安中市議会 > 2016-02-29 >
02月29日-01号

ツイート シェア
  1. 安中市議会 2016-02-29
    02月29日-01号


    取得元: 安中市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-04-26
    平成28年  3月 定例会(第1回)             平成28年第1回安中市議会定例会議 事 日 程(第1号)                           平成28年2月29日(月曜日)午前9時開議第 1 会期の決定                                       第 2 会議録署名議員の指名                                  第 3 諸般の報告                                           報告第 1号 監査(検査)結果報告について                       第 4 議案第 1号 教育委員会委員の任命について                       第 5 議案第 2号 公平委員会委員の選任について                       第 6 議案第 3号 群馬県市町村総合事務組合の規約変更に関する協議について          第 7 議案第 4号 農業委員会委員の任命における認定農業者及び認定農業者に準ずる者の数を委員定           数の4分の1以上とすることについて                    第 8 議案第 5号 農業委員会委員の任命について                       第 9 議案第 6号 農業委員会委員の任命について                       第10 議案第 7号 農業委員会委員の任命について                       第11 議案第 8号 農業委員会委員の任命について                       第12 議案第 9号 農業委員会委員の任命について                       第13 議案第10号 農業委員会委員の任命について                       第14 議案第11号 農業委員会委員の任命について                       第15 議案第12号 農業委員会委員の任命について                       第16 議案第13号 農業委員会委員の任命について                       第17 議案第14号 農業委員会委員の任命について                       第18 議案第15号 農業委員会委員の任命について                       第19 議案第16号 農業委員会委員の任命について                       第20 議案第17号 農業委員会委員の任命について                       第21 議案第18号 農業委員会委員の任命について                       第22 議案第19号 農業委員会委員の任命について                       第23 議案第20号 農業委員会委員の任命について                       第24 議案第21号 農業委員会委員の任命について                       第25 議案第22号 安中市行政不服審査会条例の制定について                  第26 議案第23号 安中市行政不服審査関係手数料条例の制定について              第27 議案第24号 安中市職員の退職管理に関する条例の制定について              第28 議案第25号 安中市障害者支援センター条例の制定について                第29 議案第26号 安中市建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律関係手数料条例の制定につ           いて                                   第30 議案第27号 安中市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例について       第31 議案第28号 安中市事務分掌条例等の一部を改正する条例について             第32 議案第29号 安中市情報公開条例等の一部を改正する条例について             第33 議案第30号 職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部を改正する条例について  第34 議案第31号 安中市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部を改正する条例について第35 議案第32号 安中市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について   第36 議案第33号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条           例について                                第37 議案第34号 議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について 第38 議案第35号 安中市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正           する条例について                             第39 議案第36号 安中市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例について         第40 議案第37号 安中市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について        第41 議案第38号 安中市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例について       第42 議案第39号 安中市放課後児童クラブ条例の一部を改正する条例について          第43 議案第40号 安中市老人福祉センター条例の一部を改正する条例について          第44 議案第41号 安中市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める           条例及び安中市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並び           に指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に           関する基準を定める条例の一部を改正する条例について            第45 議案第42号 安中市消費生活センター条例の一部を改正する条例について          第46 議案第43号 安中市小口資金融資促進条例の一部を改正する条例について          第47 議案第44号 碓氷峠の森公園条例の一部を改正する条例について              第48 議案第45号 安中市長期優良住宅の普及の促進に関する法律関係手数料条例の一部を改正する条           例について                                第49 議案第46号 安中市市営自転車等駐輪場条例の一部を改正する条例について         第50 議案第47号 安中市水道事業の設置等に関する条例等の一部を改正する条例について     第51 議案第48号 国民宿舎裏妙義条例の廃止について                     第52 議案第49号 安中市東横野学童クラブ公の施設の指定管理者に指定する期間の変更について  第53 議案第50号 安中市東横野学童クラブ公の施設の指定管理者の指定について         第54 議案第51号 安中市秋間学童クラブ公の施設の指定管理者の指定について          第55 議案第52号 安中市障害者支援センター公の施設の指定管理者の指定について        第56 議案第53号 市道路線の廃止について                              議案第54号 市道路線の認定について                          第57 議案第55号 平成27年度安中市一般会計補正予算(第5号)               第58 議案第56号 平成27年度安中市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)         第59 議案第57号 平成27年度安中市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)        第60 議案第58号 平成27年度安中市介護保険特別会計補正予算(第3号)           第61 議案第59号 平成27年度安中市下水道事業特別会計補正予算(第2号)          第62 議案第60号 平成27年度安中市健康増進施設恵み湯事業特別会計補正予算(第1号)   第63 議案第61号 平成27年度安中市水道事業会計補正予算(第2号)             第64 議案第62号 平成27年度安中市病院事業会計補正予算(第1号)                                                           本日の会議に付した事件 議事日程に同じ                                              出席議員(22名)     1番   金  井  久  男  議員     2番   櫻  井  ひ ろ 江  議員     3番   遠  間  大  和  議員     4番   罍     次  雄  議員     5番   巽     久  男  議員     6番   小  林  克  行  議員     7番   太  田  進  一  議員     8番   櫻  井  喜 久 江  議員     9番   小  川     剛  議員    10番   柳  沢  浩  之  議員    11番   今  井  敏  博  議員    12番   吉  岡  完  司  議員    13番   佐  藤  貴  雄  議員    14番   吉  岡     登  議員    15番   高  橋  由  信  議員    16番   武  者  葉  子  議員    17番   上  原  富 士 雄  議員    18番   齊  藤  盛  久  議員    19番   奥  原  賢  一  議員    20番   田  中  伸  一  議員    21番   柳  沢  吉  保  議員    22番   廣  瀬     晃  議員欠席議員(なし)                                              地方自治法第121条の規定に基づき出席した者の職氏名  市   長   茂  木  英  子      副 市 長   茂  木  一  義  総 務 部付   田  中     毅      財 務 部長   中  嶋     薫  部   長  市 民 部長   佐  俣  信  之      保 健 福祉   上  原     茂                          部   長  産 業 部長   竹  内  克  美      建 設 部長   猿  井  晴  一  上 下 水道   小 板 橋  利  明      松 井 田   佐  藤  正  二  部   長                   支 所 長  公   立   神  宮     潔      秘 書 課長   須  藤  和  俊  碓 氷 病院  事 務 部長  財 政 課長   大  塚  清  隆      安 全 安心   水  澤  祝  彦                          課   長  福 祉 課長   茂  木  雅  俊      農 林 課長   浅  川  久  志  土 木 課長   小 板 橋  孝  治      農業委員会   小  林  俊  夫                          事 務 局長  監 査 委員   有  阪  保  彦      会計管理者   品  川  仁  久  事 務 局長                   (会計課長)  教 育 長   桑  原  幸  正      教育委員会   田  村  昌  俊                          教 育 部長  教育委員会   田  村  武  志  総 務 課長                                              本会議に出席した事務局職員  事 務 局長   嶋  田  一  弘      事務局次長   猿  谷  俊  之                          兼 議 事                          事 務 担当  庶務係長兼   原        守      庶務係主査   田  中  尋  子  調 査 係長 △開会の宣告 ○議長(吉岡完司議員) これより平成28年第1回安中市議会定例会を開会いたします。                                      (午前 9時10分) △開議の宣告 ○議長(吉岡完司議員) ただいまの出席議員は22名であります。よって、会議は成立いたしました。  直ちに本日の会議を開きます。 △会期の決定 ○議長(吉岡完司議員) 日程第1、会期の決定を議題といたします。  お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から3月18日までの19日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、会期は19日間と決定いたしました。 △会議録署名議員の指名 ○議長(吉岡完司議員) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第87条の規定により、議長において、17番、上原富士雄議員、18番、齊藤盛久議員、19番、奥原賢一議員を指名いたします。 △諸般の報告 ○議長(吉岡完司議員) 日程第3、諸般の報告を事務局長にさせます。  事務局長。 ◎事務局長(嶋田一弘) 諸般のご報告を申し上げます。  初めに、安中市監査委員から監査について結果報告が提出されております。お手元に配付してありますので、ごらんいただきたいと存じます。  次に、提出議案の報告でございますが、市長から議案71件の提出がされております。  次に、さきの第4回定例会におきまして採択されました請願・陳情は、執行部へ送致いたしましたが、当該請願・陳情の処理経過について報告がありました。お手元に配付いたしましたので、ご了承願います。  次に、議長会関係につきましてご報告申し上げます。群馬県市議会議長会関係でございますが、去る1月15日、群馬県市町村会館におきまして群馬県市議会議長会臨時総会が開催されました。会議は、諸報告に続き会長提出議案、平成28年度予算が審議され、原案のとおり可決されました。  以上で諸般の報告を終わらせていただきます。 ○議長(吉岡完司議員) 以上で諸般の報告を終わります。 △議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(吉岡完司議員) 日程第4、議案第1号 教育委員会委員の任命についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第1号 教育委員会委員の任命につきましてご説明申し上げます。  分冊2の1ページをごらんいただきたいと存じます。現在、安中市教育委員会委員をなされております土屋壽美江さんは、平成28年5月19日をもって任期満了となりますが、平成24年5月20日に就任されて以来、1期4年間にわたり高い識見と豊かな経験をもってその重責を果たされ、本市の教育行政に多大なご尽力を賜りました。まことにありがたく、この間のご労苦に対しまして心より感謝申し上げます。  今回、その後任といたしまして、安中市板鼻にお住まいの宮川直子さんにお願いいたしたく、ご推薦申し上げる次第でございます。宮川さんは、履歴書にお示しのとおり群馬県立伊勢崎女子高等学校を卒業され、昭和50年4月に群馬県に入庁し平成20年3月に退職されるまで、群馬県職員として各部署を歴任し、人格が高潔で教育に関して識見が高く、まことに適任であると存じますので、ここに安中市教育委員会委員にご推薦申し上げる次第でございます。  よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第1号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第1号については委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕
