468件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

藤岡市議会 2019-12-06 令和 元年第 5回定例会-12月06日-02号

烏川が氾濫まであと10センチだと、避難勧告も出て、中島や立石新田のほうから大雨の中を道もざぶざぶと冠水し、車がとまらないか心配しながら小野中学校までやっとたどりつくところで、ぽんとメールが入り、小野中学校がいっぱいになったから北中学校に行ってくださいといった状況、小野中学校から北中学校まではそこからさらに2キロメートル以上の道のりがあり、しかも北中学校は大雨の夜には特にわかりにくい場所にあります。

太田市議会 2019-12-03 令和 元年12月定例会-12月03日-03号

震源の深さは60キロメートルマグニチュード4.7でございました。太田市の震度につきましては、震度4を観測しております。  防災防犯課では、この地震につきまして庁内放送を行い、電話連絡等及びMCA無線にて被害状況の確認を行いました。現在のところ、状況といたしましては、本庁舎東シースルーのエレベーター、それから尾島庁舎、産業支援センター、養護老人ホームの各エレベーター停止しております。  

太田市議会 2019-09-19 令和 元年9月決算特別委員会−09月19日-02号

都市政策参事(小郷隆士) 当市では毎年約4キロメートルから5キロメートルぐらいの延長の新設の管渠工事を行っております。 ◆委員(松川翼) 現在のマンホール設置基数と管渠総延長についてお聞かせください。 ◎都市政策参事(小郷隆士) マンホールの設置基数ですが、現在で約2万1,300基設置してございます。管渠の総延長でございますが、約746キロメートルということになってございます。

前橋市議会 2019-09-17 平成30年度決算委員会_建設水道委員会 本文 開催日: 2019-09-17

本事業は、水道局の主要事業として平成25年度から平成30年度の事業期間で国の交付金を活用しながら水道事業創設期の昭和4年当時に敷島浄水場から市街地周辺にかけて整備されました老朽鋳鉄管延長約15キロメートル耐震管に更新する事業であります。発生予測が困難な地震に対する予防対策として、老朽化した水道管を更新する際に、あわせて耐震化することは非常に重要な取り組みであると考えております。そこで。

藤岡市議会 2019-09-13 令和 元年決算特別委員会(第4回 定例会)−09月13日-02号

それとこの広域の代替バスのことですけれども、今言ったように赤字というものがかなり5万6,000人以上の方がトータルで利用されて、各市町村の負担が出ていますけれども、とにかくこの3,000万円とものすごい赤字路線というふうな形で捉えますけれども、この利便性の向上に関して、私、前に組合の委員になったときに貨客混載、いわゆる荷物とお客様を一緒に乗せて全長76キロメートル近くある、日本でもトップクラスのそういった

藤岡市議会 2019-09-11 令和 元年第 4回定例会−09月11日-03号

◆11番(橋本新一君) ただいまの答弁の中で、継続中の事業のうち林道高畑線については、平成13年度から着手しており、1.2キロメートルについては開通しておりますが、木材搬出の利用はないようであります。また、残り2.1キロメートルについては工事中であり、全線開通はまだ先になるようであります。

藤岡市議会 2019-06-21 令和 元年第 3回定例会−06月21日-03号

藤岡市は東京から約90キロメートル圏内に位置し、高速道路ジャンクションが近く、すぐれた広域交通の利便性を有しております。インター周辺には、関東好きな道の駅ランキングで7年連続1位に輝くららん藤岡があり、にぎわいを生んでいます。また、ららん藤岡は、全国ランキングでも4位となっており、すばらしい施設であります。

藤岡市議会 2019-03-08 平成31年予算特別委員会(第1回 定例会)−03月08日-02号

そして、メーン会場はふじの咲く丘ですが、そこを中心にした北はららん藤岡、南は鬼石総合支所と南北に20キロメートルもある中で、たくさんの会場を使いお客さんに藤岡市のいいところ見せていきたいと思っております。  目標とする人数ですが、直近の3年間の実績を考慮しまして、今藤岡市のこの予算2,900万円に対してどのくらいかということを試算しました。その結果、11万人というのが計算上出ております。  

前橋市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-03-07

総延長4,000キロメートルに及ぶ市道の安全を確保する上で、道路の状況を適切に把握し、異常箇所や危険箇所を早期に対応することが重要であると考えております。本市においては、道路パトロールや市民通報等により情報収集を図っておりますが、情報収集の現状についてまずお伺いいたします。

藤岡市議会 2019-03-05 平成31年第 1回定例会-03月05日-02号

平成29年度実績で約1キロメートルの布設がえを行いましたが、今後も市街地に残る鋳鉄管や鬼石地区に残る硬質塩化ビニル管の更新事業を進めていきたいと考えております。  次に、配水管整備事業ですが、都市計画道路等の新設道路や給水管が何本も布設され、漏水が頻発している場所を選定し、配水管を布設する事業です。  平成29年度実績で約1.3キロメートルの布設を実施いたしました。