藤岡市議会 > 2019-09-19 >
令和 元年第 4回定例会−09月19日-付録
令和 元年第 4回定例会−09月19日-04号

ツイート シェア
  1. 藤岡市議会 2019-09-19
    令和 元年第 4回定例会−09月19日-04号


    取得元: 藤岡市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-11-27
    令和 元年第 4回定例会−09月19日-04号令和 元年第 4回定例会           令和元年第4回藤岡市議会定例会会議録(第4号)                          令和元年9月19日(木曜日)      ───────────────────────────────── 議事日程 第4号   令和元年9月19日(木曜日)午前10時開議 第 1 議会運営委員会経過報告 第 2 議案第72号 平成30年度藤岡市一般会計歳入歳出決算認定について     議案第73号 平成30年度藤岡市国民健康保険事業勘定特別会計歳入歳出決算認定について     議案第74号 平成30年度藤岡市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について     議案第75号 平成30年度藤岡市介護保険事業勘定特別会計歳入歳出決算認定について     議案第76号 平成30年度藤岡市介護老人保健施設特別会計歳入歳出決算認定について     議案第77号 平成30年度藤岡市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について     議案第78号 平成30年度藤岡市学校給食センター事業特別会計歳入歳出決算認定について     議案第79号 平成30年度藤岡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について     議案第80号 平成30年度藤岡市特定地域生活排水処理事業特別会計歳入歳出決算認定について     議案第81号 平成30年度藤岡市簡易水道事業等特別会計歳入歳出決算認定について     議案第82号 平成30年度藤岡市三波川財産区特別会計歳入歳出決算認定について     議案第83号 平成30年度藤岡市水道事業会計利益処分及び決算認定について
        議案第84号 平成30年度藤岡市国民健康保険鬼石病院事業会計決算認定について 第 3 議案第85号 令和元年度藤岡市一般会計補正予算(第3号)      ───────────────────────────────── 本日の会議に付した事件 議事日程に同じ 出席議員(18人)         1番  関 口 茂 樹 君        2番  丸 山   保 君         3番  小 西 貴 子 君        4番  内 田 裕美子 君         5番  中 澤 秀 平 君        6番  野 口   靖 君         7番  大久保 協 城 君        8番  窪 田 行 隆 君         9番  湯 井 廣 志 君       10番  松 村 晋 之 君        11番  橋 本 新 一 君       12番  青 木 貴 俊 君        13番  岩 崎 和 則 君       14番  茂 木 光 雄 君        15番  冬 木 一 俊 君       16番  針 谷 賢 一 君        17番  隅田川 徳 一 君       18番  吉 田 達 哉 君 欠席議員 なし      ───────────────────────────────── 説明のため出席した者    市長       新 井 雅 博 君   副市長      高 橋   厚 君    教育長      田 中 政 文 君   企画部長     高 柳 和 浩 君    総務部長     中 島 俊 寛 君   市民環境部長   秋 山 正 人 君    健康福祉部長   鈴 木 伸 生 君   経済部長     秋 山 弘 和 君    都市建設部長   田 島 恒 夫 君   鬼石総合支所長  常 澤 昌 弘 君    上下水道部長   笠 原   豊 君   教育部長     塚 本   良 君    監査委員     長 野 良 一 君   監査委員     冬 木 一 俊 君    監査委員事務局長 折 茂 芳 夫 君   鬼石病院事務長  小 幡 文 男 君      ───────────────────────────────── 議会事務局職員出席者    事務局長     飯 島 嘉 男     議事課長     植 野 美佐子    課長補佐兼議事係長吉 江 高 如      午前10時13分開議 ○議長(野口靖君) 出席議員定足数に達しました。  これより本日の会議を開きます。      ───────────────────────────────── △第1 議会運営委員会経過報告 ○議長(野口靖君) 日程第1、議会運営委員会経過報告であります。  議会運営委員会委員長の報告を求めます。委員長大久保協城君の登壇を願います。              (議会運営委員会委員長 大久保協城君登壇) ◎議会運営委員会委員長(大久保協城君) ご指名を受けましたので、議会運営委員会の経過についてご報告申し上げます。  議会運営委員会は、議長の要請により、本日、議会開議前に委員会を開催し、本日の日程と追加されます議案の取り扱いについて協議したのであります。  追加されますものは、議案1件であります。