    ○議長(吉岡完司議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第1号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(吉岡完司議員) 挙手全員であります。  よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。 △議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(吉岡完司議員) 日程第5、議案第2号 公平委員会委員の選任についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第2号 公平委員会委員の選任につきましてご説明申し上げます。  分冊2の3ページをごらんいただきたいと存じます。現在、公平委員会委員をなされております高橋宏明さんは、平成28年5月18日をもちまして任期満了となるわけでございますが、平成23年2月28日にご就任されて以来、豊かな行政経験、高潔な人格と高い識見をいかんなく発揮され、安中市職員の人事の適正化にご尽力を賜りまして、その重責を見事に果たされております。よって、まことに適任であると存じ、ここに引き続き公平委員会委員としてご推薦申し上げる次第でございます。  よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第2号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第2号については委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第2号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(吉岡完司議員) 挙手全員であります。  よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。 △議案第3号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(吉岡完司議員) 日程第6、議案第3号 群馬県市町村総合事務組合の規約変更に関する協議についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  副市長。 ◎副市長(茂木一義) 議案第3号 群馬県市町村総合事務組合の規約変更に関する協議につきましてご説明申し上げます。  分冊2の5ページをごらんいただきたいと存じます。あわせまして、説明資料の新旧対照表の1ページをお開きいただきたいと存じます。提案理由でございますが、安中市が組織団体となっている群馬県市町村総合事務組合の規約変更を行うため、地方自治法第286条の関係地方公共団体の協議といたしまして、同法第290条により、議会の議決を求めるものでございます。  規約の変更理由と内容につきましては、平成28年2月8日から、群馬東部水道企業団を新たに群馬県市町村総合事務組合の組織団体とし、非常勤職員に係る公務災害補償事務を共同処理するため、規約別表第1の組織団体及び規約別表第2の5の項の事務を共同処理する団体に群馬東部水道企業団を加えるものでございます。  附則といたしまして、この規約は、群馬県知事の許可のあった日から施行し、改正後の規約は、平成28年2月8日から遡及して適用するというものでございます。  以上、まことに簡単ではございますが、提案の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第3号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第3号については委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第3号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(吉岡完司議員) 挙手全員であります。  よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。 △議案第4号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(吉岡完司議員) 日程第7、議案第4号 農業委員会委員の任命における認定農業者及び認定農業者に準ずる者の数を委員定数の4分の1以上とすることについてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第4号 農業委員会委員の任命における認定農業者及び認定農業者に準ずる者の数を委員定数の4分の1以上とすることにつきましてご説明申し上げます。  分冊3の1ページをごらんいただきたいと存じます。昨年9月4日に公布されました農業協同組合法等の一部を改正する等の法律によりまして、農業委員会の委員の任命に当たりましては、委員の過半数が認定農業者となることが要件となっておりますが、例外規定としまして、市内の認定農業者数が委員の定数の8倍、136人未満の場合には、市議会の同意を得て、認定農業者及び認定農業者に準ずる者の数を合わせて4分の1以上とすることができるとされております。  現在、安中市の認定農業者数は81人で、委員の定数の8倍未満となります。今議会におきましてご提案申し上げます農業委員会委員の17人のうち、認定農業者は5人であり、過半数9人に達しておらず、また認定農業者に準ずる者2人を加えましても合計7人で、過半数に達しないことから、認定農業者等の数を定数の4分の1以上とすることにつきまして議会のご同意をいただきたく、ご提案申し上げる次第でございます。  よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第4号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第4号については委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第4号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(吉岡完司議員) 挙手全員であります。  よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。 △議案第5号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(吉岡完司議員) 日程第8、議案第5号 農業委員会委員の任命についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第5号 農業委員会委員の任命につきましてご説明申し上げます。  分冊3の3ページをごらんいただきたいと存じます。上原恵美子さんは、平成27年5月、市議会推薦の農業委員として就任され、現在まで農業委員を務められております。この間、女性農業委員として、群馬女性農業委員ネットワークの理事としてもご活躍されており、男女共同参画の実現による農業・農村の発展を目指し、高潔な人格と高い識見をいかんなく発揮され、その重責を見事に果たされております。  また、法律改正により、1名以上の農業と利害関係のない者の任命要件にも該当するため、まことに適任であると存じ、農業委員にご推薦申し上げる次第でございます。  よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第5号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第5号については委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第5号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(吉岡完司議員) 挙手全員であります。  よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。 △議案第6号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(吉岡完司議員) 日程第9、議案第6号 農業委員会委員の任命についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第6号 農業委員会委員の任命につきましてご説明申し上げます。  分冊3の5ページをごらんいただきたいと存じます。佐藤克彦さんは、安中市土地改良区連絡協議会からの団体推薦を受けた方で、水稲や麦、野菜の栽培を中心に農業経営を行い、地域からの信任が厚く、安中磯部土地改良区の役員を歴任され、現在は副理事長をされております。土地改良区の豊富な経験、高潔な人格と高い識見をいかんなく発揮していただけることは、まことに適任であると存じ、農業委員にご推薦申し上げる次第でございます。  よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第6号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第6号については委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第6号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(吉岡完司議員) 挙手全員であります。  よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。 △議案第7号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(吉岡完司議員) 日程第10、議案第7号 農業委員会委員の任命についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第7号 農業委員会委員の任命につきましてご説明申し上げます。  分冊3の7ページをごらんいただきたいと存じます。金井和夫さんは、碓氷安中農業協同組合からの団体推薦を受けた方で、現在、同組合の代表理事常務としてご活躍をされております。農業や農家経営に関しての高い識見をお持ちであり、平成25年3月から平成27年4月まで、市議会推薦の農業委員としてご活躍をいただきました。高潔な人格であることと、豊富な経験をいかんなく発揮していただけることは、農業委員としてまことに適任であると存じ、ご推薦申し上げる次第でございます。  よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第7号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第7号については委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第7号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(吉岡完司議員) 挙手全員であります。  よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。 △議案第8号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(吉岡完司議員) 日程第11、議案第8号 農業委員会委員の任命についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第8号 農業委員会委員の任命につきましてご説明申し上げます。  分冊3の9ページをごらんいただきたいと存じます。中島武司さんは、認定農業者の認定を受け、地域の担い手農家として水稲やネギの栽培を中心に農業経営をされており、平成10年12月当選から現在まで農業委員を務められ、現在は会長職にあります。この間、豊かな農業経験、高潔な人格と高い識見をいかんなく発揮され、その重責を見事に果たされております。よって、農業委員に適任であると存じ、ご推薦申し上げる次第でございます。  よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第8号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第8号については委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第8号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(吉岡完司議員) 挙手全員であります。  よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。 △議案第9号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(吉岡完司議員) 日程第12、議案第9号 農業委員会委員の任命についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第9号 農業委員会委員の任命につきましてご説明申し上げます。  分冊3の11ページをごらんいただきたいと存じます。清水尚幸さんは、認定農業者の認定を受け、地域の担い手農家として酪農経営をされており、地域からの信任が厚く、平成22年3月初当選から現在まで農業委員を務められております。この間、豊かな農業経験、高潔な人格と高い識見をいかんなく発揮され、その重責を見事に果たされております。よって、農業委員に適任であると存じ、ご推薦申し上げる次第でございます。  よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第9号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第9号については委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第9号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(吉岡完司議員) 挙手全員であります。  よって、議案第9号は原案のとおり可決されました。 △議案第10号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(吉岡完司議員) 日程第13、議案第10号 農業委員会委員の任命についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第10号 農業委員会委員の任命につきましてご説明申し上げます。  分冊3の13ページをごらんいただきたいと存じます。竹内佳重さんは、地域からの信任が厚い農業者で、水稲栽培を中心に農業経営をされており、平成27年5月、市議会推薦の農業委員として就任され、現在まで農業委員を務められております。この間、豊かな農業経験、高潔な人格と高い識見をいかんなく発揮され、その重責を見事に果たされております。よって、農業委員に適任であると存じ、ご推薦申し上げる次第でございます。  よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第10号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第10号については委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第10号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(吉岡完司議員) 挙手全員であります。  よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。 △議案第11号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(吉岡完司議員) 日程第14、議案第11号 農業委員会委員の任命についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第11号 農業委員会委員の任命につきましてご説明申し上げます。  分冊3の15ページをごらんいただきたいと存じます。宮口太郎さんは、認定農業者の認定を受け、地域の担い手農家としてこんにゃく栽培を中心に農業経営を行い、地域からの信任も厚く、農業団体の役員を歴任されております。豊かな農業経験、高潔な人格と高い識見をいかんなく発揮され、農業委員としてご活躍いただきたいと存じ、ご推薦申し上げる次第でございます。  よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第11号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第11号については委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第11号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(吉岡完司議員) 挙手全員であります。  よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。 △議案第12号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(吉岡完司議員) 日程第15、議案第12号 農業委員会委員の任命についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第12号 農業委員会委員の任命につきましてご説明申し上げます。  分冊3の17ページをごらんいただきたいと存じます。白石力さんは、認定農業者の認定を受け、地域の担い手農家として酪農経営をされており、地域からの信任が厚く、平成19年3月初当選から現在まで農業委員を務められております。この間、豊かな農業経験、高潔な人格と高い識見をいかんなく発揮され、その重責を見事に果たされております。よって、農業委員に適任であると存じ、ご推薦申し上げる次第でございます。  よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第12号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第12号については委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第12号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(吉岡完司議員) 挙手全員であります。  よって、議案第12号は原案のとおり可決されました。 △議案第13号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(吉岡完司議員) 日程第16、議案第13号 農業委員会委員の任命についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第13号 農業委員会委員の任命につきましてご説明申し上げます。  分冊3の19ページをごらんいただきたいと存じます。内田忠雄さんは、地域からの信任が厚い農業者で、農業関係の役職を歴任されており、現在は板鼻堰土地改良区理事長をされております。平成4年12月初当選から6年間農業委員を務めた後、平成16年12月再選され、現在まで農業委員を務められております。この間、豊かな農業経験、高潔な人格と高い識見をいかんなく発揮され、その重責を見事に果たされております。よって、農業委員に適任であると存じ、ご推薦申し上げる次第でございます。  よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第13号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第13号については委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第13号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(吉岡完司議員) 挙手全員であります。  よって、議案第13号は原案のとおり可決されました。 △議案第14号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(吉岡完司議員) 日程第17、議案第14号 農業委員会委員の任命についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。
