安中市議会 > 2012-12-06 >
12月06日-01号

ツイート シェア
  1. 安中市議会 2012-12-06
    12月06日-01号


    取得元: 安中市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-07-26
    平成24年 12月 定例会(第4回)             平成24年第4回安中市議会定例会議 事 日 程(第1号)                           平成24年12月6日(木曜日)午前9時開議第 1 会期の決定                                       第 2 会議録署名議員の指名                                  第 3 諸般の報告                                           報告第19号 監査(検査)結果報告について                           報告第20号 専決処分の報告について                                      損害賠償の決定及び和解について                         報告第21号 専決処分の報告について                                      損害賠償の決定及び和解について                     第 4 承認第 4号 専決処分の承認を求めることについて                                 平成24年度安中市一般会計補正予算(第4号)              第 5 議案第81号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて             第 6 議案第82号 安中市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正           する条例について                             第 7 議案第83号 安中市一般廃棄物処理施設の技術管理者の資格を定める条例の制定について   第 8 議案第84号 安中市暴力団排除条例の制定について                    第 9 議案第85号 安中市道路構造条例の制定について                     第10 議案第86号 安中市道路標識条例の制定について                     第11 議案第87号 安中市準用河川に係る河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例の制定につ           いて                                   第12 議案第88号 安中市都市の低炭素化の促進に関する法律関係手数料条例の制定について    第13 議案第89号 安中市移動等の円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準を定める条           例の制定について                             第14 議案第90号 安中市公共下水道の構造の技術上の基準に関する条例の制定について      第15 議案第91号 安中市水道事業布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資           格基準に関する条例の制定について                     第16 議案第92号 安中市立学校設置条例の一部を改正する条例について             第17 議案第93号 安中市学習の森条例の一部を改正する条例について              第18 議案第94号 安中市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例について           第19 議案第95号 安中市公園条例の一部を改正する条例について                第20 議案第96号 平成24年度安中市一般会計補正予算(第5号)               第21 議案第97号 平成24年度安中市健康増進施設恵み湯事業特別会計補正予算(第1号)   第22 議案第98号 平成24年度安中市水道事業会計補正予算(第1号)             第23 請願・陳情について                                                                                 本日の会議に付した事件 議事日程に同じ                                              出席議員(24名)     1番   金  井  久  男  議員     2番   櫻  井  ひ ろ 江  議員     3番   柳  沢  浩  之  議員     4番   佐  藤  貴  雄  議員     5番   吉  岡     登  議員     6番   小  林  訂  史  議員     7番   今  井  敏  博  議員     8番   吉  岡  完  司  議員     9番   武  者  葉  子  議員    10番   上  原  富 士 雄  議員    11番   川  崎  文  雄  議員    12番   小  宮  ふ み 子  議員    13番   大  野  貞  義  議員    14番   奥  原  賢  一  議員    15番   齊  藤  盛  久  議員    16番   中  島  德  造  議員    17番   土  屋     弘  議員    18番   高  橋  由  信  議員    19番   柳  沢  吉  保  議員    20番   上  原  和  明  議員    21番   田  中  伸  一  議員    22番   廣  瀬     晃  議員    23番   伊  藤     清  議員    24番   柳  沢  健  一  議員欠席議員(なし)                                              地方自治法第121条の規定に基づき出席した者の職氏名  市   長   岡  田  義  弘      総 務 部長   田  中     毅  財 務 部長   須  藤  俊  夫      市 民 部長   真  下  幹  夫  保 健 福祉   小 板 橋  昌  之      産 業 部長   駒  井     悟  部   長  建 設 部長   田  村  幸  孝      上 下 水道   小 板 橋  利  明                          部   長  松 井 田   荒  川     明      公   立   上  原  康  次  支 所 長                   碓 氷 病院                          事 務 部長  秘 書 課長   田  中  秀  雄      税 務 課長   須  藤  洋  一  安 全 安心   粟  野  好  映      健康づくり   黒  田  修  二  課   長                   課   長  商 工 環境   小  林  史  生      土 木 課長   柳  沢  治  彦  課   長  下 水 道   小  林     均      公   立   神  宮     潔  課   長                   碓 氷 病院                          総 務 課長  監 査 委員   有  阪  保  彦      農業委員会   佐  藤  正  二  事 務 局長                   事 務 局長  会 計 課   吉  岡  順  一      教 育 長   中  澤  四  郎  出 納 係長  教育委員会   佐  俣  信  之      学 習 の森   佐  藤  房  之  教 育 部長                   施 設 長                                              本会議に出席した事務局職員  事 務 局長   嶋  田  一  弘      事務局次長   猿  谷  俊  之                          兼 議 事                          事 務 担当  庶務係長兼   原        守  調 査 係長 △開会の宣告 ○議長(奥原賢一議員) これより平成24年安中市議会第4回定例会を開会いたします。                                      (午前 9時06分) △開議の宣告 ○議長(奥原賢一議員) ただいまの出席議員は24名であります。よって、会議は成立いたしました。  直ちに本日の会議を開きます。 △会期の決定 ○議長(奥原賢一議員) 日程第1、会期の決定を議題といたします。  お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から12月18日までの13日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認めます。  よって、会期は13日間と決定いたしました。 △会議録署名議員の指名 ○議長(奥原賢一議員) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において8番、吉岡完司議員、9番、武者葉子議員、10番、上原富士雄議員を指名いたします。 △諸般の報告 ○議長(奥原賢一議員) 日程第3、諸般の報告を事務局長にさせます。  事務局長。 ◎事務局長(嶋田一弘) 諸般のご報告を申し上げます。  初めに、安中市監査委員から監査について結果報告が提出されております。お手元に配付してありますので、ごらんいただきたいと存じます。  次に、市長から地方自治法第180条の規定にかかわる損害賠償の決定及び和解に関する専決処分の報告について関係書類の提出がございました。