この取り扱いについては、日程表にもありますように、日程第1、議会運営委員会経過報告終了後、日程第2、議案第72号平成30年度藤岡市一般会計歳入歳出決算認定についてから、議案第84号平成30年度藤岡市国民健康保険鬼石病院事業会計決算認定についてまでの13件については、決算特別委員会に付託されておりますので、委員長から付託議案の審査報告をしていただいた後、質疑を省略し、討論、採決を願います。  日程第3、議案第85号については、単独上程、単独審議、委員会付託を省略し、即決していただくことに決定いたしました。  以上をもちまして、議会運営委員会の経過について報告を終わります。 ○議長(野口靖君) 議会運営委員会委員長の報告が終わりました。  ただいま報告のありましたとおり、今後の議事運営を行いますので、ご了承ください。      ───────────────────────────────── △第2 議案第72号 平成30年度藤岡市一般会計歳入歳出決算認定について     議案第73号 平成30年度藤岡市国民健康保険事業勘定特別会計歳入歳出決算認定について     議案第74号 平成30年度藤岡市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について     議案第75号 平成30年度藤岡市介護保険事業勘定特別会計歳入歳出決算認定について     議案第76号 平成30年度藤岡市介護老人保健施設特別会計歳入歳出決算認定について     議案第77号 平成30年度藤岡市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について     議案第78号 平成30年度藤岡市学校給食センター事業特別会計歳入歳出決算認定について     議案第79号 平成30年度藤岡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について     議案第80号 平成30年度藤岡市特定地域生活排水処理事業特別会計歳入歳出決算認定について     議案第81号 平成30年度藤岡市簡易水道事業等特別会計歳入歳出決算認定について     議案第82号 平成30年度藤岡市三波川財産区特別会計歳入歳出決算認定について     議案第83号 平成30年度藤岡市水道事業会計利益処分及び決算認定について     議案第84号 平成30年度藤岡市国民健康保険鬼石病院事業会計決算認定について ○議長(野口靖君) 日程第2、議案第72号平成30年度藤岡市一般会計歳入歳出決算認定について、議案第73号平成30年度藤岡市国民健康保険事業勘定特別会計歳入歳出決算認定について、議案第74号平成30年度藤岡市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について、議案第75号平成30年度藤岡市介護保険事業勘定特別会計歳入歳出決算認定について、議案第76号平成30年度藤岡市介護老人保健施設特別会計歳入歳出決算認定について、議案第77号平成30年度藤岡市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について、議案第78号平成30年度藤岡市学校給食センター事業特別会計歳入歳出決算認定について、議案第79号平成30年度藤岡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、議案第80号平成30年度藤岡市特定地域生活排水処理事業特別会計歳入歳出決算認定について、議案第81号平成30年度藤岡市簡易水道事業等特別会計歳入歳出決算認定について、議案第82号平成30年度藤岡市三波川財産区特別会計歳入歳出決算認定について、議案第83号平成30年度藤岡市水道事業会計利益処分及び決算認定について、議案第84号平成30年度藤岡市国民健康保険鬼石病院事業会計決算認定について、以上13件を一括議題といたします。  決算特別委員会委員長の報告を求めます。委員長内田裕美子君の登壇を願います。              (決算特別委員会委員長 内田裕美子君登壇) ◎決算特別委員会委員長(内田裕美子君) ご指名を受けましたので、去る9月2日の本会議において決算特別委員会に付託されました議案第72号平成30年度藤岡市一般会計歳入歳出決算認定についてほか10特別会計歳入歳出決算認定並びに2事業会計決算認定についての13議案に対する審査の結果についてご報告申し上げます。  本特別委員会は、9月2日の本会議において、市長から提案理由の説明、監査委員から監査結果報告の後、議員全員の構成をもって設置され、同日、本会議終了後、委員会を開催して正副委員長の互選を行い、互選の結果、不肖私が委員長に、副委員長に窪田行隆君が指名されたのであります。  議案審査につきましては、9月13日及び17日に、市長、副市長、教育長監査委員並びに担当部課長等の出席を求め、委員会を開催し、慎重審査したのであります。  本委員会は、議員全員の構成をもって設置されておりますので、審査結果のみを報告申し上げますので、ご了承願います。  議案第72号平成30年度藤岡市一般会計歳入歳出決算認定について、慎重審査の結果、賛成多数をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。  議案第73号平成30年度藤岡市国民健康保険事業勘定特別会計歳入歳出決算認定について、慎重審査の結果、賛成多数をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。  議案第74号平成30年度藤岡市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について、慎重審査の結果、賛成全員をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。  