渋川市議会 > 2018-09-27 >
平成30年  9月 定例会(第3回)-09月27日−委員長報告、質疑、討論、表決−07号

ツイート シェア
  1. 渋川市議会 2018-09-27
    平成30年  9月 定例会(第3回)-09月27日−委員長報告、質疑、討論、表決−07号


    取得元: 渋川市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-06-28
    DiscussNetPremium 平成30年  9月 定例会(第3回) - 09月27日-委員長報告、質疑、討論、表決-07号 平成30年  9月 定例会(第3回) - 09月27日-委員長報告、質疑、討論、表決-07号 平成30年  9月 定例会(第3回)             平成30年9月渋川市議会定例会会議録 第7日                            平成30年9月27日(木曜日) 出席議員(21人)     1番   池  田  祐  輔  議員     2番   山  内  崇  仁  議員     3番   細  谷     浩  議員     4番   星  野  安  久  議員     5番   山  﨑  正  男  議員     6番   田  邊  寛  治  議員     7番   今  井  五  郎  議員     8番   安 カ 川  信  之  議員     9番   今  成  信  司  議員    11番   篠  田  德  壽  議員    12番   平  方  嗣  世  議員    13番   中  澤  広  行  議員    14番   山  﨑  雄  平  議員    15番   入 内 島  英  明  議員    16番   加  藤  幸  子  議員    17番   茂  木  弘  伸  議員    18番   須  田     勝  議員    19番   南  雲  鋭  一  議員    20番   望  月  昭  治  議員    21番   角  田  喜  和  議員    22番   石  倉  一  夫  議員                                              欠席議員 なし                                              説明のため出席した者   市     長   髙 木   勉      総 務 部 長   小 野 泰 由   総 合 政策部長   酒 井 雅 典      市 民 部 長   荒 井   勉   保 健 福祉部長   諸 田 尚 三      農 政 部 長   藤 川 正 彦   商 工 観光部長   笹 原   浩      建 設 部 長   金 子   弘   水 道 部 長   田 村 広 士      会 計 管 理 者   遠 藤 成 宏   教 育 委 員 会   中 沢   守      教 育 委 員 会   石 北 尚 史   教  育  長                教 育 部 長   監 査 委 員   中 澤 康 光      監 査 委 員   永 井 博 子                          事 務 局 長                                              事務局職員出席者   事 務 局 長   石 田 清 六      書     記   石 山   薫   書     記   石 田 昌 充議事日程               議  事  日  程   第7号                          平成30年9月27日(木曜日)午前10時開議第 1 議案第107号 渋川市民会館耐震補強及び改修工事(建築主体工事)請負契約の締結について     議案第108号 渋川市民会館耐震補強及び改修工事(電気設備工事)請負契約の締結について     議案第109号 渋川市民会館耐震補強及び改修工事(機械設備工事)請負契約の締結について     議案第110号 渋川市民会館耐震補強及び改修工事(音響設備工事)請負契約の締結について     (以上、委員長報告、質疑、討論、表決)                         第 2 議案第 95号 平成29年度渋川市一般会計歳入歳出決算について                 議案第 96号 平成29年度渋川市国民健康保険特別会計歳入歳出決算について           議案第 97号 平成29年度渋川市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算について          議案第 98号 平成29年度渋川市介護保険特別会計歳入歳出決算について             議案第 99号 平成29年度渋川市農産物直売事業特別会計歳入歳出決算について          議案第100号 平成29年度渋川市伊香保温泉観光施設事業特別会計歳入歳出決算について      議案第101号 平成29年度渋川市小野上温泉事業特別会計歳入歳出決算について          議案第102号 平成29年度渋川市交流促進センター事業特別会計歳入歳出決算について       議案第103号 平成29年度渋川市下水道事業特別会計歳入歳出決算について            議案第104号 平成29年度渋川市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算について         議案第105号 平成29年度渋川市個別排水処理事業特別会計歳入歳出決算について         議案第106号 平成29年度渋川市水道事業会計剰余金の処分及び決算について           (以上、委員長報告、質疑、討論、表決)                         第 3 閉会中継続調査申出書                                                                                会議に付した事件議事日程に同じ △開議                                            午前10時 ○議長(茂木弘伸議員) おはようございます。   