若者サポートステーションとかジョブカフェぐんまといったものが設置されまして、そういったところもありましてずっと

安中市議会 2014-09-01 09月01日-01号

県の若者サポートステーション、ジョブカフェ引きこもり支援センターなどを活用し、できるだけ早い段階で適切な支援につなげられるよう取り組んでいきます。  第3に「誰もが安心して長生きできる、支え合う街づくり」を進めます。  厚生労働省の発表によると2013年の日本人平均寿命は女性が86.61歳で世界第1位、男性も80.21歳で世界第4位となりました。

  • 1
  • 2