お手元に配付してありますので、ごらんいただきたいと存じます。  次に、提出議案の報告でございます。市長から承認1件、議案18件の提出がありましたので、ご報告申し上げます。  次に、さきの第3回定例会におきまして採択されました請願・陳情は、執行部へ送付いたしましたが、当該請願・陳情の処理経過について報告がございました。お手元に配付いたしましたので、ご了承願います。  次に、さきの第3回定例会において議決されました意見書の処理結果についてご報告申し上げます。議会議案第4号 産業廃棄物処理施設が過度に集中しないように立地を規制することを求める意見書は、群馬県知事、群馬県議会議長宛てに、議会議案第5号 電気料金の値上げに対し、見直しを求める意見書は、内閣総理大臣、経済産業大臣宛てに、9月19日付、議長名をもって送付いたしました。  次に、議長会関係につきましてご報告申し上げます。まず、全国市議会議長会関係でございます。去る11月8日、第93回評議員会が日本都市センター会館において開催され、諸報告に続き会長提出議案5件、部会提出議案18件が審議され、それぞれ原案のとおり可決されました。  次に、関東市議会議長会関係でございますが、去る10月23日、立川市担当で第1回理事会が開催され、諸報告に続いて都県提出議案3件が提出され、原案のとおり可決されました。  次に、群馬県市議会議長会関係でございますが、去る11月13日、太田市担当で定期総会が開催され、諸報告に続いて会長提出議案が提出され、原案のとおり可決されました。  以上で諸般の報告を終わります。 ○議長(奥原賢一議員) 以上で諸般の報告を終わります。 △承認第4号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(奥原賢一議員) 日程第4、承認第4号 専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。  平成24年度安中市一般会計補正予算(第4号)の説明を求めます。  財務部長。 ◎財務部長(須藤俊夫) 承認第4号、平成24年度安中市一般会計補正予算(第4号)の専決処分の承認を求めることにつきましてご説明申し上げます。お手元の分冊2の2ページをお開きいただきたいと存じます。  本補正予算につきましては、衆議院議員選挙事務及び諸税還付事務につきまして予算補正の必要が生じ、しかも緊急執行を要するため、去る11月16日付で地方自治法第179条第1項の規定に基づきまして専決処分をさせていただいたわけでございます。  3ページをお開きいただきたいと存じます。まず、第1条の予算規模でございます。歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,494万円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ235億1,790万3,000円とさせていただいたわけでございます。  それでは、予算内容につきまして事項別明細書により歳出からご説明申し上げます。  9ページをお開きください。2款総務費でございます。1項10目諸費の諸税還付事務につきましては、固定資産税の償還金といたしまして775万円の追加をさせていただいたわけでございます。  2項4目衆議院議員選挙費でございます。職員人件費といたしまして1,335万9,000円の追加を、衆議院議員選挙事務費といたしまして1,383万1,000円の追加をそれぞれさせていただいたわけでございます。  以上が補正額の内容でございます。  歳入につきましてご説明を申し上げます。  8ページをごらんいただきたいと存じます。15款県支出金につきましては、使途が特定されております特定財源ですので、19款繰越金でございます。1項1目繰越金につきましては、775万7,000円の追加をさせていただいたわけでございます。  7ページにお戻りいただきたいと存じます。今回の補正予算における一般財源所要額は、歳出合計の行の右欄、一般財源欄に記載してありますように、775万7,000円の追加でございます。これにつきましては、全額を繰越金の追加で調整させていただいたわけでございます。  また、11ページ以降に今回の補正予算に係る給与費明細書が添付してございますので、後ほどご高覧賜りたいと存じます。  以上、補正予算の概要を申し上げまして、説明にかえさせていただきます。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております承認第4号 専決処分の承認を求めることについては、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認めます。  よって、承認第4号は委員会付託を省略することに決しました。  これより承認第4号の討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕
    ○議長(奥原賢一議員) これをもって討論を終結いたします。  これより承認第4号の採決を行います。  本件は報告のとおり承認することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(奥原賢一議員) 挙手全員であります。  よって、本件は報告のとおり承認することに決しました。 △議案第81号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(奥原賢一議員) 日程第5、議案第81号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(岡田義弘) 議案第81号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることにつきましてご説明申し上げます。  分冊3の1ページをごらんいただきたいと存じます。現在平成13年3月から人権擁護委員をお願いしております高橋洋子さんは、平成25年3月31日付をもって任期満了となり、退任の意向であります。つきましては、今回その後任といたしまして磯部1丁目にお住まいの松井忍さんにお願いいたしたく、ご推薦申し上げます。松井さんは、元市役所職員で、高潔な人格と高い識見をお持ちの上、現在介護相談員としてもご活躍中であり、来年4月1日からとなりますが、人権擁護委員としてまことに適任であると存じます。  よろしくご審議をいただきまして、ご承認賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第81号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第81号は委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第81号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(奥原賢一議員) 挙手全員であります。  よって、議案第81号は原案のとおり可決されました。 △議案第82号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(奥原賢一議員) 日程第6、議案第82号 安中市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  総務部長。 ◎総務部長(田中毅) 議案第82号 安中市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。  分冊3の3項から4項並びに説明資料の1項の新旧対照表をあわせてごらんいただきたいと存じます。本市におきましては、平成19年4月の統一地方選挙から公職選挙法第40条第1項ただし書きに基づき、市内全投票所で午後9時に投票時間の一斉繰り上げを行い、その後も全ての選挙において同一の繰り上げを実施しているところでございます。しかしながら、選挙当日の投票閉鎖時刻を2時間繰り上げした場合、投票管理者及び投票立会人が投票に携わる時間は、午前7時から午後6時までの11時間となり、期日前投票所の午前8時30分から午後8時までの11時間30分と、ほぼ同時間にもかかわらず、現行の条例によれば、選挙当日の投票所の報酬額が期日前投票所よりも上回ることになります。これは、条例の制定が午前7時から午後8時までの13時間の投票時間をもとに定められた国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律に準拠した報酬額となっているためでありますが、安中市におきましては、投票時間の繰り上げは、既に定着してきており、今後の選挙においても同様な実施が見込まれるところでございます。このため選挙当日の投票所と期日前投票所の投票管理者及び投票立会人の報酬額の均衡を図る必要から、選挙当日投票閉鎖時間を2時間繰り上げた場合は、報酬額をそれぞれ同額とする条例改正を行いたいものでございます。  改正案といたしましては、公職選挙法による投票所の閉鎖時間が午前7時から午後8時までを原則としているため、報酬額を改定するものではなく、別表第1の備考欄にこの旨を規定する改正案となっております。  また、施行期日といたしましては、公布の日から施行いたしたいと存じております。  以上、説明にかえさせていただきますので、よろしくご審議をいただき、ご議決をいただきますようお願い申し上げます。 ○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第82号については、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認めます。  よって、議案第82号は委員会付託を省略することに決しました。  これより討論を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) これをもって討論を終結いたします。  これより議案第82号の採決を行います。  本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。               〔挙手全員〕 ○議長(奥原賢一議員) 挙手全員であります。  よって、議案第82号は原案のとおり可決されました。 △議案第83号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(奥原賢一議員) 日程第7、議案第83号 安中市一般廃棄物処理施設の技術管理者の資格を定める条例の制定についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市民部長。 ◎市民部長(真下幹夫) 議案第83号 安中市一般廃棄物処理施設の技術管理者の資格を定める条例の制定についてご説明申し上げます。  分冊4の1ページをごらんいただきたいと存じます。初めに、提案理由でございますが、平成23年8月30日、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律が公布されました。その施行に伴いまして廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部が改正され、市町村が一般廃棄物を処理するために設置する一般廃棄物処理施設における技術管理者の資格に関する基準について、同法に規定する技術管理者の資格基準を参酌した内容で市町村が条例で定めることとなりました。このため、安中市一般廃棄物処理施設の技術管理者の資格を定める条例を制定したいので、地方自治法第96条第1項の規定により議会の議決をお願いするものでございます。  それでは、内容についてご説明申し上げます。2ページ、3ページをごらんいただきたいと存じます。  第1条は、趣旨について定めるものでございます。  第2条は、技術管理者の資格について定めるものでございまして、先ほど申し上げましたように、廃棄物の処理及び清掃に関する法律で定められております基準を参酌して定めるものでございます。  次に、附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行するというものでございます。  以上、大変雑駁な説明でございますが、よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第83号については、福祉民生常任委員会に付託いたします。 △議案第84号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(奥原賢一議員) 日程第8、議案第84号 安中市暴力団排除条例の制定についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(岡田義弘) 議案第84号 安中市暴力団排除条例の制定についてご説明申し上げます。  分冊4の4ページをごらんいただきたいと存じます。  初めに、提案理由でございますが、暴力団は市民生活や事業活動に介入し、暴力及びこれを背景とした資金活動によって市民や事業者に多大な脅威を与えております。平成20年に暴力団対策法が改正され、暴力団排除の取り組みが強化されました。群馬県においても、平成23年4月1日に暴力団排除のための理念や取り組みを規定した群馬県暴力団排除条例が施行され、その後県内各市においても同様の条例が制定され、また制定されようといたしております。このような状況を踏まえ、県条例とともに暴力団排除に対する効果を高めるために、安中市でも県、警察、関係機関と連帯、協力し、市、市民、事業者が一体となって社会から暴力団を排除することにより、安全で安心な市民生活を確保するために、安中市暴力団排除条例を制定したいので、地方自治法第96条第1項の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。  それでは、内容についてご説明申し上げます。5ページから7ページをごらんいただきたいと存じます。  まず、第1条でございますが、安中市暴力団排除条例の目的について定めるものでございます。  第2条は、定義について定めるものでございます。  第3条は、基本理念について定めるものでございます。  第4条は、市の責務について定めるものでございます。  第5条は、市民等の責務について定めるものでございます。  第6条は、市の事務及び事業における措置について定めるものでございます。  第7条は、公の施設における措置について定めるものでございます。  第8条は、市への不当要求行為に対する措置について定めるものでございます。  第9条は、市民等に対する支援等について定めるものでございます。  第10条は、青少年に対する教育等のための措置について定めるものでございます。  第11条は、暴力団の威力を利用することの禁止について定めるものでございます。  第12条は、利益の供与の禁止について定めるものでございます。  第13条は、この条例の施行に関し必要な事項は市長が別に定めるとした委任の規定について定めるものでございます。  次に、附則といたしまして、この条例は、平成25年4月1日から施行するというものでございます。  以上、大変雑駁な説明でございますが、よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げまして説明にかえさせていただきます。 ○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第84号については、福祉民生常任委員会に付託いたします。 △議案第85号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(奥原賢一議員) 日程第9、議案第85号 安中市道路構造条例の制定についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  建設部長。 ◎建設部長(田村幸孝) 議案第85号 安中市道路構造条例の制定につきましてご説明申し上げます。  分冊4の8ページをごらんいただきたいと存じます。  初めに、提案理由でございますが、平成24年4月1日、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律により道路法第30条第3項が改正され、市道の構造の技術的基準は、道路構造令で定める基準を参酌して、自治体の条例で定めることと規定されたことにより、条例を新たに制定したいので、地方自治法第96条第1項の規定により議会の議決をお願いするものでございます。  それでは、条例の主な内容につきましてご説明申し上げます。9ページをごらんいただきたいと存じます。  第1条、道路法の趣旨につきまして定めたものでございます。  第2条は、用語の定義について定めたものでございます。  また、第3条以降につきましては、市道の幅員、線形、勾配、交差、接続、待避所などの構造の一般的、技術的基準を定めたものでございます。  次に、附則でございますが、この条例は、平成25年4月1日から施行するというものでございます。  以上、まことに簡単でございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。  小宮ふみ子議員。 ◆12番(小宮ふみ子議員) 今説明がありましたように、市道の新設、改築の場合の構造の技術基準を定めたこの安中市の道路条例は、第43条までありますよね。そして、新たな条例制定によって今までとどう変わるのか。  もう一点は、安中市の道路構造条例は、市道の幅員、勾配、交差など、道路構造の技術的基準を定めたものですが、政令で定められる基準を参酌して当該道路の道路管理者である地方公共団体の条例で定めるということで、参酌という意味をちょっと調べてみたのですけれども、比べ合わせてよいところをとるという意味です。具体的にはどういうことなのか、説明していただきたいと思います。 ○議長(奥原賢一議員) 建設部長。 ◎建設部長(田村幸孝) 今までの技術的な基準におきましては、基本的に道路構造令を主に用いて設計構造を立ててまいりました。引き続いてその政令のいいところを参酌させていただきまして、市に合った規模の道路を開設、計画をするという技術的基準でございます。               〔何事か呼ぶ者あり〕 ◎建設部長(田村幸孝) 長所を取り入れて活用するという、そういうことでございますので、市道も一般的には道路構造令の基準を用いて設計を進めていくという、そういった内容でございます。 ○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第85号については、経済建設常任委員会に付託いたします。 △議案第86号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(奥原賢一議員) 日程第10、議案第86号 安中市道路標識条例の制定についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  建設部長。 ◎建設部長(田村幸孝) 議案第86号 安中市道路標識条例の制定につきましてご説明申し上げます。  分冊4の30ページをごらんいただきたいと存じます。  初めに、提案理由でございますが、平成24年4月1日、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律により道路法第45条第3項が改正され、市道に設ける道路標識の寸法は、省令を参酌して自治体の条例で定めることと規定されたことにより、条例を新たに制定したいので、地方自治法第96条第1項の規定により議会の議決をお願いするものでございます。  それでは、条例の主な内容につきましてご説明申し上げます。31ページをごらんいただきたいと存じます。市道の案内標識及び警戒標識並びにこれに附置される補助標識の大きさの基準を定めたものでございます。  次に、附則でございますが、この条例は、平成25年4月1日から施行するというものでございます。  以上、まことに簡単でございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第86号については、経済建設常任委員会に付託いたします。 △議案第87号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(奥原賢一議員) 日程第11、議案第87号 安中市準用河川に係る河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例の制定についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  建設部長。 ◎建設部長(田村幸孝) 議案第87号 安中市準用河川に係る河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例の制定につきましてご説明申し上げます。  分冊4の35ページをごらんいただきたいと存じます。  初めに、提案理由でございますが、平成24年4月1日、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律により河川法第13条第2項及び第100条第1項が改正され、準用河川に設置される工作物のうち主要なものの構造について、河川管理上必要とされる技術的基準は、河川管理施設等構造令で定める基準を参酌して、自治体の条例で定めることを規定されたことにより、条例を新たに制定したいので、地方自治法第96条第1項の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。  それでは、条例の主な内容につきましてご説明申し上げます。36ページをごらんいただきたいと存じます。河川管理施設等構造令第2条から第74条まで、及び第76条の規定を参酌して、河川管理施設、または第26条第1項の許可を受けて設置される工作物のうち、堤防、その他の主なものの構造について、準用河川管理上必要とされる技術的基準を定めたものでございます。  次に、附則でございますが、この条例は、平成25年4月1日から施行するというものでございます。  以上、まことに簡単でございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第87号については、経済建設常任委員会に付託いたします。 △議案第88号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(奥原賢一議員) 日程第12、議案第88号 安中市都市の低炭素化の促進に関する法律関係手数料条例の制定についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  市長。 ◎市長(岡田義弘) 議案第88号 安中市都市の低炭素化の促進に関する法律関係手数料条例の制定につきましてご説明申し上げます。  分冊4の54ページをごらんいただきたいと存じます。  初めに、提案理由でございますが、平成24年9月5日公布、12月4日施行の都市の低炭素化の促進に関する法律の規定により、特定行政庁である本市にあっては、低炭素建築物新築計画等の認定に係る事務が発生いたします。このことについて、地方自治法第227条の規定に基づき、この事務に係る手数料を徴収するため本条例を制定したいので、地方自治法第96条第1項の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。  それでは、条例の内容につきましてご説明申し上げます。55ページをごらんいただきたいと存じます。  第1条は、都市の低炭素化の促進に関する法律の規定に基づき、趣旨を示したものでございます。  第2条は、59ページの別表でお示しいたしました手数料の額を定めたものでございます。  第3条は、建築確認申請に伴う場合の手数料の徴収を定めたものでございます。  第4条は、手数料の徴収時期を定めたものでございます。  第5条は、手数料の還付規定を定めるものでございます。  第6条は、手数料の減免規定を定めるものでございます。  第7条は、この条例の施行に関し、必要事項は別に定めるというものでございます。  次に、附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行するというものでございます。  以上、まことに簡単でございますが、提案の説明とさせていただきます。どうぞよろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げまして、説明にかえさせていただきます。 ○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第88号については、経済建設常任委員会に付託いたします。 △議案第89号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(奥原賢一議員) 日程第13、議案第89号 安中市移動等の円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準を定める条例の制定についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  建設部長。 ◎建設部長(田村幸孝) 議案第89号 安中市移動等の円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準を定める条例の制定につきましてご説明申し上げます。  分冊4の60ページをごらんいただきたいと存じます。  初めに、提案理由でございますが、平成24年4月1日、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の成立に伴い、高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律の一部改正が平成24年4月1日に施行されたことを受け、これまで国が一律に定めていた移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準を条例で定めることとされたことに伴い、安中市移動等の円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準を定める条例を制定したいので、地方自治法第96条第1項の規定により議会の議決をお願いするものでございます。  それでは、条例の内容につきましてご説明申し上げます。61ページをごらんいただきたいと存じます。  まず、第1条につきましては趣旨を、第2条につきましては定義を定めるものでございます。  第3条につきましては、災害等のため一時使用する特定公園施設の設置について定めるものでございます。  第4条につきましては、園路及び広場の基準を定めるものでございます。  第5条につきましては、屋根つき広場の基準を定めるものでございます。  第6条につきましては、休憩所及び管理事務所の基準を定めるものでございます。  第7条につきましては、野外劇場及び野外音楽堂の基準を定めるものでございます。  第8条につきましては、駐車場の基準を定めるものでございます。  第9条、第10条、第11条につきましては、便所の基準を定めるものでございます。  第12条につきましては、水飲み場及び手洗い場の構造を定めるものでございます。  第13条、第14条につきましては、掲示板及び標識の基準を定めるものでございます。  次に、附則でございますが、この条例は、平成25年4月1日から施行するというものでございます。  以上、まことに簡単でございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。  金井久男議員。 ◆1番(金井久男議員) 1番、金井です。ただいまの議案第89号につきまして1点お尋ねしておきます。  表題のとおり、これは障害者あるいは弱者に対する公園の設備をきちんと整備しますという条例になるかと思います。私たちが今まで見たところ、かなりこういった点では不十分な公園がほとんどではないかというふうに認識しているのですが、現状をどのように把握しておられ、またこれをこの条例に沿った整備をしていくためには、どの程度の計画というものを何年程度で整備していくという計画をお持ちなのか、その点をお答えいただければと思います。 ○議長(奥原賢一議員) 建設部長。 ◎建設部長(田村幸孝) ただいまの金井議員のご質問にご答弁申し上げます。  現在安中市の公園施設の中で、特にバリアフリー化を進めている公園が現在は3カ所ございます。それにつきましては、郷原の緑地公園、すみれケ丘公園、後閑城址公園ということになっております。しかしながら、園内全体を見渡しますと、必ずしも全て今の条例でうたったことが整備されているという状況ではございませんので、今後はこの条例を定めることによって、そういったバリアフリー化の推進が図られていくというふうに捉えておりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(奥原賢一議員) 金井久男議員。 ◆1番(金井久男議員) その理念は、この条例で決められたということはわかりますが、具体的に今のご答弁ですと、今の公園の中で3カ所しかこういった整備が今進捗しているというものも含めて完備していないというふうに理解するのですが、今後何カ所の整備をしていくのか。そのためにはやはり予算も年限も必要だろうと思うのですが、その点でそういった計画がきちんとあるのかどうか、現時点で結構ですからお答えいただきたいということを質問したかったわけです。まだなければないで、それはこれから決めるということではそれでもいいと思いますけれども。 ○議長(奥原賢一議員) 建設部長。 ◎建設部長(田村幸孝) 今後におきましては、今ご指摘をいただいた整備につきまして、計画を持って進めていきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。 ○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第89号については、経済建設常任委員会に付託いたします。 △議案第90号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(奥原賢一議員) 日程第14、議案第90号 安中市公共下水道の構造の技術上の基準に関する条例の制定についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  上下水道部長。 ◎上下水道部長(小板橋利明) 議案第90号 安中市公共下水道の構造の技術上の基準に関する条例の制定につきましてご説明申し上げます。  分冊4の69ページをごらんいただきたいと存じます。  初めに、提案理由でございますが、平成23年8月30日に地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律が公布されました。