ただいまから本日の会議を開きます。   ただいまの出席議員は21人であります。   本日の会議は、議事日程第7号によって進めてまいります。                                                △諸般の報告 ○議長(茂木弘伸議員) 日程に先立ち、この際諸般の報告をいたします。   決算特別委員会の委員長に安カ川信之議員が、副委員長に加藤幸子議員がそれぞれ当選されました。   以上で諸般の報告を終わります。                                               
    △日程第1 議案第107号 渋川市民会館耐震補強及び改修工事(建築主体工事)請負契約の締結について       議案第108号 渋川市民会館耐震補強及び改修工事(電気設備工事)請負契約の締結について       議案第109号 渋川市民会館耐震補強及び改修工事(機械設備工事)請負契約の締結について       議案第110号 渋川市民会館耐震補強及び改修工事(音響設備工事)請負契約の締結について ○議長(茂木弘伸議員) 日程第1、議案第107号 渋川市民会館耐震補強及び改修工事(建築主体工事)請負契約の締結について、議案第108号 渋川市民会館耐震補強及び改修工事(電気設備工事)請負契約の締結について、議案第109号 渋川市民会館耐震補強及び改修工事(機械設備工事)請負契約の締結について、議案第110号 渋川市民会館耐震補強及び改修工事(音響設備工事)請負契約の締結について、以上4議案を一括議題といたします。   常任委員会の審査の結果の報告を求めます。   総務市民常任委員長、安カ川信之議員。   (総務市民常任委員長安カ川信之議員登壇) ◆総務市民常任委員長(安カ川信之議員) おはようございます。本委員会に付託されました事件の審査結果を会議規則第110条の規定により報告いたします。   議案第107号 渋川市民会館耐震補強及び改修工事(建築主体工事)請負契約の締結について、議案第108号 渋川市民会館耐震補強及び改修工事(電気設備工事)請負契約の締結について、議案第109号 渋川市民会館耐震補強及び改修工事(機械設備工事)請負契約の締結について、議案第110号 渋川市民会館耐震補強及び改修工事(音響設備工事)請負契約の締結について、以上4議案とも全会一致をもちまして可決であります。 ○議長(茂木弘伸議員) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。   (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。   議案第107号の討論に入ります。   (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) 討論なしと認め、討論を終結いたします。   採決いたします。   本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) ご異議なしと認めます。   よって、議案第107号 渋川市民会館耐震補強及び改修工事(建築主体工事)請負契約の締結については原案のとおり可決されました。   議案第108号の討論に入ります。   (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) 討論なしと認め、討論を終結いたします。   採決いたします。   本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) ご異議なしと認めます。   よって、議案第108号 渋川市民会館耐震補強及び改修工事(電気設備工事)請負契約の締結については原案のとおり可決されました。   議案第109号の討論に入ります。   (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) 討論なしと認め、討論を終結いたします。   採決いたします。   本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) ご異議なしと認めます。   よって、議案第109号 渋川市民会館耐震補強及び改修工事(機械設備工事)請負契約の締結については原案のとおり可決されました。   議案第110号の討論に入ります。   (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) 討論なしと認め、討論を終結いたします。   採決いたします。   本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) ご異議なしと認めます。   