    ◎市長(茂木英子) 議案第14号 農業委員会委員の任命につきましてご説明申し上げます。  分冊3の21ページをごらんいただきたいと存じます。磯貝俊夫さんは、地域からの信任が厚い農業者で、地区区長等の役職を歴任し、梅とネギ栽培を中心に農業経営を行っている方です。豊かな農業経験、高潔な人格と高い識見をいかんなく発揮され、農業委員としてご活躍いただきたいと存じ、ご推薦申し上げる次第でございます。  よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第14号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第14号については委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第14号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(吉岡完司議員) 挙手全員であります。  よって、議案第14号は原案のとおり可決されました。 △議案第15号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(吉岡完司議員) 日程第18、議案第15号 農業委員会委員の任命についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第15号 農業委員会委員の任命につきましてご説明申し上げます。  分冊3の23ページをごらんいただきたいと存じます。上原正孝さんは、地域からの信任が厚い農業者で、水稲と野菜栽培を中心に農業経営をされており、平成22年3月の初当選から現在まで農業委員を務められております。この間、豊かな農業経験、高潔な人格と高い識見をいかんなく発揮され、その重責を見事に果たされております。よって、農業委員に適任であると存じ、ご推薦申し上げる次第でございます。  よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第15号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第15号については委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第15号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(吉岡完司議員) 挙手全員であります。  よって、議案第15号は原案のとおり可決されました。 △議案第16号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(吉岡完司議員) 日程第19、議案第16号 農業委員会委員の任命についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第16号 農業委員会委員の任命につきましてご説明申し上げます。  分冊3の25ページをごらんいただきたいと存じます。橋本一男さんは、地域からの信任が厚い農業者で、水稲と野菜の栽培を中心に農業経営を行っている方です。豊かな農業経験、高潔な人格と高い識見をいかんなく発揮され、農業委員としてご活躍いただきたいと存じ、ご推薦申し上げる次第でございます。  よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第16号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第16号については委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第16号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(吉岡完司議員) 挙手全員であります。  よって、議案第16号は原案のとおり可決されました。 △議案第17号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(吉岡完司議員) 日程第20、議案第17号 農業委員会委員の任命についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第17号 農業委員会委員の任命につきましてご説明申し上げます。  分冊3の27ページをごらんいただきたいと存じます。中島吉久さんは、地域からの信任が厚い農業者で、水稲と野菜の栽培を中心に農業経営を行っている方です。豊かな農業経験、高潔な人格と高い識見をいかんなく発揮され、農業委員としてご活躍いただきたいと存じ、ご推薦申し上げる次第でございます。  よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第17号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第17号については委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第17号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(吉岡完司議員) 挙手全員であります。  よって、議案第17号は原案のとおり可決されました。 △議案第18号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(吉岡完司議員) 日程第21、議案第18号 農業委員会委員の任命についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第18号 農業委員会委員の任命につきましてご説明申し上げます。  分冊3の29ページをごらんいただきたいと存じます。佐藤功さんは、地域からの信任が厚い農業者で、野菜と果樹栽培を中心に農業経営を行っている方で、代表区長等の役職を歴任し、平成25年3月の初当選から現在まで農業委員を務められております。この間、豊かな農業経験、高潔な人格と高い識見をいかんなく発揮され、その重責を見事に果たされております。よって、農業委員に適任であると存じ、ご推薦申し上げる次第でございます。  よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第18号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第18号については委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第18号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(吉岡完司議員) 挙手全員であります。  よって、議案第18号は原案のとおり可決されました。 △議案第19号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(吉岡完司議員) 日程第22、議案第19号 農業委員会委員の任命についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第19号 農業委員会委員の任命につきましてご説明申し上げます。  分冊3の31ページをごらんいただきたいと存じます。小井土政世さんは、地域からの信任が厚い農業者で、水稲と野菜栽培を中心に農業経営を行っている方で、安中市地域農業再生協議会会長も務められており、平成25年3月に初当選してから現在まで農業委員を務められております。この間、豊かな農業経験、高潔な人格と高い識見をいかんなく発揮され、その重責を見事に果たされております。よって、農業委員に適任であると存じ、ご推薦申し上げる次第でございます。  よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第19号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第19号については委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第19号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(吉岡完司議員) 挙手全員であります。  よって、議案第19号は原案のとおり可決されました。 △議案第20号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(吉岡完司議員) 日程第23、議案第20号 農業委員会委員の任命についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第20号 農業委員会委員の任命につきましてご説明申し上げます。  分冊3の33ページをごらんいただきたいと存じます。栁澤今朝孝さんは、認定農業者の認定を受け、地域の担い手農家としてイチゴ栽培を中心に農業経営をされており、農業関係団体の役員を歴任され、地域からの信任が厚く、平成22年3月の初当選から現在まで農業委員を務められております。この間、豊かな農業経験、高潔な人格と高い識見をいかんなく発揮され、その重責を見事に果たされております。よって、農業委員に適任であると存じ、ご推薦申し上げる次第でございます。  よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第20号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第20号については委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第20号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(吉岡完司議員) 挙手全員であります。  よって、議案第20号は原案のとおり可決されました。 △議案第21号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(吉岡完司議員) 日程第24、議案第21号 農業委員会委員の任命についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第21号 農業委員会委員の任命につきましてご説明申し上げます。  分冊3の35ページをごらんいただきたいと存じます。上原一夫さんは、地域からの信任が厚い農業者で、水稲栽培のほか養蚕経営を続けており、碓氷製糸農業協同組合の役員をされており、平成25年3月初当選から現在まで農業委員を務められております。この間、豊かな農業経験、高潔な人格と高い識見をいかんなく発揮され、その重責を見事に果たされております。よって、農業委員に適任であると存じ、ご推薦申し上げる次第でございます。  よろしくご審議をいただき、ご同意を賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第21号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第21号については委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第21号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(吉岡完司議員) 挙手全員であります。  よって、議案第21号は原案のとおり可決されました。  ここで暫時休憩をいたします。                                      (午前 9時56分) ○議長(吉岡完司議員) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。                                      (午前10時10分) △議案第22号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第25、議案第22号 安中市行政不服審査会条例の制定についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第22号 安中市行政不服審査会条例の制定につきましてご説明申し上げます。  分冊4の1ページをごらんいただきたいと存じます。行政不服審査制度は、救済手段の充実、拡大の観点から、平成26年6月に行政不服審査法が全部改正され、抜本的な見直しが行われました。改正後の行政不服審査制度では、国と同じく地方公共団体に不服申し立ての審理における客観性、公正性を確保するため、不服申し立てに対する判断の妥当性について審査を行う第三者機関を設置することとされています。このため、本市におきましても行政不服審査法第81条に基づき、執行機関の附属機関として安中市行政不服審査会を設置するものでございます。  それでは、条例の内容につきましてご説明申し上げます。第1条は、審査会の設置の趣旨についての規定でございます。  第2条は、審査会の組織として、委員の人数と委員が非常勤であることを定めるものでございます。  第3条は、委員の委嘱、任期、罷免及び守秘義務等の服務について定めるものでございます。  第4条は、審査会の会長の設置及び選任方法、その職務等について定めるものでございます。  第5条は、審査会には、さまざまな分野、態様の事件が諮問され、委員のみでは調査、審議を行うことが困難な場合も想定されますので、専門委員を置くことができる旨や、その委嘱、任期、非常勤であること、守秘義務を定めるものでございます。  第6条は、審査会の会議の議長、委員の除斥について定めるものでございます。  第7条は、審査会の調査、審議手続を非公開とすることを定めるものでございます。  第8条は、その他必要事項に関する規則への委任について定めるものでございます。  第9条は、国の審査会と同様に、委員または専門委員の守秘義務違反に対する罰則を定めるものでございます。  附則といたしまして、本条例は、行政不服審査法の施行の日である平成28年4月1日から施行するものでございます。  以上、まことに簡単ではございますが、条例制定にかかわる提案の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第22号については、総務文教常任委員会に付託いたします。 △議案第23号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第26、議案第23号 安中市行政不服審査関係手数料条例の制定についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第23号 安中市行政不服審査関係手数料条例の制定につきましてご説明申し上げます。  分冊4の4ページをごらんいただきたいと存じます。平成26年6月に全部改正された行政不服審査法により、審査請求人等は審理員等に対し、提出された書類の閲覧だけでなく、当該書類の写しの交付を求めることができるようになりました。また、書類の写しの交付を受ける審査請求人等は、同法の規定により、実費の範囲内において、政令または条例で定める額の手数料を納めなければならないとされています。このため、同法に基づき、当該書類の写しの交付について手数料を徴収するため、安中市行政不服審査関係手数料条例を制定するものでございます。  それでは、条例の内容につきましてご説明申し上げます。第1条は、条例で規定する内容の趣旨についての規定でございます。  第2条は、行政不服審査法により、条例で定める手数料の額に関する規定でございます。  第3条は、手数料については、写しの交付を受ける際に徴収することを定めるものでございます。  第4条は、経済的に困難な場合における手数料の減免について定めるもので、国と同様な取り扱いといたしました。  第5条は、送付により写しの交付を受ける場合、送付にかかわる費用は審査請求人等が負担することを定めるものでございます。  第6条は、その他必要事項に関する規則への委任について定めるものでございます。  附則といたしまして、本条例は、行政不服審査法の施行の日である平成28年4月1日から施行するものでございます。  以上、まことに簡単ではございますが、条例制定にかかわる提案の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第23号については、総務文教常任委員会に付託いたします。 △議案第24号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第27、議案第24号 安中市職員の退職管理に関する条例の制定についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第24号 安中市職員の退職管理に関する条例につきましてご説明申し上げます。  分冊4の7ページをごらんいただきたいと存じます。初めに、提案理由でございますが、本市の職員であった者であって、離職後に再就職した者による依頼等の規制等に関し必要な事項を定め、職員の退職管理の適正化を図るため、新規に条例を制定するものでございます。  それでは、条例の内容につきましてご説明申し上げます。第1条でございますが、地方公務員法に基づく条例の趣旨を規定してございます。  第2条でございますが、地方公務員法によりまして、地方公共団体が退職の日5年前よりさらに前の職務に関して条例で規定することにより、退職後2年間、職務上の行為をするよう、またはしないよう働きかけすることを禁止できることとなっており、これに基づき規定するものでございます。  第3条でございますが、地方公務員法によりまして、地方公共団体が条例で規定することにより、退職後の就職先、地位等を届け出をするよう義務づけすることができることとなっており、これに基づき規定するものでございます。  また、市町村立学校に勤務する県費負担教職員の退職管理につきましては、市町村の教育委員会が行うこととなっておりますので、安中市立の小中学校に勤務する県費負担教職員にも適用する規定となっております。  附則でございますが、施行期日につきましては、法の施行に合わせ、平成28年4月1日から施行するものでございます。  以上、まことに簡単ではございますが、条例制定にかかわる提案の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第24号については、総務文教常任委員会に付託いたします。 △議案第25号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第28、議案第25号 安中市障害者支援センター条例の制定についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第25号 安中市障害者支援センター条例の制定につきましてご説明申し上げます。  分冊4の9ページをごらんいただきたいと存じます。提案理由でございますが、障害者及び障害児が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう支援することを目的に、生活介護サービス、就労継続支援サービス、放課後等デイサービス、計画相談支援などの各種給付事業を複合的に展開するための施設整備を進めてまいりましたが、このたび開設の運びとなりましたので、本条例を制定し、事業の円滑な運営を図りたく、地方自治法第244条の2の規定により議会の議決を求めるものでございます。  それでは、内容についてご説明申し上げますので、10ページをごらんいただきたいと存じます。第1条につきましては、安中市障害者支援センターを設置する旨の規定でございます。  第2条につきましては、施設の名称及び位置を定めたものでございます。  第3条は、施設が行う事業でございます。  第4条第1項につきましては、施設の設置目的を達成するため、指定管理者に施設の管理を行わせる旨定めたものでございます。  第2項は、指定管理者が行う業務について定めたものでございます。  第3項は、指定管理者は、この条例に基づく規則に定めるところにより、施設の運営を行わなければならないとするものでございます。  第5条につきましては、施設を利用することができる者を定めたものでございます。  第6条につきましては、施設の利用を制限できる場合を定めたものでございます。  第7条第1項につきましては、施設を利用する者は、指定管理者に利用料金を支払わなければならないこと。  第2項は、利用料金の額は、厚生労働大臣が定める基準により算定した費用の範囲内で、指定管理者があらかじめ市長の承認を得て定めること。  第3項は、利用料金は、指定管理者の収入として収受させることを定めたものでございます。  第8条第1項につきましては、施設の休日を定めたものでございます。  第2項は、指定管理者は、必要があると認めるときは、あらかじめ市長の承認を得て休所日を変更し、または臨時に休所日を定めることができるとするものでございます。  第9条につきましては、施設または設備を毀損し、または消失した者は、その損害を賠償しなければならないとするものでございます。  第10条は、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定めるとするものでございます。  次に、附則第1項でございますが、この条例は、平成28年4月1日から施行するものでございます。  第2項は、安中市地域活動支援センター条例は、廃止するとするものでございます。  以上、まことに雑駁な説明でございますが、よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げまして説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第25号については、福祉民生常任委員会に付託いたします。 △議案第26号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第29、議案第26号 安中市建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律関係手数料条例の制定についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(茂木英子) 議案第26号 安中市建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律関係手数料条例の制定につきましてご説明申し上げます。  分冊4の13ページをごらんいただきたいと存じます。初めに、提案理由でございますが、建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律の公布に伴い、建築主事を置く市町村では、所管行政庁として建築物エネルギー消費性能向上計画等の認定申請にかかわる事務に対して手数料を徴収するために、条例を制定いたしたいものでございます。  それでは、条例の内容につきましてご説明申し上げますので、14ページをごらんいただきたいと存じます。初めに、第1条につきましては、趣旨について定めるものでございます。  第2条につきましては、一戸建ての住宅や共同住宅などの建築物の区分に応じ、消費性能向上計画の認定手数料の額を別表第1から別表第4により定めるものでございます。  第3条につきましては、第2条と同じく、建築物の区分に応じ、消費性能にかかわる認定手数料の額を別表により定めるものでございます。  第4条につきましては、手数料の徴収時期について定めるものでございます。  第5条につきましては、手数料の還付について定めるものでございます。  第6条につきましては、手数料の減免について定めるものでございます。  第7条につきましては、委任について定めるものでございます。  別表第1につきましては、共同住宅以外の住宅の床面積の合計に応じた区分を定めるものでございます。  別表第2につきましては、共同住宅の住戸の数に応じた区分を定めるものでございます。  別表第3につきましては、共同住宅の共用部分の床面積の合計に応じた区分を定めるものでございます。  別表第4につきましては、非住宅部分の床面積の合計に応じた区分を定めるものでございます。  次に、附則でございますが、この条例は、平成28年4月1日から施行するものでございます。  以上、まことに簡単でございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第26号については、経済建設常任委員会に付託いたします。 △議案第27号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第30、議案第27号 安中市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  副市長。 ◎副市長(茂木一義) 議案第27号 安中市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。  分冊4の22ページをごらんいただきたいと存じます。あわせまして、説明資料の新旧対照表の2ページをお開きください。改正の理由といたしましては、平成26年6月13日に公布となりました行政不服審査法の全部改正にあわせまして、固定資産評価審査委員会の審査の手続を改めるため、条例の一部改正を行うものでございます。  主な改正内容でございますが、条例第4条第2項の審査申出書の記載事項に、居所と審査の申し出にかかる処分の内容を加え、新たに同条第6項として、審査申出人の代表者等が資格を失ったときの書面による届け出義務を規定するものでございます。  また、第6条第2項に規定する弁明書の副本等の送付に関するただし書きを削り、同条第4項として審査申出人の反論書を市長に送付する旨の規定を加えました。  第11条におきましては、決定書の記載事項を第1項各号に規定するとともに、委員会が決定書に記名、押印することに関しても明確にいたしました。  新設しました第13条は、委員会に提出された書類等の写しの交付に係る手数料について、安中市行政不服審査関係手数料条例で定めるとおりとするものでございます。  その他、不服申し立て構造の見直しに伴う用語整理や必要な事項の修正もあわせて行っております。  附則といたしましては、本条例は、行政不服審査法の施行の日である平成28年4月1日から施行するものでございます。  以上、まことに簡単でございますが、条例提案の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第27号については、総務文教常任委員会に付託いたします。 △議案第28号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第31、議案第28号 安中市事務分掌条例等の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  副市長。 ◎副市長(茂木一義) 議案第28号 安中市事務分掌条例等の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。  分冊4の25ページと、あわせまして説明資料の5ページをごらんいただきたいと存じます。最初に、提案理由でございますが、平成28年度の新組織に向けた機構改革に伴い、関係条例について所要の改正を行うものでございます。  第1条は、安中市事務分掌条例において「産業部」とあるものを「産業政策部」改め、事務分掌に地域振興に関する事項を追加するものでございます。また、危機管理部門を総務部に移管することから、総務部の事務分掌に危機管理、防災及び防犯に関する事項を加え、市民部の事務分掌である市民生活の安全に関する事項を、市民生活及び市民活動に関する事項と改めるものでございます。  第2条は、安中市環境基本条例第25条における環境審議会の庶務を処理する課として、「市民部環境推進課」を「市民部環境政策課」に改めるほか、文言の整理を行うものでございます。  第3条は、消防団事務が消防署に移行することに伴い、安中市消防委員会条例第8条における委員会の庶務は、市民部安全安心課において所掌する旨の規定を削除し、委員会に関し必要な事項は、市長に委任する旨を定めるものでございます。  第4条は、教育委員会総務課に学校給食係を新設し、給食関係事務を一括して担当させることから、安中市学校給食運営委員会条例第8条における委員会の庶務を処理する課として、「教育委員会事務局学校教育課」から「教育委員会事務局総務課」に改めるほか、文言の整理を行うものでございます。  附則といたしましては、本条例は、平成28年4月1日から施行するものでございます。  以上、まことに簡単な説明でございますが、よろしくご審議の上、ご議決賜りますようよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第28号については、総務文教常任委員会に付託いたします。 △議案第29号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第32、議案第29号 安中市情報公開条例等の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  副市長。
    ◎副市長(茂木一義) 議案第29号 安中市情報公開条例等の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。  分冊4の27ページをごらんいただきたいと存じます。あわせまして、説明資料の新旧対照表の7ページをお開きください。改正の理由といたしましては、平成26年6月13日に公布となりました行政不服審査法の施行に伴い、必要となる市の関係条例の規定の整備を行うため、一部改正を行うものでございます。  それでは、関係条例の主な改正内容についてご説明申し上げます。第1条は、安中市情報公開条例の一部改正でございますが、条例第18条で審理員による審理手続に関する規定を適用除外とするとともに、第19条では、不作為事件を審査会の諮問対象として加え、条文を全部改めさせていただいております。その他、改正された行政不服審査法に基づき、不服申し立て構造の見直しに伴います用語の整理等を行っております。  第2条は、安中市個人情報保護条例の一部改正で、情報公開条例と同様に第35条及び第36条を改め、審理員による審理手続に関する規定を適用除外するとともに、不作為事件を審査会の諮問対象として追加いたしました。また、改正された行政不服審査法に合わせた用語整理、その他必要な修正を行ったところでございます。  次に、分冊4の30ページ、中段以降の第3条は、安中市情報公開・個人情報保護審査会条例の一部改正となりますが、情報公開・個人情報保護審査会設置法が行政不服審査法の全部改正に伴って改正されておりますので、おおむねこれに沿った形で本条例の改正を行ったところでございます。改正内容は、これまで審査会規則を運用して審査会に提出された意見書や資料の写しは、不服申立人等に送付する取り扱いをしておりましたが、審査会設置法と同様に、これを新たに条例第8条において規定させていただいたところでございます。その他、審査会設置法に合わせて行政不服審査法改正に伴う用語整理等を行うとともに、これまで規則に委任していた事項を条例に移行し、第7条、第9条、第10条として規定し直すなど、条例の整備を行いました。  第4条の安中市行政手続条例と第5条の安中市市税条例の一部改正につきましては、不服申し立て構造の見直しに伴います用語整理となっております。  附則第1項といたしまして、本条例は、行政不服審査法の施行の日でございます平成28年4月1日から施行するものでございます。  また、条例の一部改正に伴い、必要な条例の適用区分として、経過措置を附則第2項から第4項まで定めた次第でございます。  以上、簡単でございますが、条例提案の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第29号については、総務文教常任委員会に付託いたします。 △議案第30号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第33、議案第30号 職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  副市長。 ◎副市長(茂木一義) 議案第30号 職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。  初めに、提案理由でございますが、地方公務員法の一部改正に関連し、能力本位の任用制度について任用の定義を明確化するため、降給の手続及び効果について、条例の整備を行う必要があるものでございます。  分冊4の34ページ及び説明資料の14から15ページをごらんいただきたいと存じます。最初に、第1条の改正でございますが、本条例の趣旨に地方公務員法第28条第3項の規定に基づく降給の手続等を加える改正でございます。  第1条の3は、降給の種類を降格と降号にする規定でございます。  第1条の4及び5につきましては、平成28年4月から実施の人事評価に基づくものであることを規定するものでありまして、1条の4につきましては、職員を降格させる事由を、5につきましては、降号させる場合の事由を規定しているものでございます。  次に、第2条の改正でございますが、降給の手続を加えるものでございます。  第3条の第3項及び第5条第1項の規定につきましては、文言の整理でございます。  附則といたしましては、本条例は、法の施行に合わせまして、平成28年4月1日から施行するものでございます。  以上、大変雑駁な説明でございますが、よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第30号については、総務文教常任委員会に付託いたします。 △議案第31号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第34、議案第31号 安中市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  副市長。 ◎副市長(茂木一義) 議案第31号 安中市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。  最初に、提案理由でございますが、地方公務員法の一部改正によりまして、人事行政の運営において、地方公共団体が公表すべき事項が追加となること及び行政不服審査法の一部改正により、不服申し立ての手続が審査請求に一元化されることから、所要の改正を行うものでございます。  それでは、分冊4の36ページ及び説明資料の16ページをごらんいただきたいと存じます。最初に、第3条の改正でございますが、新たに地方公共団体が公表すべき事項として「職員の退職管理の状況」を加え、また従来の「職員の研修及び勤務成績の評定の状況」を「職員の人事評価の状況」と「職員の研修の状況」に改めるもので、実質的に2項目を追加するものでございます。  第5条第2項の改正は、行政不服審査法の一部改正により、不服申し立ての手続が審査請求に一元化されることによる改正でございます。  次に、附則第1項では、本条例は、法の施行に合わせまして、施行日を平成28年4月1日とし、附則第2項では、審査請求には、施行前にされた不利益処分に関する不服申し立てを含める経過措置を定めるものでございます。  以上、大変雑駁な説明でございますが、よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第31号については、総務文教常任委員会に付託いたします。 △議案第32号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第35、議案第32号 安中市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  副市長。 ◎副市長(茂木一義) 議案第32号 安中市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。  提案理由でございますが、学校教育制度の多様化及び弾力化を推進するため、学校教育法の一部改正によりまして、現行の小学校、中学校に加え、小学校から中学校までの義務教育を一貫して行う義務教育学校が新たに学校の種類に加えられたこと、及び地方公務員法の一部改正によりまして、引用条項の項ずれが生じたことによりまして、所要の改正を行うものでございます。  それでは、分冊4の38ページ及び説明資料の17ページをごらんいただきたいと存じます。第1条の改正につきましては、地方公務員法の一部改正により、引用箇所に項ずれが生じたことによる改正でございます。  第8条の2第1項第2号の改正は、法に合わせて義務教育学校の前期課程、これは小学校に該当するものでございます。及び特別支援学校の小学部を加えるものでございます。  次に、附則第1項は、法の施行とあわせて施行期日を平成28年4月1日とするとともに、附則第2項の経過措置につきましては、公布の日から施行させていただきたいものでございます。  附則第2項につきましては、育児または介護を行う早出遅出出勤に係る請求を、公布日以降、事前に行うことができるという経過措置を定めるものでございます。  以上、大変雑駁な説明でございますが、よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第32号については、総務文教常任委員会に付託いたします。                                              議案第33号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第36、議案第33号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  副市長。 ◎副市長(茂木一義) 議案第33号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。  初めに、提案理由でございますが、地方公務員災害補償法施行令の一部改正によりまして、地方公務員災害補償法による年金たる補償及び休業補償につきまして、同一の事由により厚生年金保険法による併給が生じる場合の調整率が変更となったことから、所要の改正を行うものでございます。  分冊4の40ページ及び説明資料の18から19ページをごらんいただきたいと存じます。改正内容につきましては、附則第5条第1項及び第2項の表中の調整率につきまして、施行令の改正に合わせて0.86を0.88に改めるものでございます。  附則第1項につきましては、施行期日を政令の施行期日と同じく、平成28年4月1日とするものでございます。  附則第2項でございますが、この条例は、施行期日以後に支給事由が生じた補償に適用し、施行期日前に支給すべき事由が生じた補償につきましては、改正前の規定を適用するという経過措置でございます。  以上、まことに簡単な説明ですが、よろしくご審議の上、ご議決賜りますようよろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第33号については、総務文教常任委員会に付託いたします。 △議案第34号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第37、議案第34号 議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  副市長。 ◎副市長(茂木一義) 議案第34号 議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。  提案理由でございますが、平成27年の国の人事院及び群馬県人事委員会におきまして、民間給与との格差から、一般職について勤勉手当の引き上げが勧告され、特別職につきましても同様の取り扱いになる見込みでございます。本市につきましても、市議会議員の期末手当について、これらの勧告に準じた措置といたしたく提案させていただくものでございます。  分冊4の42ページ及び説明資料の20ページをごらんいただきたいと存じます。第1条の改正ですが、平成27年12月1日を基準日とした期末手当の支給率を100分の10引き上げるものでございます。  第2条の改正につきましては、平成28年4月1日からの施行となりますが、第1条の改正により、12月支給分が100分の10引き上げとなった分を、年間支給率を変えずに、6月支給と12月支給分に100分の5ずつ再配分する改正でございます。  附則第1条第1項は、施行期日を公布の日からとすること。ただし、第2条の改正につきましては、平成28年4月1日からとするものでございます。  附則第1条第2項につきましては、第1条の改正は、平成27年4月1日に遡及適用する規定でございます。  次に、附則第2条でございますが、本条例により、平成27年12月支給分の期末手当の増額分支給が公布日以降となりますので、既に支給されました12月期の期末手当については、内払いとみなす規定でございます。  以上、大変雑駁な説明でございますが、よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第34号については、総務文教常任委員会に付託いたします。 △議案第35号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第38、議案第35号 安中市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  副市長。 ◎副市長(茂木一義) 議案第35号 安中市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。  提案理由でございますが、行政不服審査法の全部改正により、審理請求の審理の公平性を向上させる第三者機関として行政不服審査会が設置されることになり、今議会に議案第22号 安中市行政不服審査会条例の制定案を上程させていただいておりますが、同条例第3条の引用及び第5条の専門委員について報酬を支払う必要が生じます。  