下水道につきましては、国が一律に定めていた公共下水道の構造の技術上の基準を地方公共団体の条例で定める旨の改正がなされ、下水道施行令に規定する基準を参酌して条例を定めることとなりました。このため、安中市公共下水道の構造の技術上の基準に関する条例を制定したいので、地方自治法第96条第1項の規定により議会の議決をお願いするものでございます。  それでは、内容についてご説明申し上げますので、70ページをごらんいただきたいと存じます。  まず、第1条につきましては、趣旨といたしまして、市の設置する公共下水道の構造の技術上の基準を本条例に定めるものでございます。  第2条は、条例に使用する用語の意義を定めるものでございます。  第3条は、排水施設の構造の技術上の基準を定めるものでございます。  第4条は、適用除外基準を定めるものでございます。  次に、附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行するものでございます。  以上、まことに簡単でございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第90号については、経済建設常任委員会に付託いたします。 △議案第91号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(奥原賢一議員) 日程第15、議案第91号 安中市水道事業布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例の制定についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  上下水道部長。 ◎上下水道部長(小板橋利明) 議案第91号 安中市水道事業布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術者の資格基準に関する条例の制定につきましてご説明を申し上げます。  分冊4の72ページをごらんいただきたいと存じます。  初めに、提案理由でございますが、平成23年8月30日に地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の公布に伴いまして、国が所管します水道法の第12条及び第19条の一部が改正され、水道事業布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術者の資格基準について、水道施行令に規定する基準を参酌して地方公共団体が条例を定めることとなりました。このため、安中市水道事業布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例の制定をいたしたいので、地方自治法第96条第1項の規定により議会の議決をお願いするものでございます。  それでは、内容につきましてご説明を申し上げますので、73ページをごらんいただきたいと存じます。  第1条につきましては、技術上の監督業務が必要な布設工事の基準や資格基準の制定について定めるものでございます。  第2条につきましては、条例に使用する用語の意義について定めるものでございます。  第3条は、布設工事監督者を配置する工事について定めるものでございます。  第4条は、水道法第12条第2項に規定する布設工事監督者の資格について定めるものでございます。  第5条は、水道法第19条第3項に規定する水道技術管理者の資格について定めるものでございます。  次に、附則といたしまして、この条例は、公布の日から施行するものでございます。  以上、まことに簡単でございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようよろしくお願い申し上げます。 ○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第91号については、経済建設常任委員会に付託いたします。 △議案第92号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(奥原賢一議員) 日程第16、議案第92号 安中市立学校設置条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  教育部長。 ◎教育委員会教育部長(佐俣信之) 議案第92号 安中市立学校設置条例の一部を改正する条例につきましてご説明を申し上げます。  分冊4の75ページをごらんいただきたいと存じます。  初めに、提案理由でございますが、市教育委員会では、平成23年3月に安中市小中学校適正規模及び配置に関する審議会の答申を受け、市内小中学校の統合を行ってまいりました。本年4月、坂本小学校の保護者から統合について検討したいとの申し出があり、5月17日に坂本小の全保護者参加のもと、意見交換会を開催いたしました。この会の中で保護者からは、児童数がますます減少する中、集団生活のよさを生かした教育活動が十分保障できないのではないか。また、保護者数の面から、PTA組織や育成会組織の維持運営が難しくなっているなどの意見が出され、平成24年度末をもって臼井小学校への統合を希望するとの総意が確認されました。このことを踏まえ、9月2日、坂本・入牧地区住民との意見交換会を開催し、保護者や教育委員会の考え方を説明をいたしました。地元からは、子供にとってのよりよい教育環境を最優先に考え、保護者の考えを支持する旨の発言があり、坂本小を臼井小に統合することについて、地域として了承をする意思のあることが確認をされました。  以上の経過を踏まえ、安中市教育委員会では、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第26条第2項第3号の規定により、教育委員会の権限に属する事務として、坂本小の臼井小への統合を平成25年4月1日とすることを決定し、今回の提案に至った次第でございます。  それでは、改正内容につきましてご説明申し上げます。76ページをごらんいただきたいと存じます。あわせて平成24年第4回定例市議会説明資料2ページに新旧対照表を添付しておりますので、ごらんいただきますようお願いいたします。  第1条第1号に示された小学校の名称と位置について、安中市立坂本小学校の項を削るものでございます。  次に、附則でございますが、この条例は、平成25年4月1日から施行いたしたいものでございます。  以上、まことに簡単ではございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第92号については、総務文教常任委員会に付託いたします。 △議案第93号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(奥原賢一議員) 日程第17、議案第93号 安中市学習の森条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  教育部長。 ◎教育委員会教育部長(佐俣信之) 議案第93号 安中市学習の森条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。  分冊4の77ページをごらんいただきたいと存じます。  初めに、提案理由でございますが、学習の森宿泊施設利用者の利便性向上を図るとともに、宿泊施設利用料金の見直しを行い、利用者にとってより使いやすい施設とするため、またあわせて字句の追加、訂正を行うものでございます。  それでは、改正内容につきましてご説明申し上げますので、78ページをごらんください。なお、平成24年第4回定例市議会説明資料3ページに新旧対照表を添付してございますので、あわせてごらんください。  第1条、第5条、第6条、第8条は字句の追加、訂正でございますが、第8条につきましては、昨年の東日本大震災後、被災者の受け入れのため一般への貸し出しを中止した経緯を考慮し、臨時に休業日を設けることができるようにするものでございます。  第9条は、利用時間についてでございますが、第2号ア、つどいの間につきましては、現在まで夜間の会議利用のみの貸し出しをした例がないことから、需要が多い宿泊施設としての確保をするため、利用時間を午前9時から午後5時までとするものでございます。また、宿泊施設につきましては、午後2時から翌日の午後10時となっておりましたが、ほとんどの利用者が8時ごろには退室をしているため、つどいの間が午前中も有効利用できるよう、利用時間を午後1時から利用を終了する日の午前8時半までとするものでございます。また、同号ウの宿泊施設についてでございますが、土日には宿泊希望者が集中し、多人数が宿泊できる施設をふやしてもらいたいとの要望が寄せられております。そのため、創作工房1を森の間として宿泊も可能な施設として追加したいものでございます。  第10条は、利用の許可等についてでございますが、第1項は字句の追加でございます。また、第2項として、慣例として行っておりました受け付け開始日の規定を追加するものでございます。  第12条は、教育委員会が利用許可を取り消した場合の損害賠償についての規定を加えたものでございます。  第14条は字句の追加、第15条は字句の訂正、第17条は字句の追加でございます。  別表についての主な改正点でございますが、80ページからをごらんください。2の使用料、(1)ふるさと学習館について、午前9時から午後5時までの1日の使用料を追加し、(2)の生涯学習施設、ア体験学習施設について、つどいの間の夜間使用料を削除し、それぞれ1日の使用料を追加し、イの宿泊施設について、つどいの間の使用料を7,000円から1万円に、バンガローの使用料を1万円から5,000円に改正し、森の間、創作工房の1でございますが、の使用料を7,000円を追加するものでございます。  前後して申しわけありません。78ページにお戻りください。附則でございますが、この条例は、平成25年4月1日から施行する。ただし、第10条の改正規定は、同年1月1日から施行するものでございます。  なお、経過措置といたしまして、改正後の別表の規定は、平成25年4月1日以後に利用する使用料について適用し、同年3月31日以前に利用する使用料は、従前の例によるとするものでございます。  以上、まことに簡単ではございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第93号については、総務文教常任委員会に付託いたします。 △議案第94号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(奥原賢一議員) 日程第18、議案第94号 安中市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  建設部長。 ◎建設部長(田村幸孝) 議案第94号 安中市道路占用料徴収条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。  分冊4の82ページをごらんいただきたいと存じます。  初めに、提案理由でございますが、国においては平成20年4月1日より、群馬県においては平成21年4月1日より、県内の市町村も平成21年度中に16自治体が占用料、単価を改正している状況にあります。本市においては、平成18年3月18日の合併時に改正したこともあり、他の自治体の動向を伺ってきたところでございますが、近年における土地の下落状況を勘案すると、他の自治体との均衡が失われてしまうので、群馬県に準拠した占用料単価に改正したく、地方自治法第96条第1項の規定により議会の議決を求めるものでございます。  それでは、条例の主な内容につきましてご説明申し上げます。83ページをごらんいただきたいと存じます。あわせて平成24年第4回定例市議会説明資料の6ページをごらんいただきたいと存じます。  今回の改正する第1条及び第4条から第6条につきましては、規定整備を図るための所要の改正をするものでございます。  次に、別表の改正でございますが、項目及び単価につきましては、群馬県に準拠して全部改正するものでございます。  次に、附則でございますが、この条例は、平成25年4月1日から施行するというものでございます。  以上、まことに簡単でございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第94号については、経済建設常任委員会に付託いたします。 △議案第95号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(奥原賢一議員) 日程第19、議案第95号 安中市公園条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  建設部長。 ◎建設部長(田村幸孝) 議案第95号 安中市公園条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。  分冊4の89ページをごらんいただきたいと存じます。  初めに、提案理由でございますが、平成24年4月1日、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の成立に伴い都市公園法の一部が改正され、平成24年4月1日に施行されたことを受け、これまで国が一律に定めていた都市公園の設置基準等について条例で定めることとされたことに伴い、安中市公園条例の一部改正をお願いするものでございます。  それでは、条例の改正内容につきましてご説明申し上げます。90ページをごらんいただきたいと存じます。あわせて平成24年第4回定例市議会説明資料の8ページをごらんいただきたいと存じます。  まず、目次中第2章に都市公園の設置を追加するものでございます。以下、章を繰り下げ、第3章、第4章、第5章とするものでございます。  次に、第3条の2の改正でございますが、都市公園法の設置基準を定めたものでございます。  次に、第3条の3の改正でございますが、都市公園の住民1人当たりの敷地面積の標準を定めたものでございます。  次に、第3条4の改正でございますが、都市公園の種別において街区公園、近隣公園、地区公園、総合公園等の配置及び規模の基準を定めたものでございます。  次に、第3条の4の第2項の改正でございますが、緩衝地帯等の配置及び規模の基準を定めたものでございます。  次に、第3条の5の改正でございますが、公園施設の設置基準及び基準の特例を定めたものでございます。  次に、第3条5の第2項の改正でございますが、公園内の建築物に対して敷地面積割合の基準で、公園施設の建築面積の基準の特例を定めるもので、休養施設、運動施設、共用施設等について10%以下の基準とするものでございます。  次に、第3条の5の第3項の改正でございますが、国宝、重要文化財等については、20%以下の基準とするものでございます。  次に、第3条5の第4項の改正でございますが、屋根つき広場等については、10%以下の基準とするものでございます。  次に、第3条5の第5項の改正でございますが、仮設公園施設につきましては、2%以下の基準とするものでございます。  次に、附則でございますが、この条例は、公布の日から施行するというものでございます。  以上、まことに簡単ではございますが、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。  伊藤清議員。 ◆23番(伊藤清議員) 国の2次一括法でございますので、あえて内容等々について詳しくは求めませんが、本市にこの公園基準等々住民1人当たりを当てはめると、この標準を満たしているのかどうか。これ安中市は、たしか27.6ヘクの面積、1人当たりが年々少子高齢化の中で人口も減っていくという中で、こういったものが果たしてどこら辺を標準、また強いては都市公園の基準等々におかれても、あくまでも基準でございますので、そういったことを勘案して、本市の今の状況をお知らせしていただきたいと存じます。 ○議長(奥原賢一議員) 建設部長。 ◎建設部長(田村幸孝) 伊藤議員のご質問にご答弁申し上げます。  ただいま説明いたしました基準につきましては、都市公園法の平成5年6月30日に決定されました、それを準用させていただいたものでございます。1人当たり6平方メートルを10平方メートルに変えさせていただいております。3平方メートルを5平方メートルに改めるものということ、それを準用させて使わせていただいております。ただいまもう一つの現在の施設につきましては、非常にこの基準を満たしていない公園等もございます。非常に面積についてばらつきがございますが、現在の安中市で見れば運動公園、これは西毛運動公園でございますが、それと地区公園、ひさよし、郷原、すみれ、後閑公園、これ4カ所ございます。また、近隣公園につきましては6カ所、そのほか街区公園につきましては、おおむね11カ所ございますが、それぞれ非常にばらつきがございます。この基準を今後の政策につきましては、基準を満たしていきたいというふうに考えておりますけれども、今まで指定した公園につきましては、基準にばらつきがございますので、統一した面積ということにはなっておりませんので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第95号については、経済建設常任委員会に付託いたします。  ここで暫時休憩をいたします。                                      (午前10時09分) ○議長(奥原賢一議員) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。                                      (午前10時25分) △議案第96号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(奥原賢一議員) 日程第20、議案第96号 平成24年度安中市一般会計補正予算(第5号)を議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  財務部長。
    ◎財務部長(須藤俊夫) 議案第96号 平成24年度安中市一般会計補正予算(第5号)につきまして提案理由をご説明申し上げます。  お手元の分冊5をごらんいただきたいと存じます。本補正予算につきましては、事務事業の一部につきまして、事業量の増加及び事業費の確定見込み等より予算補正の必要が生じましたので、ご提案申し上げるものでございます。  まず、予算規模でございますが、第1条に記載のとおり、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ8,479万8,000円を追加させていただきまして、歳入歳出それぞれ236億270万1,000円とさせていただいたわけでございます。  第2条、債務負担行為の補正につきましては、後段で一覧表に基づき説明をさせていただきます。それでは、予算内容につきまして、事項別明細書に基づきまして歳出からご説明申し上げます。  10ページをお開きいただきたいと存じます。1款議会費1項1目議会費でございます。議会運営事業につきましては、4節で1,000円の追加をお願いいたしたいわけでございます。これにつきましては、保険料率の変更により補正を行うものでございます。これ以降、4節の補正につきましては、議会費の中で申し上げましたとおりによるものがほとんどでありますため、以後の説明は省略させていただきたいと存じますので、よろしくお願いいたします。  2款総務費でございます。1項1目一般管理費の職員人件費の4節地方公務員災害補償基金特別負担金につきましては、東日本大震災に伴う臨時的な費用といたしまして108万8,000円の追加を、また一般管理事業につきましては、19節魅力あるコミュニティ助成事業補助金は、事業費確定に伴いまして51万円の減額をそれぞれお願いいたしたいわけでございます。  11ページをごらんいただきたいと存じます。3款民生費でございます。1項2目障害者福祉費につきましては、補装具事業で310万円の追加を、日常生活用具給付事業で112万円の追加を、移動支援事業で390万円の追加を、20節扶助費でそれぞれお願いいたしたいわけでございます。  1項10目健康増進施設費につきましては、健康増進施設恵み家事業特別会計の予算補正によりまして繰出金で150万6,000円の追加をお願いいたしたいわけでございます。  2項3目民間保育所運営費につきましては、民間保育所運営事業といたしまして、13節、19節合わせまして648万円の追加をお願いいたしたいわけでございます。  12ページをお開きいただきたいと存じます。2項5目学童クラブ費につきましては、学童保育事業といたしまして、13節で81万7,000円の追加をお願いいたしたいわけでございます。  