議案第75号平成30年度藤岡市介護保険事業勘定特別会計歳入歳出決算認定について、慎重審査の結果、賛成全員をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。  議案第76号平成30年度藤岡市介護老人保健施設特別会計歳入歳出決算認定について、慎重審査の結果、賛成全員をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。  議案第77号平成30年度藤岡市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について、慎重審査の結果、賛成全員をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。  議案第78号平成30年度藤岡市学校給食センター事業特別会計歳入歳出決算認定について、慎重審査の結果、賛成多数をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。  議案第79号平成30年度藤岡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、慎重審査の結果、賛成全員をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。  議案第80号平成30年度藤岡市特定地域生活排水処理事業特別会計歳入歳出決算認定について、慎重審査の結果、賛成全員をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。  議案第81号平成30年度藤岡市簡易水道事業等特別会計歳入歳出決算認定について、慎重審査の結果、賛成全員をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。  議案第82号平成30年度藤岡市三波川財産区特別会計歳入歳出決算認定について、慎重審査の結果、賛成全員をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。  議案第83号平成30年度藤岡市水道事業会計利益処分及び決算認定について、慎重審査の結果、賛成全員をもって原案のとおり可決及び認定すべきものと決しました。  議案第84号平成30年度藤岡市国民健康保険鬼石病院事業会計決算認定について、慎重審査の結果、賛成全員をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。  以上で本特別委員会に付託されました議案第72号平成30年度藤岡市一般会計歳入歳出決算認定についてほか10特別会計歳入歳出決算認定並びに2事業会計決算認定についての審査結果報告を終わります。 ○議長(野口靖君) 決算特別委員会委員長の報告が終わりました。  お諮りいたします。議案第72号から議案第84号までにつきましては、議員全員による審査を行いましたので、委員長報告に対する質疑を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。              (「異議なし」の声あり) ○議長(野口靖君) ご異議なしと認めます。よって、委員長報告に対する質疑を省略いたします。  これより議案第72号から議案第84号までに対する討論に入ります。討論の通告がありますので、順次発言を許します。初めに、中澤秀平君の登壇を願います。              (5番 中澤秀平君登壇) ◆5番(中澤秀平君) 議長より登壇の許可をいただきました。議案第72号、第73号、第78号に対する反対の立場より討論をさせていただきます。  初めに、議案第72号です。  平成30年第1回藤岡市議会定例会の冒頭で、前新井市長は、安倍内閣の取り組みについて、アベノミクスが経済の好循環を実現しつつあり、景気も回復していく中で効果を十分に実感できていない地域の隅々までその効果を波及させ、経済の好循環をさらに加速させるように施策を実施していくと紹介しています。この中で平成30年度予算は第5次藤岡市総合計画を実現するための諸施策を行うとしていました。  この平成30年度予算に基づく今回の決算は、個人市民税などの市税等で滞納率や額が増加し、市民の暮らしの苦しさがあらわれたものとなりました。市民税の現年分は平成26年からの5年間で平成29年まで収納率が向上していたものが、平成30年度に悪化しています。また、市立保育園の保育料の現年分の滞納額は、平成26年度は32万8,000円でしたが、平成27年度には13万7,000円、平成28年度はゼロ、昨年度も5万円程度と減少傾向にありましたが、平成30年度は29万8,000円と大きく増加しています。これは対象となる園の数が減少している中での増加であり、率にすると8倍ほどの増加です。後に述べる国民健康保険や給食費についても同様の傾向が見られます。  藤岡市総合計画では、ともに創る、ともに磨く、ともに感じることを基本理念として、「郷土を愛し、未来を創生する藤岡」を将来像に掲げていますが、この前提にあるのは市民の暮らしを守る市政です。多くの市税で滞納が増加した背景には、個々の費目でそれぞれだと思いますが、少なくともアベノミクスによる経済の好循環がこうした市民にまで及ばなかった結果ではないでしょうか。また、市として市民の暮らしを守る視点が不十分だったと言えるのではないでしょうか。この点をもって決算認定には賛成することができません。  続いて、議案第73号国民健康保険特別会計についてです。  藤岡市は国民健康保険の広域化に伴って、平成30年4月からの国民健康保険税が平均して約13%と大きく引き上げられました。藤岡市はもともと応益割の部分が大きく、所得や資産のない方への課税が抑えされていましたが、この引き上げは応能割と応益割の割合を半分ずつへと改める方向での引き上げとなり、所得の少ない家族の多い世帯ほど上げ幅が大きなものとなりました。