23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

前橋市議会 2020-03-26 令和2年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2020-03-26

4月から運営民間事業者に任せれば、よりギャンブル性が強まり、ギャンブル依存が増え、若者への悪影響が心配されます。また、民間事業者労働者を低賃金で雇用し、利潤追求に走ることは避けられず、本議案を認めることはできません。  次に、議案第6号、前橋介護保険特別会計についてです。

藤岡市議会 2020-03-06 令和 2年第 1回定例会-03月06日-02号

◆3番(小西貴子君) 一生涯の罹患人数アルコール依存症の約107万人に対し、ギャンブル依存はその3倍の320万人と、一生涯でギャンブル依存になる方の割合が国民30人に1人という計算になるくらいの多さです。私たちが想像するよりもはるかに多くの方がギャンブル依存で苦しんだことがあるということが分かりました。裾野はもっともっと広いことが推測されます。  

前橋市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-09-26

運営民間事業者に任せればギャンブル性が強まり、ギャンブル依存がふえて、若者への悪影響が心配されます。また、民間事業者は低賃金労働者を雇用し、利潤追求に走ることは避けられず、民間委託を認めることはできません。  次は、議案第73号、平成30年度前橋介護保険特別会計決算についてです。

前橋市議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-09-11

しかも、日本ではパチンコ競輪競馬、競艇などにのめり込み、借金漬け生活が破綻する、いわゆるギャンブル依存が他の先進国の10倍も存在するという指摘もある中で、地方財政に寄与するという理由で公営ギャンブルを続け、さらに有効な地域経済活性化策と主張して政府や一部自治体が推進している民設民営のIR、カジノまで広げることを我が党は認めることはできません。

前橋市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-09-10

186 【23番(長谷川薫議員)】 今国、厚労省日本ギャンブル依存全国で536万人と発表しました。成人の約5%近くです。そして、ギャンブル依存を予防しなければ大変なことになるということで、文部科学省がことしの3月に教師用指導参考資料を発行して各学校に、教育委員会に配付しております。

前橋市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-06-06

その結果、ギャンブル依存も国の発表でも300万人を超えて深刻な社会問題となっております。節度ある公営事業として前橋競輪運営してきた歴史を踏まえて、今後とも直営を維持しながら運営を続けて、そして収支が実際に赤字に転落した場合には競輪事業をやめる判断も必要だと思います。

前橋市議会 2019-03-14 平成31年度予算委員会_市民経済委員会 本文 開催日: 2019-03-14

そもそもギャンブル依存こういうものが今大きな社会問題になっております。民間に委託してまで存続をという競輪事業への市民の強い要望がどれくらいあるのか、高崎市でも公営競馬廃止いたしましたし、首都圏自治体などでも公営ギャンブルから撤退する事例も相次いでおります。

前橋市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-03-05

ギャンブル依存による生活破壊家庭崩壊などが社会問題化しており、競輪民間に委託してまで存続することは市民の理解は得られないと考えます。市民の所得を吸い上げるギャンブル収入自治体の財源とする競輪事業は、廃止を含めて再検討すべきです。以上、3点についてお答えください。  次に、水道事業についてです。

前橋市議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2018-09-27

ギャンブル依存が社会問題になっており、経済破綻家庭崩壊を招いて苦しんでいる人がふえています。その対策と治療、回復のための社会的基盤づくり課題になっているにもかかわらず、政府地域活性化策と説明して、民間企業運営するギャンブル施設カジノを合法化するなどの事態をさらに悪化させる施策が進んでおります。

前橋市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2018-09-12

130 【31番(中道浪子議員)】 日本人成人に占めるギャンブル依存割合は4.8%、他の国から比べると日本は大変多いのが現状です。直営による競輪事業の見直しが困難なら、民間委託を考えるのではなく、先ほども申しましたように、赤字を生む前に思い切って競輪事業廃止も視野に存廃の検討する必要があるのではないかと意見を述べておきます。  

前橋市議会 2018-03-27 平成30年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2018-03-27