3項2目扶助費につきましては、生活保護援護事業といたしまして、20節扶助費で1,593万7,000円の追加をお願いいたしたいわけでございます。  4款衛生費でございます。1項2目予防費につきましては、がん検診事業といたしまして国庫支出金返還金で181万円の追加をお願いいたしたいわけでございます。  13ページをごらんいただきたいと存じます。1項4目環境衛生費につきましては、環境衛生事業といたしまして住宅用太陽光発電システム設置補助金で1,500万円の追加をお願いいたしたいわけでございます。  6款農林水産業費でございます。1項3目農業振興費につきましては、農業農村応援事業といたしまして19節で67万1,000円の追加をお願いいたしたいわけでございます。  1項4目畜産業費につきましては、県補助金の確定に伴う財源更正でございます。  1項5目農地費につきましては、県営土地改良事業といたしまして県営事業負担金の増加により松義台地東部地区、中部地区合わせまして19節で1,109万9,000円の追加をそれぞれお願いいたしたいわけでございます。  14ページをお開きいただきたいと存じます。2項1目林業総務費でございます。職員人件費といたしまして、2節、3節、4節合わせまして286万6,000円の追加をお願いいたしたいわけでございます。  2項2目林業振興費につきましては、林業振興事業といたしまして11節で150万円の追加を、有害鳥獣対策事業森林活性化対策事業でそれぞれ98万円と245万7,000円の追加をお願いいたしたいわけでございます。  7款商工費でございます。1項3目観光費につきましては、15ページをごらんいただきまして、観光振興事業といたしまして、11節、13節、19節合わせまして63万8,000円の追加を、観光施設管理事業といたしまして、13節委託料で63万円の追加をそれぞれお願いいたしたいわけでございます。  1項4目碓氷峠の森公園費につきましては、碓氷峠の森公園事業といたしまして、17節、22節合わせまして207万9,000円の追加をお願いいたしたいわけでございます。  8款土木費でございます。3項1目河川総務費につきましては、河川改修事業といたしまして工事請負費で700万円の追加をお願いいたしたいわけでございます。  10款教育費でございます。1項2目事務局費につきましては、16ページをお開きいただきたいと存じます。事務局運営事業といたしまして、11節燃料費で18万2,000円の追加を、遠距離通学児童補助事業といたしまして62万2,000円を、旧原市小学校郷原分校施設管理事業といたしまして23万5,000円の追加をそれぞれお願いいたしたいわけでございます。  5項1目及び3目は4節の補正ですので、4目文化財保護費の鷺宮物流団地発掘調査事業でございます。  17ページをごらんいただきたいと存じます。各節合計いたしまして400万円の追加をお願いいたしたいわけでございます。  6項2目体育施設費につきましては、西毛総合運動公園管理事業といたしまして、11節で60万9,000円の追加をお願いいたしたいわけでございます。  以上が歳出の各款に計上いたしました補正額の概要でございます。  続きまして、歳入につきましてご説明申し上げます。なお、使途が特定されております特定財源につきましては、歳出科目に充当してありますので、説明は省略させていただきたいと存じます。  8ページにお戻りいただきたいと存じます。このページにつきましては、全て特定財源でございます。  9ページをごらんいただきたいと存じます。19款繰越金でございます。1項1目繰越金につきましては、5,961万3,000円の追加をお願いいたしたいわけでございます。  以下、20款諸収入につきましては、特定財源でございますので、説明は省略させていただきたいと存じます。  7ページにお戻りいただきたいと存じます。歳出における一般財源所要額は、歳出合計の行の右欄、一般財源欄に記載してありますように5,961万3,000円の追加でございます。これにつきましては、全額を繰越金の追加で調整させていただいたわけでございます。  5ページにお戻りいただきたいと存じます。第2表、債務負担行為補正でございます。追加といたしまして、東横野小学校校舎耐震補強及び大規模改造事業から松井田南中学校校舎耐震補強及び大規模改造事業までの5件につきましては、全て義務教育施設の耐震補強に関する仮設校舎賃借料について債務負担行為の設定をお願いいたしたいわけでございます。  また、18ページ以降に今回の補正予算に係る給与費明細書が添付してありますので、後ほどご高覧賜りたりたいと存じます。  以上、本補正予算の大要でございますが、よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第96号については、総務文教常任委員会に付託いたします。 △議案第97号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(奥原賢一議員) 日程第21、議案第97号 平成24年度安中市健康増進施設恵み湯事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  保健福祉部長。 ◎保健福祉部長(小板橋昌之) 議案第97号 平成24年度安中市健康増進施設恵み湯事業特別会計補正予算(第1号)につきましてご説明申し上げますので、分冊5の21ページをごらんいただきたいと存じます。  本補正予算につきましては、恵みの湯の施設修繕費及び燃料費に不足が見込めることから補正予算の必要が生じましたので、ご提案申し上げるものでございます。  まず、第1条の予算規模でございますが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ438万1,000円を追加し、予算の総額を歳入歳出それぞれ1億9,199万8,000円といたしたいものでございます。  それでは、歳入歳出の内容につきまして事項別明細書により歳出からご説明申し上げますので、27ページをごらんいただきたいと存じます。1款1項1目一般管理費でございますが、西側の露天風呂系統のろ過器タンク内に破損箇所が発見されたため、ろ過器本体の交換費用として、修繕費135万2,000円の追加をお願いするものでございます。  また、1款1項2目入浴施設管理運営費でございますが、ボイラー用のローサルA重油と白灯油の単価の変動によりまして、燃料費302万9,000円の追加をお願いするものでございます。  続きまして、歳入についてご説明申し上げますので、戻っていただきまして26ページをごらんいただきたいと存じます。2款1項1目一般会計繰入金でございますが、歳出に対します歳入不足に対応いたしますことから、150万6,000円の追加をお願いするものでございます。  3款1項1目繰越金でございますが、前年度繰越金としまして287万5,000円の追加をお願いするものでございます。  以上、まことに簡単ではございますが、説明とさせていただきます。よろしく審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。  川崎文雄議員。 ◆11番(川崎文雄議員) 何点かお伺いいたします。  今補正予算で市の一般会計からの繰り出しが5,000万超えるということで、果たしてこれが市民に納得をされるのかどうか、私は甚だ疑問だと思います。こういう実態は市民がご存じありませんから、5,000万という金額、10年で5億ですから、10年たってこれからいろんな設備の更新等を考慮すればもっとふえるということになるわけで、経営改善とか、そういうレベルではないような気がいたします。10年を経過し、私も当初これを推進した議員であったわけで、その第一には磯部温泉の相乗効果ということでした。ところが、今やもう旅館が次々に経営者が廃業といいますか、あるいは会社更生法、あるいはさまざまな売却になるということで、あの温泉街が一つの温泉になりつつあります。こういう状況の相乗効果があらわれていないということは、やっぱり見込みが違ったのかなと、議会の議員の一人として反省する次第でございます。そういうことで5,000万、毎年使っていることに関して、その中にまた砂塩風呂なんていう今の時代に合わないものが入っているということで、重油を大量に使うということの中では、一考を要すのではないかということで、一般会計これだけの繰り出し、繰り入れ、何とも思っていないのかどうか。私は、非常にこれは納税者に対する背信行為だと思います。  そこでお聞きしたいのですが、福祉のあるわけですけれども、入浴があるわけです。この辺どのくらいを利用されているか、お聞きいたします。  それから、経営の努力、入館料どんどん減っているわけですけれども、歳出を抑えていかなくてはならない、収入が減れば当然歳出を抑えていかなければならないのですけれども、人間は相変わらずと。市のはっきり言って一定の役割を終えた人が行っていると。そういう人が何人いられるのかどうか。そういう指摘もあるわけですけれども、現状は、市からの退職者何人ぐらい行っていらっしゃるのかどうか。そういうことの言葉が今いろいろ言われていますけれども、どのように考え、経営改善、それから民間委託、委託しても同じだと思うのです。あそこの……               〔何事か呼ぶ者あり〕 ◆11番(川崎文雄議員) 簡潔だよ。そういうことで、それらについてのご見解をお聞きします。  長いたって言わなければわからないではないか。 ○議長(奥原賢一議員) 静粛にお願いします。 ◆11番(川崎文雄議員) 趣旨がわからないし、わからないから言っているの。わかる人には言わないのだよ。何回何年たってもわからないから言っている。 ○議長(奥原賢一議員) 市長。 ◎市長(岡田義弘) 恵みの湯の運営についてご質問いただいたところでございますが、これは初めから懸念されていたことが現実になったということでございまして、大変憂慮いたしております。9月議会だったでしょうか、そのときにもご質問にお答えさせていただきましたが、違う方法で検討し、かなり協議が進んだのでございますが、あの恵みの湯の用地に借地があるということで破談になりました。大変初めの出発が問題を先送りした結果でもあるというふうに思って、大変苦慮いたしますと同時に憂慮いたしているところであります。今後につきましては、ご質問のご趣旨も踏まえて、相当突っ込んだ決断をするということも考えなければならないのではないかと。