この税率引き上げに対しては、滞納が増加すれば加入者の健康を損なう危険もあることから、反対を表明しました。今回の決算では、引き上げに伴って税収は増加しています。また、一般会計国民健康保険基金からの繰り入れもほとんどなく、健全な財政運営となったと見ることができます。  しかし、一方で現年分の保険税の滞納が増加に転じていることから、保険税を上げ過ぎたと見るべきではないでしょうか。国民健康保険税の滞納が続いてしまえば、通常の保険証から窓口で全額負担を求められる資格者証に切りかわってしまいます。加入者が負担し切れない保険税は加入者を医療から遠ざけることにつながります。市は加入者が支払える保険税額まで引き下げるべきで、制度の運用ができないのであれば、これは国の責任で支えさせるべきです。  最後に、議案第78号の学校給食センター特別会計についてです。  平成29年度決算では、これまで減少していた未納額が中学校の給食費で大きく増加しました。引き続いて平成30年度決算においては、小中学校ともに未納額、率が上昇しています。平成28年度に導入された学校給食申し込み制度は、こうした未納を抑制する滞納対策として実施されていますが、その効果が疑われる結果であると思います。  滞納の理由について、過去の常任委員会審議の中で、担当課からは保護者のモラルの問題であると認識している発言もありましたが、各市税の滞納もふえている中、改めて原因を分析していく必要があると思います。また、給食申込書は滞納した際に所得証明の提出に同意をさせるもので、保護者を牽制するものです。滞納に対してほとんど効果がない給食申込書の配布は保護者を威圧するだけで、続けるべきではありません。
     以上、3議案についての反対討論といたします。議員皆様のご賛同をよろしくお願い申し上げます。 ○議長(野口靖君) 次に、松村晋之君の登壇を願います。              (10番 松村晋之君登壇) ◆10番(松村晋之君) 議長より登壇の許可をいただきましたので、ただいま議題となっております議案第72号から議案第84号までの平成30年度藤岡市一般会計歳入歳出決算ほか10特別会計の歳入歳出決算及び水道事業会計決算並びに国民健康保険鬼石病院事業会計決算について賛成の立場から討論をさせていただきます。  国では、デフレ脱却、経済再生を最優先とする基本方針のもと、あらゆる政策を総動員し、アベノミクスの成果を全国津々浦々まで一層浸透させ、経済の好循環をさらに加速させようとしています。このような中におきまして、本市におきましても市税収入が過去2番目に多い収入額となるなど、その効果があらわれ始めております。平成30年度は第5次藤岡市総合計画の初年度であり、総合計画に掲げられた将来像、「郷土を愛し、未来を創生する藤岡」の実現に向け、社会情勢の変化に対応するとともに、市民サービスの充実を図るために、最小の経費で最大の効果を上げようとしている姿勢が随所に認められる予算の執行であります。  議案第72号平成30年度藤岡市一般会計歳入歳出決算の状況を見ますと、歳入につきましては総額が258億8,131万円であり、前年度と比較して5億1,909万円の減額となり、率にすると2%の減でありました。歳入全体では、地方交付税合併算定替えの段階的縮減などの影響で減額となったものの、市税では91億円を超える収入となりました。市税は財政運営の根幹でありますので、今後も財源確保に努めていただきたいと思います。  歳出につきましては総額で250億8,135万円、前年度と比較して4億8,617万円の減額となり、率にすると1.9%の減でありました。教育費や公債費の減額などが主な要因であります。  平成30年度の特筆すべき事業におきまして、最も新井市長らしさを感じたことを申し上げさせていただきます。平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震により、小学校プールブロック塀が倒壊し、そのブロック塀に挟まれた児童が亡くなるという大変痛ましい事故がありました。この事故の直後、市長は学校や市有施設ブロック塀を早急に点検し、緊急な改修が必要であると判断した学校ブロック塀については、予備費を約2,000万円使用していち早く対処いたしました。また、緊急度は低いと判断したブロック塀につきましても、その後の補正予算で対応されました。年間の予備費総額3,000万円のうち約2,000万円を年度の前半で使うということは、その後の不測の事態を考えると大変重い決断であったことと察します。  新聞では全国でブロック塀のある学校の半数近くはいまだに改修や点検できていないと報道されております。このような状況にあるにもかかわらず、市長は市民安全にかかわることに誰よりも早く決断し、速やかに実行し、市民安全の確保を図っていることは大変高く評価できることと思います。  こうした市長のスピーディーな決断と迅速な実行により、学校に通学する児童や生徒は無駄な心配をすることなく勉学に励むことができ、また、保護者も安心して子どもを学校に送り出せることになりました。これこそが市民が安心して生活できる市政運営であり、使うべきところに税金を投入していくという適切な財政運営であると言えると思います。  財政運営を検証いたしますと、今議会に報告されました地方公共団体の財政健全化に関する法律に基づく健全化判断比率は大きく改善が図られました。具体的には実質公債費比率は10.5%で、平成29年度決算に基づく数値から0.8%改善、将来負担比率は9.4%で、同じく8.9%改善、いずれの数値も法律の早期健全化基準を大幅に下回っています。また、平成30年度の経常収支比率は97.0%で、平成29年度決算に基づく数値から0.1ポイントの改善が図られました。これらの客観的な指標の改善状況から、健全な財政運営の中でそれぞれの事業が明確な目的を持ち、市民ニーズに合った形で実施されていると評価できます。  