よって、議案第110号 渋川市民会館耐震補強及び改修工事(音響設備工事)請負契約の締結については原案のとおり可決されました。                                                △日程第2 議案第95号 平成29年度渋川市一般会計歳入歳出決算について       議案第96号 平成29年度渋川市国民健康保険特別会計歳入歳出決算について       議案第97号 平成29年度渋川市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算について       議案第98号 平成29年度渋川市介護保険特別会計歳入歳出決算について       議案第99号 平成29年度渋川市農産物直売事業特別会計歳入歳出決算について       議案第100号 平成29年度渋川市伊香保温泉観光施設事業特別会計歳入歳出決算について       議案第101号 平成29年度渋川市小野上温泉事業特別会計歳入歳出決算について       議案第102号 平成29年度渋川市交流促進センター事業特別会計歳入歳出決算について       議案第103号 平成29年度渋川市下水道事業特別会計歳入歳出決算について       議案第104号 平成29年度渋川市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算について       議案第105号 平成29年度渋川市個別排水処理事業特別会計歳入歳出決算について       議案第106号 平成29年度渋川市水道事業会計剰余金の処分及び決算について ○議長(茂木弘伸議員) 日程第2、議案第95号 平成29年度渋川市一般会計歳入歳出決算について、議案第96号 平成29年度渋川市国民健康保険特別会計歳入歳出決算について、議案第97号 平成29年度渋川市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算について、議案第98号 平成29年度渋川市介護保険特別会計歳入歳出決算について、議案第99号 平成29年度渋川市農産物直売事業特別会計歳入歳出決算について、議案第100号 平成29年度渋川市伊香保温泉観光施設事業特別会計歳入歳出決算について、議案第101号 平成29年度渋川市小野上温泉事業特別会計歳入歳出決算について、議案第102号 平成29年度渋川市交流促進センター事業特別会計歳入歳出決算について、議案第103号 平成29年度渋川市下水道事業特別会計歳入歳出決算について、議案第104号 平成29年度渋川市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算について、議案第105号 平成29年度渋川市個別排水処理事業特別会計歳入歳出決算について、議案第106号 平成29年度渋川市水道事業会計剰余金の処分及び決算について、以上12議案を一括議題といたします。   決算特別委員会の審査の結果の報告を求めます。   決算特別委員長、安カ川信之議員。   (決算特別委員長安カ川信之議員登壇) ◆決算特別委員長(安カ川信之議員) 本委員会に付託されました事件の審査結果を会議規則第110条の規定により報告いたします。   議案第95号 平成29年度渋川市一般会計歳入歳出決算について、議案第96号 平成29年度渋川市国民健康保険特別会計歳入歳出決算について、以上2議案とも多数決をもちまして認定であります。   議案第97号 平成29年度渋川市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算について、全会一致をもちまして認定であります。   議案第98号 平成29年度渋川市介護保険特別会計歳入歳出決算について、多数決をもちまして認定であります。   議案第99号 平成29年度渋川市農産物直売事業特別会計歳入歳出決算について、議案第100号 平成29年度渋川市伊香保温泉観光施設事業特別会計歳入歳出決算について、議案第101号 平成29年度渋川市小野上温泉事業特別会計歳入歳出決算について、議案第102号 平成29年度渋川市交流促進センター事業特別会計歳入歳出決算について、議案第103号 平成29年度渋川市下水道事業特別会計歳入歳出決算について、議案第104号 平成29年度渋川市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算について、議案第105号 平成29年度渋川市個別排水処理事業特別会計歳入歳出決算について、以上7議案とも全会一致をもちまして認定であります。   議案第106号 平成29年度渋川市水道事業会計剰余金の処分及び決算について、まず剰余金の処分につきましては全会一致をもちまして原案可決であります。また、水道事業会計につきましては全会一致をもちまして認定であります。 ○議長(茂木弘伸議員) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。   (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) ご質疑なしと認め、質疑を終結いたします。   議案第95号の討論に入ります。   21番、角田喜和議員。   (21番角田喜和議員登壇) ◆21番(角田喜和議員) 議案第95号 平成29年度渋川市一般会計歳入歳出決算について、反対の立場で討論をします。   関西学院大学の稲沢克祐教授によると、決算が予算と比べて軽視されがちであったが、昨今全国的に議会における決算審査が重要視されてきていると述べています。年々地方財政の収支が厳しさを増す中、私たち議員がきっちりと決算審査をする力を身につけることは以前にも増して必要になってきています。