市民生活の収入というものは、ますます不透明になっている昨今でもあります。しかし、市民の皆様の健康保持という面からも検討もしなければならない、そういう中身があるのではないかということも十分配慮しつつ、相当掘り下げた議論が必要であるという認識には現段階において認識を持っているところであります。  以上であります。 ○議長(奥原賢一議員) 保健福祉部長。 ◎保健福祉部長(小板橋昌之) 先ほどの福祉風呂の利用状況でございますが、平成22年度が784件、平成23年度が853件というふうになっています。大変無駄のないような使い方をさせていただいているところでございます。  それから、退職者が現在何名行っているかということでございますが、現在2名の退職者にお願いをしているところでございます。  以上でございます。 ○議長(奥原賢一議員) 川崎文雄議員。 ◆11番(川崎文雄議員) 先ほどから申し上げていますように、一定の役割を終えたし、磯部温泉のいわゆる相乗効果ということが果たせなかったという謙虚な反省。推進を、私なんか議員ですから、行政側に求めたわけですけれども、相乗効果あるのではないかということで、先にお亡くなりになった林会長等は、積極的に進めたと。自分の仕事に影響、旅館に影響あるのではないかということも考慮しながらも積極的に進めたと。そういうことを考えれば、非常に感慨深いなと。やっぱりそういう今日の事態を考えると、単に退職者の受け入れ、あるいは一部の雇用を守るということで、5,000万の大金を投じているということに問題ありますけれども、やはりこれは廃館にするとか委託ということではなくて、委託だと妙義山のあれと同じで、金額がどんどん、どんどんかさんでいきますから、廃館にしていくという選択肢も考えてもいいのではないかと。福祉については利用が多いですから、それはまた違った方法を考慮していくということで、5,000万という大金を投じてまで維持する価値があるのかどうか。向こうに峠の湯あるわけですから、廃館という道を選んでいかれるほうが市民のためになるのではないかというふうに私考えますけれども、その辺についてのご見解をお伺いいたします。 ○議長(奥原賢一議員) 保健福祉部長。 ◎保健福祉部長(小板橋昌之) 恵みの湯も開館をいたしまして12年目を迎えております。つい先日の11月ですが、250万人の利用者をいただいたところでございます。  それから、繰り出しでございますが、予算的には5,000万というところで、ここのところ何年か大分かさんでおります。ちょうど10年目を迎えましたあたりから、やっぱり施設関係にやっぱり老朽化が目立ってまいりました。もう一年ぐらいすると順次その老朽化部分をリニューアルできるという状況にございます。それで、年間まだ20万というご利用者がおるということがあります。近隣の市においては、閉館したところもございますが、その閉館した等の施設においては、やっぱり利用者が6万だとか7万だとか、まだまだ今の恵みの湯から比べると少ない状況がございました。それに比べて恵みの湯は、まだ本当に低料金で本物の温泉に入ることができるという、市民にとって親しまれる施設だというふうにまだ思っております。どこまで努力できるか、ひとつ繰り入れの少ないように努力して、運営を続けてまいりたいと思っておりますので、いろいろご指導いただければというふうに思います。  以上でございます。 ○議長(奥原賢一議員) 川崎文雄議員。 ◆11番(川崎文雄議員) どうもお聞きしていますと、前提は残すということで、これからももっと更新費が上がると思うのです。10年超えれば、さまざまな。今はまだ始まったばかりですから、こういう磯部温泉の相乗効果ということで当初スタートしたわけですよ、憩いの施設というのは、合併によって峠の湯あるわけですから、そういう問題については、英断を持ってやらなければ、我々議員としての存在価値もないし、市長はまた選挙もあるから大変なのでしょうけれども、やはりそういうことは市民にきちっと明らかにして、市民の判断を仰ぐべきだというふうに考えております。私個人的には廃館にして、やはり1市に2つは要らないということで、廃館に向かってさまざまな市民との合意を得ていくということで、これは要望をしておきます。  以上でございます。 ○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第97号については、福祉民生常任委員会に付託いたします。 △議案第98号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長(奥原賢一議員) 日程第22、議案第98号 平成24年度安中市水道事業会計補正予算(第1号)を議題といたします。  議案の朗読を省略し、提案者の説明を求めます。  上下水道部長。 ◎上下水道部長(小板橋利明) 議案第98号 平成24年度安中市水道事業会計補正予算(第1号)につきまして内容のご説明を申し上げますので、分冊5の29ページをごらんいただきたいと存じます。  本補正につきましては、事業費に不足が見込まれることにより補正予算の必要が生じましたので、ご提案を申し上げるものでございます。  まず初めに、条文予算第1条につきましては、総則でございますので、省略させていただきまして、第2条でございますが、補正予算実施計画によりご説明申し上げますので、30ページをごらんいただきたいと存じます。  1項営業収益から2項の営業外収益は変更ございません。3項の特別利益、2目の過年度損益修正益についてでございますが、昨年の東京電力福祉第一原子力発電所事故による放射性物質飛散に対し、水道水の放射性物質測定検査特定産業廃棄物となりました浄水発生土の仮保管費用に対する損害賠償金の支払いが東京電力株式会社よりありました。この収益といたしまして549万5,000円を追加し、補正後の予定額を554万5,000円とお願いしたいわけでございます。したがいまして、1款水道事業収益の補正予算額は549万5,000円の増額となりまして、補正後の予定額は14億141万7,000円となるわけでございます。  次に、対する支出でございますが、31ページをごらんいただきたいと存じます。1項営業費用では、電気料金の値上げに伴い動力費が不足すると見込みまして423万5,000円の増額で、補正後の予定額を11億3,948万1,000円に、2項営業外費用では変更ございません。  3項特別損失の4目その他特別損失でありますが、東京電力福島第一原子力発電所事故により飛散した放射性物質で汚染されました浄水発生土の仮保管施設建設と、運搬費用として380万円の追加により補正後の予定額を385万円とお願いするわけでございます。したがいまして、1款水道事業費の補正予定額は803万5,000円の増額となりまして、補正後の予定総額を13億2,499万1,000円とお願いしたいわけでございます。  以上、まことに簡単でございますが、説明とさせていただきます。よろしくご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(奥原賢一議員) 説明が終わりました。  これより質疑を行います。               〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) これをもって質疑を終結いたします。  ただいま議題となっております議案第98号については、経済建設常任委員会に付託いたします。 △請願・陳情について ○議長(奥原賢一議員) 日程第23、請願・陳情についてを議題といたします。  請願・陳情文書表を職員をして朗読いたさせます。               〔職員朗読〕                    請願・陳情文書表┌───┬─────────────────┬──────────┬──────┬────────┐│番 号│  件           名  │  提出者住所氏名 │ 紹介議員 │  付託委員会 │├───┼─────────────────┼──────────┼──────┼────────┤│   │                 │          │ 川崎文雄 │        ││   │                 │ 安中市磯部1―6―│      │        ││   │                 │          │ 上原富士雄│        ││   │市道磯542号線鉱泉橋拡幅について│ 1        │      │ 経 済 建 設││ 3号│                 │          │ 柳沢浩之 │        ││   │陳情               │ 磯部第1区区長  │      │ 常任委員会  ││   │                 │          │ 伊藤 清 │        ││   │                 │ 忰田 昇     │      │        ││   │                 │          │ 吉岡完司 │        │└───┴─────────────────┴──────────┴──────┴────────┘ ○議長(奥原賢一議員) ただいま朗読いたしました陳情は、重要と思われますので、文書表のとおり所管の委員会に付託し、審査の過程において他の委員会の所掌事項に関連を生じた場合は、連合審査をお願いすることにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認めます。  よって、本件は文書表のとおり付託することに決しました。 △休会について ○議長(奥原賢一議員) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。  お諮りいたします。委員会審査並びに休日のため、明7日から12日までの6日間休会にしたいと思います。これにご異議ありませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(奥原賢一議員) ご異議なしと認めます。  よって、12月7日から12月12日までの6日間休会することに決しました。  来る12月13日午前9時、本会議を開きますから、ご参集願います。 △散会の宣告 ○議長(奥原賢一議員) 本日はこれにて散会いたします。                                      (午前10時58分)...