124件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

渋川市議会 2027-06-18 06月18日-04号

通告の順序により、渋川市のグランドデザイン。1 周辺市町村との連携について。2 圏域単位のまちづくりについて。  5番、池田祐輔議員。  (5番池田祐輔議員登壇) ◆5番(池田祐輔議員) それでは、渋川市のグランドデザインとし、一般質問を行います。  現在本市では、渋川市新市建設計画、第2次総合計画とそれぞれの中長期計画にのっとり、基本的な行政運営が行われております。

富岡市議会 2020-03-23 03月23日-一般質問-02号

ご指摘をいただきました新たな計画につきましては、第2次富岡総合計画中期基本計画や現在策定中の富岡都市計画マスタープランとの整合性を取りながら、都市基盤などのハード整備を中心としたグランドデザインを描くまちづくり計画といたしまして、策定に向けた検討を行いたいと考えております。 次に、富岡製糸場国宝西置繭所利用規程につきましてお答えいたします。

高崎市議会 2019-09-10 令和 元年  9月 定例会(第4回)−09月10日-04号

高崎市グランドデザインとして都市計画マスタープランを持っておりますし、さきには都市計画審議会で立地適正化計画の計画推進も示されたところとお聞きしております。  ここでお聞きいたします。これから進めていくことになるであろう立地適正化計画については、防災の観点からさまざまな考え方が示されていることと思いますが、国はどのような方針を示しているか御紹介いただきたいと思います。

前橋市議会 2019-01-21 平成31年_建設水道常任委員会 本文 開催日: 2019-01-21

12月の議会の中でいろいろと言われたグランドデザインであるとか、アーバンデザインであるとか、そういう話が出てきています。今回の事業は、今市が動いておりますアーバンデザインとの整合性を持つべきだろうという話をされていましたけれども、この事業は、そのアーバンデザインとの関係で、どういう対応を図ろうとしておりますか。

富岡市議会 2018-12-14 12月14日-一般質問-03号

また、それは将来的にグランドデザインのコンパクト化を目指す施策なのかお聞きいたします。よろしくお願いします。 ○議長(大塚利勝君) 都市建設部長。 ◎都市建設部長(黛好幸君) 初めに、都市計画マスタープランは、都市計画法に基づく都市計画に関する市の基本的な方針で、平成21年3月に策定したものを平成30年度と31年度の2カ年で改定をいたします。

前橋市議会 2018-12-05 平成30年12/05_総括質問一覧表 開催日: 2018-12-05

        │  │ 題点について         │(2) 地元住民の意見反映          │ ├──┼────────┼──┼────────────────┼─────────────────────┤ │  │        │  │1 中心市街地の再開発計画につい │(1) 整備手法と進め方           │ │  │        │  │ て              │(2) グランドデザイン

前橋市議会 2018-09-19 平成29年度決算委員会_市民経済委員会 本文 開催日: 2018-09-19

私は、今まで政策部の将来都市像をもとに、都市計画部がグランドデザインを提示し、産業経済部と農政部が仲よく連携をとって、市民のために魅力ある前橋をつくっていただきたいとお願いしてきました。しかし、うまくいかないようであります。それはなぜでしょうか。産業経済部に申し上げますが、企業誘致のために用地を確保しなくてはならないと現在努力しています。心から応援しています。

渋川市議会 2018-09-14 09月14日-04号

総合政策部長酒井雅典登壇) ◎総合政策部長(酒井雅典) ただいま平方議員がお話しされたとおり、国では人生100年時代を見据えた経済社会のあり方を構想し、人づくり革命の実現に向けた政策を企画立案するための人生100年時代構想推進室を内閣官房に設置するとともに、内閣総理大臣議長国務大臣や有識者を構成員とする人生100年時代構想会議を開催し、人生100年時代を見据えた経済社会システムを実現するためのグランドデザイン

前橋市議会 2018-09-12 平成30年09/12_総括質問一覧表 開催日: 2018-09-12

──────────────┼─────────────────────┤ │  │        │  │1 歴史の継承について      │(1) 平和関連施設との連携         │ │  │        │  │2 旧中央小学校の活用について  │(1) 地元との連携             │ │  │        │  │3 市街地整備について      │(1) 中心市街地のグランドデザイン

前橋市議会 2018-06-21 平成30年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2018-06-21

私は、これまでも新しい発想で事業を進めるためにはまちのグランドデザインが重要で、市のこれまでの動きではそれができていないことを指摘してまいりました。今回に際し、それをまた指摘させていただきます。誰がこのことを主導するのか。いつごろまでの事業計画になるのか。既存の商業施設、大型商業店、そして前橋テルサ、新しい公共施設、例えば図書館文化施設学校をどう組み入れるのか。

前橋市議会 2018-03-19 平成30年度予算委員会_市民経済委員会 本文 開催日: 2018-03-19

今まさに将来都市像を構築していく過程でグランドデザイン市民に提示し、理解と協力を求める勝負の時期であります。そこで質問しますが、今やるべきことは農振除外のあり方を変えてでも企業誘致を進めるべきと私は考えていますが、当局の用地の取得の考え方をお聞かせください。

前橋市議会 2018-03-14 平成30年度予算委員会_建設水道委員会 本文 開催日: 2018-03-14

第七次前橋市総合計画、それから都市計画マスタープラン、中心市街地活性化基本計画、この中にも盛り込まれておりますが、ぜひグランドデザインをきちんとしていただく中で、その第一歩を示していただきたいというふうに、このことを強く要望しておきたいと思います。  次に、道の駅へのアクセス道路についてお伺いいたします。国道17号上武道路が平成29年度に全線開通いたしまして、たくさんの車が往来しております。

前橋市議会 2017-12-13 平成29年_総合計画(委員会審査)_建設水道委員会 本文 開催日: 2017-12-13

まちづくりはグランドデザイン基本であります。平成30年から始まる新たな計画期間には今まで以上に地権者や周辺住民に明確な将来ビジョンを提示していただき、地元や地権者にとっても1つでもメリットがあることを伝えていかなければなかなか拠出していただけない時代が来たかと痛切に思っております。

前橋市議会 2017-12-05 平成29年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2017-12-05

に、土地利用の方針では、高齢化や人口減少が加速する今後、都市の成長を前提とした都市構造ではなく、既存の都市基盤の活用と土地利用の適切な誘導によって持続可能なまちづくりに取り組む必要がありますとし、都市部、郊外部の住み分けについて、都市土地利用と自然的土地利用の適正な配置の組み合わせとしておりますが、町村合併によるスケールメリットの原点に立った施策展開を含め、本市の都市計画として土地利用についてのグランドデザイン

館林市議会 2017-09-05 09月05日-03号

地域性を考える上で1市7町、学校区等の地域性を考慮した区割りにできなかったのか疑問なところですが、まずその上でそれぞれの日常生活圏域の性質を正確に把握して、それぞれの県ごとの対策方法を示し、グランドデザインを描いて住民に示してあげることが必要だと思います。その上で住民の意識を高めて協力してもらう、それが丁寧な方向性だと思っておりますが、そのことについてお考えをお伺いします。

前橋市議会 2017-06-22 平成29年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2017-06-22

山本市長の報告の中で、まちづくりのグランドデザインがとても大事であることを知らされた。これまでは、市長としての思いが強く、ほかのところに頼っていた。このことは反省したいとの報告がございました。これは、市長としてのざんげの言葉なのか、何を意味しているのかをまず確認いたします。そして、これをステップにどういう考え方で市政の運営をしようとしているのか、これからのことが表明されませんでした。