少子高齢化がますます進行し、人口減少が避けられないことや、また合併算定がえの縮小、終了など、将来にわたり財源の減少が確実な今、決算審査は単年度の健全性も維持しつつ、中長期的な視点にも立ったより高度な力量が求められるとも指摘しています。   平成29年度の渋川市一般会計決算額は、歳入346億8,528万759円、歳出総額325億9,374万8,825円で、差し引き残高は20億9,153万1,934円です。実質単年度収支額は7億9,219万6,562円の赤字で、平成28年度の赤字額4億4,568万8,243円からさらに悪化していると監査委員の指摘もあります。主要な施策の成果について概要の説明で国全体の経済を見ると雇用、所得環境の改善が続く中で緩やかに回復している。渋川市も景気の緩やかな回復から賃金の上昇がうかがえ、個人市民税では給与所得者の所得が増加傾向にあるとしています。それでは、市税はどうなっているか。不納欠損金額7,300万6,465円で、前年比2,416万5,319円、49.5%もふえていると説明がありました。内訳は、財産なしが487件、生活困窮によるもの976件、居所不明が68件でした。高齢化が進む中で年金が減らされ、実質所得は減っています。市民には所得がふえ、生活がよくなったとの実感はありません。   平成29年度は、予算枠配分方式を継続したものです。新市長就任で自治会要望を受けて予算増額したものもあります。学校給食費の完全無料化は、県内はもとより、全国から注目されています。来年度も引き続き継続を求めるものであります。   平成23年度から継続実施している住宅リフォーム促進事業は、中小業者の育成を図ると同時に経済波及効果が期待でき賛成です。補助額の引き上げと事業継続を求めます。   要保護、準要保護の児童生徒に対しての入学準備金を入学前に前倒し支給については、本年度補正予算で対応しますが、新年度以降確実な実施を求めるところです。   質疑の中で指摘をいたしましたが、渋川市PR動画情報発信事業については渋川市全体、地域性などを考慮して行政主導で行うよう見直しを求めて、再考すべきと考えます。   行政財産の貸し付けについて、地域により無償であったり、有償であったり、ばらつきが見られます。統一した方針を出していただきたい。   毎回指摘をしていますが、鉄鋼スラグ対策事業についてであります。市道金井大野線土壌汚染調査業務委託では、環境基準を超えたフッ素、六価クロムが検出されたと質疑で明らかになりました。この路線については、撤去、片づけをするとの説明でした。このような重大なことは議会に速やかに説明をすべきなのに、怠っていたと指摘せざるを得ません。また、市道1―426号線、市道4―5139号線等に使われている露出している鉄鋼スラグからも環境基準を超えているフッ素などが出ているにもかかわらず、撤去、片づけせずに被覆してしまいました。認めるわけにはいきません。被覆存置では土壌汚染はとめられません。廃棄物処理法による撤去、片づけを求めるものであります。   最後に、市民サービスの担い手である職員の問題です。非正規職員をふやし、正規職員の削減が毎年続いています。渋川市全体の仕事量は年々増加傾向にあるのではないでしょうか。市民サービスの向上という点から考えても支所機能の充実を含め、職員数やその配置の改善を求めます。   以上を申し上げ、反対討論といたします。 ○議長(茂木弘伸議員) ほかに討論はありませんか。   2番、山内崇仁議員。   (2番山内崇仁議員登壇) ◆2番(山内崇仁議員) 議案第95号 平成29年度渋川市一般会計歳入歳出決算について、賛成の立場から討論を行います。   本市の財政状況を見ますと、歳入では市税収入は個人市民税を中心に上向いてきましたが、地方交付税は段階的縮減により大幅に減少してきています。一方で歳出では、公債費や維持補修費が増大するなど、大変厳しい財政運営が続いております。しかしながら、このような状況にあっても財政調整基金への決算余剰金を13億円積み上げられたのは、堅実かつ計画的に予算執行がなされた結果であると考えます。   主な施策を見ますと、総合計画と重点プロジェクトにおける道路、橋梁整備の推進では、市道三国線の道路改良工事等が完成し、本年4月に開通した主要地方道高崎渋川線バイパスに接続したことで利便性が向上いたしました。また、現行の道路維持補修に加えて、新たに生活道路等緊急整備事業が行われ、自治会等から寄せられた地域の要望に対応し、身近な生活道路等の補修が推進されました。   総合計画の重点基本政策における人口減少対策の推進では、髙木市長就任早々に人口減少対策本部を設置するとともに、設定した4つの重点課題ごとに庁内プロジェクトチームを結成され、平成30年度に向けた事業構築が行われました。今後重点課題の解決に向けて、取り組みを積極的に推進し、総合的かつ横断的に人口減少対策を進め、成果を上げることを期待するものであります。   また、スポーツの振興による地域の活性化では、しぶかわスポーツクラブが設立され、全ての世代の市民がスポーツに親しみ、気軽に健康づくりができる環境が整いました。今後は、市民がより利用しやすい、親しみやすいスポーツクラブとして取り組みの一層の強化をお願いいたします。   まち・ひと・しごと創生総合戦略の推進では、人の流れづくりとして外国人観光客の誘客を促進する観光宣伝を積極的に行い、インバウンドを推進しました。今後も日本版DMO法人として登録された渋川伊香保温泉観光協会と連携し、国内外を問わず積極的なPR活動に取り組まれることを希望いたします。   結婚、妊娠、出産、子育ての環境づくりでは、渋川すこやかプラザ内に子育て支援総合センターが開設され、年間3万6,000人を超える利用がありました。今後子育て支援の拠点施設として充実させていくことを期待するものであります。また、児童生徒の学校給食費を全額公費で負担し、完全無料化したことにより、子育て世代の経済負担が軽減され、子育て支援の一層の充実が図られました。