次に、議案第73号平成30年度国民健康保険事業勘定特別会計の歳入歳出ほか議案第84号までの特別会計及び事業会計につきましても、それぞれ効率的に執行されたと認めるものであります。  今後も第5次藤岡市総合計画に掲げられた将来像、「郷土を愛し、未来を創生する藤岡」の実現を目指し、より一層の行政改革に努め、多様化する市民ニーズに応えられるよう持続可能な行政運営が図られることを期待し、本決算を認定すべきものと申し上げ、賛成の立場からの討論とさせていただきます。議員各位のご賛同をお願いをいたします。 ○議長(野口靖君) 以上で通告による討論は終わりました。  他に討論はありませんか。              (「なし」の声あり) ○議長(野口靖君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。  これより採決いたします。議案第72号平成30年度藤岡市一般会計歳入歳出決算認定について、委員長報告は認定すべきであるとするものであります。本決算は原案のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。              (賛成者起立) ○議長(野口靖君) 起立多数であります。よって、議案第72号は原案のとおり認定することに決しました。  議案第73号平成30年度藤岡市国民健康保険事業勘定特別会計歳入歳出決算認定について、委員長報告は認定すべきであるとするものであります。本決算は原案のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。              (賛成者起立) ○議長(野口靖君) 起立多数であります。よって、議案第73号は原案のとおり認定することに決しました。  議案第74号平成30年度藤岡市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について、委員長報告は認定すべきであるとするものであります。本決算は原案のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。              (賛成者起立) ○議長(野口靖君) 起立全員であります。よって、議案第74号は原案のとおり認定することに決しました。  議案第75号平成30年度藤岡市介護保険事業勘定特別会計歳入歳出決算認定について、委員長報告は認定すべきであるとするものであります。本決算は原案のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。              (賛成者起立) ○議長(野口靖君) 起立全員であります。よって、議案第75号は原案のとおり認定することに決しました。  議案第76号平成30年度藤岡市介護老人保健施設特別会計歳入歳出決算認定について、委員長報告は認定すべきであるとするものであります。本決算は原案のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。              (賛成者起立) ○議長(野口靖君) 起立全員であります。よって、議案第76号は原案のとおり認定することに決しました。  議案第77号平成30年度藤岡市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について、委員長報告は認定すべきであるとするものであります。本決算は原案のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。              (賛成者起立) ○議長(野口靖君) 起立全員であります。よって、議案第77号は原案のとおり認定することに決しました。  議案第78号平成30年度藤岡市学校給食センター事業特別会計歳入歳出決算認定について、委員長報告は認定すべきであるとするものであります。本決算は原案のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。              (賛成者起立) ○議長(野口靖君) 起立多数であります。よって、議案第78号は原案のとおり認定することに決しました。  議案第79号平成30年度藤岡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、委員長報告は認定すべきであるとするものであります。本決算は原案のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。              (賛成者起立) ○議長(野口靖君) 起立全員であります。よって、議案第79号は原案のとおり認定することに決しました。  議案第80号平成30年度藤岡市特定地域生活排水理事特別会計歳入歳出決算認定について、委員長報告は認定すべきであるとするものであります。本決算は原案のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。              (賛成者起立) ○議長(野口靖君) 起立全員であります。よって、議案第80号は原案のとおり認定することに決しました。  議案第81号平成30年度藤岡市簡易水道事業等特別会計歳入歳出決算認定について、委員長報告は認定すべきであるとするものであります。本決算は原案のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。              (賛成者起立) ○議長(野口靖君) 起立全員であります。よって、議案第81号は原案のとおり認定することに決しました。  議案第82号平成30年度藤岡市三波川財産区特別会計歳入歳出決算認定について、委員長報告は認定すべきであるとするものであります。