運営者 Bitlet 姉妹サービス
581件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 藤岡市議会 平成30年第 5回定例会-12月07日-02号 そのためには、産業の振興やインフラ整備、地場産業の活性化や観光の充実等、行わなければならない課題は多岐にわたると思っておりますが、その1つの方策として、工業団地の開発を考えております。   もっと読む
2018-09-27 太田市議会 平成30年 9月定例会−09月27日-04号 危機管理の面からも、将来的に通信インフラの整備をすることは必要であるとのことでありました。  さらに、公用車へのドライブレコーダーの設置のこと、行政センターにおける避難所開設の課題のこと、入札における最低制限価格の見直しのことなど多くの質疑、意見、要望がなされました。   もっと読む
2018-09-21 太田市議会 平成30年9月決算特別委員会−09月21日-03号 どこまでインフラを持ち直すかということのためにお金を使うこと、それからもう1つは、歳入が落ち込んだときにやはりそこで財政調整基金を投入するということでありまして、どのくらいだと言うと、さっき70億円と言いましたけれども、私は標準財政規模の1割ぐらいがいいところかと。ちょっと低く言うので、それは大体50億円程度なのですけれども、十分かなと。というのは、例えば前橋市、高崎市を見ても約80億円程度です。 もっと読む
2018-09-20 太田市議会 平成30年9月決算特別委員会−09月20日-02号 予算特別委員会のときにもお聞きしましたけれども、そこへの対応、インフラとしての基盤の保全といいますか、太田市では太田市公共施設等総合管理計画をつくって、インフラも含めて管理の考え方が示されていますが、それについて調査研究していくというお答えが以前ありました。現状についてはどういうふうになっているかをお聞きします。 もっと読む
2018-09-19 太田市議会 平成30年9月決算特別委員会−09月19日-01号 歳入の先行きが不透明な中で、社会保障費やインフラ更新などの需要を吸収していかなければならず、地方財政は困難な局面を迎え、一般財源の確保と行財政運営のさらなる効率化が強く求められることは、自明の理であります。将来を見据え、1人1人が知恵と力を出し合い、解決していくことが肝要であると考えます。   もっと読む
2018-09-13 藤岡市議会 平成30年第 4回定例会−09月13日-03号 詳細については省略しますが、まず、外国人が投資目的で国内の森林買収など、国にとっても重要な社会インフラや国防上重要な土地などの買い占めには、国として注意が必要となってきております。また、太陽光発電用地や木質バイオマス発電の木材燃料が国土破壊につながらないか心配されております。さらに盗伐であります。他人の山林を勝手に伐採する被害が各地で頻発しております。   もっと読む
2018-06-22 高崎市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月22日 一般質問 折しも先日ですか、中国湖南省の益陽市行政視察についての案内をいただきまして、その案内ですけれども、本事業は中国益陽市から今後水環境の改善に向けたインフラ整備に注力していく方針から、桐生市内の上下水道関連施設として、浄水場並びに下水処理場及び河川敷周辺施設の利用状況を視察したい旨の要請を受け実施するものであるとの内容説明がありました。 もっと読む
2018-06-14 渋川市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月14日−一般質問−02号 提案の概要でございますが、3校共通の提案として1件、これは校舎のインフラを整備した上で中にテナントを募集するといった提案でございました。そのほか、各学校の個別の提案概要でございますが、旧上白井小学校は、1点目で、日本人のほか留学生も対象とした農業、調理、観光サービスの一貫的教育事業を行うための全寮制専門学校や各種学校を行うということ。 もっと読む
2018-06-14 太田市議会 平成30年 6月定例会−06月14日-02号 まちなか居住を推進する目的と効果は、定住人口の増加により中心市街地の活性化を図ること、さらには既存インフラ施設の効果促進及び維持修繕の効率化を推進するものでございます。具体的には、先ほどの中心市街地への都市機能の誘導及び居住誘導の質問で答えたとおり、それを核としまして中心地域の魅力を高めていきたいと考えております。   もっと読む
2018-03-16 高崎市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-03月16日 一般質問 電気、ガス、上下水道などのインフラも整備されており、付近には給食配送に必要な幹線道路もございます。将来的には新里、黒保根両共同調理場を統合させていただく予定になっておりますので、給食配送を考えた場合、市内の学校全体の中央に位置することになりますので、予定地としては最適であると考えております。 もっと読む