      まちづくりでは、市南部地域の活性化の核となるJR八木原駅及び駅周辺整備に向けて、自由通路や橋上駅舎等の基本計画の策定及び駅東側アクセス道路の詳細設計などが開始されました。今後もこれらの取り組みが計画的かつ着実に進捗し、地域の利便性の向上や一層の地域振興、さらには本市の人口減少対策に資するものとなるよう期待するものであります。   これらのほかにも各分野においてさまざまな事業に取り組まれており、本市の活性化や安全、安心な市民生活につながるものと認識しております。今後におきましても行財政改革に積極的に取り組み、健全な財政運営を行いつつ、積極的な施策展開を進め、市民福祉の向上が図られますよう要望し、賛成討論といたします。 ○議長(茂木弘伸議員) ほかにありませんか。   (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) 討論なしと認め、討論を終結いたします。   起立により採決いたします。   本決算に対する委員長の報告は認定であります。本決算は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。   (賛成者起立) ○議長(茂木弘伸議員) 起立多数であります。   よって、議案第95号 平成29年度渋川市一般会計歳入歳出決算については、委員長の報告のとおり認定することに決しました。   議案第96号の討論に入ります。   (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) 討論なしと認め、討論を終結いたします。   お諮りいたします。本決算に対する委員長の報告は認定であります。本決算は委員長の報告のとおり認定することにご異議ありませんか。   (「異議あり」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) 異議ありの声がありましたので、それでは起立採決いたします。   本決算に対する委員長の報告は認定であります。本決算は委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。   (賛成者起立) ○議長(茂木弘伸議員) 起立多数であります。   よって、議案第96号 平成29年度渋川市国民健康保険特別会計歳入歳出決算については委員長の報告のとおり認定することに決しました。   議案第97号の討論に入ります。   (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) 討論なしと認め、討論を終結いたします。   お諮りいたします。本決算に対する委員長の報告は認定であります。本決算は委員長の報告のとおり認定することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) ご異議なしと認めます。   よって、議案第97号 平成29年度渋川市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算については委員長の報告のとおり認定することに決しました。   議案第98号の討論に入ります。   16番、加藤幸子議員。   (16番加藤幸子議員登壇) ◆16番(加藤幸子議員) 議案第98号 平成29年度渋川市介護保険特別会計歳入歳出決算について、反対の立場で討論します。   今年度は、第6期最終年度となります。渋川市の介護保険サービスの案内には「介護保険制度は誰もが安心して老後の生活を送ることができるよう、老後の不安要因である介護を社会全体で支え合う制度です。住みなれた地域で必要な介護サービスを総合的に利用できる仕組みになっています」と書いてあります。ところが、市民からは保険料だけ取られて、サービスは受けづらくなったという不満が聞かれます。保険料の支払いが困難な低所得者層の軽減対象人数3,814人で保険料が払えない人数は446人、不納欠損人数は335人で、昨年に比べ27人増加しています。年金での支払いが困難であることを示しています。また、保険料を滞納すると給付額の減額措置が行われますが、7名の該当者がいます。原因は、国の介護保険制度が3年ごとに改悪、見直しされていることが大きな要因であることは否めません。国の制度改悪のもとでも介護サービスを後退させない取り組みが必要です。市民の目線に立って、困り事や心配事相談に乗り、地域包括支援センターや高齢福祉課窓口が市民から頼りにされるようになることが何より大切です。介護申請をして認定されなかった人に訪問や電話をかけて予防教室にお誘いをしているといったことは、市民の置かれている状況を知る上でも有効です。千葉県船橋市では、介護保険導入時から利用料負担の軽減策を実施しています。助成制度の特徴は、利用者負担の1割の40%の軽減が受けられる点、収入認定の幅が広く、基準以内であれば資産があっても対象になる点や対象となるサービスが22項目にも上る点などです。船橋市のように、市民の目線に立った介護保険事業を進めていってほしいと思います。   以上で反対討論とします。 ○議長(茂木弘伸議員) ほかに討論はありませんか。   4番、星野安久議員。   (4番星野安久議員登壇) ◆4番(星野安久議員) 議案第98号 平成29年度渋川市介護保険特別会計歳入歳出決算について、私は賛成の立場から討論させていただきます。   