本決算は原案のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。              (賛成者起立) ○議長(野口靖君) 起立全員であります。よって、議案第82号は原案のとおり認定することに決しました。  議案第83号平成30年度藤岡市水道事業会計利益処分及び決算認定について、委員長報告は可決及び認定すべきであるとするものであります。本案は原案のとおり決し、認定することに賛成の方の起立を求めます。              (賛成者起立) ○議長(野口靖君) 起立全員であります。よって、議案第83号は原案のとおり決し、認定することに決しました。  議案第84号平成30年度藤岡市国民健康保険鬼石病院事業会計決算認定について、委員長報告は認定すべきであるとするものであります。本決算は原案のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。              (賛成者起立) ○議長(野口靖君) 起立全員であります。よって、議案第84号は原案のとおり認定することに決しました。  暫時休憩いたします。                                  午前10時51分休憩      ─────────────────────────────────      午前10時52分再開 ○議長(野口靖君) 休憩前に引き続き会議を開きます。      ───────────────────────────────── △第3 議案第85号 令和元年度藤岡市一般会計補正予算(第3号) ○議長(野口靖君) 日程第3、議案第85号令和元年度藤岡市一般会計補正予算(第3号)を議題といたします。  提案理由の説明を求めます。市長の登壇を願います。              (市長 新井雅博君登壇) ◎市長(新井雅博君) 議案第85号令和元年度藤岡市一般会計補正予算(第3号)につきましてご説明を申し上げます。  今回の補正は、10月施行幼児教育保育の無償化以降、新たに副食費が生じる子どものうち、これまで市単独事業で保育料が無償となっていた子どもについて副食費の補助を行い、保護者経済的負担の軽減を図ることを目的といたします。  また、豚コレラ緊急対策として、国・群馬県と連携をし、野生イノシシの侵入防止柵設置に係る補助を行い、防疫体制の強化を図るものであります。  第1条で示しましたとおり、歳入歳出それぞれ1,057万円を追加をし、予算の総額を262億6,847万7,000円とするものであります。当初予算と比較をいたしますと、今回の補正により1.6%の伸びとなっております。  それでは、事項別明細について歳出からご説明を申し上げます。  第3款民生費、第2項児童福祉費、第3目民間保育所費の第3子以降副食費補助金で、432万円を追加、第6款農林水産業費、第1項農業費、第6目畜産振興費の豚コレラ対策緊急支援事業補助金で、625万円を追加するものであります。  続きまして、今回の補正財源となります歳入についてご説明を申し上げます。  第19款繰入金では、第2項基金繰入金、第1目財政調整基金繰入金で、1,057万円を追加するものであります。  以上が説明の要旨であります。慎重審議の上、ご決定くださいますようお願いを申し上げます。 ○議長(野口靖君) 提案理由の説明が終わりました。  これより質疑に入ります。ご質疑願います。              (「なし」の声あり) ○議長(野口靖君) お諮りいたします。質疑もないようでありますので、質疑を終結いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。              (「異議なし」の声あり) ○議長(野口靖君) ご異議なしと認めます。これをもって質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第85号については、会議規則第36条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。              (「異議なし」の声あり) ○議長(野口靖君) ご異議なしと認めます。よって、議案第85号については、委員会付託を省略することに決しました。  これより討論に入ります。討論はありませんか。              (「なし」の声あり) ○議長(野口靖君) 討論なしと認めます。これをもって討論を終結いたします。  これより採決いたします。  議案第85号令和元年度藤岡一般会計補正予算(第3号)、本案は原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。              (賛成者起立) ○議長(野口靖君) 起立全員であります。よって、議案第85号は原案のとおり可決されました。      ───────────────────────────────── △閉会中の継続調査の申し出の件 ○議長(野口靖君) 各常任委員長、議会運営委員長から、目下委員会において調査中の事件につき委員会条例第41条の規定により、お手元に配布いたしました申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。  お諮りいたします。各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することにご異議ありませんか。              (「異議なし」の声あり) ○議長(野口靖君) ご異議なしと認めます。よって、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決しました。      ─────────────────────────────────                閉会中継続調査申出一覧表 ┌───────────┬──────────────────────────────┐