また、消費生活センターにおきます消費生活相談員につきまして、従来は行政事務嘱託として任用してまいりましたが、任用及び支給の区分を明確化いたしたく、報酬額に変更はございませんが、報酬を別枠で定める改正をお願いするものでございます。  分冊4の44ページ及び説明資料の21ページをごらんいただきたいと存じます。別表第1の改正となりますが、提案理由で説明させていただきました行政不服審査会会長、委員、専門委員及び消費生活相談員の報酬の規定を追加させていただく改正でございます。  附則でございますが、施行期日を法の施行期日に合わせまして、平成28年4月1日とするものでございます。  以上、雑駁な説明でございますが、よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第35号については、総務文教常任委員会に付託いたします。 △議案第36号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第39、議案第36号 安中市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  副市長。 ◎副市長(茂木一義) 議案第36号 安中市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。  初めに、提案理由でございますが、議案第34号 議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例と同様になりますが、市長、副市長、教育長の期末手当の支給率の改定について提案をさせていただくものでございます。  分冊4の46ページ及び説明資料の22から23ページをごらんいただきたいと存じます。改正内容につきましては、議案第34号と同様になりますので、よろしくお願い申し上げます。  次に、教育長関連の経過措置についてでございますが、附則第3条では、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部改正によりまして、教育長の身分が一般職から特別職に改められましたが、経過措置として、改正当時に任期を残していた本市の教育長につきましては、任期満了までは一般職としての教育長の給与を規定していた旧条例の効力が有効となることから、本条例の一部改正の適用を受けないこととする規定でございます。  同じく、附則第4条は、教育長の給与に関する旧条例の平成27年12月支給分の期末手当の支給率の引き上げの改正、また附則第5条につきましては、平成28年4月1日からの施行となりますが、引き上げられた100分の10について、年間支給率を変えずに6月支給と12月支給分にそれぞれ100分の5ずつ再配分する改正でございます。  最後に、附則第6条は、平成27年12月支給分の期末手当の増額分の支給が公布日以降となりますので、既に支給された12月分の期末手当につきましては、内払いとみなす規定でございます。  以上、雑駁な説明でございますが、よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第36号については、総務文教常任委員会に付託いたします。 △議案第37号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第40、議案第37号 安中市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  副市長。 ◎副市長(茂木一義) 議案第37号 安中市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。  初めに、提案理由でございますが、平成27年8月に国の人事院、また同年10月に群馬県人事委員会から、民間給与との格差に基づきます給与改定について、月例給、勤勉手当などに関して引き上げ改定等の勧告がなされました。また、国におきましては、地域間給与のさらなる反映等の理由により、平成27年4月から、俸給表や給与制度の総合的見直しが既に実施されており、群馬県人事委員会も平成28年4月1日からの実施を勧告したところでございます。つきましては、本市においても、これら勧告内容に準じて、同様の措置を行うための改正を提案させていただくものでございます。  それでは、分冊4の49ページから、また参考資料の24から30ページをごらんいただきたいと存じます。最初に、この条例の第1条関係による改正は、平成27年4月1日に遡及適用する改正でございます。  第8条の3は、医師の初任給調整手当の限度額を30万7,000円から30万7,800円に改めるものでございます。  第24条第2項につきましては、第1号において再任用以外の職員、第2号において再任用の12月期の勤勉手当の支給率を100分の10引き上げる改正でございます。  附則第12項の改正は、現行で行政職、医療職2表、医療職3表の給料表適用職員で6級以上かつ55歳を超える職員の給料月額等が1.5%減額されておりますが、勤勉手当もその対象となることから、勤勉手当の減額率を規定するものでございます。  次に、別表につきましては、民間との格差解消のため、全ての給料表について、平均で0.3%の増額改定を行うものでございます。  次に、議案書63ページのこの条例の第2条関係の改正でございますが、平成28年4月1日から施行となります改正でございます。  第4条は、職員の職務について等級ごとに分類する際に、基準となるべき職務の内容を条例で定めるもので、76ページからの別表3のとおりとなっております。  第8条の4第2項は、地域手当の支給限度額を規定するものでありまして、上限を現行の100分の18から100分の20に引き上げる改正でございます。  第14条第2項は、単身赴任手当の月額及び加算額の上限をそれぞれ引き上げる改正でございます。  第21条の2は、管理職が災害対処やその他臨時または緊急の必要によりまして、平日の深夜零時から5時までの間に勤務した場合に、管理職特別勤務手当を支給するための改正となります。  第22条第2項は、再任用職員にも単身赴任手当の支給を行うため、除外規定から除く改正となります。  次に、第24条第1項は、地方公務員法の一部改正により、人事評価の実施が義務づけられることに伴う所要の整備を行うものでございます。  第24条第2項は、平成27年12月の勤勉手当の支給率を100分の10引き上げることとしておりますが、平成28年度以降につきまして、年間の支給率を変えずに、6月期と12月期に100分の5ずつ再配分するという規定でございます。  第25条につきましては、勤務成績に基づく昇給等が規定されておりますが、第24条第1項に人事評価、勤務状況に関する規定が加わることから、第25条は削除するものでございます。  次に、附則第9項は、現行で当分の間、行政職、医療職2表、医療職3表の給料表適用職員で6級以上、かつ55歳を超える職員の給料月額等が1.5%減額されておりますが、給与の総合的見直しの関連で、この終期を平成30年3月31日とするものでございます。  65ページからの別表第1及び第2の改正は、給与制度の総合的見直しに伴います給料表の改定で、医療職1表、これは医師の方の給料表でございますけれども、これを除く給料表について、平均で2%を引き下げるものでございます。  次に、80ページのこの条例の第3条関係でございますが、平成17年度の人事院勧告に基づいた給料表の平均4.8%の引き下げ並びに地域手当が新設された給与構造改革では、本市におきましては、平成18年10月1日から施行いたしましたが、施行日の前日に支給されていた給料に満たない場合は、その差額を現給保障してまいりました。今回、給与制度の総合的な見直しが実施されることにより、新たな現給保障制度が実施されるため、これまでの保障制度を平成28年3月31日までとするものでございます。  次に、附則第1条第1項は、この条例の施行を公布の日から。ただし、第2条及び附則第4条から第8条までの規定は、平成28年4月1日からとするものでございます。  附則第3条でございますが、本条例により、平成27年12月期支給分の勤勉手当の増額分の支給が公布日以降となりますので、既に支給された12月期の期末手当につきましては、内払いとみなす規定でございます。  次に、附則第5条でございますが、給与制度の総合的見直しの実施によりまして、給料月額が減額となりますが、平成30年3月31日までの間、減額となった分の差額を給料として支給する現給保障制度を規定しております。  最後に、附則第9条ですが、附則第2条から8条まで以外に、この条例の施行に関して必要な事項を規則に委任させていただく規定でございます。  以上、大変雑駁な説明でございますが、よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。  柳沢浩之議員。 ◆10番(柳沢浩之議員) 1点だけお聞きしたいというふうに思っています。  ただいま一般職の職員の給与に関するご説明を受けたのですけれども、そういう中で今回の給与制度の見直しは、地方公務員の給与を2%引き下げるということであります。そういうことからすると、勤続年数が進むにつれていって、引き下げ幅が大きくなってくるということであります。地方公務員にとって不利益な条件であるというふうに私自身感じておりますし、職員も不満を抱いております。そういった現状を認識しているのかどうか伺いたいというふうに思います。 ○議長(吉岡完司議員) 副市長。 ◎副市長(茂木一義) 柳沢議員ご指摘のとおり、これは国の関係で地域間給与の是正ということで、本来の給与を引き下げて、必要なところは地域手当で補填していくと、そういった制度でございまして、安中市は地域手当の該当地域になっておりません。そういったことから、2%引き下げますと、2年間は現給保障制度を実施しますが、その後は生涯給与が下がるということは我々も認識しているところでございます。 ○議長(吉岡完司議員) 柳沢浩之議員。 ◆10番(柳沢浩之議員) 先ほど言われたのですけれども、高崎市なんかは地域手当ということで6%ついているわけです。安中市が、先ほど言ったように対象外ということで、実質4%の差が開いていくということであります。そういうことからすると、高卒で入社した場合、高崎市と比較すると、生涯賃金でいきますと、約1,000万円以上格差がついてしまうのではないかということであります。高崎市というのはすぐ隣なのですけれども、勤務地によって大きく差が出ることはいかがなものかと、問題なのではないかというふうにも思っております。こういった格差解消に向けて、どのような対策を考えているのか伺いたいし、また地域手当が高崎市と太田市、前橋、渋川と、4市だけですね。その基準がよくわからないのですけれども、説明をいただきたいというふうに思います。 ○議長(吉岡完司議員) 副市長。 ◎副市長(茂木一義) 最初に、地域手当の関連でございますが、従来は高崎、前橋、太田市、3市だけでございましたけれども、昨年から渋川市も該当になったということでございます。これは国の基準によりまして、その地域のことを詳細に調査した上での該当地域の指定ということで我々は認識しております。確かに隣接で、片や6%、片やゼロということで、職員にとってはなかなか理解、納得しがたい部分はあろうかと思いますけれども、今のところ制度ということでご理解賜りたいというふうに思います。  それで、今、ご指摘のあった生涯給与の差でございます。こういった制度の中で運用していきますと、確かにこれから入ってくる方、そういった2%の減額適用になりますと、そういった金額になろうかと思っております。そういった中で、我々もラスパイレスとか給与水準、そういったものをしっかり見据えながら、どういった形で適正な給与を支給できるか、そういったことを今後しっかり検討してまいりたいというふうに思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 柳沢浩之議員。 ◆10番(柳沢浩之議員) 先ほど答弁で制度だということでありますので、仕方がない部分も一理ありますのですけれども、今の職員の給与制度というのが、3級から4級に移行するのに42歳ということで伺っております。それを2年引き下げて、40歳から4級に移行していくということで、少しは格差の是正ができるのではないかということでありますので、ぜひ検討をお願いしたいというふうに思います。 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第37号については、総務文教常任委員会に付託いたします。 △議案第38号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第41、議案第38号 安中市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  副市長。 ◎副市長(茂木一義) 議案第38号 安中市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。  初めに、提案理由でございますが、先ほど提案させていただきました平成28年4月1日施行の給与制度の総合的見直しによりまして、退職手当の算出基礎となります退職時の給料月額が引き下げとなります。退職手当につきましては、既に民間との調整が実施されまして、支給水準が引き下げられておりますが、給与制度の総合的見直しにより、さらに退職手当の支給額に影響が及んでしまうことから、これを補う等のための所要の改正を行おうとするものでございます。  分冊4の84ページ及び説明資料の31ページから36ページをごらんいただきたいと存じます。第6条の4第1項の改正でございますが、現行の退職手当の支給の範囲内で、退職前5年間の職責に応じて加算することとされている調整額を、それぞれ引き上げるものでございます。  第7条第5項の第2号、第3号、第9条及び第10条の改正は、引用法令の改正によるもの等の文言整理でございます。  第13条第4項の改正は、行政不服審査法の全部改正による退職手当支払い差しとめ処分に対する審査請求手続に関する引用の規定となっております。  第19条第2項につきましては、文言整理でございます。  次に、附則第1項でございますが、施行期日につきましては、法の施行に合わせまして、平成28年4月1日とするものでございます。  附則第2項につきましては、この条例の施行日前になされた退職手当の支払い差しとめ処分については、改正前の審査請求手続によるとの経過措置を規定させていただいたものでございます。  以上、大変雑駁な説明でございますが、よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第38号については、総務文教常任委員会に付託いたします。 △議案第39号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第42、議案第39号 安中市放課後児童クラブ条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  保健福祉部長。 ◎保健福祉部長(上原茂) 議案第39号 安中市放課後児童クラブ条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げますので、分冊4の85ページをごらんいただきたいと存じます。  初めに、提案理由でございますが、現在、東横野体育館内で運営されております安中市東横野学童クラブの施設新築によります移転に伴い、所要の改正を行うものでございます。  それでは、改正の内容につきましてご説明申し上げますので、分冊4の86ページをごらんいただきたいと存じます。また、あわせて説明資料37ページの新旧対照表をごらんいただきたいと存じます。第2条の別表にございます安中市東横野学童クラブの位置、「安中市鷺宮3085番地5東横野体育館内」を「安中市鷺宮3150番地1」とするものでございます。  附則といたしまして、この条例は、平成28年4月1日から施行するというものでございます。  以上、まことに簡単でございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第39号については、福祉民生常任委員会に付託いたします。 △議案第40号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第43、議案第40号 安中市老人福祉センター条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  保健福祉部長。 ◎保健福祉部長(上原茂) 議案第40号 安中市老人福祉センター条例の一部を改正する条例の制定につきましてご説明申し上げます。  分冊4の87ページをごらんいただきたいと存じます。初めに、提案理由でございますが、安中市老人福祉センター内で実施しておりますカラオケ業務は、安中市老人クラブ連合会が運営してまいりました。平成28年3月31日をもって撤退することとなりました。それに伴いまして、利用者からは、4月以降もカラオケ業務の継続を求める要望書が提出されております。  市といたしましては、音楽活動は高齢者の健康づくりを推進するものであり、介護予防につながることから、4月以降もカラオケ業務につきまして、市が引き続き実施するというものでございます。つきましては、安中市老人福祉センター条例の一部を改正し、第9条に第2項として、「前項の使用料のほか、福祉センターの附属設備を利用する者は、規則で定める使用料を納付しなければならない。」の規定を追加したいものでございます。  なお、附則といたしまして、この条例は、平成28年4月1日から施行するというものでございます。  以上、まことに簡単な説明でございますが、よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第40号については、福祉民生常任委員会に付託いたします。 △議案第41号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第44、議案第41号 安中市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例及び安中市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  保健福祉部長。 ◎保健福祉部長(上原茂) 議案第41号 安中市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例及び安中市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。  分冊4の89ページをごらんいただきたいと存じます。初めに、提案理由でございますが、介護保険法の一部が改正されまして、介護保険法第8条の第17項に地域密着型通所介護の定義といたしまして、1項追加されることによって生じる介護保険法の条項の引用部分の条項ずれを解消するためでございます。また、条例の基準として定められております2つの厚生労働省令が一部改正されまして、平成28年4月1日施行されることに伴う条例の一部改正でございます。  説明資料の39ページから46ページに新旧対照表がございますので、ごらんいただきたいと存じます。  41ページをごらんいただきたいと存じます。地域との連携等である第78条に第3項と第4項、記録の整備である第79条第2項に第6号が新設されます。  次に、45ページをごらんいただきたいと存じます。介護予防のための効果的な支援における地域との連携についても、第39条に第3項と第4項、第40条第2項に第6号が新設されます。  それでは、分冊4の90ページをごらんいただきたいと思います。内容でございますが、条項ずれや文言整理等の改正内容でございますので、新設箇所についてご説明を申し上げます。第78条、第79条第2項で指定認知症対応型通所介護事業者は、運営推進会議の設置及び運営推進会議における報告、評価、要望、助言等についての記録を作成し、公表しなければならない旨の規定を追加するものでございます。  