これまで場外車券売り場ミッドナイト競輪ナイター競輪の開催などで車券売り上げを伸ばそうとしてきましたが、ギャンブル依存問題や利用者高齢化などで収益をこれ以上伸ばすことは難しくなっており、公営ギャンブルを将来にわたり存続するかどうかを改めて検討すべきです。  議案第6号、介護保険特別会計及び議案第48号、介護保険条例の改正です。

前橋市議会 2017-09-27 平成29年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2017-09-27

日本人成人男性8.8%、女性1.8%、推計536万人がギャンブル依存であり、経済破綻を引き起こし、家庭崩壊を招いて苦しんでいる人がふえ続け、社会問題化しています。その対策が求められているにもかかわらず、政府カジノを合法化するなど事態をさらに悪化させようとしています。

前橋市議会 2017-03-29 平成29年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2017-03-29

ギャンブル依存が社会問題化している中で、行政として冷静な判断が求められます。人件費グリーンドーム維持管理費などを賄えば、車券売り上げが減り続けている中で、市財政への繰り入れは今後もふえる見込みはありません。戦後復興と地方財政危機対策として特別に合法化した公営ギャンブルを将来にわたって存続するかどうかを検討する時期に来ていることを改めて指摘しておきます。  議案第6号、介護保険特別会計です。

高崎市議会 2016-06-24 平成28年  6月 定例会(第3回)−06月24日-付録

─────────────────┼────┤ │  │25│ 三 島 久美子 │1 地域防災体制の強化について             │ 67 │ │   │  │        │  現状課題                    │    │ │   │  │        │  ・今後の取り組み                  │    │ │   │  │        │2 ギャンブル

高崎市議会 2016-06-14 平成28年  6月 定例会(第3回)-06月14日-03号

それでもギャンブルをやめられないというのがギャンブル依存で、いかに恐ろしい病気であるかがわかります。そこで、まず本市ではこのギャンブル依存についてどのように認識しているのかお尋ねしたいと思います。また、本市におけるギャンブル依存の実態についてもあわせてお答えください。 ◎福祉部長田村洋子君) 2点目のギャンブル依存についての御質問にお答えいたします。  

前橋市議会 2016-03-29 平成28年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2016-03-29

ギャンブル依存成人人口の4.8%に当たる536万人と厚労省発表するなど、社会問題化している中で車券売り上げ収入をこれ以上ふやし続けることが行政にとって妥当なのか、冷静に判断すべきです。人件費ヤマダグリーンドーム前橋維持管理費などを賄えば、車券売り上げが減り続けている中で、市財政への繰り入れは今後もふえる見込みはありません。

前橋市議会 2015-06-30 平成27年_意見書案第27号 開催日: 2015-06-30

法案はカジノ施設日本人入場制限については必要な処置をとるとしているが、今日社会問題となっているギャンブル依存に対する具体的な対策などは示されていない。  厚生労働省研究班推計によると、パチンコなどを含めたギャンブル依存の疑いがある人は全国で536万人に上り、成人男性の8.7%を占めており、他国と比べ高い数値にある。

前橋市議会 2014-12-08 平成26年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2014-12-08

日本人成人男性8.8%、女性1.8%、推計536万人がギャンブル依存であり、世界でも最悪のギャンブル依存の広がりが実証されたという厚生労働省研究班調査発表が衝撃を広げております。ギャンブル依存は、ギャンブルへの衝動が抑制できず、経済的、社会的、精神的な問題が生じているにもかかわらず、やめることができない病気であります。

前橋市議会 2014-03-27 平成26年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2014-03-27

今後市として、間もなく車券販売が開始されるサテライト前橋事業運営が周辺の生活環境を悪化させたり、ギャンブル依存による市民生活破綻などが助長されることのないように十分監視すべきです。  次に、議案第6号、介護保険特別会計予算についてです。介護保険料利用料の市独自の軽減制度の拡充が行われていません。このために介護認定された高齢者も必要な介護サービスを抑制して6割程度の利用にとどまっております。

  • 1
  • 2