    │    委員会名    │       件              名       │ ├───────────┼──────────────────────────────┤ │総務常任委員会    │1.市有財産の管理状況について               │ │           │2.行政財政の実態について                 │ │           │3.市行政総合計画について                │ │           │4.交通安全施設について                  │ │           │5.その他所管に関する事項について             │ ├───────────┼──────────────────────────────┤ │経済建設常任委員会  │1.農業振興対策について                  │ │           │2.中小企業振興対策について                │ │           │3.商業振興対策について                  │ │           │4.観光施設の整備拡充について               │ │           │5.道路及び橋梁整備について                │ │           │6.公営住宅事業について                  │ │           │7.下水道施設の整備拡充について              │ │           │8.上水道施設の整備拡充について              │ │           │9.その他所管に関する事項について             │ ├───────────┼──────────────────────────────┤ │教務厚生常任委員会  │1.学校整備状況について                  │ │           │2.社会教育施設の充実について               │ │           │3.社会福祉施設の充実について               │ │           │4.市税の適正課税について                 │ │           │5.環境衛生施設の拡充について               │ │           │6.国民健康保険の実態について               │ │           │7.その他所管に関する事項について             │ ├───────────┼──────────────────────────────┤ │議会運営委員会    │1.議会の運営に関する事項について             │ │           │2.議会会議規則委員会に関する条例等に関する事項について│ │           │3.議長の諮問に関する事項について             │ └───────────┴──────────────────────────────┘      ───────────────────────────────── △字句の整理の件 ○議長(野口靖君) お諮りいたします。本会議議決されました議案については、会議規則第42条の規定に基づき、その条項、字句、数字等の整理を要するものにつきましては、その整理を議長に委任されたいと思います。これにご異議ありませんか。              (「異議なし」の声あり) ○議長(野口靖君) ご異議なしと認めます。よって、条項、字句、数字等の整理は議長に委任することに決しました。      ───────────────────────────────── △市長あいさつ ○議長(野口靖君) この際、市長より発言を求められておりますので、これを許します。市長の登壇を願います。              (市長 新井雅博君登壇) ◎市長(新井雅博君) 令和元年第4回藤岡議会定例会の閉会に当たりまして、一言お礼のごあいさつを申し上げさせていただきます。  本議会は、9月2日から本日まで18日間にわたり開催をされ、補正予算人事案件、条例改正、平成30年度決算認定といった重要案件につきまして慎重審議の上、ご決定を賜りまして、まことにありがとうございました。  会期中、議員各位からいただきましたご意見、ご指摘につきましては、真摯に受けとめ、適正な対応を図ってまいる所存でございますので、議員各位の引き続きのご協力を賜りますように心よりお願いを申し上げる次第でございます。  結びに、議員各位におかれましては、健康に十分ご留意をされ、今後ますます活躍をいただきますようにご祈念申し上げて、閉会のごあいさつとさせていただきます。  大変ありがとうございました。      ───────────────────────────────── △閉会 ○議長(野口靖君) 以上をもちまして、本会議に付議されました案件の審議は全て終了いたしました。  これにて令和元年第4回藤岡議会定例会を閉会いたします。  ご苦労さまでした。                                  午前10時58分閉会 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。       藤岡議会議長   野  口     靖       署 名 議 員   湯  井  廣  志           同      松  村  晋  之           同      橋  本  新  一...