次に、安中市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。新設箇所につきましては、先ほどの条例と同じ内容で、第39条、第40条に運営推進会議の設置等と記録の整備を追加するものでございます。  以上、この条例は、平成28年4月1日から施行するものでございます。  まことに簡単な説明でございますが、よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第41号については、福祉民生常任委員会に付託いたします。 △議案第42号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第45、議案第42号 安中市消費生活センター条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市民部長。 ◎市民部長(佐俣信之) 議案第42号 安中市消費生活センター条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げますので、分冊4の92ページをごらんいただきたいと存じます。  初めに、提案理由でございますが、不当景品類及び不当表示防止法等の一部を改正する法律が平成26年6月6日に成立し、同月13日に公布されました。この改正では、地方を初めとする消費者行政の基盤強化を図る観点から、不当景品類及び不当表示防止法及び消費者安全法などについて改正がなされております。特に消費者安全法につきましては、都道府県及び消費生活センターを設置する市町村は、内閣府で定める基準を参酌して、消費生活センターの組織及び運営に関する事項について条例で定めることとなっております。以上のことから、内閣府で定めた基準を参酌した結果、安中市消費生活センター条例の一部を改正する必要が生じましたので、地方自治法第96条第1項の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。  それでは、改正の内容についてご説明をいたしますので、93ページをごらんください。あわせて平成28年第1回定例市議会説明資料、47ページからの新旧対照表をごらんください。初めに、第3条ですが、安中市消費生活センターは、消費者安全法第8条第2項各号に掲げる事務を行うものとするものでございます。  次に、第6条を第11条とし、第5条の次に第6条から第10条までを加え、第6条につきましては、センターの事務を行うために必要な職員を置くこと。センター長は、所管課長とする規定でございます。  第7条につきましては、相談員は有資格者として、任期は1年とするが、再度の任用を可能とする規定でございます。  第8条につきましては、相談員が専門的な知識及び技術を体得していることに配慮するとともに、適切な人材確保及び処遇の確保に必要な措置を講ずるとする規定でございます。  第9条につきましては、職員の資質向上のための研修の機会を確保することについての規定でございます。  第10条につきましては、事務の実施により得られた情報の適切な管理のために、必要な措置を講ずるとする規定でございます。  附則といたしまして、この条例は、平成28年4月1日から施行するものでございます。  以上、まことに簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第42号については、福祉民生常任委員会に付託いたします。 △議案第43号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第46、議案第43号 安中市小口資金融資促進条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  産業部長。 ◎産業部長(竹内克美) 議案第43号 安中市小口資金融資促進条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。  分冊4の94ページをごらんいただきたいと存じます。初めに、提案理由でございますが、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律が改正され、平成28年6月23日に施行されます。この法律改正によりまして、本条例で引用している部分に条項ずれ等が生じたため、条例の改正及び追加を行いたいものでございます。また、小規模事業者の定義に今まで規定されていなかった風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の適用及び暴力団排除の規定の追加を行いたいものでございます。  次に、平成15年度に期限を限定した借りかえ制度が創設され、以後、景気の動向や経済情勢により、平成27年度まで継続されてまいりました。ご承知のとおり、中小企業者の資金繰りにつきましては、依然として厳しい状況が続いており、県におきましても中小企業が抱える資金繰りの不安に応えるため、平成28年度におきましても借りかえ制度の継続が決定されたところでございます。本市といたしましても、県との協調融資でありますので、継続につきまして、本条例の改正をお願いするものでございます。  また、現在、市が群馬県信用保証協会に出捐金を出捐し、小口資金融資の特別保証枠を設けておりますが、当分の間、群馬県信用保証協会への新たな出損金の出損を休止することとし、特別保証枠を適用しないこととなりましたので、本条例の改正をお願いするものでございます。  それでは、改正の内容につきましてご説明申し上げますので、95ページと、あわせまして説明資料の49ページから50ページをごらんいただきたいと存じます。まず、第2条第1号中でございますが、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の改正によりまして、新たに追加となりました条項であります特定遊興飲食店営業を追加いたしまして、同法律の以前第11項でありましたものが、第13項に改正になりましたことから、同条第13項に改めるものでございます。また、「除く」の次に、風俗営業を除いた事業を特定事業ということで規定をいたしまして、同条第2号中では、この特定事業を行うもので、安中市暴力団排除条例の規定によります暴力団等に該当しないものというものを加えるものでございます。  また、次に附則第2項中、借りかえ期限の平成28年3月31日までとあったものを、平成29年3月31日に改正するものでございます。  次に、附則5といたしまして、当分の間、第4条中に規定のありました特別保証枠の範囲内において、貸し付けをするものをという文面を、特別保証枠の範囲内を削りまして、全て融資の対象にするということで、第3条の規定は適用しないという1項を加えるというものでございます。  なお、附則といたしまして、この条例は、平成28年4月1日から施行するというものでございます。ただし、第2条第1号中の改正規定の風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の改正であります部分につきましては、平成28年6月23日から施行するというものでございます。  以上、まことに簡単な説明でございますが、よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第43号については、経済建設常任委員会に付託いたします。 △議案第44号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第47、議案第44号 碓氷峠の森公園条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  松井田支所長。 ◎松井田支所長(佐藤正二) 議案第44号 碓氷峠の森公園条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。  分冊4の96ページをごらんいただきたいと存じます。あわせて、説明資料の51ページをお開きください。初めに、提案理由でございますが、碓氷峠の森公園交流館峠の湯の再建に伴い、施設の内容等に変更が生じたこと。また、安中市市税条例の一部改正により、入湯税の課税免除の範囲に変更が生じるため、加えてその他の規定整備もあわせて行いたく、碓氷峠の森公園条例の一部を改正いたしたいものでございます。  それでは、改正内容につきましてご説明申し上げます。97ページをごらんいただきたいと存じます。初めに、第8条中の改正は、「前項」を「前条第1項」に字句の修正でございます。  次に、別表第3中の改正でございますが、交流館利用料金部分の「身障者」を「障害者」に改め、身体障害者のみならず、知的障害者や精神障害者の方にも対応するための改正でございます。  次に、交流館摘要欄の入湯税に関する部分を、安中市市税条例の一部改正に伴い、「1,000円を超える利用料金には、入湯税50円を含む。」に改正し、新たに「4歳未満の者は、無料とする。」を加えるものでございます。  次に、「交流館休憩和室」の名称を、「交流館個室」とする改正でございます。これまでの休憩和室に加えて、宴会用30畳広間を団体が休憩個室として利用を可能にするため、摘要欄を削除し、貸し切りで利用できる部屋を個室の名称に統一する改正でございます。  次に、「交流館休憩個室」を「交流館風呂付き個室」に改め、「3時間」を「3時間まで」とし、摘要欄の全文を削除することにより、延長を可能としたいものです。また、交流館ギャラリーは、新施設には個室としての設定がないため、削除し、新たにカラオケ室を貸し切りでも利用できるよう、「カラオケ付き個室」を追加する改正でございます。  次に、98ページになりますが、「交流館附属設備」を追加し、「種類ごとに規則で定める額」といたしたいものでございます。  備考部分でございますが、身障者を障害者に改めた関係で、障害者を規定するものに改正するものでございます。  附則でございますが、この条例は、公布の日から施行する。ただし、別表第3の改正規定の入湯税に関する部分は、安中市市税条例の一部を改正する条例の施行とあわせて、平成28年4月1日から施行するというものでございます。  以上、まことに簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第44号については、経済建設常任委員会に付託いたします。 △議案第45号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第48、議案第45号 安中市長期優良住宅の普及の促進に関する法律関係手数料条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  建設部長。 ◎建設部長(猿井晴一) 議案第45号 安中市長期優良住宅の普及の促進に関する法律関係手数料条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。  分冊4の99ページをごらんいただきたいと存じます。初めに、提案理由でございますが、長期優良住宅の普及の促進に関する法律の規定による長期使用構造とするための措置及び維持保全の方法の基準の一部が改正され、住宅を増築し、または改築しようとする場合の認定基準が新たに定義されたことにより、増築または改築される住宅において、認定を申請することができることとなったため、これらに係る手数料を徴収するため、改正いたしたいものでございます。  それでは、改正の内容につきましてご説明申し上げますので、100ページをごらんいただきたいと存じます。また、説明資料53ページから58ページの新旧対照表をあわせてごらんいただきたいと思います。初めに、第1条につきましては、字句の整理、修正の改正でございます。  第2条につきましては、工事の種別の区分を新たに設け、共同住宅等または一戸建ての住宅について、手数料の額を別表第1から別表第3により定めることに改正するものでございます。  別表第1につきましては、工事の種別や建築物全体の住宅の数に応じた区分を定めるものでございます。  別表第2につきましては、共同住宅等について、工事の種別や建築物全体の床面積に応じた区分を定めるものでございます。  別表第3につきましては、一戸建ての住宅について、床面積に応じた区分を定めるものでございます。  次に、附則でございますが、この条例は、平成28年4月1日から施行するものでございます。  以上、まことに簡単ではございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第45号については、経済建設常任委員会に付託いたします。 △議案第46号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第49、議案第46号 安中市市営自転車等駐輪場条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  建設部長。 ◎建設部長(猿井晴一) 議案第46号 安中市市営自転車等駐輪場条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。  分冊4の103ページをごらんいただきたいと存じます。初めに、提案理由でございますが、現在、国道18号中宿高架橋下り車線の工事のために、安中駅北側の民有地に仮設置してある安中駅第2駐輪場でございますが、3月末に国道工事が完成することから、仮設駐輪場を廃止して、既に国土交通省より占用している中宿高架橋下に第2、第3駐輪場として再移設を行うために、条例の一部を改正いたしたいものでございます。  それでは、改正内容につきましてご説明申し上げますので、104ページをごらんいただきたいと存じます。また、説明資料の59ページ、新旧対照表をあわせてごらんいただければと思います。初めに、別表中の名称を「安中駅第2駐輪場」から「安中駅第2駐輪場」と「安中駅第3駐車場」とし、位置を「安中駅北側」から「安中駅北国道高架下西側」と「安中駅北国道高架下東側」に改めるものでございます。  次に、附則でございますが、駐輪場が4月1日から利用可能となることから、この条例の施行は、平成28年4月1日とするものでございます。  以上、まことに簡単ではございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第46号については、経済建設常任委員会に付託いたします。 △議案第47号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第50、議案第47号 安中市水道事業の設置等に関する条例等の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  上下水道部長。 ◎上下水道部長(小板橋利明) 議案第47号 安中市水道事業の設置等に関する条例等の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。  分冊4の105ページをごらんいただきたいと存じます。初めに、提案理由でございますが、水道法第10条の規定に基づく水道事業経営の見直しによる基本計画の変更並びに同法第11条の規定に基づく入牧簡易水道事業の水道事業への統合による廃止に伴いまして、安中市水道事業の設置等に関する条例、安中市水道事業給水条例及び安中市水道事業布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例の一部を改正する必要が生じましたので、地方自治法第96条第1項の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。  それでは、内容につきましてご説明申し上げますので、106ページをごらんいただきたいと存じます。なお、説明資料の60ページから62ページに新旧対照表がございますので、あわせてごらんいただきたいと存じます。第1条、安中市水道事業の設置等に関する条例の一部改正につきましては、第1条の見出しを「設置」に改め、同条中簡易水道事業に関する部分を削除し、第2条は全文削除いたします。  次に、第3条第1項中の簡易水道事業に関する部分を削除しまして、経営の基本計画であります第3項の給水人口を5万9,500人に、1日最大給水量を4万4,500立方メートルに改め、条項の繰り上げを行い、改めるものでございます。  第2条、安中市水道事業給水条例の一部改正につきましては、第1条及び第2条中の簡易水道事業に関する部分を削除し、改めるものでございます。  第3条、安中市水道事業布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例の一部改正につきましては、第4条第1項中「若しくは」を「又は」に改め、同条第2項を削除し、第5条第1項第1号及び同条第2項中の簡易水道に関する部分を削除し、改めるものでございます。  次に、附則といたしまして、この条例は、水道法第10条第1項の規定による水道事業の変更に係る厚生労働大臣の認可のあった日から施行するものでございます。  以上、雑駁な説明ではございますが、よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕
    ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第47号については、経済建設常任委員会に付託いたします。 △議案第48号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第51、議案第48号 国民宿舎裏妙義条例の廃止についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  松井田支所長。 ◎松井田支所長(佐藤正二) 議案第48号 国民宿舎裏妙義条例の廃止につきましてご説明申し上げます。  分冊4の107ページをごらんいただきたいと存じます。初めに、提案理由でございますが、国民宿舎裏妙義は、昭和49年のオープン以来42年間営業を続けてきましたが、施設の老朽化、利用者のニーズの変更などの要因から、利用者数の減少が続いており、行政評価及び政策調整会議において廃止の報告が示されました。また、国民宿舎裏妙義運営検討委員会においても廃止の方向が確認されたことから、平成28年3月31日をもって閉館することとなりました。これに伴いまして、国民宿舎裏妙義条例の廃止をお願いするものでございます。  内容につきましては、108ページをごらんいただきたいと存じます。国民宿舎裏妙義条例は、廃止する。  附則といたしまして、この条例は、平成28年4月1日から施行するというものでございます。  以上、まことに簡単でございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第48号については、経済建設常任委員会に付託いたします。 △議案第49号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第52、議案第49号 安中市東横野学童クラブ公の施設の指定管理者に指定する期間の変更についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  保健福祉部長。 ◎保健福祉部長(上原茂) 議案第49号 安中市東横野学童クラブ公の施設の指定管理者に指定する期間の変更につきましてご説明申し上げますので、分冊4の109ページをごらんいただきたいと存じます。  初めに、提案理由でございますが、安中市東横野学童クラブの施設新築による移転に伴いまして、平成27年第1回定例会におきまして可決されました議案第36号の安中市東横野学童クラブ公の施設の指定管理者の指定についての指定する期間につきまして、平成30年3月31日までの3年間の期間を短縮する必要があることから、議会の議決を求めるものでございます。  内容といたしましては、指定管理者の指定する期間につきまして、「平成27年4月1日から平成30年3月31日まで」を「平成27年4月1日から平成28年3月31日まで」に変更するものでございます。  以上、まことに簡単でございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第49号については、福祉民生常任委員会に付託いたします。 △議案第50号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第53、議案第50号 安中市東横野学童クラブ公の施設の指定管理者の指定についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  保健福祉部長。 ◎保健福祉部長(上原茂) 議案第50号、公の施設の指定管理者の指定につきましてご説明申し上げますので、分冊4の110ページをごらんいただきたいと存じます。  初めに、提案理由でございますが、安中市東横野学童クラブの施設新築による移転に伴いまして、同学童クラブの管理運営を行わせるため、安中市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例第5条の指定管理者の候補者の選定の特例を適用いたしまして、公募によらず、指定管理者の候補者を選定することといたしました。現在、東横野体育館内で管理運営しております東横野学童クラブ運営委員会から申請書の提出があり、これまでの運営状況につきまして指定管理者審査評価に基づいて検討した結果、当該施設の管理業務等に相当な知識、経験を有している団体と認められることから、指定管理者として選定し、仮基本協定を締結いたしましたので、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。  それでは、内容についてご説明を申し上げます。1の指定管理者に管理を行わせる施設といたしましては、安中市鷺宮3150番地1、安中市東横野学童クラブでございます。  2の指定管理者に指定するものは、安中市鷺宮3150番地1、東横野学童クラブ運営委員会、代表者田島勲でございます。  3の指定する期間といたしまして、平成28年4月1日から平成31年3月31日までの3年間でございます。  以上、まことに簡単でございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第50号については、福祉民生常任委員会に付託いたします。 △議案第51号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第54、議案第51号 安中市秋間学童クラブ公の施設の指定管理者の指定についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  保健福祉部長。 ◎保健福祉部長(上原茂) 議案第51号、公の施設の指定管理者の指定につきましてご説明申し上げますので、分冊4の111ページをごらんいただきたいと存じます。  初めに、提案理由でございますが、安中市秋間学童クラブの指定管理者の指定につきましては、現在、社会福祉法人秋間福祉会を指定管理者として指定し、管理運営を行わせておりますが、指定の期間が平成28年3月31日をもって満了することとなります。そのため、これまでの管理運営状況について指定管理者審査評価に基づき検討した結果、当該施設の管理業務等に相当な知識、経験等を有している団体と認められることから、安中市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例第5条により、引き続き社会福祉法人秋間福祉会を指定管理者の候補者として選定し、仮基本協定を締結いたしましたので、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。  それでは、内容についてご説明をさせていただきます。1の指定管理者に管理を行わせる施設といたしましては、安中市東上秋間1840番地1、安中市秋間学童クラブでございます。  2の指定管理者に指定するものは、安中市下秋間1769番地3、社会福祉法人秋間福祉会、理事長鈴木繁でございます。  3の指定する期間といたしましては、平成28年4月1日から平成31年3月31日までの3年間でございます。  以上、まことに簡単でございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第51号については、福祉民生常任委員会に付託いたします。 △議案第52号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第55、議案第52号 安中市障害者支援センター公の施設の指定管理者の指定についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  保健福祉部長。 ◎保健福祉部長(上原茂) 議案第52号 安中市障害者支援センター公の施設の指定管理者の指定についてご説明申し上げます。  分冊4の112ページをごらんいただきたいと存じます。提案理由でございますが、安中市障害者支援センター開設に当たり、その管理運営について検討した結果、安中市障害者支援センターが現在ある安中市地域活動支援センターまついだを、障害者総合支援法に規定する個別給付事業に転換移行させるものであり、安中市地域活動支援センターまついだについては、これまで安中市社会福祉協議会を指定管理者として指定し、管理を行わせていた経過があることと、これまでの管理運営状況について総合的に評価し、施設の管理運営業務等に相当な知識、経験等を有している団体に管理を行わせることが、当該施設の設置目的を効果的かつ効率的に達成できるものと認められることから、安中市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例第5条により、社会福祉法人安中市社会福祉協議会を指定管理者の候補者として選定をいたしましたので、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。  内容でございますが、1の指定管理者に管理を行わせる施設につきましては、安中市松井田町新堀401番地及び372番地1、安中市障害者支援センターでございます。  2の指定管理者として指定するものにつきましては、安中市安中3丁目19番27号、社会福祉法人安中市社会福祉協議会、会長吉田茂でございます。  3の指定する期間につきましては、平成28年4月1日から平成31年3月31日でございます。  以上、まことに簡単な説明でございますが、よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第52号については、福祉民生常任委員会に付託いたします。 △議案第53号、議案第54号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第56、議案第53号 市道路線の廃止について、議案第54号 市道路線の認定について、以上2件を一括議題といたします。                            議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  建設部長。 ◎建設部長(猿井晴一) 議案第53号 市道路線の廃止についてと議案第54号 市道路線の認定につきましては関連がございますので、一括して説明申し上げます。  初めに、提案理由でございますが、公共事業や民間の開発行為等により変更が生じた路線につきましては、道路法第8条第2項及び第10条第1項の規定に基づき、道路台帳の補正を行っております。  それでは、内容につきましてご説明申し上げますので、分冊5の1ページをごらんいただきたいと存じます。議案第53号 市道路線の廃止につきましては、次の2ページから7ページの調書のとおり、番号1、路線番号1110、路線名、市道安110号線ほか105路線でございます。その内訳でございますが、民間の開発に関連して3路線、松義東部地区ほ場整備に関連して93路線、台帳整備に関連するもので10路線、合計106路線の廃止をお願いするものでございます。なお、図面につきましては、位置図を8ページから21ページに添付してございますので、ごらんいただきたいと存じます。  次に、議案第54号 市道路線の認定につきましてご説明申し上げます。内容でございますが、23ページから27ページの調書のとおり、番号1、路線番号1958、路線名、市道安958号線ほか84路線でございます。その内訳でございますが、民間開発により寄附採納を受けた新たな認定が13路線、松義東部地区ほ場整備に関連して新たな認定が52路線と再認定が7路線、道路台帳の整備に関連して新たな認定が9路線と再認定が4路線、合計85路線の認定をお願いするものでございます。なお、図面につきましては、位置図を28ページから43ページに添付してございますので、ごらんいただきたいと存じます。  以上、まことに簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第53号及び議案第54号については、経済建設常任委員会に付託いたします。  ここで暫時休憩いたします。                                      (午後 零時01分) ○議長(吉岡完司議員) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。                                      (午後 1時02分) △議案第55号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第57、議案第55号 平成27年度安中市一般会計補正予算(第5号)を議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  財務部長。 ◎財務部長(中嶋薫) 議案第55号 平成27年度安中市一般会計補正予算(第5号)につきましてご説明申し上げます。  お手元の分冊6の1ページをいただきたいと存じます。初めに、提案理由でございますが、一般会計に属する事務事業の一部につきまして、事務量の増加ないしは変更及び議案第34号、第36号及び第37号の改正内容でございます人事院勧告に準じた給与改定等によりまして、予算補正の必要が生じ、かつ緊急執行を要するため、予算補正をお願いするものでございます。  まず、第1条の予算規模でございますが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4億6,665万7,000円を追加いたしまして、予算の総額を273億6,643万8,000円とするものでございます。補正予算の款項の区分、当該区分ごとの金額は、第1表、歳入歳出予算補正のとおりでございます。  第2条は、繰越明許費の補正で追加が6件、第3条は債務負担行為の補正で変更が4件、第4条は地方債の補正で追加が1件、変更が12件でございます。  それでは、補正予算の内容につきまして、事項別明細書により歳出からご説明申し上げます。15ページをお開きください。1款1項1目議会費でございますが、職員人件費につきましては、給与改定及び職員の異動等に伴う過不足の調整によるものでございます。以後、各款項目にわたり予算補正がございますが、同じ理由のため、説明は省略をさせていただきます。  次に、議員人件費につきましては、議案第34号の改正に伴い96万3,000円を追加するものでございます。  16ページをお開きください。2款1項1目一般管理費でございますが、上から3行目、退職手当につきましては、勧奨退職者の増加に伴いまして1億3,450万円を追加するものでございます。また、特別職の職員人件費につきましては、議案第36号の改正に伴う追加等でございます。  次に、一般管理事業につきましては、退職手当基金条例の規定に基づきまして、96万2,000円を追加するものでございます。  次に、6目企画費でございますが、国の補正予算に伴いますマイナンバー関連及び情報セキュリティー強化対策経費といたしまして3,634万6,000円を追加するものでございます。  次に、9目ふるさと創生事業費でございますが、財源内訳の変更でございます。今後、複数の款項でふるさと創生寄附金につきまして、寄附者の申し出に沿う事業科目への充当による財源内訳の変更がありますが、以後の説明は省略させていただきます。  次に、18ページをお開きください。4項3目知事選挙費、続いて4目県議会議員選挙費、5目市議会議員選挙費につきましては、いずれも事業費の確定により減額するものでございます。  次に、21ページをお開きください。3款1項1目社会福祉総務費でございますが、一般社会福祉事業につきましては、過年度に交付されました国庫補助金の返還金といたしまして4,431万7,000円の追加、年金生活者等支援臨時福祉給付金給付事業につきましては、国の補正予算を受けまして実施いたします所得の少ない高齢者に対する臨時福祉給付金事務の必要経費といたしまして、2億3,762万6,000円を追加するものでございます。  2目障害者福祉費でございますが、一般障害者福祉事業につきましては、過年度に交付されました国県負担金の返還金といたしまして879万1,000円の追加を、障害者支援センターまついだ新設事業につきましては、電柱の移転補償費の確定によりまして152万4,000円を追加し、あわせて国庫補助金の歳入予算化によりまして、地方債を減額する財源内訳の変更を行わせていただくものでございます。  22ページをお開きください。6目介護保険費の介護保険対策事業、7目国民健康保険費の国民健康保険対策事業、10目健康増進施設費及び11目後期高齢者医療費でございますが、いずれも各特別会計の予算補正による減額でございます。  24ページをお開きください。2項1目児童福祉総務費でございますが、児童福祉事業につきましては、過年度に交付されました国庫補助金の返還金といたしまして38万6,000円を追加するものでございます。  次に、3目民間保育所費でございますが、国の補正予算を受けまして実施する私立保育園利用者負担軽減に係るシステム改修費といたしまして86万4,000円の追加、民間保育園の支援システム購入に対する補助金といたしまして500万円を追加するものでございます。  次に、3項2目扶助費でございますが、過年度に交付されました国庫負担金の返還金といたしまして1,774万8,000円を追加するものでございます。  26ページをお開きください。4款1項1目保健衛生総務費でございますが、病院事業会計の予算補正によりまして9,600万円の追加をお願いするものでございます。  次に、2目予防費でございますが、高齢者インフルエンザ予防接種委託料の単価改定に伴いまして、691万5,000円を追加するものでございます。  次に、30ページをお開きください。7款1項1目商工総務費でございますが、国民宿舎の指定管理委託料の確定見込みに基づきまして、600万円の追加をお願いするものでございます。  次に、2目商工業振興費につきましては、小口資金の代位弁済に係る損失補償金といたしまして、455万6,000円を追加するものでございます。  次に、3目観光費でございますが、国の補正予算でございます地方創生加速化交付金を財源といたしまして、安中版DMO構築関係委託料8,027万7,000円を追加するものでございます。  次に、4目碓氷峠の森公園費でございますが、EF63列車軌道改修に伴う入札減によりまして、2,628万7,000円を減額するものでございます。  次に、8款2項2目道路維持費でございますが、除雪経費といたしまして2,900万円を追加するものでございます。  次に、32ページをお開きください。3目道路新設改良費でございますが、事業費の確定見込みに伴い、合計で5,000万円を減額するものでございます。  次に、4目橋りょう維持費でございますが、外城橋のかけかえに係ります県営事業が翌年度に送られましたことから、1,000万円を減額するものでございます。  次に、4項3目公共下水道費でございますが、下水道事業特別会計の予算補正による減額でございます。  次に、4目街路事業でございますが、事業費の確定見込みに伴い、合計で6,210万円を減額するものでございます。  次に、34ページをお開きください。中ほど、9款1項1目常備消防費でございますが、高崎市・安中市消防組合負担金の確定に伴い、1,057万円を追加するものでございます。  次に、3目消防費でございますが、事業費の確定見込みに伴いまして、合計で3,748万6,000円を減額するものでございます。  次に、36ページをお開きください。10款3項1目学校管理費でございますが、中学校エアコン設置事業の入札減に伴いまして、496万7,000円を減額するものでございます。これ以降は、職員人件費等の補正、それと財源の変更でございます。  以上が歳出の各款に計上いたしました予算補正の概要でございます。  続きまして、歳入につきましてご説明申し上げます。10ページにお戻りください。1款市税でございますが、法人税割で増収が見込まれますことから、4億7,000万円を追加するものでございます。  次に、9款地方特例交付金及び10款地方交付税のうち普通交付税でございますが、それぞれの交付額の確定によりまして、地方特例交付金につきましては23万9,000円を、地方交付税につきましては4億260万7,000円を追加するものでございます。  次に、14款国庫支出金及び次のページの15款県支出金につきましては、歳出のそれぞれの事業にあわせ、所定の補助率等に基づきまして予算補正するものでございます。  次に、17款寄附金でございますが、ふるさと創生寄附金につきまして、実績に基づきまして91万7,000円を追加するものでございます。  次に、18款2項1目財政調整基金繰入金でございますが、歳入歳出の差し引き調整により3億3,784万5,000円を減額するものでございます。  次に、19款1項1目繰越金でございますが、平成26年度の繰越金からこれまでに予算化いたしましたその残り2億3,254万9,000円につきまして、追加をするというものでございます。  次に、20款5項7目雑入でございますが、一般会計から支出する退職手当に対する病院事業会計負担金といたしまして、751万9,000円を追加するものでございます。  次に、21款市債でございますが、歳出の事業費にあわせ、所定の充当率に基づき予算補正するものでございます。  以上で歳入の説明を終わらせていただきます  次に、6ページをお開きください。第2表、繰越明許費補正でございますが、2款1項OA推進事業、3款1項年金生活者等支援臨時福祉給付金給付事業及びこれに伴います職員人件費、2項の特定教育・保育施設等運営事業及び7款1項の観光振興事業の5件につきましては、国の補正予算に伴うもので、記載のとおり繰り越して事業を実施するものでございます。  一番下の9款1項消防施設整備事業につきましては、年度内の完了が見込めないため、繰り越して事業を行うものでございます。  次に、第3表、債務負担行為補正でございますが、財産管理事業及び一番下の都市計画地域地区見直し事業につきましては、入札減に伴い、学童保育事業につきましては、議案第49号の改正に伴い、また農業近代化資金利子補給補助金につきましては、事業費の確定見込みに伴い、期間及び限度額を記載のとおり変更するというものでございます。  次に、第4表、地方債補正でございますが、情報セキュリティ強化対策事業につきましては、国の補正予算に伴い、新たに起債対象となるものでございます。このほか12件につきましては、対象事業費の確定などによりまして、限度額を記載のとおり変更させていただくというものでございます。  なお、40ページから42ページにかけまして、補正予算給与費明細書が添付してございますので、後ほどごらんいただければというふうに思います。  以上、本補正予算の概要を申し上げまして、説明にかえさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第55号については、総務文教常任委員会に付託いたします。 △議案第56号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第58、議案第56号 平成27年度安中市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市民部長。 ◎市民部長(佐俣信之) 議案第56号 平成27年度安中市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につきましてご説明申し上げます。  分冊6の43ページをいただきたいと存じます。本補正予算につきましては、事業費の確定等によりまして予算補正の必要が生じましたので、ご提案申し上げるものでございます。まず、予算規模でございますが、第1条に記載のとおり、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,261万1,000円を追加させていただき、歳入歳出予算の総額をそれぞれ85億1,632万2,000円とさせていただきたいわけでございます。  予算内容につきましては、事項別明細書によりまして歳出からご説明申し上げますので、51ページをごらんいただきたいと存じます。2款1項1目一般被保険者療養給付費、3目一般被保険者療養費につきましては、財源内訳の変更でございます。  2款2項1目一般被保険者高額療養費及び52ページの3目一般被保険者高額介護合算療養費につきましては、財源内訳の変更でございます。  3款1項1目後期高齢者支援金につきましては、支援金に確定によりまして6,191万5,000円の減額を、2目後期高齢者関係事務費拠出金につきましては、3,000円の減額をお願いしたいわけでございます。  53ページをごらんいただきたいと存じます。4款1項1目前期高齢者納付金につきましては、納付金の確定によりまして64万7,000円の減額を、同項2目前期高齢者関係事務費拠出金につきましては2,000円の減額を、6款1項1目介護納付金につきましては、納付金の確定によりまして5,508万5,000円の減額をそれぞれお願いしたいわけでございます。  54ページをごらんいただきたいと存じます。7款1項1目高額医療費共同事業拠出金につきましては、拠出金の確定によりまして415万1,000円の増額を、同項2目保険財政共同安定化事業拠出金につきましては、拠出金の確定によりまして8,059万2,000円の増額をお願いしたいわけでございます。  8款1項1目特定健康診査等事業費につきましては、財源内訳の変更でございます。  55ページをごらんいただきたいと存じます。11款1項4目国庫支出金返還金につきましては、平成26年度の療養給付費等負担金の超過交付に伴い返還金が生じたため、6,552万円の追加をお願いするものでございます。  続きまして、歳入につきましてご説明を申し上げます。戻っていただきまして、48ページをごらんいただきたいと存じます。1款1項1目一般被保険者国民健康保険税につきましては、被保険者数の減少によりまして3,104万7,000円の減額を、同項2目退職被保険者等国民健康保険税につきましても、1,984万円の減額をそれぞれお願いしたいわけでございます。  3款1項1目療養給付費等負担金につきましては、負担金の確定によりまして1億8,702万5,000円の減額を、49ページの2目高額医療費共同事業負担金につきましては、負担金の確定によりまして103万7,000円の増額を、5款1項1目前期高齢者交付金につきましては、交付金の確定によりまして1億3,402万1,000円の追加をお願いしたいわけでございます。  6款1項1目高額医療費共同事業負担金につきましては、負担金の確定によりまして103万7,000円の増額を、7款1項1目高額医療費共同事業交付金につきましては、交付金の確定によりまして445万4,000円の減額を、50ページの2目保険財政共同安定化事業交付金につきましては、交付金の確定によりまして1億6,521万1,000円の追加を、9款1項1目一般会計繰入金でございますが、その他一般会計繰入金につきまして、歳入歳出の状況を精算し、3,875万円の減額をそれぞれお願いしたいわけでございます。  10款1項2目その他繰越金でございますが、平成26年度決算剰余金及び療養給付費等交付金繰越金の確定により、1,242万1,000円の増額をお願いしたいものでございます。  以上、まことに簡単ですが、説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第56号については、福祉民生常任委員会に付託いたします。 △議案第57号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第59、議案第57号 平成27年度安中市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市民部長。 ◎市民部長(佐俣信之) 議案第57号 平成27年度安中市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)につきましてご説明申し上げます。  分冊6の57ページをいただきたいと存じます。本補正予算につきましては、前年度繰越金の確定のため、予算補正の必要が生じましたので、ご提案申し上げるものでございます。  予算内容につきまして、事項別明細書により歳出からご説明申し上げますので、63ページをごらんいただきたいと存じます。4款1項1目予備費でございますが、前年度繰越金の確定のため、475万円の財源内訳の変更をお願いするものでございます。  続きまして、歳入についてご説明申し上げますので、62ページをごらんいただきたいと存じます。2款1項3目その他一般会計繰入金でございますが、前年度繰越金の確定に伴い475万円の減額をお願いするものでございます。  次に、3款1項1目繰越金でございますが、前年の繰越金の確定により475万円の追加をお願いするものでございます。  以上、まことに簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第57号については、福祉民生常任委員会に付託いたします。 △議案第58号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第60、議案第58号 平成27年度安中市介護保険特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  保健福祉部長。 ◎保健福祉部長(上原茂) 議案第58号 平成27年度安中市介護保険特別会計補正予算(第3号)につきましてご説明申し上げます。  分冊6の65ページをいただきたいと存じます。本補正予算につきましては、事業費の確定によりまして予算補正の必要が生じましたので、ご提案申し上げるものでございます。まず、予算規模でございますが、第1条に記載のとおり、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ6,727万3,000円を追加させていただきまして、歳入歳出それぞれ58億2,464万4,000円といたしたいわけでございます。  それでは、予算の内容につきまして、事項別明細書により歳出からご説明申し上げますので、72ページをごらんいただきたいと存じます。1款1項1目一般管理費でございますが、特定入所者介護サービス費の支給区分が変更されるため、システム改修の電算委託料といたしまして86万4,000円の追加をお願いするものでございます。  3款地域支援事業費でございますが、人件費の補正でございます。1項1目介護予防事業費につきましては42万4,000円の追加をお願いし、2項1目包括的支援事業・任意事業費につきましては、129万1,000円の減額をお願いするものでございます。  4款1項1目介護給付費準備基金積立金でございますが、平成26年度決算によりまして剰余金が生じたため、3,187万6,000円の追加をお願いするものでございます。  5款1項2目償還金につきましては、3,540万円の追加をお願いするものでございます。  続きまして、歳入についてご説明申し上げますので、戻っていただきまして70ページをごらんいただきたいと存じます。2款2項4目事務費交付金につきましては、186万3,000円の追加をお願いするものでございます。システム改修に伴う国庫補助金でありまして、基準額の372万6,000円の2分の1の額となっております。  6款1項一般会計繰入金につきましては、2目地域支援事業、介護予防繰入金につきましては、市負担分といたしまして42万4,000円の追加を、3目包括的支援事業、任意事業繰入金につきましては、129万1,000円の減額をお願いし、5目その他一般会計繰入金につきましても99万9,000円の減額をお願いするものでございます。  7款1項1目繰越金につきましては、予算整理のため3,187万6,000円の追加をお願いするものでございます。  8款3項3目雑入につきましては、小規模福祉施設等整備事業補助金返還金といたしまして3,540万円の追加をお願いするものでございます。  以上、まことに簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第58号については、福祉民生常任委員会に付託いたします。 △議案第59号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第61、議案第59号 平成27年度安中市下水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  上下水道部長。 ◎上下水道部長(小板橋利明) 議案第59号 平成27年度安中市下水道事業特別会計補正予算(第2号)につきましてご説明申し上げます。  分冊6の77ページをごらんいただきたいと存じます。本補正予算につきましては、利根川上流流域下水道維持管理負担金等の確定に伴いまして予算補正の必要が生じましたので、ご提案申し上げるものでございます。  第1条の予算規模でございますが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,476万9,000円減額させていただきまして、歳入歳出それぞれ12億4,523万円とさせていただきたいわけでございます。  また、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、78ページ及び79ページの第1表、歳入歳出予算補正によるものでございます。  次に、第2条、地方債の補正につきましては、80ページ、第2表、地方債補正によるものでございます。  それでは、補正予算の内容につきまして、事項別明細書に基づきまして歳出からご説明申し上げますので、84ページから85ページをごらんいただきたいと存じます。1款1項1目一般管理費につきましては、給与改定に伴い職員人件費を32万2,000円の増額、2款1項1目維持管理費につきましては、利根川上流流域下水道維持管理負担金の確定に伴いまして、負担金補助及び交付金を1,981万9,000円減額させていただきたいわけでございます。  2款1目2目の施設整備費につきましては、給与改定に伴い職員人件費を62万7,000円の増額、利根川上流流域下水道事業負担金の確定に伴いまして、負担金補助及び交付金を589万9,000円減額し、合わせまして527万2,000円の減額とさせていただきたいわけでございます。したがいまして、2款1項の施設整備費は2,509万円1,000円の減額とさせていただきたいわけでございます。  続きまして、歳入につきましてご説明申し上げますので、83ページをごらんいただきたいと存じます。5款1項1目一般会計繰入金につきましては、利根川上流流域下水道の負担金等の確定に伴いまして、2,564万9,000円の減額とさせていただきたいわけでございます。  次に、6款1項1目の繰越金につきましては、歳入編入によりまして618万円の増額とさせていただきたいわけでございます。  8款1項1目施設整備債につきましては、利根川上流流域下水道事業負担金の確定に伴いまして、事業債を530万円減額させていただきたいわけでございます。  以上、まことに簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第59号については、経済建設常任委員会に付託いたします。 △議案第60号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第62、議案第60号 平成27年度安中市健康増進施設恵み湯事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  保健福祉部長。 ◎保健福祉部長(上原茂) 議案第60号 平成27年度安中市健康増進施設恵み湯事業特別会計補正予算(第1号)につきましてご説明申し上げますので、分冊6の89ページをいただきたいと存じます。  本補正予算につきましては、人事院勧告によります職員人件費及び繰越金の整理により予算補正の必要が生じましたので、ご提案申し上げるものでございます。  第1条の予算規模でございますが、歳入歳出予算の総額をそれぞれ97万円を追加いたしまして、歳入歳出の総額をそれぞれ2億1,220万円といたしたいものでございます。  それでは、歳入についてご説明申し上げますので、94ページをごらんいただきたいと存じます。2款1項1目一般会計繰入金でございますが、357万3,000円の減額をお願いするものでございます。  3款1項1目繰越金でございますが、前年度繰越金といたしまして454万3,000円の追加をお願いするものでございます。  続きまして、歳出の内容についてご説明申し上げますので、95ページをごらんいただきたいと存じます。1款1項1目一般管理費につきましては、職員人件費を97万円増額いたしまして、補正後の予算額を9,346万2,000円にお願いするものでございます。  以上、まことに簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第60号については、福祉民生常任委員会に付託いたします。 △議案第61号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第63、議案第61号 平成27年度安中市水道事業会計補正予算(第2号)を議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  上下水道部長。 ◎上下水道部長(小板橋利明) 議案第61号 平成27年度安中市水道事業会計補正予算につきましてご説明申し上げます。  分冊6の99ページをいただきたいと存じます。本補正予算につきましては、職員給与に関する条例の改正により事業費に不足が見込まれますことから、予算補正の必要が生じましたので、ご提案申し上げるものでございます。  まず初めに、条文第1条につきましては、総則でございますので、省略させていただきまして、第2条、収益的収入及び支出でございますが、補正予算実施計画によりご説明申し上げますので、102ページをごらんいただきたいと存じます。初めに、収益的収入はございません。  次に、支出でございますが、103ページをごらんいただきたいと存じます。給与等の改正内容から、1款1項1目原水及び浄水費77万円、同2目、配水及び給水費104万9,000円、同4目総係費97万6,000円につきましては、ともに職員給与費の増額補正を計上させていただき、1款水道事業費用、補正予算額を279万5,000円増額とさせていただきたいわけでございます。  次に、100ページをごらんいただきたいと存じます。第3条、資本的収入及び支出でございますが、実施計画の補正予算額をご提示後に、資本的収入が資本的支出額に対しまして不足する額の補填予定額につきましてご説明させていただきますので、104ページをごらんいただきたいと存じます。初めに、資本的収入はございません。  次に、支出でございますが、職員給与に関する条例の改正により、1款1項1目事務費につきましては、建設改良に携わる職員の給与費を17万円増額補正を計上させていただき、1款資本的支出の補正予定額を17万円の増額とさせていただきたいわけでございます。  それでは、100ページに戻っていただきまして、第3条でございますが、補正後の資本的収支不足額6億3,514万9,000円の補填財源につきましては、対象収支が増額となったことから、建設改良積立金を7,244万9,000円に改めまして補填させていただき、収支の均等を図りたいわけでございます。  次に、101ページをごらんいただきたいと存じます。第4条、議会の議決を経なければ流用することのできない経費につきましては、職員給与費296万5,000円を増額し、補正後の予定額を2億9,265万9,000円とさせていただきたいわけでございます。  以上、まことに簡単ではございますが、補正予算のご説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第61号については、経済建設常任委員会に付託いたします。 △議案第62号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(吉岡完司議員) 日程第64、議案第62号 平成27年度安中市病院事業会計補正予算(第1号)を議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  公立碓氷病院事務部長。 ◎公立碓氷病院事務部長(神宮潔) 議案第62号 平成27年度安中市病院事業会計補正予算(第1号)につきましてご説明申し上げますので、分冊6の113ページをいただきたいと存じます。  今回の補正予算につきましては、去る2月16日に開催されました議会全員協議会でご説明申し上げたところでございますが、予算不足に伴う一般会計繰入金の追加と、光熱水費、委託料等事業量の確定見込みにより予算補正の必要が生じましたので、ご提案申し上げるものでございます。  まず初めに、条文第1条につきましては総則でございますので、説明を省略させていただきまして、第2条、業務の予定量でございますが、(2)、年間患者数の入院を9,729人の減を見込み3万9,315人とし、外来を6,426人の減とし5万9,586人とさせていただきました。(3)の1日平均患者数でございますが、入院で26人減の108人、外来が27人減の249人と見込んだわけでございます。  第3条の収益的収入及び支出でございますが、収入の1款1項の医業収益で1億9,920万円の減とし、2項医業外収益で一般会計繰入金9,600万円の追加を見込みました。したがいまして、1款病院事業収益は1億320万円の減額となり、補正後の額を当初予算対比3.7%減の26億9,079万3,000円といたしたいわけでございます。  続きまして、114ページをお開きいただきたいと存じます。収益的支出でございますが、1款1項医業費用の3目経費で、光熱水費、燃料費、委託料等合わせて5,100万円の減を見込みました。したがいまして、1款病院事業費用は同額の5,100万円の減となり、補正後の額を当初予算対比1.8%減の28億649万9,000円といたしたいわけでございます。  なお、115ページ以降の補正予算実施計画、財務諸表等につきましては、説明を省略させていただきます。  以上、概略を申し上げまして説明にかえさせていただきますが、よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉岡完司議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第62号については、福祉民生常任委員会に付託いたします。 △休会について ○議長(吉岡完司議員) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。  お諮りいたします。高等学校卒業式のため、明3月1日は休会いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(吉岡完司議員) ご異議なしと認めます。  よって、3月1日は休会することに決しました。  来る3月2日午前9時、本会議を開きますから、ご参集願います。 △散会の宣告 ○議長(吉岡完司議員) 本日はこれにて散会いたします。                                      (午後 1時44分)...