この介護保険制度は、制度開始から18年が経過、私たちの老後の安心を支えるために必要不可欠なものとなっています。その介護保険サービスを支える財源の一つとして、介護保険料が市町村ごとに定められていますが、介護サービス費の増加により負担増もある程度認めざるを得ない状況となっています。今後第7期介護保険事業計画のもとに誰もが必要なときに必要な介護サービスを利用するため、また介護保険料の抑制、負担軽減を図りながら住民主体による地域においての介護予防のさらなる推進など、地域におけるさまざまな事業に取り組むことを当局に要望し、賛成の討論といたします。 ○議長(茂木弘伸議員) ほかにありませんか。   (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) 討論なしと認め、討論を終結いたします。   起立により採決いたします。   本決算に対する委員長の報告は認定であります。本決算は委員長の報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。   (賛成者起立) ○議長(茂木弘伸議員) 起立多数であります。   よって、議案第98号 平成29年度渋川市介護保険特別会計歳入歳出決算については委員長の報告のとおり認定することに決しました。   議案第99号の討論に入ります。   (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) 討論なしと認め、討論を終結いたします。   お諮りいたします。本決算に対する委員長の報告は認定であります。本決算は委員長の報告のとおり認定することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) ご異議なしと認めます。   よって、議案第99号 平成29年度渋川市農産物直売事業特別会計歳入歳出決算については委員長の報告のとおり認定することに決しました。   議案第100号の討論に入ります。   (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) 討論なしと認め、討論を終結いたします。   お諮りいたします。本決算に対する委員長の報告は認定であります。本決算は委員長の報告のとおり認定することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) ご異議なしと認めます。   よって、議案第100号 平成29年度渋川市伊香保温泉観光施設事業特別会計歳入歳出決算については委員長の報告のとおり認定することに決しました。   議案第101号の討論に入ります。   (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) 討論なしと認め、討論を終結いたします。   お諮りいたします。本決算に対する委員長の報告は認定であります。本決算は委員長の報告のとおり認定することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) ご異議なしと認めます。   よって、議案第101号 平成29年度渋川市小野上温泉事業特別会計歳入歳出決算については委員長の報告のとおり認定することに決しました。   議案第102号の討論に入ります。   (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) 討論なしと認め、討論を終結いたします。   お諮りいたします。本決算に対する委員長の報告は認定であります。本決算は委員長の報告のとおり認定することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) ご異議なしと認めます。   よって、議案第102号 平成29年度渋川市交流促進センター事業特別会計歳入歳出決算については委員長の報告のとおり認定することに決しました。   議案第103号の討論に入ります。   (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) 討論なしと認め、討論を終結いたします。   お諮りいたします。本決算に対する委員長の報告は認定であります。本決算は委員長の報告のとおり認定することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) ご異議なしと認めます。   よって、議案第103号 平成29年度渋川市下水道事業特別会計歳入歳出決算については委員長の報告のとおり認定することに決しました。   議案第104号の討論に入ります。   (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) 討論なしと認め、討論を終結いたします。   お諮りいたします。本決算に対する委員長の報告は認定であります。本決算は委員長の報告のとおり認定することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) ご異議なしと認めます。   よって、議案第104号 平成29年度渋川市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算については委員長の報告のとおり認定することに決しました。   議案第105号の討論に入ります。   (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) 討論なしと認め、討論を終結いたします。   