2018-03-15 高崎市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-03月15日 一般質問 その中での推進事業として、インフラ老朽化対策の推進に関する関係省庁連絡会議では、公共施設等の老朽化対策をはじめ、適正管理を推進するための平成30年度の地域財政計画では、公共施設等適正管理事業費において地方財源計画の計上額を増額するとともに、地方財政措置の拡充を行うことが今開催の国会で決まりそうであります。 もっと読む
2018-03-08 渋川市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月08日−提出者説明、質疑、委員会付託−03号 道路や橋りょうなどの社会インフラの安全性を確保するため、道路パトロールの実施や自治会との連携による情報収集や点検調査などにより、道路の危険箇所などを把握し、必要な補修を実施します。また、橋りょう長寿命化修繕計画に基づいた点検調査及び維持管理を計画的に進めます。    もっと読む
2018-03-08 藤岡市議会 平成30年第 1回定例会-03月08日-02号 やはり地域の皆様に社会インフラとして安心感を与える、いざというときに頼れる病院、喜ばれる病院であっていただけるものと思います。  2点目の質問でございますが、救急医療体制の現状と課題について伺います。  この公立藤岡総合病院は市民から藤総と呼ばれていますので、今後は藤総と呼ばせていただきます。 もっと読む
2018-02-22 太田市議会 平成30年 3月定例会−02月22日-05号 総務省が提供する更新費用試算ソフトに基づき試算した結果によると、現時点で公共施設及びインフラ施設を全て保有した場合、今後40年間で5,756億円、1年当たりの整備費が143億円かかります。経費には、義務的経費、投資的経費、その他の経費がありますが、今回の財源は投資的経費になります。投資的経費をふやすためには、義務的経費の削減が必要となります。 もっと読む
2018-02-21 太田市議会 平成30年 3月定例会−02月21日-04号 特に次世代自動車の普及については、簡単な工事で自宅でも充電できることや充電スタンドなどのインフラ整備も進んできているということなどから、次世代自動車を取り巻く環境は大分よくなっているものというふうに思います。登録台数もまだまだ少ないようではあるかなと思いますが、そこで、本市の今後のクールチョイス運動の展開と次世代自動車普及への取り組みについてもお伺いをいたします。   もっと読む
2017-12-20 高崎市議会 平成29年 12月定例会(第4回)-12月20日 一般質問 あの惨事から70年、時代は大きく変わり、社会インフラの整備が進み、また気象予報技術、そしてハード、ソフト両面にわたる防災対策も格段に進化を遂げてきましたが、自然環境の変化はその想定を上回る勢いで私たちの日常生活に襲いかかり、さきに触れた九州北部豪雨のように毎年のように全国各地で記録的な大雨、豪雨による災害をもたらしています。 もっと読む
2017-12-20 高崎市議会 平成29年 12月定例会(第4回)-12月20日 一般質問 あの惨事から70年、時代は大きく変わり、社会インフラの整備が進み、また気象予報技術、そしてハード、ソフト両面にわたる防災対策も格段に進化を遂げてきましたが、自然環境の変化はその想定を上回る勢いで私たちの日常生活に襲いかかり、さきに触れた九州北部豪雨のように毎年のように全国各地で記録的な大雨、豪雨による災害をもたらしています。 もっと読む
2017-12-15 富岡市議会 平成29年 12月 定例会-12月15日−一般質問−03号 時間もありませんので、ではマイナンバー制度のインフラを活用し、医療分野における番号制度の導入が可能となるわけでありますけれども、この辺のことをちょっとお聞かせください。 ○議長(大塚利勝君) 市民生活部長。 もっと読む
2017-10-04 渋川市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-10月04日−一般質問−06号 次に、防災の観点からのインフラ整備について伺います。市内各地区に木造住宅の密集地帯が結構点在しております。生活道路も非常に狭いところが多く、幅員3メートルに満たない場所も多く見受けられます。昨年12月に新潟県糸魚川市で約4万平方メートルが焼失した大規模火災が発生したのは記憶に新しいところだと思いますけれども、あの大火を地図上で確認しますと、東西方向への焼失は非常に少ないものでした。 もっと読む
2017-10-04 渋川市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-10月04日−一般質問−06号 次に、防災の観点からのインフラ整備について伺います。市内各地区に木造住宅の密集地帯が結構点在しております。生活道路も非常に狭いところが多く、幅員3メートルに満たない場所も多く見受けられます。昨年12月に新潟県糸魚川市で約4万平方メートルが焼失した大規模火災が発生したのは記憶に新しいところだと思いますけれども、あの大火を地図上で確認しますと、東西方向への焼失は非常に少ないものでした。 もっと読む