お諮りいたします。本決算に対する委員長の報告は認定であります。本決算は委員長の報告のとおり認定することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) ご異議なしと認めます。   よって、議案第105号 平成29年度渋川市個別排水処理事業特別会計歳入歳出決算については委員長の報告のとおり認定することに決しました。   議案第106号の討論に入ります。   (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) 討論なしと認め、討論を終結いたします。   まず、議案第106号 平成29年度渋川市水道事業会計剰余金の処分についてをお諮りいたします。本案に対する委員長の報告は可決であります。本案は委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり)
    ○議長(茂木弘伸議員) ご異議なしと認めます。   よって、議案第106号 平成29年度渋川市水道事業会計剰余金の処分については原案のとおり可決されました。   次に、議案第106号 平成29年度渋川市水道事業会計決算についてをお諮りいたします。本決算に対する委員長の報告は認定であります。本決算は委員長の報告のとおり認定することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) ご異議なしと認めます。   よって、議案第106号 平成29年度渋川市水道事業会計決算については委員長の報告のとおり認定することに決しました。                                                △日程第3 閉会中継続調査申出書 ○議長(茂木弘伸議員) 日程第3、閉会中継続調査申出書を議題といたします。   各委員長から、お手元に配付いたしました写しのとおり、閉会中継続調査申出書が提出されております。   お諮りいたします。本件は、いずれも申し出のとおり閉会中の継続調査に付することにご異議ありませんか。   (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長(茂木弘伸議員) ご異議なしと認めます。   よって、本件は各委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査に付することに決しました。                                                △閉議                                         午前10時36分 ○議長(茂木弘伸議員) 以上で今期定例会に付議された事件は全て議了いたしました。   これにて会議を閉じます。                                                △市長挨拶 ○議長(茂木弘伸議員) 市長から発言の申し出がありますので、この際発言を許します。   髙木市長。   (市長髙木 勉登壇) ◎市長(髙木勉) 平成30年9月市議会定例会の閉会に当たり、一言ご挨拶を申し上げます。   去る7月初旬、西日本各地が豪雨に見舞われ、甚大な人的、物的被害が発生いたしました。また、9月6日には北海道胆振地方中東部を震源とする最大震度7の地震が発生し、同様に甚大な被害が生じました。いずれの被災地でもいまだ多くの住民が不自由な避難生活を強いられています。お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りするとともに、被災地の一日も早い復興を心からお祈りいたします。改めて申し上げるまでもなく、我が国は世界でも有数の災害大国であります。日ごろから防災意識を強く持ち、常に備えておくことが重要です。渋川市といたしましても災害から市民の生命、身体、財産を守るため、自主避難所の開設など、迅速かつ適切に対処してまいります。   また、このたび平成29年度の障害者雇用率の報告に関して、渋川市においても不適正な処理が確認をされ、本日国に対して訂正報告をいたしました。このことは、行政の信頼を損ねるものであり、市議会及び市民の皆様に心からおわびを申し上げます。今後より一層行政の適正な執行に努めるとともに、障害者の雇用確保に努めてまいります。   さて、今期定例会は9月4日から本日までの24日間にわたり開催され、ご提案申し上げました各議案につきまして慎重にご審議をいただき、それぞれご議決を賜り、まことにありがとうございました。議案審議や一般質問において頂戴いたしました貴重なご意見、ご提言につきましては真摯に受けとめ、スピード感を持って今後の政策立案、市政運営に反映してまいりたいと考えております。   暑さ寒さも彼岸までと申します。ようやく過ごしやすい季節になってまいりました。季節の変わり目であります。議員の皆様におかれましては、時節柄ご自愛いただくとともに、ふるさと渋川発展のための各施策にご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げまして、御礼のご挨拶といたします。ありがとうございました。                                                △閉会 ○議長(茂木弘伸議員) これをもって平成30年9月渋川市議会定例会を閉会いたします。   大変ご苦労さまでした。                                         午前10時40分...